義実家

    189: 名無しさん@HOME 2008/01/09(水) 14:39:27

    毎年新年の御節や食事の用意は嫁である私の役目と決められていて、 


    元旦の朝からなんやかんや私ひとりで準備をしている。(新年会は夜) 

    どんなに頑張って準備しても、新年会が始まると 
    アレ取れこれ取れウダウダグダグダとこき使われ、 
    席(しかもなぜか私の椅子だけ背もたれのないパイプ椅子みたいなの)に着く間もなく、 


    ろくに食事もできないまま食べるものがなくなる。 

    今年も朝から用意を始め、足りないものがあったので一人に買い出しに行き、 
    戻ったら義実家には誰もいなかった。 

    机の上に「新年会が始まるまでスーパー銭湯にいってきます」と書いたメモがあった

    892: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/11/03(水) 14:32:26
    義実家に夫の兄弟が集まった時、 
    長男嫁が、ある事が気に入らなかったらしく、怒り出した。 
    長男がなだめすかしてたんだけど、それでも気が済まなかったのか、 
    「そんな事言うなら、金輪際私はこっちの親の面倒は見ませんから!」 
    と堂々宣言。 

    一瞬の静寂の後、義父が 
    「わしら、あんたに面倒見てもらったことがあったかね?」 

    義実家は第一子長女と同居、第三子次男であるうちが徒歩10分の所に住んでる。 
    長男は都市部で嫁実家と二世帯同居。 
    その二世帯の頭金は何故か義両親が出し、 
    その後もお年玉や盆の小遣いと称して年間数十万を援助している。 
    今回集まったのは、義姉が将来のことを考えて 
    義両親の財産を管理したいので、話し合おうと言うことになったため。 
    送金を減額し、将来的にはゼロにしたいと言う話をしたら怒り出した。 

    身内の確執を抜きにしても、長男家族が義両親に何かしたことは一切ない。 
    もしかしたら「金を受け取ることが親孝行」と思っていたんだろうか。 
    聞いてみたかったけど
    「もう来ない!」と言い換えて出て行ったので聞けずじまい。 
    残念。

    655: 名無しさん@HOME 2007/01/23(火) 17:06:48

    義実家で公開授乳をしつこくせがまれ、挙句義妹に服を 
    捲し上げられた瞬間、私よりコンマ一秒早くブチ切れ、 
    トメ、夫、義兄、義妹夫婦に向かって 
    「この変態どもが!貴様ら恥を知れ!!

    (夫)!お前が止めんか!この馬鹿が! 
    (私)さんと(赤)ちゃん、今日はわざわざありがとうな。 
    さあさあ(荷物を持って玄関へエスコート) 
    これからタクシー呼ぶから、もうしばらくあちらでお世話になりなさい 
    (里帰り明けに実家から夫の車で来ていたので、 
    このまま実家に戻れと言う事らしい)」 
    と激昂した義父はネ申だったんだなと今になって思う。 
    自分はdqnになり損ねたのでsage

    287: 名無しさん@HOME 2014/03/19(水) 18:30:51.84 0
    嫁が半年程行方不明になった 

    血眼になって探したんだが、
    嫁実家から何があろうと警察を入れるなと
    毎日強く強く言われ、不安でおかしくなってた俺も
    素直にそれを受け入れてた 

    半年後に嫁が赤子を抱いて帰宅、
    安心したやら赤子が何者かやら
    心配させられた憤りやらで卒倒した 

    で、この件が元で離婚した 
    簡単に言うと結婚後3年しても孫ができないと
    苛ついた嫁実家が、適当な男(元カレらしい)を
    嫁にあてがって妊娠が確認できたんで
    引き離して産ませたんだと 


    戸籍上は俺の子だから誠心誠意心を込めて育てろ
    嫁実家の大事な跡取りだとか
    意味不明な事を言われてテーブルひっくり返した 

    別に俺は婿養子でもなければ嫁は跡取り娘でもない、
    兄が居てきっちり義実家を継いでいる 

    子供がいないのも夫婦で話し合っての事だったんだが、
    嫁は親の命令ならとホイホイ他所の男の子を妊娠しやがった 

    情けないというかキチと暮らしてたんだと
    ゾッとしたのが多分最大の修羅場 

    その後は親子関係の否認やら
    離婚調停での大揉めやらを経て独り身に戻った 


    先日元嫁から、娘が成人したんで田舎の成人式
    (夏にやる)用の振り袖を贈ってこいとか
    意味不明な連絡が来たんで吐き出す 

    親子関係は離婚時に否定してあるから
    養育費すら払ってない俺が、
    なぜそんなものを贈ると思えたのか 

    結局嫁の家はキチのままだったと
    確認できたような気がする 

    以上、乱文失礼

    969名無しさん@HOME 2013/05/21(火) 11:15:28.28 0
    【相談用テンプレ】 
    ・悩みの原因やその背景 
    義実家と夫から生まれてきた子供のDNA鑑定を求められています 
    事の発端は義母がネットで托卵がどうこう難癖をつけ出したことが始まりなのですが 

    それに対して夫が、俺と結婚するときに身辺調査とかしたのか? 
    もししていないなら、それは無条件で俺のことを信じてくれた証拠だから、俺もお前のことを信じて鑑定はしないと言いました
    身辺調査は両親の申し出でしていますが、このことは夫も知らないはずです。 
    鑑定の要求に応じるべきでしょうか? 私は疑われるようなことは何もしていないのですが…… 


    ・これまでの話し合いや解決に向けて努力したこと 
    何度も私は何もしていないと言いましたが夫は聞く耳を持ちません。 


    ・どうなりたいのか、どうしたいのか 
    鑑定そのものは構わないのですが、少しでも夫が私のことを疑っているのが悔しくて鑑定を回避したい 
    義両親と夫に謝って欲しい 


    ・その他 
    身辺調査をしていたことはどこかからばれる可能性はあるのでしょうか?

    966: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/12/22(木) 09:14:17.58
    ようやく生まれたのが娘。しかも不妊治療の末だったので 
    次の子というのも難しいとしてウトメはションボリ。 
    私らより数年前に結婚していた義弟嫁からは「私だって女しか産めないと 
    言われたわ。気にしない事よ」と言われたんだけど 
    その義弟夫婦に突如、息子が生まれ、ウトメはフィーバー。 
    同居を替われと言い出したのは嬉しいけど 
    義弟嫁、絶対に企んでたな。偶然よ偶然と言うけど。

    570: 名無しさん@おーぷん 2015/03/02(月)13:48:54 ID:SYO

    登場人物
    私→私
    私旦那→私の旦那(次男)
    姑→旦那、義兄の母親、(軽度だが足を悪くしてる)
    義兄→旦那の兄(長男)
    義兄嫁→義兄の嫁、義兄より一回り以上年下

    親と同居でマザコン気味の義兄(30代後半)が、
    成人したての若い彼女を連れてきたと知ったときはびっくりした。
    姑は「あの子にも春が!」と泣いて喜んでいた。
    姑さんは(自分が義兄の結婚の障害となっているのでは?)
    と気にしていたのでこっちもホッとした。
    結婚話が出た直後舅が亡くなり、私達夫婦が姑を引き取るか話をしていたら、
    義兄嫁(まだ恋人)が同居を申し出てくれた。
    義兄嫁はまだ若くて、しかも新婚早々同居でいいんだろうか?と不安になったけど、
    姑は舅との思い出深い住み慣れた家を出たくないし、
    私達も職場から遠い義実家に移るのは辛い、
    と正直ありがたかったのでお願いした。

    姑はとても優しくて家庭的。
    料理上手で綺麗好き、足が悪くて一人じゃ買い物行きにくいぐらいで
    介護は必要ない人。
    いつもニコニコしてて家に一人居て欲しいタイプ。
    だから義兄がマザコンになるのも仕方ないと思ってたんだよ。

    574: 名無しさん@HOME 投稿日:2008/09/26(金) 12:46:23

    ムカついているわけではないのでスレチだったらすみません。 
    昨年実父が事故にあい、以来足の不自由な生活になり 
    好きだった散歩に行くのも苦労するため、平日はほぼ毎日実家に行き 
    父と散歩したり、食事に行ったりしています。 
    先日両親と敷地内別居をしている義姉から甥の車を買うから 
    今後車を止めないで欲しいと言われました。 
    どうしようかと両親に相談した所父が激怒。 
    実家敷地には駐車スペースが三台分あるのですが 
    一台は両親、一台は義兄&義姉、もう一台分は私が実家に来た時や 
    来客の為に3年ほど前に整地したのでそんなこと言う権利は義姉にはないという理由です。 
    兄に事情を聞いたところ、すぐに買うつもりはないし 
    駐車場は別に確保するから気にしないでくれと謝られましたが、 
    それ以来、義姉と両親の間、義姉と兄、義姉と私・・・ 
    何だか全ての関係が悪くなってしまったようで気に病んでいます。 
    父を宥め様にもその話をすることすら不快らしく切り出せません。 
    このままほっといても良いものでしょうか?

    22: 名無しさん@おーぷん 2014/07/24(木)15:55:02 ID:OAbMNITBX
    みなさんの体験を読んでいると、かすむような話ですが私の体験を書かせてください。
    何分初めて、フェイク有りなので、つたない所はご容赦を。

    私・・・・・当時30歳ぐらい、現在は40代後半
    旦那・・・・・私より7つ上
    姑・・・・・還暦前後
    舅・・・・・姑より7つ上
    大姑・・・・・80歳ぐらい
    義父妹・・・・・姑と同い年
    義父妹旦那・・・・・Aさん

    私は25歳の時に結婚したのですが、結婚する前は当然別居という話だったのですが、大姑が車椅子になったこともあり、当時おとなしかったこともあり、必タヒになって拒否はしましたが私の両親に介護が必要になったら、必ず助けるから今回は我慢してくれと言われ、3代同居。
    バカでした。
    それまでは別居ということがあり、あまり付き合いがなかったせいもあり関係も悪くはありませんでした。
    しかし、一緒に住んでみると皆が皆めちゃくちゃ性格が悪かった。
    旦那もこれほどわがままになるのかというほどに変わってしまい、ひどかった。

    私が掃除すると、あらを探しここもしろ、あそこもしろ、ここはやり直しといった風で、
    ろくに休憩する暇もありません。食事を作れば、甘い、辛い、まずいの連発。
    ご飯を食べようとすると大姑の部屋からブザーが鳴り、やれトイレだ、なんだととにかく大忙し。
    夜も大姑の部屋からのブザーがうるさくて眠れないと旦那とは別室です。
    一緒に寝ないから子供なんてできるはずがないのに、「孫、孫、孫」。
    頭が狂いそうでした。6カ月たたずに体重が10キロ以上減りました。
    もともとは、162センチ56キロだったんですが、あと少しで40キロになりそうでした。
    そんな生活をしていると、何がおかしいのかが分からなくなるんですね。

    313: 名無しさん@HOME 2015/03/15(日) 13:10:53.83 0.net

    携帯から失礼致します。 
    ようやく決着がついた離婚修羅場話です。 
    結婚後しばらくして義両親と同居になったのですが、
    とにかく連日いびられていました。

    夫に訴えても我慢しろの一点張り。
    義両親から「今日は家族だけで食事したい」と言われれば、
    私は台所に追いやられて一人食事、
    義両親と夫は別室で私の作った食事を食べていました。

    私の両親は他界しており帰る実家は無く、
    頼るべき肉親は地元に1人暮らししている年の離れた妹一人しかいませんでした。
    心配をかけたくないと思っていましたが、
    また1人台所に追いやられた時、ついに泣いて妹に電話しました。 
    妹は「すぐそっち行く」と言い残し、
    地元の隣県のここまで車を飛ばして駆けつけてくれました。 

    妹は義両親と夫がいる部屋に突入。
    夫と義両親に「人の姉に何してるんだ!」と
    地元(修羅の国)方言で怒鳴りつけました。 
    ぽかんとしていた夫に詰め寄り、
    「お前の家族は誰だ!一番大事にしないといけない人は誰だ!」
    と凄み、夫が口ごもると「早く言え!」とスリッパでバシーンと殴打。 
    夫が何を言おうとも無言でスリッパではたく妹。
    止めに入ろうとした義両親も妹のあまりの剣幕と、
    響き渡る殴打音に怯んでいました。 
    妹は「姉は連れて帰ります。
    夫さんは姉を家族だと思ってくれていないようですので」
    と私の手を引いて脱出。 
    自分が情けなくて、妹の運転する車の中で何度も謝ると
    「昔お姉ちゃんが私に同じことしてくれたでしょ」
    とのこと。 

    実は他界した実父は母や私、妹に暴力を振るう人で、
    母は耐え切れず私達姉妹を置いて家を出て行きました。
    父は当時中学生の妹に怒りの矛先を向けたので、
    私は父の隙をついて妹を家から連れ出したことがありました。 

    その後紆余曲折あったのですが、
    もう10年以上も前のその時のことを妹はずっと覚えてくれていたそうです。
    妹の住むアパートに着くまで涙が止まりませんでした。
    本当に妹には感謝しています。 
    その後も妹にお世話になり、弁護士さんを入れて何とか離婚しました。
    今は地元でお互いに気ままな1人暮らしができています。 

    このページのトップヘ