馴れ初め





    62:名無しさん@お腹いっぱい。2010/05/24(月) 23:27:56
    俺は小さい時から通っていた空手道場の師範の娘と結婚した

    5歳から通いはじめ、俺と同年代の人がいなかったので
    同い年の嫁と組んでは稽古していた
    この頃は女子の方が体が大きいので嫁は強く
    俺はよく負かされては泣いていた

    師範からは「負けなさい、強い人は勝った数の何十倍も負けてるんだよ」と言われては励まされていた

    徐々に勝てるようになってきたのが10歳頃
    この頃から泣くのが俺から嫁になってきた
    俺も嫁もド級の負けず嫌い、ヘッドギアをしているとはいえ
    毎回傷を作るくらいボッコボコに殴り合った

    中学に入ってから、男女差が顕著に出はじめ
    組んでも練習にならなくなってきたので
    最後のスパーリングでお互い何かを賭けて勝負した

    その賭けがお互い好きな人に告白するという今考えれば馬鹿げた内容だったが
    そんな恥をさらすわけにはいかないと全力での殴り合い
    結果は嫁お得意のハイキックで俺がダウンして立ち上がれず俺の負け

    嫁は「じゃ、誰が好きなのか告白しなさい。後で本人にも言ってよね」と問い詰める
    俺はグルグル揺れる頭の中で「お前だよ」と言いたいが恥ずかしくて言えない
    嫁の「本当に誰よぉ、好きな人くらいいるんでしょ?」と追い撃ちをかける
    意を決して俺は「分かったよ、言えばいいんだろ。お前だよ」と言った
    一気に固まる嫁、何秒かして一気に顔が真っ赤になって
    嫁は「はぁぁぁぁ!?あたし!?いや、ちょっ…まっ…、あぅ…///」としおらしくなる
    今度は俺が追い撃ちをかけるように
    「好きなのはお前だよ、嫁子だよ。いつから好きになったかは分からないけどな」と言い切った 

    102: 名無しさん@おーぷん 2014/09/09(火)15:42:21 ID:???
    私はバブル世代。
    とはいえ、当時はまだはじけてないからバブルなんて言葉はなかった。
    高卒でも上企業に就職なんて普通に出来た時代だった。
    私も高卒で地元で就職。友達は都内の大手企業に就職した子が多かった。
    進学先も都内がほとんどで、特に仲のいい子は派手に遊ぶので有名な大学生。

    当然、私も絵にかいたような派手な遊びを繰り返していた。
    遊び相手はお金持ちの坊ちゃん大学生やリッチな会社員。
    バブルがはじけても、まあディスコにはいかなくなったけど、程度で楽しく遊んでた。
    派手な職種だった会社を辞めて手堅く地元の土建会社に就職した。
    中小企業だけど役所相手の仕事が中心で景気良かった。
    肉体労働のおっちゃんたちや事務のおばちゃんたちにかわいがられて楽しくやってた。

    遊びもそろそろ卒業する頃だなと思い始めた頃、友人の紹介でF男と知り合った。
    F男は上場企業の社員。
    大学時代は派手に遊んでいただけあって、遊びなれていて面白かった。
    そのF男と数人の友人で集まってのプチパーティみたいので、Aと知り合った。

    AはF男の同期の同僚で、私より5歳年上。F男の友人にしては地味で落ち着いた人だった。
    バブル世代だからそれなりの遊びも知っていたけど、ちょっと堅くて面白味のない人だった。
    2度目くらいにあった時、Aから「F男と付き合っているの?」と聞かれたので「ただの友達」と答えた。
    実際、ふざけて軽いキスをしたくらいの仲。家も知らない。家電も知らなくて、でも名刺交換していたので
    職場に電話して「今日遊ぶ?」って感じ。
    今は彼氏もいないよ、と言ったら、「じゃあ、今日から僕が君の彼氏だよ」と言われた。
    え?と思ったけど、冗談かなんかだと思って軽く流し、でも自宅の電話番号記入の名刺を交換した。

    296: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/02/19(火) 00:35:13.00
    誰もいないみたいだから少し語ろうと思う。 

    俺の嫁さんの半生は無茶苦茶な人生だった。 
    5歳の時両親がW不倫で離婚し、どちらも引き取らず施設へ 
    そこの施設では虐待、いじめのオンパレード 
    (まともに中学校もいけず) 
    16で脱走して夜の世界へ 
    そこで出会った男には金蔓扱いで挙句893に身売りされかけ 
    その後は逃げるように各地を転々としながら派遣として某観光地のホテルで働く 
    という修羅場の見本市みたいな嫁だった

    出会いのきっかけは嫁が働いていたそのホテルのバーに入った時 
    俺がバーテンダーをしていたから。 

    従業員どうしちょくちょく顔を合わせる事もあり次第に仲良くなっていった。 
    とは言っても最初はめっちゃ警戒された。 
    (嫁曰く、嫌いとかじゃなく過去の経験から) 

    バーに来る回数を重ねるごとに彼女への想いも強くなりとうとう彼女に想いをぶつけたが 
    答えは「考えたい」とのことだった 

    それを機に彼女がバーへくることも途絶え、諦めかけていた。 

    ひと月たったある日、彼女がふらっとバーへ現れた。 
    「俺君の事は好き…でも怖いんだ」 
    「怖いって性格とか?」 
    「そうじゃないんだ…」 
    蕩々と過去を話す彼女。 
    虐待の事…男の事…手首の自サツ痕の事… 
    「だから…諦めたほうがいいよ?」 
    「でも…好きって言ってくれたじゃん…少しずつでいいから俺の事信じてくれないかな」 
    我ながらダサい台詞だったと思う 
    「うん…わかった…信じてみる」 
    こうして彼女と付き合うことになったがここからがホントに大変だった

    173: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/01/06(金) 20:07:04

    上司が前日に大物のブリを何匹か釣ってきて食べきれない1匹を丸のまま会社に持ってくる。なんという迷惑者! 
       ↓ 
    おい、これどーすんだ。誰か捌ける?「俺無理。」「私も気持ち悪くて無理。」の声多数。

       ↓ 
    入社ひと月の一度も話したことない別部署だった嫁が「・・・じゃぁ私がやります。いいですか?」  
    俺「あ・・・お願いします」 

    メシウマ嫁で幸せです。 
     

    629: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/09/11(木) 02:34:20.53 .net
    初めて会ったのは俺が27、嫁28のとき。 
    嫁は俺が昔つとめていた会社の取引先の社員だった。 
    それから嫁が会社を辞めたのは知り合ってから半年ほど経った頃。 

    顔を合さなくなって以来2か月程経ち、俺が観光でシドニーを訪れていたときのこと。 
    ホテルで朝食をとっていると近くのテーブルで嫁に雰囲気のよく似た女性を見かけた。 
    似てる気がするけど、まさかなと思っていた矢先、植物園の近くで写真を撮っていた嫁に話しかけられた。

    嫁もホテルのエレベーター前で俺を見かけたときから、
    もしかしてと思っていたらしく「奇遇ですね」と少し話しをした。 
    別れたあと、その後市内でその日のうちにシティレールやオープンカフェ等で顔をあわせること3回。 

    そこで旅行の話をしてわかったのは参加しているツアーは違ったが日程が似ていること。 
    当時の俺は深く考えるよりも先に「こんなところまで来て、日本で面識のある人に会った」という不思議さから 
    「夕食を一緒にとりませんか」と誘った。 
    それからは向こうの快諾で、残りの2日間を結局ほぼ一緒に観光した。 
    お互い写真を撮るのが好きなのもわかったので、撮った写真をまた見せ合おうとも話して連絡も交換し合った。 
    一緒に観光した2日間は楽しかった。 
    その頃はこれも社交辞令のようなものだと、特に帰国したあとのことは考えていなかった。 

    実は過去にも、他国で親しくなった初老の男性と帰国後会う話をしたことがあったが 
    連絡をとりあうことはなかったので。嫁が言ったのもきっとそれと同じ類だろうと。

    467: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/12/14(金) 05:37:00

    会社に嫁が中途入社してきて、笑顔の可愛い子だなと思ったが
    俺は×1の身だし、けしていい男ではないから無理と思っていたが、
    飲み友達ぐらいにでもなれたらラッキーと思った。 

    同期の営業が「○さん(嫁)と3人で飲みに行こう」と誘ってくれ飲みに行っ 
    たんだが、この営業の奴がかなり遊び人でな、いい男だし俺に勝ち目はないと思ってた。

    また3人で飲みに行くことになり、店に行ったら嫁しかいない。 
    営業の奴は仕事で来れないとのことで、とにかく緊張した。 
    会話もまともに出来ないし、俺は目の前の酒をひたすら飲んでいた時に 
    嫁が「○さんて、お子さんいるんですね」と話し出した。 

    会社の誰に聞いたのか、俺に子どもがいて養育費を払ってることも知ってた。 
    俺と元嫁との間に1人子どもがいたんだが、元嫁が浮気して妊娠したのが 
    別れた理由でそれも知っていた。 

    不思議なもんで、この日2人で飲んで何故か意気投合した。 
    仕事中、嫁が一生懸命仕事をしてる姿を目で追ってる自分がいた。 


    数日後には付き合っていたんだが、その半年後、嫁からプロポーズされた。 
    俺は×1だし、嫁のことは好きだが結婚となると躊躇した。 
    そしてその数ヵ月後、また嫁からプロポーズw 
    俺みたいな男のどこがいいんだ?と聞いたら、「どこだろね?w」と笑い、 
    「真面目なところ。今まで色々あったと思うけど、これからは私が絶対幸せ 
    にするから!」と泣きながら言われた。 

    これが嫁との馴れ初めだ。

    808名無しさん@お腹いっぱい。2014/04/08(火) 21:46:38.45
    俺と嫁の出会いを淡々と語っていく
    質問や意見は語り終わるまで流すぜ~

    当時俺が済んでたボロいアパートの隣にはコンビニがあった
    いつも仕事帰りにそこで飲み物買ってタバコ吸って家に帰るのが日課だった
    そんなある日、俺がいつも通り飲み物を買って外にあった喫煙所に行ったら、見知らぬ女がいた
    歳は高校生くらい
    まあそれが嫁だ
    嫁は特に何もすることもなく、なんか喫煙所のところにある自動車のタイヤ止めのブロックに座ってた
    俺も特に気にすることなくいつも通りタバコ吸って帰った
    それからちょくちょくそのコンビニで嫁を見るようになった
    まあ赤の他人だし、我関せずを徹していた
    それでも不思議に思っていた
    いつも決まった時間にそこにいて、何もせずただぼーっと座っていた
    それから結構月日が経っても、毎日ってわけじゃなかったけど、けっこう頻繁に嫁はいつも決まった時間にそこにいた
    さすがに気になり始めていた俺は、何となく、座る嫁に話しかけてみた

    618:名無しさん@お腹いっぱい。2009/01/02(金) 23:13:09


    俺「あー…大丈夫?」
    嫁(泣いてるが声押しコロして言葉なし)
    俺「えーと…昨日、何食べた?」
    嫁「……か」
    俺「か?」
    嫁「カレー……チキンの」

    高校入学当初、今までクラスで話したこともなかった女子
    (交通機関の関係でいつもクラスで一番早く来る)とその日珍しく早く学校にきた俺の会話
    飼っていた犬がタヒんだのを親からのメールで知って泣いてたらしいが、当然ビビった…
    今思っても無理やりな話題の振り方だが、一応クラスの奴らが固まってくる時間までには泣き止んだ。

    クラスの奴らの声が聞こえたとき、嫁が涙を拭いながら
    「…内緒ね?」と言ってきたその瞬間ビビビっときた。恋だった。

    196:可愛い奥様2013/06/04(火) 19:25:24.83ID:fYQ6azd/O

    私の兄は、絵に書いたようなキモオタ(カンニング竹山に似ている)。収入だって多くない。当然女っ気0だった。
    そんな兄が、ある日突然「結婚を前提に付き合っている女性がいるから、紹介したい。」と、家族(両親・独身時代の私)に言ってきた。
    彼女がいるだけでも驚愕だったのに、連れて来た女性(Aさんとする)は兄の中高の同級生で、香里奈に似た華やかな美人。感じも良い人だった。
    Aさんは実は水商売で兄は騙されているのだろうか、逆に兄がなにかAさんの弱味を握っているのだろうかなどと邪推をしたが(口には出さねど、おそらく両親もw)、結局二人は結婚した。
    二人の結婚後、Aさんと親しくなって色々話すようになり、ようやく真相が分かった。
    Aさんは小さい頃から見た目に症状が出る病気を患っており、中学時代もそのことでいじめられたり嘲笑われたりしたらしい。
    特に男子生徒に激しくいじめられており、同世代の男性恐怖症になったそう。そんな中、男子生徒の中で兄だけは普通に話しかけてくれて、すごく嬉しかったと。
    ところが高校になったら病気がよくなったことで、見た目も健康な人と変わらなくなり、雑誌にも出るような子になったそう。
    それだけなら喜ぶべきことだけど、今まで散々自分をいじめたりpgrしてきた男子生徒達も手のひらを返すような態度を取るようになり、余計男性不信になったらしい。
    そんな中、高校のクラス替えでまた同じクラスになった兄は、様変わりしたAさんを見ても、中学の時と同じような接し方。
    Aさんが兄に対し元々抱いてた好意が爆発して、兄にメロメロになったというのが事の真相。

    今までただのもてないオタクと思ってた兄を見習いたいと思うようになった。
    今でもAさんは兄にメロメロで、私が鬼女になった今でも、兄夫婦は憧れの夫婦です。
    これも、良い方での因果応報に入るかな?

    630 :ラブラドール速報 2016/03/12(土) 10:46:32 .net
    初めてした会話スレでkwskされたので投下。
    文章力とか皆無なので、読みづらいのは謝っておく。

    「いらっしゃいませ、何名様ですか?」 → 「1人で」
    「それではこちらの席へどうぞ」 → 追従
    「ご注文が決まりましたらボタンでお呼び下さい」 → 「はい」
    えぇ、出会いはファミレスでしたよ。
    ======コピペここまで======

    当時の出向先に近いファミレスをよく昼食に利用していた。
    ある日、昼食が取れないくらいバタついていて、15時過ぎにメシ食いに行ったんだ。
    そうしたらちょっと離れた席で、お茶しながら読書している娘がいた。
    「いつもご来店、ありがとうございます。今日は遅いんですね」
    ドリンクバーに立った際にそう話しかけられた。
    どこかで見たことある娘だけど誰だったかと思ったら、そこのウェイトレスだった。
    その時は会話はそれくらいだったんだけど。
    運良くとういうか悪くというか、昼食が遅れることが割とよくある時期だった。
    なので仕事上がりのその娘と会釈したりしているうちに、徐々に話をするように。

    その後、なぜか食事に行くことになり、さらにその後、映画に行くことになった。
    「今やってる(映画名)、見に行きたいんですよねー」
    「そ、それじゃ、一緒に行きます?」
    「彼氏でもない人と暗い映画館は怖いなー」
    これはもう誘導されていると観念した。
    「俺と付き合って下さい!」
    「いいですよー、映画いつ行きます?」

    このページのトップヘ