747:名無しさん@おーぷん2014/11/10(月)15:22:44ID:tVkNns4xo
    過去に婚約までしてた彼氏の話

    元彼は美容師だった
    若い頃から付き合ってて、彼が30代半ばでやっと独立の目処が立って
    自分のお店をオープンする際にプロポーズされて承諾した

    両親の挨拶の日程を調整してる頃に、3.11の震災が起きた
    私達は西日本在住で、震災の被害はなかったけど
    震災直後に「結婚します♪」なんて不謹慎なので
    式は半年か一年後にしようという話でまとまった

    ある日彼とテレビを見ていたら、被災地の状況が映し出された
    当時まだ被災者の方々は公民館や体育館住まい

    「子供の紙オムツが足りない」
    「体育館でプライバシーがない」
    等、被災者さんが不満を訴えていた

    そんな時に彼氏が言った一言

    「お婆ちゃんはともかく、40代以下の女性.が汚い。ありえない。
     女性.だったら1カ月に一度は美容院に行ってきれいにしてあたりまえ」

    意味がわからなかった





    715:おさかなくわえた名無しさん2013/09/15(日) 18:26:09.73 ID:6dt6eaKM
    新大阪駅で見かけた賣春婦。

    髪の毛はお約束のウ●コ色。可愛くも無ければ綺麗でもない、下品な顔立ちに派手な化粧。
    新幹線の待合室、しかも、パソコンコーナーに座っていたから異常に目立っていて、待合室に入った途端に目に付いた。

    パソコンコーナーにはコンセントがあって座席もあり、デスクには簡単な仕切りも付いているから、出張中のサラリーマンがパソコンで仕事をするのにうってつけな場所。
    というか、出張族向けのスペースのようなもの。

    ところがその賣春婦、コテでウ●コ色の髪の毛を懸命にセットしていた。
    賣春婦も賣春婦だけど、注意しない周りの連中も連中。

    大阪では常識なのか?





    971 :名無しさん@HOME 2011/06/20(月) 12:30:23 O
    ああもう本当にムッかつく 
    ベビーの前髪を切りすぎてしまったんだ、それは自分がいけないんだけど 

    「恥ずかしい!」「みんなから笑われてるわ!」「理容室で2000円で綺麗に出来るのに!ケチね!」 
    だと?ハァ? 
    実家ベッタリで義理父からコズカイをまだせびりまくり、子供の理容代(その2000円)まで義理父に出させているあんたに、そんな事を言われたくない。 
    何も知らないと思うなよ。 
    本当のどどどどどケチはお前じゃ!屑が! 


    だいたい一歳2ヶ月のベビーの前髪を切りすぎただけで、あんなにファビョらなくても…? 
    完全に頭オカシイわ。結婚してからわかったけれど、さすが半島の血を引いてるだけありますね。 
    (旦那も最近知ったらしいので責められないが。)





    794:名無しさん@HOME2010/09/19(日) 00:32:49
    吐き出し御免。
    うちのコトメは、私の服装や料理やら、何かとケチをつけてくる。
    無職未婚高齢メタボのコトメに言われたくないが、私が言い返せない様な
    場所やタイミングで言うのでこっちも相当鬱憤がたまってた。
    (ウトメも夫も叱るけど、全然効いてないし)
    同じレベルに落ちたくないけど、こっちばかりストレス溜まって、冗談じゃ
    無いと思って、コトメの弱点を攻めるようにした。

    コトメが絶対に私にケチをつけない事がある。それは髪。
    私は黒っぽい茶色のストレートだけど、コトメはすごい天パー。
    クルンクルンな可愛い天パーじゃなくて、下の毛にちかいゴワゴワ剛毛で、
    1本1本が細かく波打った真っ黒な天パー。
    普段はブローで必タヒに伸ばしているが、水を浴びるとサイババに戻る。
    嫌みを言われた時に、コトメの髪をじぃっと観る様にしたら、効果覿面。
    顔を真っ赤にして、嫌みも最後は尻すぼみになる。
    人の肉体的な欠点を嘲っているので正直後味悪いけど、コトメに対しては
    しばらくこれで対抗して行くつもりです。



    65: 名無しさん@おーけーちゃんねる 2014-06-02 07:35:24
    私達夫婦は7歳と5歳の子持ち。
    2人とも女の子で、親バカっていわれるけど本当にいいこに育ってくれてる。

    私が仕事の用事でどうしても午後から出かける用事があった。
    帰りが夜になるし夫も仕事で帰りは遅い。
    その為5歳の子は幼稚園を休ませ、7歳の子は学校から帰ってきたら
    一緒に用事に連れていくことにした。

    その話をしたときに、近くに住んでいた義母が
    私が上の子ちゃんは見ててあげるからと申し出があった。
    義母は悪い人ではないのだが、
    ちょっと変わった人という感じで私は苦手だった。

    それでも娘は孫だし可愛がってくれてはいたから、
    小さい子供ではないし大丈夫かなとお願いすることにした。
    これがまずかった。

    結果的に子供の髪の毛がオカッパより短いぼさぼさ頭にされてた。
    家に帰るとぼさぼさの頭で泣き崩れる娘と、
    先に帰ってた夫に髪の毛をつかまれて怒鳴られている義母がいた。

    このページのトップヘ