GJ





    13:名無しさん@HOME投稿日:2012/02/22(水) 20:01:02.35

    ウトタヒんで不安になったトメから同居要請。
    夫が、「お金はあるんだから、有料のホームに入ってゆっくり過ごすほうがいいよ。
    プロの職員さんがいつも居るほうが安心だよ」と言ったら、トメは
    「他人じゃ安心できない。家族に手厚く面倒を見てもらいたい」と…。
    思わず、「はぁ?私だけでなく、私の親まで散々馬鹿にした人のことを、私が手厚く面倒見るとでも思ってるんですか?」
    と、素で聞いてしまった。トメ、ぽかーんとしていた。





    683:名無しさん@HOME2006/08/24(木) 06:58:11

    我家は住宅手当の関係で私が世帯主。
    そして住宅ローンの関係でマンションの名義が
    100%私(将来的にはだんな名義分も作るが)
    子ども3人の扶養は私になってます。

    この間義実家の法事でとめが、自分の兄弟が近くにいて
    気が大きくなったのかみんなの前で私に「息子ちゃんの
    おかげでマンションを買えたのよ。その親である私たちにちゃんと
    孝行しなさいね」と言ってきた。すかさず「だんなの名義では買えなかったんですよ
    だから今のところ名義は私です。忠告どおり私の親に孝行します」と答えた。

    すると「でもそうは言っても息子は世帯主。いわば大黒柱なんだから。
    こういう場所では働かせてはだめよ。お茶を飲んででんと構えさせないと」
    と言うので「家の世帯主は私なんです。じゃあ申し訳ないんですが
    座ってますね」と座ってお茶飲んでみた。

    とめはあきらめずに「子どもを扶養してるのは息子ちゃんなの。だから~」
    といいかけた時に「扶養も私ですよ。」と言っておいた。

    とめはくやしそうにどこかへ行ってしまった。
    だんなはその一連の流れを聞いておらず、私に何で座ってんの?
    と聞いてきたから「とめが世帯主はでんと座ってないといけないっていうから」
    と答えておいた。 



    621:名無しさん@HOME2008/03/06(木) 18:05:20
    凄く簡単なスカですが。
    トメは心底意地悪な人で、私を奴隷か何かだと思い込んでた様子。
    その上、子供ができなきゃ出て行けと毎日怒鳴られていました。

    夫はエネ気味で、
    「お袋だって悪気はないし」
    の一点張り。
    離婚も考えたけど、色んな事情で行くあてがなかったので我慢していました。
    このスレを見つけたときは、スカしてるみんなを指くわえて
    羨ましがったり、イメージトレーニングしてみたり。
    でも、現実はトメからの酷い仕打ち、夫のエネ。
    実際にイメトレ通りにはなかなか出来ませんでした。

    で、さっきなんですが。
    私、凄くイライラしてたんですよ。
    何故だか判らないけど、今までにないくらいイライラと。
    トメとすれ違って
    「アンタ!買い物行ったの?さっさとしなさい!」
    と、いつもの通りに平手打ちを食らいました。
     





    665:名無しさん@HOME2007/10/27(土) 23:12:25

    豚霧
    良ウトメと同居中。こちらとの関係は至って良好。
    しかし車で20分ほどの距離に住んでいるコトメ一家が問題。
    毎週末家にやってきては糞餓鬼2匹放牧して荒らしまくった挙句冷蔵庫の中身を
    勝手に持ち帰る。
    トメ世帯とは別に私達の世帯専用の冷蔵庫が台所にあるんだけど、帰りがけに
    当然のように開けてデザート類>おかず系>冷食 の順位で何かは必ず持ち帰る。
    先週末も下の子が風邪引いて寝込んでいるのに遊びに来て、下の子が食べられる
    ゼリーやらヨーグルトを買っておいたんだけど、コトメ世帯が帰った後に冷蔵庫開いたらカラだった。
    電話しても「そんなの知らないよ~。○○くん(上の子)じゃないの?」とシラをきる。
    上の子はサッカー行ってていなかったよ!第一一人で5個も6個も食べるか!
    ウトメ&旦那も〆るものの「知らない。嫁子さんの勘違い」で押し切られ、その事は結局曖昧に。

    関係ないが金曜日の夜にプリンを作った。上手く出来てウトメや夫子供達にも好評だった。
    「沢山作ったので余ったのは冷蔵庫に入れておきますね」と共同冷蔵庫に入れておいた。
    で、今日は朝から私達世帯で動物園に行ってきた。
    帰ってきたらうちの世帯専用冷蔵庫に入れておいたプリンが消えていた。
    ご丁寧に冷蔵庫横に下げておいた保冷バッグも消えていた。
    念のためコトメ宅に電話してみたけど「そんなの知らないわよぅw」で終わり。

    知らないならいいか。カラメルと間違えてアロー○ンかけちゃったやつだから隔離しておいたんだけどな。
    ちゃんとプリン入れたタッパーに「食べるな」と書いておいたから誰も食べてないよね。
    勿体無いから寝る前の服用も兼ねて私が処分しようと思ってたんだけどなー。
    きっと小人さんが「こんなに下剤かけたプリンなんか食べちゃダメだよぅ」って
    捨てておいてくれたんだよね。
    電話のモジュラージャックが調子悪いので接続確認してから寝ることにする。
    先週の子供の看病疲れで眠いからうっかり戻し忘れちゃうかもしれないな。
    既に爆睡の夫に「そういう事で後で確認しておいてね」と小声で囁いてから寝るよ。 





    16:25:01.27ID:JoYo94mm.ne
    今日の昼御飯時にあった出来事を投下
    *スマホからなので遅いです。

    当方自他共に認めるデブ
    今日の昼はラーメンを食べようと
    行き付けの店へ行ってきた。
    昼時とあって混んでいたけど、
    カウンターが空いているとの事なので
    メニューを決めて来ていたから
    即座に注文し席に着いた、
    座った途端から隣から『ぶつぶつ』
    と何か呟いている声が聞こえてきた。
    ふと目をやると、おっさんが煙草を吸いながら小さい声で誰かの悪口を要っている。

    一旦ココデキル。





    5: 名無しさん2014/03/21(金)18:56:00ID:JVSqAgyu4

    誰も居ないのでコッソリ
    旦那は善人。悪い言い方すればお花畑。
    でもウトメは私から見れば差別主義者の長男教。
    次男坊の旦那にはお金をたかり、長男の義兄には好待遇。
    義兄も良い人で、ウトメの兄弟差別にも苦言するまともな人。
    旦那が貢いだお金を義兄が返してくれたり。
    子供はいないがうちも裕福な訳じゃない。
    旦那には色々言ってみたが効果無し。 



    665:名無しさん@おーぷん2016/01/05(火)21:11:25 ID:3rr
    豚切りごめん。ブス姉妹の修羅場を。

    仮名だけど、私たち姉妹は双子。
    2人とも本名が森崎沙羅とか、橘百合花、綾瀬麗華とか
    そういう名字も名前も芸名っぽいというかお嬢様っぽい名前。
    でも、ブス。
    具体的には、私はムッシュかまやつ似、妹は假屋崎省吾似。
    そんなんだから学生時代はわりと伝説の存在だった。

    自分がブスだと気付いて、私は結婚無理そうだから一生食べていける資格をとろうと頑張り、妹は化粧の技術を磨くべく美容の学校にすすんだ。
    結果、妹はわりと美人になった。
    ただもちろん化粧がものすごく濃い不自然な感じの美人。
    例えば加藤茶の嫁とか、明日花キララみたいな感じね。
    そんな妹が結婚した。
    旦那さんはすっぴんが假屋崎省吾なことも知ってる。
    妹の結婚式、妹を美人だと勘違いしてる新郎友人たちが席次表で私の名前を見て美人だと勘違い、私を見てがっかりというところまではいつも通りだった。

    ただそこで酔った?新郎親族が妹を整形だと言い出した。
    いくら違うと言っても新郎がキレても信用してもらえず、結婚は許さんとまで言われた。




    245: 名無しさん@HOME 2006/06/10(土) 14:36:19
    今日、姑に誘われて姑の実家に行ってきました。
    姑の実母が私の子供に会いたいと言っていたようで挨拶がてら…。
    (姑実家は姑の兄夫婦と成人している子供二人が同居してる) 

    行ってみると姑母が姑の兄嫁も目の前にいるのに散々言っていた。
    内容は 
    姑の母「嫁が財布を握っている。子供を叱るのはいつも息子だった。
    嫁は悪者になりたくないから子供を甘やかして怒りもしない。
    この家は私のもんなのにでかい顔している。」等。 

    姑の兄嫁を見るとまたかという感じでお茶を飲んでいた。 
    姑「そうねぇ、いつも悪者になるのは姑ね。
    誰のおかげで家賃浮いてるのか考えてほしいもんだね。
    同居で姑は肩身の狭い思いするんだから、
    嫁は立場考えてもらわなきゃねぇ(私をチラ見)」 

    これでハッとした、これは私に同居に対する心構えを持たせる為に連れてきたんだなと。 






    270:名無しさん@HOME2007/04/19(木) 13:48:39
    偽実家と確執が深まって絶縁寸前まできてしまったわたしに
    毎年恒例だからと偽両親&コトメ家族たちと寿司屋での会食に
    嫌がるわたしを連れ出そうとした夫。

    「ウニでもイクラでも好きなもの好きなだけ
    食べていいってとうさんも言ってるからさぁ、
    おねがいだから形だけでも来てよ」

    例年はわたしが率先してわが子とコトメ子たちの世話もしていたので、
    食べるものは子どもたちが食べ残したシャリとかだけだった。
    でも、もうそんな気遣いなんか誰がするか!
    お言葉どおり、好きに食べてやる。

    というわけで今年は自分の子どもの世話は夫に丸投げ、
    コトメコの面倒だってまるで見ずに、
    遠慮せずに思い切りあぶり中トロだのブリだの
    ばかすか注文しまくって腹一杯ご馳走になった。

    「嫁子さんって少食じゃなくなったんだね」とぼそりとつぶやくウト。
    こころなしか顔面蒼白気味。

    わたしが少食だったわけじゃなくて、今までは遠慮してたのと、他人の世話で
    食べたくても食べられなかっただけなんだよ。

    以来偽実家から会食のお誘いはない。





    186:本当にあった怖い名無し2013/06/28(金) 05:37:10.00 ID:N8ZacHTh0
    高校の時のお話

    高校ではそこそこの進学校にいた。
    成績はそこそこいい位、スポーツはそこそこ、短距離(100mまで)では学年3番だった。
    実際体育測定?を5月頃に行うまで何もやっていない(上2名は中学で陸上部)自分の足が速いとは思わなかった。
    特にやりたい部活もなく放課後は適当に遊んで帰ってた。
    とあるひ陸上部の顧問が声をかけてきた「陸上やらないか?」と声を掛けられた。

    以前から陸上部所属の友人から練習がきつすぎる、
    意味のわからない練習モドキばかりさせられるその他色々きいていたし、
    陸上部の練習を見てもただのしごきにしか見えなかった。皆全員楽しそうじゃない・・・・
    そもそもスポ根?ってのが一番きらいだった。
    さらに走ることに興味があんまりなかったので断った。

    このページのトップヘ