策略





    128:名無しさん@HOME2007/07/08(日) 21:50:04 0

    私がしたわけじゃないけど

    超近距離別居のトメ。
    しょっちゅうアポ無し凸してくる。
    そして細かいことを
    グチグチグチグチと文句をつけていく。

    そろそろ

    録音して
    旦那に報告してやろうか、
    と考えてたらトメがやってきて
    「明日コウトタンがこっちに来るの!
    だから料理作っておいて、
    ここに来るから!」
    と突然言われた。

    コウトは遠方の大学院に通っていているが
    用事が会って帰ってくるそうだった。
    当然いきなり言われても困る、と断ったが
    結局押し切られる弱い私……。
    コロッケと白身魚のあんかけが好きだから
    作っておいて、と言われたので
    慌てて買い物に行った。

    んで当日。
    料理中にコウトを連れてやってきた。
    準備でどたばたしている自分を尻目に
    コウトにベタベタするトメ。
    で、準備が出来て料理を出したら
    「まぁ、嫁子さん! 
    何でわざわざコウトタンの嫌いなものばかり!」
    とかほざき始めた。
    えっ? とびっくりして
    思わず言葉を失った。

    反論しようと思うが言葉が出ない。
    と、コウトはなにも言わず料理に手をつけた。

    そして
    「美味い!美味いよ嫁子さん!
    このコロッケ手作り?美味いなぁ」
    と言いながらがっつくコウト。

    トメはポカーンとした後慌てて
    「コウトタン! コロッケ嫌いでしょ? 無理しなくていいのよ」
    と言うが
    コウトは白身魚のあんかけにも手をつけながら
    「俺は別にコロッケもあんかけも
    嫌いなわけじゃないよ。
    ウチで出てきたのって
    スーパーの惣菜温めたやつじゃないか。
    不味いから嫌いって言っただけ」
    と言いつつバクバクと食べる。
    あっという間にコロッケを平らげてしまったので
    「もう一個食べる?(旦那のぶんを残しておいた)」
    と言ったら元気よく頷くコウト。
    ごめんね旦那よ。
    コウトの食べっぷりが気持ちよかったから……。

    んで、食事終わった後に一言。
    「母さん、嫁いびりなんて今日日流行らないよ」

    トメはふじこりながらも否定するが
    「結婚式以来会って無い嫁子さんが
    俺に嫌がらせするわけ無いだろ。
    大体、嫌いな物だって
    しってるわけないだろ」
    とバッサリ。
    トメは超キョドってたけど
    コウトは生ぬるい視線を送っていた。

    ありがとうコウト。スカッとしたよ。
    次からは自分で頑張るよ。

    358名無しさん@HOME2013/05/13(月) 20:45:06.37 ID:0

    良コトメが結婚する事になったんだが、知らない間にお祝いの歌を弾き語りする事になってた 
    何じゃそりゃあ!と慌ててコトメに事情を聞いたら、トメがニコニコしながら 
    「嫁はプロ並みに歌が上手い、もうお願いしておいたから」と言ったと… 
    確かに私は合唱部出身で部活が全国大会に出たも事あるが、
    あいにくその時ステージには上がってないし 
    (オーディションに落ちたのでメンバーから外されている) 
    だいいち高校卒業して10年近く経ってるんだけど… 
    つーかトメも最低限私の歳くらいは知ってるはずなんだけど… 
    しかもピアノ弾けないことも知ってるはずなんだけど…まあご存じの上で言ってるんでしょうけど… 
    コトメも困惑したようで、「トメがこんな事言ってますけど無理ですよね」と確認してきて事態が発覚した

    普段からくだらない嫁いびり
    (夫のいない所で嫌味チクチク、料理に文句言う、家事のやり方が違うと苦情など)を 
    してくる人だとは思ってたがまさか身内とは言え人様の祝いの場にまで持ち込むとは… 
    二人して呆れて言葉を失ってしまった 
    旦那に言ったら「自分の娘の結婚式より嫁いびりを優先するのか!」と激怒 
    そんなもん無視してしまえ、コトメも無理だって分かってるんだし、
    で片付けてしまったらいい話だったんだが、 
    それでは結局私が恥をかく事になるだろうし、
    とある策を思いついたので旦那にもそれを明かした上で準備を開始した 
    旦那は楽しそうだった

    187::2014/09/17(水)17:57:13ID:


    元嫁に新しい結婚生活を滅茶苦茶にされた話。

    元嫁は不倫したあげく、いずれ子供ができた時の為にと貯めておいた金を間男につぎ込んでやがった。
    もちろん離婚し、慰謝料は貰った。
    そして俺は数年後に再婚。
    幸せいっぱいだったが、元嫁の策略で全部壊れた。
    玄関先に赤ん坊が置かれていた。貴方の子ですと書かれたメモが添えられてた。

    その日は荒れに荒れまくったよ。
    新嫁は別の女と関係を持っていたのかと泣きじゃくるし、両親は情けない情けないと新嫁に土下座。
    誰も信じてくれなかった。泣きたいのはこっち。
    そこで俺はメモの筆跡の既視感に違和感を覚えた。
    この丸みを帯びた独特な字は元嫁のもの。
    速攻で電話したらしらばっくれやがった。

    このページのトップヘ