GJ





    903 :名無しさん@HOME 2012/12/17(月) 03:00:40 0
    義実家に行く度にトメが料理の仕方やら何やらかんやら口を挟んできたんだけど 
    その時たまたま外から帰ってきたコトメ(義姉)が 
    「母さん婆ちゃんとこ(トメの義実家)なんか私が生まれてから一度も行かなかったくせに 
    何を偉そうに言ってんの」とグサリw 

    さらに「母さん婆ちゃんが口うるさいとかで仲悪かったじゃん、婆ちゃんと同類になる気?」とか 
    「私が生まれてから母さんと婆ちゃんが顔合わせたのって婆ちゃんの葬式くらいじゃないの?」とか 
    「来てくれるだけマシじゃん、嫌だ嫌だって会おうともしなかった母さんとは大違い」とか 
    「つーかしきたりって何?うちそんな名家だったっけ?爺ちゃんも父さんも次男なのに?」とか 
    トメそっくりの声とトメ譲りのマシンガントークでグサグサやりっぱなし 
    トメは顔真っ赤、自室にいた良ウトはコトメの爆笑を聞きつけて何だ何だと 
    面白い物見たさで二階から降りてくる(ウトがいるとトメはおとなしい) 

    私には「母さんが『お前がいるとお嫁さんも気を遣うだろうから』って 
    家を追い出されてたんだけど、母さんが嫁いびり隠したかっただけじゃんねえ? 
    ごめんね、嫌な思いさせちゃって」と謝られた 
    そして旦那には「さっきから聞いてれば母さんがー母さんがーってマザコンじゃん。 
    30過ぎてマザコンとかみっともない!」と一喝 

    ぺらぺら早口で喋りまくりで全く噛まないコトメすごいと思ってたら終わってたw



    499 :名無しさん@おーぷん
    長いわりにあまり黒くないかも
    前の職場で酷いいじめにあっていた
    主犯はAっていう主婦
    私は営業事務でAは派遣だったんだけど、正社員になれなかった腹いせを私で晴らしているようだった
    職場ハブはどうでもよかったけど、重要書類を捨てられたりと業務に支障の出る嫌がらせもありノイローゼ寸前だった

    派遣には秘密だが、私は同じ課の派遣社員のPC履歴を見る権限がある
    ある日、Aが会社のPCでツイッターをしている履歴があった
    アカウント情報も残っていたので自宅で開くと、「キラキラ輝く兼業主婦 年収1000万」みたいな嘘ばかりの反吐が出るアカウントだった



    586 :名無しさん@HOME2004/08/28(土) 20:31:00
    私もプチ…かなぁ。しかも、コトメの自滅なのでsage。

    トメの葬式なのに、直系親族長男である旦那はかやの外で
    引き出物や料理、何もかもコトメと親戚が勝手に決めちゃって、誰が払うのよ~~って思ったから
    「そんなに派手にしなくても、もっと質素にしたほうが…。」とおずおず口を出した。
    コトメが「あんたは関係無いでしょ。」と言ったから
    「え?私関係無いんですか?」と聞いたの。
    「別に関係無いでしょ。うちの葬式だよ?口出ししないでくれないかな?」と。

    「じ ゃ あ 出 ま せ ん 。 関 係 無 い か ら 。」と言い捨てて、そのまま帰っちゃった。



    679: 名無しさん@HOME 2006/05/16(火) 22:41:45
    結婚時から夫やウトメ(良い人達で近距離別居です)のいない所で 
    私に意地悪をするコトメ。 
    それがもう昔の少女漫画のような超分かりやすい陰湿なものなんです。 
    例:2人きりの時に話しかけるとプイッと後ろを向く、 
    義実家来訪時に玄関にきちんと揃えて並べておいたはずの靴が 
    私の靴だけグチャグチャに置かれる、 
    私の側を通る時わざと私の足を踏んでいく。等々…。 

    あまりにも頭の悪い嫌がらせで馬鹿馬鹿しかったので 
    夫にもウトメにも言わず華麗にスルーしてました。 
    ただそれがかえって悪かったのか 
    コトメのイタズラともつかない嫌がらせは段々回数が増えていきました。 
    そして先日許しがたい事が。 

    長いので切りますね



    75 :名無しさん@おーぷん
    義父と儀母が喧嘩してた

    義父「誰のおかげで飯が食えると思ってんだ!」

    儀母「私が毎日ご飯作ってるからでしょ!」

    義父「その飯のネタは俺が働いてるから買えるんだろうが!」

    義母「なら来年定年迎えたら出て行きなさい」

    義父「なんだと!?」

    義母「来年からは娘と息子(俺)に食わしてもらうからあなた要らないわ」

    ヒートアップしそうだったので俺は早々に避難した



    167 :名無しさん@おーぷん
    二十代の時付き合ってた彼氏に「そろそろ結婚とか考えない?」と訊いたら、
    「結婚嫌、子供要らない、自分の稼ぎは自分に使う、
    でも○○(私)は料理も車の運転も上手いし別れたくない、
    どうしてもというなら結婚してもいいけど、
    家計はそれぞれ別で、家事は全部君、子供は君の稼ぎだけで自分独りで育てて」
    と言われ、
    「今までありがとう。さよなら早く氏ね」と伝えて別れた。

    別れたのに職場近辺に現れて「この前の冗談だよ」とかベチャベチャ話しかけてくるので、
    「もう付きまとわないでほしい」と言ったら、
    「もう30歳目前で後無いでしょ、強気だねー」とか付きまとって言う。

    困ったので、職場の後輩で、若くて可愛い系美人の彼氏募集中の子を紹介してあげた。
    後輩には「私の男友達。元彼だけど別れたのはすごい前。別れた原因は私の移り気で、彼は悪くない。
    彼の実家はすごいお金持ち」と伝えた。






    728 :名無しさん@HOME 2011/09/02(金) 23:02:26 0
    学歴を鼻にかけてると言われ、色々言われていた 
    庭を見せてもらったときに、つい言ってしまった 
    「これって、ケシじゃないですかー」 
    トメが「何言ってるの、これはポピーに決まってんでしょ」 
    「ケシですよー、ケシ、ケシ」 
    「ケシなわけないでしょ、ポピーを花屋から買ってきたんだから」 
    「大学で見たアツミゲシにそっくりですよー」 
    旦那が「嫁は疲れてるみたいだから、連れて帰るね」と帰宅 
    近所が通報したらしく警察が来たらしい 
    わたしは義実家立ち入り禁止になった 
    当然、あれはポピーです



    43:名無しさん@HOME2008/02/14(木) 11:19:59
    長文ごめん。

    私が旦那に殴られて近所に逃げても「人様に迷惑かけて!」ですますトメ。
    ひたすら何か念仏?唱えて俺シラネのウト。
    妊娠時期に、真夜中に嫌がらせ電話をかけてくる旦那の元カノに
    私がノイローゼ気味になっても、メンドクサと放置するクソ旦那。
    私の両親は他界して行くとこもないし、友達にも相談できずに耐えていたが
    旦那の借金が発覚&子供の前でも私に手をあげたのをキッカケに役所に相談した。
    当時、精神的に変だった私は役所の助言で目が覚めた。

    週末にウト親族の結婚式があって、見栄っ張りなトメに必ず出ろと言われていたが
    その前日を狙って、朝、旦那を仕事に普通に送り出し
    子供連れて保護施設に逃亡。
    家を出る前に「毎日掃除しとけ!」と言われていた草加の仏壇は水をぶっかけ
    掃除機の中にあるゴミの袋をひっくり返してグチャグチャにして
    旦那が隠していた大量のエろDVD&雑誌(口リコンとか盗撮系)
    を全部叩き割って居間にバラ巻いた。
    で、ウトメに電話して
    「旦那君と離婚します、孫チャン達は連れて行きますんで!さよなら〜」と伝え
    トメが「ちょ・・?は?何勝手に決めて・・?」
    とか言ってたがガチャ切り。





    574:名無しさん@HOME2009/08/06(木) 00:53:34 O
    DQNでは無いかもしれませんが、適切なスレがわらないので投下。
    私の旦那(自営)の会社の印鑑を勝手に使い就労証明を作成し、不正に子供を保育園に入れようとした義兄嫁。(義兄夫婦が住んでいる地域は保育園激戦区)
    サクッと役所にチクったよ~!義兄嫁の怒りの電話に対して「ぐうたらしてねぇで金ない金ない言ってるなら働けよピザ、ぶぅす!」と言ったのは後悔してない。
    旦那に「嫁子ちゃんと離婚して私の友達と再婚汁!嫁子が浮気してるの見た!(事実無根)」とか毎日毎日メールしてくるからだ。




    76: 名無しさん@HOME 2008/05/23(金) 23:13:39
    屑トメから着信止んだので書いてみる。 

    テンプレ通りの屑トメ。
    毎日嫌がらせしては夫とウトに〆られてる。 
    なのに懲りないトメ、とうとう私の一張羅を捨てやがった! 
    夫に報告し、仕返しの許可を得た。(昨日)

     今日から旅行で(夫と子供・私)家を空ける旨をウトメに連絡。 
    合鍵をトメに渡しながら、忠告しておいた。 
    私「寝室には入らないで下さいね?危険なので」 
    トメ「入らないわよ!」 
    早朝から寝室に仕掛けをして、旅行に出発。 


    このページのトップヘ