絶縁

    216: 名無しさん@HOME
    ムカつくとはちょっとベクトルが違うんだけど 
    兄夫婦にモヤっとしたこと。長文ですまそ 

    数年前兄夫婦に子供ができたのだが、検査でどうやら障害があるかも? 
    とわかったそうだ 
    両親は苦労するのがわかっているのだから今回は諦めたらどう…?という対応 
    対する兄夫婦は、命の選別をしろと?産まれたらなんともないなんてよくある話 
    仮に障害があってもうち(たぶん兄嫁実家)は金には困ってないし公的サービスもあるし大丈夫 
    孫をコロせといってる人には会わせなくていいですね。という対応で平行線 

    いつの間にか兄は転属願いを出しどこかに行き 
    携帯は着信拒否され、家電は繋がらず、家に行っても既に引越し済…という 
    恐らく絶縁されたんじゃね?という結果に 
    両親は自分達の発言が原因で兄夫婦がいなくなっちゃった…としょんぼりしていたけど 
    今に至るまでに私も次兄も結婚し子宝にも恵まれ、今は3人の孫とキャッキャウフフする日々 
    兄関係のことはタブーと化した 

    つづく

    374:名無しさん@HOME2015/09/14(月) 13:57:06.36 0.net
    はじめまして
    冠婚葬祭と悩んだのですがここで相談させてください
    兄私妹妹の四人兄弟です

    絶縁した兄の結婚式に出たくないです
    10年前に三姉妹全員で兄と絶縁しました

    母にはどうか私だけでも出席して欲しいと
    泣きながら土下座されました

    結婚式で三人の妹たちが揃って欠席するのが
    親の顔に泥を塗ることになるのなら
    長女の私だけでも我慢してでも出た方がいいのでしょうか

    正直憎くて仕方ないけど
    母が嫁いびりをされると思うとかわいそうです

    絶縁した理由は10年前の一番下の妹への性/的DVですが
    父や親戚はこのことを知りません

    228:03/09/09 10:22
    やっと気持ちが落ち着いてきました。
    この間の土曜日に「もらい物があるからとりにおいで」(近距離別居)と言われたので
    しぶしぶ娘(5ヶ月)と取りに行きました。
    そのときに事件は起こりました。
    娘に「ちょっと待っててね」と声をかけてWCに行ったんです。
    そしたら玄関の閉まる音。特に気にしなかったのですが
    部屋に戻ると義両親と子供の姿がない。パニックになりました。
    外に出て見ると義両親の車がない。私に一言も声もかけずチャイルドシートのない車で勝手に連れて行かれたんです。
    とにかく探そうと思って私も車を出して探したんだけど見つからない。
    旦那に泣きながら電話したらさすがに旦那も仕事を抜け出して義実家にきました。
    旦那には家にいてもらって私が探しまくって、途中で旦那と連絡を取りながら2時間くらい探しまくっていました。
    そしたら「帰ってきた」と連絡があったんです。
    義実家に戻ると泣き過ぎて吐いてしまって汚れたままの服を着て(一応拭いてはあったけど)泣きはらした目の娘が旦那に抱かれていました。
    (着替えは私がバッグに入れていたため)

    9:名無しさん@おーけーちゃんねる2014-05-11 08:32:44
    追い詰められて色々限界です…。吐き出させて下さい。
    1か月程前、突然主人の弟が彼女を連れて私達の新居に来ました。
    私達の新居が完成して2か月程経った時でした。

    ようやく引越しの荷物も片付いて、快適な生活を送り始めた週末の夜、
    義弟は彼女を連れてやってきたのです。
    アパートの契約が切れて住む場所がなくなったから新しいアパートが見つかるまで数日間泊めて欲しいと言われ、
    夜も遅い時間だったので主人は客間へ案内しました。

    404:名無しさん@HOME2007/02/19(月) 09:12:17
    第1子を「まだ早い」と中絶するように言い、
    私の服を「掃除」と言って捨て、
    母に「この子は家の孫ですけど今の時代しょうがないですよね、
    本当の孫だと思っていいですよ」
    などと訳のわからない事を言い、(これ物分りのいい姑になってるらしい)
    その他色々あって私だけ絶縁に成功した。

    冠婚葬祭、世間体だけ悪くならない程度には付き合う事になってるんだけど
    こないだ大ウトの葬儀に行った。
    家に行った途端「嫁子ちゃんおかえりなさーい。初めての方も居るわね。
    みなさん、この子が家の新しい娘よ~」とニコニコ紹介。
    ハァ?となったが、ブスッとして「はじめまして」と自己紹介、
    その後も事ある事に「本当の娘だと思ってるから」とありもしない仲良しエピソードを垂れ流した。
    一緒にショッピングとか映画とか、実の母より私と居る方が長い友達ヨメトメなの~って。
    その都度無言でスルー、親戚方も「?」って顔しだした。
    焦ってきたトメ、隅に呼び出し「あんた話し合わせなさいよ!」と怒ってる。
    めんどくせーと思いつつ、適当にヘイヘイそうっすね。とか言ってたら
    焼き場で二人きりになった時に怒られた。

    「あんたちょっと位愛想良くしなさい!
    連絡しない代わり冠婚葬祭はちゃんとするって言ったでしょう!
    約束破るんだ、へぇぇ~?破るんだぁ?
    それと孫子!なんで連れてこなかったの!
    顔見たかったのに!お披露目だってしたかったのよ!」
    と真っ赤になってたので
    「トメさん妊娠した時あの子をコロせって言ったし、
    おなかの中でも言われた事って覚えてるらしいんです。
    だから会わせたらかわいそうだと思って。
    出産した時も不細工だ何だ、息子の子じゃないとか、
    嫁に似てるから家の家系じゃないとか?
    大体連れてきたら恥かきますよ?凄い泣くでしょうね、あの子。
    それに冠婚葬祭は行くといいましたが、
    あなたのウソに付き合う予定は無いんですよ」
    と言った。

    そしたら気まずそうに親戚が「何も聞いてませんです」という顔で横を通り過ぎていった。
    トメ絶句して、トイレに駆け込んでしまった。
    段々大きな声になって行くのがトメの特徴なので、もっと聞いた人は居ると思う。
    私はそれに気が付いてたので最初から大きめの声で言ったが。
    ウソついてまで「幸せトメちゃん」って思われたいのかね。知らんわ。

    37:無しさん@HOME2013/01/18(金) 10:40:54.36 0
    私とトメだけが揉めて絶縁してまだひと月余り。
    今日トメから旦那宛の宅急便が届いて、伝票の品物欄に「食品 嫁子は食べるな」と
    書いてあった。
    旦那が休みだったので確認させて、その場で受け取り拒否してくれた。
    すっきりした。
    二度と送ってくんな糞トメ。
     

    349: 名無しさん@HOME2011/11/15(火) 23:26:10

    豚切る。
    グロありなのでダメな人はするーしてけろ。

    結婚半年、トメとの絶縁が決まった!
    理由は義実家に行ったらウトと夫が2人で飲みに行ってしまったので
    トメと2人で夕食になった。
    トメのニヤニヤ顏とイヤミとともにドッグフードが出てきたwww
    ええ、全力で食べましたとも。
    トメ唖然としてた。
    そりゃそうでしょうとも、イヤミで出した犬のエサをガツガツ食べてるんだから。
    何事もなかったかのように食事を終えて、ウトと一緒に帰宅した夫に帰ろうと促し
    玄関で盛大にリバース。
    吐瀉物を見て夫が何を食べたんだお前と。
    そこで事実を2割り増しでマヤってみた。
    当然切れる夫とウト、フジコるトメ。
    もうここにはいたくないと訴えて帰宅して今に至る。
    本当はドッグフード食べて気持ち悪くなったんじゃなくて
    夫たちが見てないところで指突っ込んだんだ。
    ドッグフード食べたのはDQN通り過ぎたなと思ったけど結果オーライでした。

    592 :ラブラドール速報 2015/05/18(月) 03:19:29 ID:rdu
    修羅場かどうか分からないけど投下。
    婚約してた彼氏ときのう契約崩壊したよ

    うちの親はいわゆる毒親というやつで、私は昔から言葉の暴力によるサンドバッグ状態だった。
    なんで結婚できたのか不思議なくらい父は見た目も性格もえげつない人で、母に会うまで恋人どころか異性の友達もおらず、それどころかキモがられてたらしい。
    まず自分が絶対に正しいと思ってる。
    だれしも皆そうだとは思うんだけど、父はなんていうか病的なまでに顕著なんだよね。
    しかも言ってる内容は極端で偏見まみれで大体間違っているという……。
    そのくせ、少しでも自分の意見を否定されると(どうだれうねぇぐらいで)ガチギレして、ありとあらゆる言葉で罵りまくる。
    しかし自分は理性的だと信じていて、相手が怒ると感情論乙!とキレながらドヤ顔で言ってくるミサワみたいな人だ。
    幼稚園の時に、女はバツイチになったら中古だから価値なくなるけど、男は再婚できるんだとか話してくるような、世間ずれした謎の人だった。
    そしてクチャラーで部屋が汚なく、ファッションセンス皆無。
    なのに何故か自分はイケメンでファッションセンスいいと思っている。実際は糞不細工。



    母は悲劇のヒロインに酔うタイプで、自分が責められると「私が全部悪いのよ!!」って言ってヒステリーになって話にならず、根っこを全然解決しようとしないタイプ。
    おまけに父同様身なりノータッチ(髪もとかさない)で、私がそういうことをすると、くだらない!不良になる!と怒る。
    父を選ぶくらいなのでやっぱりかなり感性が普通と違う。
    私が普通に近づこうとするたびに、阻害して、異常者と罵られた。
    おまけにナチュラルに自分の都合のいいように話を捏造するという特技をもつ。捏造したことを覚えていないという恐怖。
    そして恐ろしく察しが悪く、よく誤解して勝手に怒り出す。
    過干渉で、母親なくして子供は生きていけないと思っている。
    高校生の時に洋服代を稼ごうと必タヒにアルバイトして手に入れた給料の四万のうち、五千円を母の日のプレゼントに使えとしゃあしゃあと遠回しに訴えてくる毒母の鏡。 


    兄はそんな二人の教育を一身に受けて、私を束縛する見事な毒親連鎖を引き起こしました。
    実家にいたときは、どこに行くかいちいち何故か私に言いに来たり、ジロジロと私をガン見してきたり、私が一階にいくと一階に下りてくるetc
    父と同じで自分の意見を否定することは一切許さず、中学の頃に勇気をだして少しだけ反抗したら殴られ、部屋の壁に穴を開けられ、学習机を壊されました。
    それ以来諦めてできるだけ気に触らないように言葉を選んで接してきたんだけど、それがよくなかったのか、完全に擬似妻状態。
    気持ち悪い。
    ちなみに兄には学生時代いじめられて不登校になった経験がある(両親に反抗する私を尻目に、両親にいいこいいこしてもらおうと、両親の言うとおりクソダサな格好してたから。ただでさえブサなのに)

    そんな両親&兄だから、結婚式には呼びたくないし、今絶縁しているから今後関わる気もないとずっと前から話していたんだけど、いざ結婚話がリアルになってきたら、「両親とやり直したほうがいいよ~、ご両親だってお前を思って~」とまさかの手のひら返し。
    うちの両親は構いまくりだからたしかに一見わかりにくいかもしれないけど、でもなんていうか、子供に対する愛情じゃなくてペットに対する愛情なんだよね。
    今でも昔の夢を見て発狂して夜中に起きたり、思い出してどうしようもなく苦しくて悔しくてタヒにたくなったりしてるぐらいには、両親が憎いし、できるだけ関わりたくない人達だ。 
    でも結婚するにあたっては、彼氏の面子もあるだろうし、向こうのご両親も式の時気まずいだろうしっていうのも分かるんだ。
    でもそういう言い方ならまだ分かるのに、彼氏の言い分はどちらかというと、「親がかわいそうだよ~」っていうほうがメインだった。
     
    結局話が平行線を辿り、私から婚約をとりやめてしまった。
    親への思いを理解してもらえないまま、ずっと一緒にいるのは私には無理だと思うし、一方的に親かわいそうと訴えてくる彼氏にも醒めてしまった
    やっぱり毒親もちって結婚の時どうしようもなくマイナスだよなーと思った。というオチ。

    15 :ラブラドール速報 2017/06/13(火) 14:15:04 ID:Zd6X5S6G.net
    兄嫁が義父(俺ら兄弟の父親)と絶縁して2年くらいになる。
    うちは母親が俺を産んですぐにタヒんでしまったので、父親が
    再婚もせずに俺達2人を育ててくれた。
    子煩悩が服着て歩いてるような人だったので、母親がいなくても
    ぜんぜん寂しくなくて、兄の方は母親の思い出がある分、俺より
    寂しかっただろうけど、それでも家族3人で明るく暮らしていた。
    そんな兄が結婚。待望の初孫が生まれて顔をくしゃくしゃにして
    喜ぶ父が、孫を抱きながら兄嫁に「こんなに可愛い孫を産んでくれて
    本当にありがとう」と言った。
    その一言が気に入らなかったらしい。そのときはニコニコしていたが
    父が帰ってから「お義父さんのために産んだんじゃない」「所詮
    嫁は子供を産むだけの存在だとしか思ってない」と兄に当たりまくり
    最初はなだめていた兄も忍耐の限度を超えて口げんかとなってしまい
    「二度とお義父さんには会わない」と言うことで、本当に絶縁してしまった。
    最初は一ヶ月もすれば頭が冷えるだろうと思ってたけど、もう2年も経つ。
    昨日、姪っ子の誕生日だったので思い出した。神経わからん女だ。

    このページのトップヘ