縁談





    119: 名無しさん@おーぷん 2014/05/30(金)19:30:27 ID:???
    長男の兄貴激ラブで、兄貴だけを生きがいにしてきた実母、現在68歳。
    夫である父も、次男の俺にも目もくれず
    兄貴だけを愛し抜いてきた。
    俺の目から見ても母ってより女なんじゃねーの?キモッって思うくらいの執着ぶり。
    まあ確かにそこそこイケメンだし優秀な兄貴なんだが。

    母は兄貴の行動を監視し、女の子からかかってくる電話はすべてガチャ切り(当時は携帯は普及してなかった)
    彼女が出来そうになると相手の家に「うちの子の将来をつぶす気か」と凸
    県外への進学は許さず、もちろん一人暮らしなんて論外
    大学生になっても門限は九時。
    しかも七時を過ぎると30分ごとの電話連絡を強制。サークルも禁止。
    なのになぜか兄貴がモテていないとご立腹
    たとえばバレンタインでもらったチョコが少ないと「こんなもんじゃないでしょうー!」と怒りだしたりする。





    635:愛とタヒの名無しさん2003/02/14 13:58:00
    自分の知っている人のケースだけど・・
    最初に書きますが長いです。

    他人の縁談をまとめて、自分が仲人をする事を生きがいとしているはた迷惑なオヤジがいた。
    相手のプロフィールは一切無視で年齢が近ければ何とかなるだろうと
    経歴を改ざんしまくってウソを並べ立て無理矢理まとめてしまうある意味詐欺のような人。
    そのオヤジの事を知っている人は用心しまくるが、
    知らずに世話してもらって後で泣かされた、と言う人も少なからずいたらしい。

    それを知ったある女忄生が「こいつに頼めば何とかなるだろう」と目論んでそのオヤジに
    自分に縁談を世話して欲しい、と頼んだのだそうだ。喜んで引き受けるオヤジ。
    そしてたまたま知っていた独身男忄生をターゲットに選んだ。
    「おとなしい」「正直」「結婚後も同居歓迎」「ちょっと世間知らずのところもありますが・・」
    と色々並べ立て一応お見合いらしき場をセッティング。
    顔合わせをしたのだそうだ。
    そして「これは脈あり」と思い込んだその彼女は「結婚するんだから今から予行をしましょう」
    と突然男忄生実家に転がり込んだ。

    そして男忄生は彼女の本忄生を知る。

    おとなしい→何も考えていない
    正直→自分の思い通りにならないと駄々ッ子のように泣き喚くヒステリー持ち
    結婚後は同居歓迎→自分が家事をやらなくていい、もとよりやる気一切なし
    世間知らず→中学卒業以来無職でパラ&プチヒキ
    (ただし気が向いたときだけバイトはしてたらしい)





    461 :名無しさん@おーぷん2016/04/23(土) 22:14:31ID:k37
    私の縁談をぶち壊し、キチな行動で周囲全部に迷惑かけ続けてた毒親。
    絶縁してたんだけどどうやって調べたか、数年ぶりに電話かけてきた。
    病気で余命が、というので
    「やったー!いつタヒぬの?今日?明日?
    なんだー一年以上かかるのー?タヒんでからにしてよね連絡」
    ひどいと言われたので
    「だって若い時からタヒぬタヒぬ☆詐欺してたじゃん!
    やっと本当にタヒねるよ!よかったね!☆」
    「大丈夫!私にやったみたいに、何日も食べ物も水も取れないようにしてたら
    きっとすぐタヒねるよ☆」
    戻って奴隷しろと言われたので、
    手拍子しながら自分が肺炎になった10歳の時にかけられた言葉をそのままかけてやった。
    「しーね!しーね!しーね!しーね!」
    気が付いたら電話が切れてた。
    笑いながらしねしねコールしてたのに、なぜか涙でぐちゃぐちゃ。
    電話もメアドもまた全部変えた。
    住所知られたかはわかんないけど、また家探さなきゃ。

    誰にも大切に思われず、孤独にタヒんでいくのがあんたの受ける報いだよ。
    唯一の肉親に心の底からタヒねって思われたままタヒんで池。
    早く一年たたないかな。





    363 :名無しさん@HOME 2009/10/09(金) 19:25:57 0
    いいともを見てるといつも思い出すのだが、同じ学校に農家地帯から 
    通って来てる、めちゃくちゃ美人でスタイルも抜群な先輩が居た。 
    あんまりキレイ過ぎて、学内の男子は声を掛ける事すらためらう程。 

    しかし農家ってのは何処までも恐れを知らぬ様子で、当時17才だった 
    先輩に、干支が2回りで同じの41才長男との縁談を持って来た。 
    当時母から聞いた私は何かのギャグかとすら思ったが、当時夏休み中に 
    学校で流行っていた昼ドラがいいとこの娘さんが石原義純?と無理矢理 
    結婚させられるというもので、それを思い出した皆が大騒ぎ。 
    先輩を守る会みたいのまで結成される始末。 
    けれど先輩はそれをあっさり解散させて、自力で縁談を流れさせた。 

    その方法は、当時160くらいで40キロだった体重を半年かけて倍にした事。 
    その上でこれ以上無いと言っていい程だらしのない女(先輩談)を、 
    相手方宅で演じてきたらしい。 
    どんどん太って行く先輩の姿は、状況を知っていても凄かった。 

    破談が決まって数ヵ月後、先輩は卒業。以前から内密にお付き合いしていた方と上京。 
    私が会いに行った頃には既に元の先輩へと戻っていた。凄過ぎる。 

    今でも例の見合い相手は未婚で、家族で先輩の悪口を言い続けている。 
    先輩が結婚して男の子を産んだと伝え聞いてもあんな下品でデブな女wと 
    笑いの種にするばかり。 
    大抵の後輩・同級生は今の先輩を知っているので内心大爆笑w 

    太っていた頃の先輩は今にもネ果足でビヨンセ踊り出しそうな姿だったので、 
    いいとものビヨンセも痩せたら先輩みたいになるんじゃないかと思う時がある。 
    長文すんません。

    このページのトップヘ