義弟





    581:名無しさん@HOME投稿日:2010/04/14(水) 05:09:24 0
    昨日の夜、偽実家からトメが入院したって電話があった
    新幹線の距離だし、手首骨折で入院だから来なくていいとウトに言われたから
    夫と今週末にでもお見舞い行こうと話してた
    今朝になってトメが電話してきて「義弟の面倒見て頂戴、義父じゃ駄目なのよ
    宜しく頼んだわよ」って言い放しで電話切った、義弟は重度自閉@48歳、100k超のデブ
    気に入らないとパニック起こすし、暴力も有る
    私には絶対に世話なんか無理なので、夫にスル―パスした

    結果、明日から我が家に泊まりに来る事になったらしい

    もう出て行こうかな…
    夫の弟でも、体触られたりイミフな奇声とか まじでキモイ
    障/害者を差別とかじゃないけど風呂は月1とかで臭いし
    私を見ると突進してくるし10㎝位の距離に顔近づけてくる
    正直、同じ生物と思えない
    夫は「1週間だけだから我慢してくれ、頼む!」とか言ってくる

    さっき夢見て起きたら、横に寝てる夫と義弟が重なって
    キモくてトイレで吐いた、眠れないから書き込んでみたんだけど
    書いたら何だか吹っ切れた
    今日、義弟が家に来る前に出て行くよ

    相談も無いまま引き取りを決めた夫も捨てるよ





    843 :名無しさん@HOME2017/05/16(火) 16:40:330.net
    うちが3年前に家を建てた時は新築祝として100万円もらった
    それ以外の援助は受けていない
    義弟が家を建てたいから援助してくれと義両親に言ってきたらしく
    「100万円なら」と言ったら義弟嫁が激怒した
    でも義両親に文句を言ったら何ももらえないと計算したのか
    怒りはなぜか私に
    「あんたがいい子ちゃんぶって援助を断るから私たちが損をした」

    (´・ω・`)知らんがな
    (そもそも義両親からは援助のえの字も出てきてないw)





    491:名無しさん@おーぷん2015/10/30(金)10:08:30ID:T7W
    義弟、引きこもりってほどじゃないけどとてもおとなしい人で、
    話しかけても蚊が鳴くような声でボソッと一言返事をするだけって感じ。
    仕事はちゃんとやってるし、家族に迷惑かけるわけでもないけど
    なんか取っつき難くて苦手意識があった。
    義弟はまだ独身で夫実家で同居中。

    私たち夫婦はその夫実家から徒歩圏内で暮らしている。
    一昨年、我が家が犬を迎えた。
    それで犬の散歩がてら夫実家に行くことが増えたんだけど
    休日にそうやって夫実家を訪問すると、

    それまでは殆ど部屋から出てこなかった義弟が出て来るようになった。
    「もしかして犬好きなん?」って聞いたら照れくさそうに頷く。
    義弟が犬好きって、夫も知らなかったらしい。
    これまで飼ってたこともなかったらしいし。
    うちの犬、義弟には義父母より懐いてるし
    私が義母とおしゃべりしてる間とか義弟が庭で楽し気に遊んだりしてた。
    義母も我が子ながらこんな一面があったとは・・・とビックリw
    そうこうしてるうちに、義弟の職場の同僚が飼ってる犬が子供を産んだとかで
    その中から1匹貰ってきて育て始めた。
    引きこもりがちだった義弟はなんだったの?ってぐらい
    犬連れて出掛けることが増えて、あの義弟が来月結婚する。
    お相手は犬をもらった同僚らしい。
    「職場の同僚って女性.だったんかw」って思わず言ってしまったw
    まぁ結局それが縁でよく話すようになって、こうなったみたいだけど
    何がきっかけで人生変わるか分かんないもんだね。





    734:名無しさん@おーぷん2015/11/06(金)16:52:36 ID:???
    「×月×日、○○くん(義弟)引っ越しなの」ってウトメからちょくちょく言われてて、
    その度あーそうなんですかーと返事してたら、
    なんと私が引っ越し作業要員に入れられてたよwwwwww
    引っ越し会社使わないんだってwwなんでか知らないけどwww
    私、その日出産予定日10日前ですがwwwwwww

    「まだ産まれてなかったら、でいいからね」
    「洗濯機とか冷蔵庫とかあんまり重いのは持たなくていいからね」
    「荷造りと荷ほどき作業が中心でいいから」
    ってウトメがさも親切そうに言ってて、旦那は横でウンウン笑顔で頷いてる。
    その場で旦那を問い詰めたら、
    「お前、引っ越し何度もしてるから得意って前言ってたじゃん。
    それ言ったら○○もアテにしたいんだって。
    引っ越し代節約できるって喜んでたよ。
    まあアパート住まいの単身者だから多分そんなに荷物も無いからさ」だそうで。

    ちなみに義弟の現在の住所も引っ越し先も、
    我々夫婦の住まいと出産予定してる産院から高速使って2時間半www
    「そこで産気付いたらどうすんの」って言ったら、
    「だって予定日は○日だろ?」って馬鹿じゃねえの。

    今は実家。
    実家がわりと近くて助かった。
    ど臨月で転院なんか出来ないしなー
    産まれても絶対教えない。
    義実家突撃防止に産院にも手回ししとこうと思って、
    訳を話したら先生&助産師大爆笑。
    「38週の妊婦に引っ越しを手伝いwwww××県でwwww馬鹿www」
    って10分くらい笑われてしまった。

    義実家からの波状攻撃から母が防波堤になってるのは申し訳ないんだが、
    「取りあえずあんたはお産のことでも考えてな」
    と言ってくれるのに甘えてる。
    近いうちにこの板ともお別れかもしれない。





    534:可愛い奥様2012/09/05(水) 20:07:09.11ID:dHNVhhq50
    旦那の弟の片目を失明させ種無しにしたこと。
    まさかここまで大事になるとは思わなかった…





    466 :名無しさん@HOME 2010/09/18(土) 02:03:25 0
    義弟の大昔の写真は、天使みたいな可愛い顔立ちと薄茶色の天然パーマだった。
    現在は、なかなか禍々しい顔立ちと薄いポヤポヤ頭。

    姑によると、声変わりと共に、あれよあれよと様変わりしたそうだが、
    今でも自分が天使みたいな童顔だと思い込んでいて、
    「俺は年齢不詳系だからぁ~」とか「まだまだガキなんだよな、俺って♪」と気持ち悪い。

    お盆に来てた遠縁の子供達に
    「じゃあ、おじちゃんは『とっちゃんぼうや』なの?」(親類の陰口を聞いてたらしい)
    「50歳に見えるけど10歳とか?」等々、悪気のない澄んだ瞳で質問攻めにされてた。
    怒るに怒れない35歳の堕天使が、ちょっとだけ気の毒に思えた。





    576:名無しさん@HOME2012/04/18(水) 22:50:15.72 O
    よし、携帯からだけど投下します

    義妹&義弟は兄(旦那)大好き。
    歳が離れているせいか旦那も弟、妹大好き。
    それ自体は別に微笑ましいけどどうやら弟妹は
    旦那の妻である私は大嫌いらしい。
    結婚当初から週一で旦那がいない内に我が家に来ては
    冷蔵庫内の作った料理を片っ端から文句言いながら捨てたり
    私の趣味の本を勝手に持ってく。
    最初はまぁ嫉妬位するかなぁむかつくなぁ位だったが一向に注意しても止めない、
    ついに仕事用のPCをぶっ壊して下さったのでぶちギレてDQN返し。

    義実家に行って義両親訳を話して
    二人の部屋から本(漫画類)やゲームを全て撤去。

    そして全て庭に埋めました。
    穴は訳を話したら義父が大変怒り進んで掘ってくれた。
    最後に家に離婚届を置いて契約済みのマンションへGO

    幸せになる為に結婚したので身内を庇って逆ギレする様な敵なんて
    私の人生に必要ありません。

    今号泣留守電入ってるけど本当に気持ち悪い(笑)
    最後に自分がしたかの様に謝罪、協力してくれた義両親には
    本当に申し訳無いので大体のゲーム類の金額は返しておいた。


    早く離婚届書いてくれよ~





    862 :離婚さんいらっしゃい 2009/10/13(火) 05:43:28
    暇だから投下します 
    間男は社員、出会ったのはパート場、教えてくれたのは嫁友と嫁弟です 
    嫁は大事なのはあなただけだから許してほしい、といかにもな言い訳 
    とりあえず会う日を決めて俺、嫁、嫁友、間男で会った 

    嫁友が間男と嫁に暴言吐きまくって殴りかかりそうだったけど抑えさせた 
    とりあえずあんたが責任持って嫁を引きとっくれ、こいつを幸せにしてくれと俺は間男に言った 
    間男はごめんなさい、出来ませんと土下座 
    ふざけんな、不倫するって事はこうなる事の覚悟もそれで発生する未来の責任も簡単に想像出来ただろう 
    断るなら法できっちりと制裁させてもらうと言ってその場の話し合いで終わり 

    家の中でゾンビみたいになってる嫁、俺も会話したくなくてコンビニで時間を潰した 
    その後間男の両親と言われる人逹が土下座しに来た、間男が自杀殳したと聞いた 
    請求するつもりだった額より500万多く支払ってもらった 
    嫁からも慰謝料を貰う事に、嫁は風イ谷で働き短期で慰謝料を支払った 
    そして離婚した、その後嫁とは会ってない 

    俺も嫁もその間元いた家とは違う場所にいたが引っ越すために家を手離した 
    隣の家に住んでいる夫婦から引っ越す前のお別れの挨拶で聞いた話 
    俺がいなかった間、毎日家のドアの前でビタッとはりついて 
    レンズから中を覗こうとする髪で隠れて顔の見えない女が立ってたらしい 
    怖いっしょ、たぶんそれ嫁だよね、まるでホラー映画みたいで俺は寒気がしたね 

    新しい彼女が出来たのですが嫁友の事です、ずっと前から好きだったと言われました 
    家も新しい一軒家にしました、余裕があったんで地下に温泉とプールをつくりました 
    始まったという感じです 





    921 :名無しさん@HOME2015/11/02(月) 23:11:140.net
    義弟が結婚したんだけど、義弟嫁が一卵性.双子の姉妹で
    結婚前に「この人と結婚します」と紹介されたのは双子の姉の方だったんだけど
    結婚式で義弟嫁が妹と入れ替わるというサプライズを決行して
    そのまま妹の方が義弟嫁になってしまった
    姐の予定では結婚式で妹との入れ替わりを義弟が気付き
    「違う!これは(姉)ちゃんじゃない!」と主張し
    「これこそ真実の愛!私たち幸せになります!」となる予定だったらしい
    義弟は気付くことは気付いたがサプライズとは思わず、姉が具合でも悪いのかと思って
    新婦姿の妹に「どうしたの?何かあったの?」とこっそり聞いたらしい
    で、妹もそこで「実は…」とこっそりサプライズ計画暴露
    上司など仕事関係の人も出席している結婚式で新婦入れ替わりなんて失礼だ、となって
    義弟嫁両親にもサプライズ計画が伝えられ、妹の姿で親族席にいた姉は会場外に連れ出されて
    姉はそのまま隔離され、仕方ないので妹新婦で結婚式続行
    サプライズ計画を知らない新婦側出席者もいるのでなるべくバレないよう若干不自然な進行はあったがなんとか結婚式終了
    で、この先どうするんだろうと思ってたら結婚式の一週間後には何故か妹と入籍してた
    どうしてそうなった
    改めて紹介するってことで義実家に呼ばれてるんだけど、入れ替わり結婚式でご祝儀渡してるんだが
    あれは姉との結婚式だし、また用意した方がいいんだろうか?





    900 :名無しさん@HOME2017/01/26(木) 16:18:200.net
    義両親には子供が出来なくて、私の旦那を養護施設から養子として引き取った。
    旦那が中学生の時なので、普通の養子縁組。
    一年後に義父の従姉がシングルマザーで子供を育てていたけど病タヒした。
    親戚で他に引き取る人がいなくて、義両親が旦那にも弟がいるよねと引き取った。
    それからはぎこちないながらにも、なんとか家族として暮らしてきたそうだ。
    旦那は養護施設にいた頃から仲良しだった私とずっと連絡取り合っていて
    結婚したいと義両親に言ったときも、反対も無く結婚させてくれた。
    私の父親は私の幼い頃に亡くなって、母親に養護施設に預けられてずっとそのまま。
    そんな境遇を話しても、にこにこ受け入れてくれた。
    そんな仲が壊れたのは、義弟ができちゃった婚をするとき。
    義弟嫁になる人が、養護施設にいたような人と親族になりたくないと
    騒ぎ立てた。義弟嫁の親が調べたみたいで、資産のある義実家の取り分が
    まったく血縁のない旦那に流れるのが、不満だったらしい。
    これはいろいろ話していたら、義弟嫁の母親が漏らしたから確実。
    義実家は家業があって跡継ぎのために旦那を養子にしたけど
    義弟が来たことで、旦那が遠慮して継ぎたいという義弟が継いでいた。
    養子でも変わらず自分の子だという義母が泣き崩れて訴えてくれたけど
    義弟嫁側はかたくなで、とうとう旦那が養子縁組を解消を申し出た。

    だから本当はもう義弟嫁じゃないから、スレチでごめんね。
    やっと書類を提出して、旦那は元の名字もいやだというので
    私の旧姓になってもらった。私の母親は今更ながら、私に会いに来てるけど
    再婚してるからもう違う名字で、だれも文句を言う人はいないので。
    私達には子供もいないし、この町も出てどっかで暮らすつもり。
    愚痴を垂れ流してごめんね。読んでくれてありがとう。

    このページのトップヘ