育児





    296: 名無しさん@お腹いっぱい。 2020/10/09(金) 11:52:27.93 ID:M25wbJKs0
    結婚5年目、子供幼児二人、当方40代前半年収1000万弱、嫁20代前半専業主婦 

    自営業なので二世帯住宅の一階を会社としている 
    6時には事務所に籠もり20時には帰るようにしているが、
    繁忙期は晩ご飯ののちまた事務所に戻ったりする。 
    相談というか愚痴かもしれない。 

    二世帯住宅だから、一階にもキッチン完備されているので、
    朝、昼は粗末ではあるが弁当を自炊している。 
    つまり、俺が嫁に頼んでいるのは晩ご飯と洗濯のみだ。 
    その晩ご飯も、最近おいしいともいえず、外食が多くなってきた。 
    何のために夫婦をしているのかわからなくなってきた。 
    ここまでは愚痴。完全なる愚痴。

    で、俺としては専業主婦である以上、
    子育てだけは全て自分でこなしてほしいと思ってる。
    帰宅後に子供を風呂に入れてくれだの歯を磨いてやれだの、
    なんで俺がしなくてはならないのかと思っている。
    今まで何をしていたんだ、と。
    イライラしているから甘いもの買ってきてくれだの、
    何を考えているのかよくわからん。

    子育てに協力するつもりはあるが、手伝って当然だと考えているのが腹正しい。
    お前は俺の仕事を何か手伝えるのか、と。
    嫁の友達は週1~2に一度くらいは我が家に遊びに来ている。
    月1位は義母(俺の母)に子供を預けて日中遊びに行っている。
    さらに2ヶ月に一度位は、俺が面倒を見て遊びに行かせてる。
    飲み会なんかも行かせてる。
    俺も月2くらいは一人で近所の居酒屋に飲みに行くが。

    もしかして、俺が厳しすぎるのか?理想を求めすぎなのか。
    専業主婦ってのは、そんなに大変なのか?
    楽とは言わないよ。それぞれの大変さがあるもの。
    テレビに子守させてスマホばかりいじってて、時間がないんだって。
    好きなことできないんだって。
    最近、離婚の文字がよぎってる。どうしたらいいんだろう。
    二回ほど指摘した事があるが、子供の前でビンタされた。
    子供はびっくりしてないてたよ。だから二度と指摘はしない。

    専業主婦ってことはプロだろ?
    責任持って誇り持ってやれよ。出来ないなら退職しろよ。
    俺がおかしいのか?





    354 : 名無しの心子知らず 2018/05/26(土) 15:24:03 ID:iz5JfIqv
    子供が発熱したので病院に連れて行きたいのに出掛ける用意をするたびに大泣きされる 
    今日は合わせて3回チャレンジしたけどずっと泣かれてしまった。疲れた 
    もう1歳になったから母乳もあまり出てないはずなのにずっとしがみついてくるし、
    ごはんは食べずミルクも飲まない 

    先月もらった解熱剤の残りで対処するしかなさそう 





    409 :名無しさん@おーぷん : 20/11/22(日)18:16:36 ID:pm.kf.L1
    相談です。
    私は専業主婦です。
    4歳の双子がいて転勤族なので周りに頼れる人はいません。

    皆さん、配偶者が家事育児が苦手な場合どうしていますか?
    今は私が専業なので私が全てやってます。
    旦那は土日に双子をお風呂に入れる程度です。
    一年以内に私が20日くらいの入院を伴う手術をする予定です。
    その時の為に家事育児を練習してほしいのですが、のらりくらりとかわされてます。
    ネットでも専業が家事育児を旦那に分担させるなんて存在意義がない、
    寄生虫という意見もよく見るのですが
    専業主婦のご家庭は専業主婦がいなくなる時のことはどう考えてますか?
    教えていただけると助かります。





    498: 名無しさん@おーぷん 20/09/12(土)19:29:42 ID:NK.ug.L1
    嫁が子供達が物を頼む時に敬語を使わせる。
    例えば子供がお茶が欲しくて
    「お母さんお茶」と言うと
    「お茶下さいでしょ」と言い直しさせる。
    娘(小学生)にも一緒で娘が
    「お母さん早くはお茶出して」って頼むと
    「お母さん今揚げ物してるんだからそういう時は、
     手が離せないのにごめんなさい、
     お茶取って下さい」でしょって言って言わせてる。
    子供を家来かなんかと思ってるのか、
    敬語使わせていい気になってる嫁が毒親に思えて仕方ない。





    305: 名無しの心子知らず 2020/09/07(月) 08:42:32.79 ID:S03AdTm5
    甘えてるって叩かれそうだけど、
    夫が「子供見ながらやるの大変だろうから」と
    買い出しと料理をやると自分から発言して
    実行してくれてた

    さすがに任せ切りは申し訳なくて、
    こっちも寝かしつけが早く終わったりして
    手が空いてたら手伝おうと声をかけるも
    「疲れてるでしょ、休んでて」の一点張り
    (実際夜泣きが酷くて産後ずっと体調崩してる)

    それでもシンクに洗い物があったら
    片付けたり配膳したり、できる限りはしてた

    それを突然
    「実は自分ばかりやるのが不満だった、
    たまには自分も作ろうとか思わないの?」
    と言われてショックを受けてる

    それ以外の家事育児はちゃんとこなしてたのに、
    どうしても手が離せないときに何か頼むくらいだった
    なのに、それでも私が悪いんだろうか

    もちろん本心で感謝してたし、どれだけ疲れてても
    「美味しい、ありがとう」と言葉にしてた
    当然ながら一度も食事に文句をつけたこともない

    今まで何度も「たまには私が…」と思って
    声をかけてたのに、それでも大丈夫だからと
    半ば強引に家事やってたのは自分なのに、
    だったら私はどうしたらよかったんだろう





    912:名無しさん@お腹いっぱい。2014/07/29(火) 14:18:46.19.net
    子供ができてから嫁が子供にかかりきりになって寂しい。
    共働きのときは仕事で忙しくても
    2人の時間はたくさんあったからなあ。
    子供はもちろん可愛いんだが。





    331: 名無しさん@お腹いっぱい。 2020/08/23(日) 20:42:34.99 ID:ineEtaO50
    夫婦共働きです
    私 41歳 年収1100
    妻 40歳 年収350

    結婚するときは私の年収500 妻350で、家事育児は半分、
    お互い気付いたらやるし、お互いの仕事の都合で
    色々助け合ってやってきています。
    子供が好きなので、育児も積極的にやっています。

    お互い忙しく、
    子供の保育園の送り迎えは、押し付けあいがちな感覚。
    トータルでは、半々になっているとおもいます。

    ただ最近、ネットなどを見ていてふと思ったんです。
    結婚当時、同じような年収で共働きなので、家事育児も
    同じように半々と思ってやってきたのですが、
    私いつの間にか、年収1000越えてます。
    妻は昔のまま。なのに、家事育児も半々で子煩悩。
    とても、よい夫だと思います。

    もう少し、ふんぞり返ってみたり、
    家事育児の割合を妻よりにしてもよいのでは?と、何となく思ったのですが、
    どう思いますか?





    534: 名無しさん@HOME 2019/02/11(月) 17:50:15
    兄嫁がムカつく(長いと言われるので3つに分けます) 
    現在離婚協議中の兄夫婦(8歳・4歳・2歳3人の子有) 
    兄とは昨年度末から別居中 
    あまり文章にするのが得意ではないので箇条書きで 





    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/07/26(日) 22:32:04.202 ID:RRDIAw2EM
    今は嫁(年収650万)が
    頑張って稼いで大黒柱になってくれてる

    小さい子供二人見てるんだがマジで子育て辛すぎ
    ワロタw
    仕事してた時の方がよっぽどラクだった





    555: 名無しの心子知らず 2020/06/26(金) 23:32:38.11 ID:nKRarJLv
    旦那が休みの日でも家事育児全くしないくせに、
    子供を叱る場面になると生き生きしながら参加してくるのがかなり腹立つ 
    状況わからずに急に横から斜め上なこと言ってくるから
    子供らも余計なパニックになって泣き叫ぶし、
    でも本人は助け舟出した気になって満足気 

    子供の泣き声が生理的にいやなのか、
    自分の中で泣き声を我慢することが出来なくなったら急にやってくるから
    何十回もやめろと伝えても伝わらない 
    状況が悪化するだけで改善した試しがない 
    今週初めてほぼ毎日のこういうこと起こってて
    週末笑顔で過ごすことが出来なそうで避難を考えるほど
    これって改善する余地ないでしょうか

    このページのトップヘ