衝撃





    166:愛とタヒの名無しさん2010/05/31(月) 11:17:37
    従姉妹の披露宴の最中に天井から水が降ってきたことがある。

    しかも、雨漏りなんてレベルじゃなくて、まさに「ざばーーーっっ」てかんじの
    大量の水が。
    そこの式場、数年前に潰れたのを買い取ってリフォームしたところで、見た目は綺麗だったんだが
    内部の骨格部は古いままだったらしく、天井裏を這っている配水管が老朽化して破れ、貯まった水の
    重みで天井が抜けたということらしい。

    翌年、その式場はまた潰れた。従姉妹は披露宴だけやり直したがっていたが金銭面で諦め、今では親族中では
    あの披露宴について語るのはタブー化している。 





    465:可愛い奥様@\(^o^)/2015/03/29(日) 12:02:52.43 ID:7Su8pLEa0.net
    中学の頃友人にあなたワキガだよと言われた
    私もワキガだから分かる、一緒に対策しよう。と

    汗かきゃ誰でも臭いじゃんと特に何もしなかった

    高校の頃ワキガの先輩がいるという話題に、
    ワキガってどんな臭いなの?と聞いたら友人達が困った顔してた
    他校のdqnと喧嘩した際、外人並にくせーんだよ!とメールを頂いた
    汗かきゃ…(略

    大学の頃、飲食店でバイトを始めたら、
    店長に「ワキガだよね?申し訳ないけど、対策してくれ」とミッテルクリーム渡された
    この時初めてヤバい!と思い、貯金はたいて手術した
    友人は多い方だったし、彼氏もいた。イジメにあった事もないのが奇跡だ。

    過去の自分恥ずかしすぎる


    一緒に手術した中学の友人とバイト先の店長には本当に感謝してる

    ワキガで迷惑かけた方ごめんなさい





    747:2013/06/15(土) 01:25:27.41 0
    ここで良いのか分からないけど。

    四年前、モラハラ父が逝った。
    遺産である都内の家
    (うちは引っ越して田舎住まい)を、
    どうするかって話しになった。

    その東京の家には叔父が陣取っていた。
    細かい話は端折るが、
    我が家は叔父に父が建てた家を乗っ取られた形。
    おかげで金銭面で、子供の頃から散々苦労させられた。
    だけど、もう生活基盤は田舎で確立しちゃってるし、
    家自体古くなって資産価値はゼロ(土地は借りてた)。
    それにあんな奴、二度と顔も見たくない。
    悔しいけど東京の家は
    叔父にやってしまおうという話になった。
    叔父、大喜び。

    1週間後、叔父タヒ亡の電話。
    旧式の風呂釜で、
    足の悪かった叔父は
    生きたまま煮られちゃったらしい。

    あの時真剣に、
    神様って本当にいるのかもしれないって思った。





    137: 名無しさん@HOME 2011/12/02(金) 17:36:51


    高校の時、修学旅行の自由行動で私の班は奈良の明日香村に行った 高松塚古墳の博物館でトイレから出ると後ろから男性に 「探したぞ!どこにいた!!」 と腕を掴まれ、そのまま連れて行かれた
    「え?あ・・おー!?」
    と遠くの同じ班の子たちを呼ぶと、彼女たちが振り返った
    が、私はすでに博物館を出ていた
    抵抗するも相手はかなり怒っており、ものすごい力でそのまま一台のバスに引っ張り込まれた
    乗っていたのは同じくらいの年の人たち。私と似た制服を着ていた
    「よし!これで全員だな」
    と男性が言うと、乗っていた一人が
    「せんせ~、その人誰ですか?」
    と手を挙げた
    すると男性、私を見て
    「君は誰だ!」
    と言う
    恐怖で半泣きの私は言葉もなく、周りはざわざわする
    そこへ班の子たちがバスに飛び込んで来た。後ろにはお巡りさんと先生の姿が
    明日香村には私の班しか行かなかったので、引率の先生が一人、そっと後からついて来ていたらしい
    私が連れて行かれるのを見た班の子たちが手分けして、追い掛ける子と博物館の人に110番してもらう子に分かれて動いたらしい
    そこに先生が合流して、みんなで追い掛けてきたとか

    「他校と自分とこの生徒も分からないんですか!」
    と怒る先生に男性は終始ぺこぺこ
    私は大泣きし、お巡りさんはあきれ顔。班の子たちは私を抱きしめて一緒に泣いていた
    男性によると、生徒が一人いなくなってしまい、探していたらよく似た後ろ姿の私がいて、出発時間が迫っていたので焦ってしまいよく確かめなかったそうだ
    「にしても制服とか違いはあるでしょう!あんたそれでも教師か!!」
    と先生の説教に男性は一層ペコペコ

    後日、そこの学校の校長から謝罪の手紙と共に地元の特産品が学校に送られて来た
    今となっては笑い話だが、あの時は本当に怖かった





    2013/07/03(水) 08:09:22.84 ID:xBd9ptTV0

    とある新婚夫婦の話 

    夫が仕事中に陣痛の間隔が短くなってきたと産婦人科からの連絡 
    ↓ 
    わくわく感とドキドキ感でいっぱいの中とにかく病院へ直行 
    ↓ 
    病院到着、看護士さんへ案内され分娩室へ間もなく産まれるらしい 
    ↓ 
    嫁の手を握り励ましながら我が子の誕生を待つ 
    ↓ 
    オギャー 
    助産医「あら、肌が黒いねおじいちゃんかおばあちゃんからの遺伝かしら」 
    ↓ 
    夫「いえ、私の両親や彼女の両親は色黒ではないですがどういうことですか?なにか良くない病気ですか?」 
    ↓ 
    助産医「いえ、こ、これは…旦那さんちょっとこちらへ」





    911: おさかなくわえた名無しさん 2008/03/03(月) 20:10:27 ID:e0q0lGCn
    「私は車の免許が無いから
    どこも雇ってくれない、 
    どこも雇ってくれないから
    免許をとるお金が無い、 
    免許さえあれば
    人生を変える地震がるのにウワアァァァン」 

    て女がいたので、
    免許ぐらいじゃ何も変わんねーよ
    試してみろ、と30万やった。 

    そしたら免許取った翌週に
    車買ってやがんのwww 
    金もってんじゃんwww
    そうくるかwww



    908 :愛とタヒの名無しさん 2010/09/04(土) 14:50:35
    微笑ましくもあるけど、雰囲気が微妙だった式 

    うちの職場の女上司(当時36歳)の結婚が決まった。 
    招待されたのは上司の上司以外は同じ係の私と私の先輩だけだった。 
    …が、突然隣の席(=隣の係)にいるA君が「いいなー。俺も結婚式いきたいなー」と声かけてきた。 
    上司が苦笑いしながら「A君は隣の係だし、人数制限もあるからごめんね」と言ったのに 
    「えええええ。俺もお祝いしたいっすよ。上司さんのこと好きだったから、諦めるために招待してくださいよー」 
    さすがに無理だよ、と笑い飛ばしたんだけど、このA君、直接新郎(同じ職場の違う部署)のところにまでいって 
    何と新郎側招待客名簿に加えてもらった。 
    (余談ですが、A君は確かによく上司のことをタイプだ、結婚したい、いや、結婚してください、と 
    飲み会の席なんかで言っていて、ちょっと本気なのか?と思う部分はあった。) 

    当日、式場にいってタヒぬほど驚いた。 
    何とA君、白のタキシードで登場。 
    「似合いますか?」とか聞いてきたけど、それはダメだろ、と思わずマジで説教した。 
    先輩も合流して「それはヤバイよ」「どこかで普通のスーツ調達できないの?」といったんだけど 
    「欧米じゃ普通っすよ」「まぁ、俺も花婿みたいなもんだし(?)」と聞く耳もたず。 
    親族の人が「何あの男?」とヒソヒソと言っていたので、他人のふりしたかった 




    69 :名無しさん@おーぷん
    マイホームを建てて引越しを終え、ご挨拶のご近所回りをした時に
    隣家の奥さんが「お隣さんが同世代で嬉しいわ」と歓迎してくれた。
    「仲良くしてくださいね」とか言われて、
    その時点ではおかしな人だとは思わなかった。
    お互い犬を飼っていたので、散歩途中に会ったりすると少し立ち話をする程度には仲良くなった頃
    なんの脈略もなく突然Aさんに
    「今度あなたの家のデッキでBBQやりましょうよ」と言われた。
    表からは植木等でよく見えないけど、我が家にはウッドデッキを設置してある。
    ちょっとお茶が出来る程度には広くてテーブルも置いてある。
    でも本当の設置目的は、たまに遊びにくる義母が車椅子で玄関からは入れないので
    ウッドデッキにスロープを取り付け、そこからリビングに入ってもらう造りにしてあるんだ。
    回覧板持ってきたときにデッキがあるのは見えるけど、
    互いの家に行き来したこともまだなかったのに
    何故急に「うちでやりませんか?」ではなく「あなたの家でやりましょう」になるのか。




    420 :名無しさん@おーぷん
    恥ずかしくて子供にまで恥かかせてしまったのでここで吐き出します

    夜勤のため夕方駅に向かう最中のこと、
    中3の息子(175センチ)が部活帰り、
    頭一つ半小さい、髪の長い可愛らしい女の子と親密そうに会話してるのを見てしまった
    友達の話はよく聞いていたけど、彼女の存在なんて一切匂わせなかったから、
    もしかしてそんな相手なのかしら!?とわくわくしながら
    邪魔しないように遠巻きに眺めていた

    すると息子が私に気づいて「あ!母さん!」と声をあげ、
    女の子に頭をさげてこちらに走ってきた
    女の子は私を見て深々と頭をさげてきたので、
    私は両手を振って「息子と仲良くしてくれてありがとねー!」と声をかけた



    このページのトップヘ