転勤





    851:名無しさん@HOME2012/05/22(火) 11:09:02.13 0
    義兄夫婦が転勤で子供連れて引っ越してきたときに、
    わざわざうちの子供と同じ幼稚園に入れたからちょっとびっくりした。
    幼稚園が多い地区だし、他にも園いっぱいあるのに?と思った。
    義兄嫁は転勤族の義兄と結婚するまでは資格持ってはたらいてて
    下が幼稚園に入ったから、資格を更新して再就職を考えていたらしい。
    それで、うちと同じ幼稚園に入れて私を送迎要因で雇いたかったらしい。
    …ファミサポ価格で(w
    真面目に「お小遣いになるしいい考えでしょ」って感じに提案されたw
    「ボランティアじゃなきゃそんな安い値段でそんな面倒背負い込む人いない(私はやだ」
    と真面目に返事したらポカーンとしてた。
    私は自分の実家の経理を見てるからお小遣い稼ぎする暇はないと伝えて話を終わった。

    その後義兄嫁はファミサポ申し込んでもなかなか都合が合わず(人数が少ない)
    シルバー人材は送迎しても玄関までで一緒に留守番は出来ない(保険の関係)
    ママ友に「ファミさぽ価格」を提案して嫌われる
    結果的にあずける先が見つからず資格更新ができず、園ママ生活頑張ってるw





    325:名無しさん@HOME2010/10/08(金) 14:44:46 0
    ウトメは会うたび人の悪口を喋繰りまくりで、本当に気分が悪くなる。
    私の事も何て言ってるか分かったもんじゃねーなと思っていたら、
    子供の出産を機に一気に関係が悪化。私のいる目の前で
    「ママは嫌〜い!ばあば、好き好きでちゅよ〜」
    「ママは孫ちゃんのこと嫌いなんだよ」
    「ママは孫ちゃんがいらないんだよ」
    どんなにやめてくれと言っても「あら、あやしてるだけよ」と。馬鹿かオメーは!
    ウトは一緒になって言ったり、旦那はそんな声かけすら聞いてなかったり。
    それで、子供にも私にも健やかな環境を整えることにした。
    旦那にも子供(保育園児)にも義両親にも内緒で転勤願を出したのが去年の夏。
    さっき辞令が出て、今住んでる九州から関東への転勤が決まった!!すっごく嬉しい!!
    旦那に対する気持ちも冷めてきてるから、正直離婚になっても構わない。
    子供は私が連れていくけど、旦那はどうだろう?
    今夜、付いて来るかこのまま九州で暮らすか聞いてみよう。
    来週から引き継ぎや有給に入る。今週末に荷造りして、すぐに社宅へ引っ越そう。





    457:離婚さんいらっしゃい2013/02/06(水) 12:14:43.28
    相手がいないうちに投下

    【自分の年齢・性.】 36男
    【相手の年齢】 32女
    【結婚年数】 もうすぐ4年
    【子供の有無】 男2歳半、昨年女児生まれてすぐ亡くした

    【相談内容】
    子供を産んでからの嫁の言動についていけなくなっている
    結婚前~出産まではメシウマ家事きっちり
    やりくり上手のハキハキした出来た嫁
    子供を産んでから金遣いと人間関係、
    性.がおかしくなった(本性.出たか?)

    ・ママ友というのを作り始め、
     我が家を拠点に毎週のように集会をする

    ・子供がいない夫婦共通の友人夫妻を見下し
     日記でも露骨に貶め始める

    ・ママ友一家との合同行事に
     無理やり俺を参加させる(毎週のように)

    ・少しでも意見を言うとヒスを起こし
     皿を投げつけ泣き叫ぶ

    ・すべてママ友との関係が優先。
     子供がいない&独身の友人達は格下扱い

    離婚を視野に考え始めるきっかけとなったのは

    ・俺に転勤話が出る→嫁必タヒになって拒否
     転勤したければ一人で行け、
     私はずっとここにいる!と言い張る

    ・昨年娘を亡くした後、息子への虐待疑惑浮上
    (本当は女の子を育てたい、男なんていらないと
    息子を叩いたり暴 言を吐いているとママ友から密告があった)

    転勤先は俺実家の近くだが
    弟夫婦がいるので同居は考えてない、
    俺両親も承諾済み
    冷静になって話し合おうとしても
    すぐヒスを起こして話し合いにならない

    第三者が必要だろうか

    11: 名無しさん@HOME 2006/01/28(土) 16:53:54

    近距離別居していた時の話。私が妊娠7ヵ月の時 
    トメは「あなたは実家が遠いから、もし実家に遊びに帰る事があっても孫子ちゃんは置いていくのよ。 
    2時間も車に揺られて可哀想ですものー、わたしがお世話するわー。」 
    とほざいていた。私の親になつかせてたまるか!魂胆ミエミエ。

    そして臨月になった時、旦那の転勤
    しかも私の実家近く。ええ、言ってやりました。 

    「トメさんの言い付けを守り、孫子ちゃんは私の母に預けてきました。
    2時間車に揺られて可哀想ですよね。」と。
    あーすっきり!

    436 :ラブラドール速報 2015/12/31(木) 22:03:53 ID:iZconQYi0.net
    俺48で彼女はアラサー。
    俺が飛行機距離に転勤になったので彼女に仕事辞めてついてきてもらった。
    彼女は新しい土地で再就職した。
    それから2年過ぎて彼女が結婚結婚言い出して引いた。
    俺バツイチで前の離婚の時すごい揉めたから結婚したくないって言った。
    437 :ラブラドール速報 2015/12/31(木) 22:16:34 ID:nj3R+1H0O.net
    >>436
    は?ついてきてもらってそれはないでしょ。
    アラサーなら子供の事考えてギリギリなんだし結婚したくて当たり前
    嫌ならさっさと別れて解放してあげて
    439 :ラブラドール速報 2015/12/31(木) 22:28:45 ID:iZconQYi0.net
    >>437
    俺は結婚しなくても彼女がいれば幸せだし、生活費もほぼ全部出してるんだから連れてきた責任は果たしてるだろ。
    俺についてきたのは結婚が目的だったのかと思うと腹たつ。
    440 :ラブラドール速報 2015/12/31(木) 22:32:04 ID:VBdeUTYv0.net
    結婚する気はないけどついてきてくれと言わなかった>>436が悪い
    442 :ラブラドール速報 2015/12/31(木) 22:39:05 ID:iZconQYi0.net
    >>440
    じゃあどうすればいいの?
    結婚はしたくない、でも別れたくない。
    441 :ラブラドール速報 2015/12/31(木) 22:38:29 ID:nj3R+1H0O.net
    >>439
    結婚もしてないのに責任とか抜かすなおっさん
    最初から結婚しないけどついてきてと言ったのに迫ってきたならだが、しない前提は話してないでしょ?どーせ
    444 :ラブラドール速報 2015/12/31(木) 22:40:02 ID:iZconQYi0.net
    >>441
    する前提でも話してない。
    親に挨拶には行ったけど。
    446 :ラブラドール速報 2015/12/31(木) 23:20:46 ID:nj3R+1H0O.net
    >>444
    普通離れたくなうからついてきてはプロポーズだよ。親にも挨拶済みなら尚更。彼女は結婚したいんだから価値観の不一致だしわかれてあげましょう
    449 :ラブラドール速報 2015/12/31(木) 23:28:04 ID:iZconQYi0.net
    >>446
    別れたくない。彼女のこと愛してるしずっと一緒にいたい。
    445 :ラブラドール速報 2015/12/31(木) 23:03:03 ID:xn51/m760.net
    年末にとんでもなく下手くそな釣りだなwww
    448 :ラブラドール速報 2015/12/31(木) 23:26:16 ID:iZconQYi0.net
    >>445
    釣りじゃない。
    彼女に別れたいって言われたけど「俺のことキライになったんだ?それとも他に男でもできた?」って聞いたら違うって言うしわけがわからない。
    彼女は美人だからほかの男が放っておくとは思えないし、彼女が残業になるだけで他の男に取られるんじゃないかと不安なんだ。
    452 :ラブラドール速報 2016/01/01(金) 00:26:51 ID:qB1wouce0.net
    >>448
    はいはい、彼女大事にね
    454 :ラブラドール速報 2016/01/01(金) 20:03:35 ID:XqN2mfOG0.net
    ほんっとに糞野郎だな
    さっさと籍いれやがれ無責任な腐れ男

    タヒぬか籍いれるかだ
    455 :ラブラドール速報 2016/01/01(金) 20:16:01 ID:9DWvDYwe0.net
    たぶん内縁関係認められちゃうんじゃね?
    引用元:http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/ex/1449463427/

    このページのトップヘ