骨折





    348:名無しさん@HOME2008/09/24(水) 20:23:37

    一人暮らしのトメが脚を骨折したから、うちから電車で30分かかるところにある儀実家の
    家事をやってやれと旦那から言われた。
    結婚前から散々嫌がらせされてたが、骨折してるときぐらい・・と仏心出したのが間違いだった。
    家につくなり玄関前で1時間放置。
    呼ぶと「ちょっと待って~」と声は聞こえるものの、ドアを開けてくれない。
    骨折しているのだから、仕方ないのかもと思って待ってたけど帰ればよかった。

    洗濯機掃除機食器洗い機を「電気代がかかるから」と使わせてもらえず、
    とりあえず食事の支度だけでもと作ると「色が悪い」と味見もせずに器ごと撒き散らした。
    皿割れるわご飯も味噌汁もおかずも全て駄目になった。
    「なんてことを!」と私がいうと「けが人にこんなものを食わせようとしたお前が悪い作り直してこい」と
    ニヤニヤしながらほざくトメ。
    「人が作ったもんにこんなことをする馬鹿に食べさせる米などないわ!」と私が切れると、
    トメが気色ばんで松葉杖で殴りかかってきた。
    2発ほど殴られたけど、すぐに松葉杖を奪い、床にガンガンたたきつけながら、
    トメを冷静に見てると、トメふじこふじことと私に罵声を浴びせてきた。
    「お母様落ち着いて、お体にさわりますわ」とトメをなだめるために、
    脚をギュウギュウさすってあげたら、トメ絶叫。
    トメが私の慈悲深さに泣いて謝罪するまで続けた。
    掃除しようかと、邪魔な家の電話とトメ携帯を棚の上に置いたあと、
    トメがギャーギャーうるさいのでやっぱり面倒くさくなって帰ってきた。






    909
    :離婚さんいらっしゃい2008/02/09(土) 14:39:29
    西日本は雨か
    冬の雨は嫌だよ。
    元嫁のフリンを発見したのも冬の雨の日なら
    出て行かれたのも雨の日
    離婚したのも雨の日

    鬱だ。





    113: 名無しさん@おーぷん 2015/10/12(月)19:40:17 ID:VCu
    姑の介護をして今年で大体6年になるんだけど、
    介護するまでは本当に嫌な姑でもなかったし、
    旦那の兄弟も別に嫌な人たちじゃなかったんだけど、
    ちょうど2年前に家の中で転倒しているのを、お昼を持って行った私が発見してから
    おかしくなってきた。

    それまでは老人忄生鬱と脊柱管狭窄症の通院と3度の食事と日に1回お散歩と
    洗濯物と掃除を姑宅に通ってするだけで、近距離別居だったんだけど、
    旦那からも姑からも旦那兄弟からも何か言われたことはなかったんだけど、
    姑が骨折してから私が同居しなかったからこんなことになったんだ
    というようなことを言われちくちく責められるようになってしまった。
    その後入院中に、院内で転倒し骨折を繰り返してしまい
    2年近く病院から出れなくなってしまった。

    今月に入り、リハビリの期限があと2か月半後に切れるので、退院後のことを考えて早く返事をしてほしいといわれてしまった。
    正直、目の届いた病院ですら勝手に起きだして骨折してしまう姑と同居して介護できる自信がない。
    それに2年近く責められ続けて旦那兄弟のことが今ではものすごく嫌い。
    施設に入れてくれればと思うけど、旦那は施設でもいいといってくれるけど、旦那兄弟からは姑がかわいそうと言われている。

    このままだと同居になりそう。
    もしそうなったら旦那のこともきっと嫌いになると思う。
    同居になったら離婚を切り出そうかとも思うんだけど、私にも親がいるのにこんなことを考えている私は勝手なんだろうか。
    子供はもう独立しているので私が心配するようなことはもうないと思う。
    離婚したら実家に帰って両親の面倒をみてあげたい。
    姑が調子を崩してからというもの実家に帰ったのは数えるほど。
    両親はまだ元気だからと言ってくれるけど、
    このまま何もできずに両親のほうが姑より先に逝ったりしたら
    きっと後悔すると思う。
    勝手なことを言ってると思うけど、どうしても不公平に感じてしまって姑との同居だけは嫌だ。
    脈絡のないことをかいてしまってすいません。

    66: 名無しさん@HOME 2013/01/18(金) 22:05:18.10 0
    思い出し投下。 

    若かりし頃 スノボに行ってアイスバンでスっ転げた。 
    自分の肘が脇腹に入り余りの痛さに病院へ→レントゲン撮ると肋骨ちょびっと骨折だった。 
    痛がり呻く私に当直だった整形外科医がバカにしたように 
    「wwちょっとの骨折で大げさな!痛がりですか?」と言いながらグイグイ腹を押さえ触診。 

    あまりの痛さにグエグォ呻き息も出来なかった。 
    母が「この子は我慢強い子なんですが」と言ってたのでちょっと笑った。そして念のため2日入院。 

    退院する日の昼過ぎに帰る準備してたら看護婦さんと外科医が3人集まり 
    「今から絶対安静です!内臓(脾臓)破裂してたので緊急手術です」と言われた。 
    内出血で2L以上出ており(致タヒ量近い)危険な状態で身内の血液型を聞かれた。 

    外科医の後ろに腹をグイグイ押さえた整形外科医がテヘペロな顔で立っていた。 
    タヒねと思ったのが第1の修羅場。退院してたらタヒんでた。

    このページのトップヘ