相手





    241 :名無しさん@おーぷん
    今の旦那には話していない前の旦那との離婚理由。
    前の旦那が不倫してて相手の女に子供ができた。
    でもその相手の女がただ単にだらしなかったのか、それとも知的な面で、
    グレーゾーンだったのかはよくわからないけど、
    とにかくもうどうしようもできない段階で、家賃滞納で済んでいるところを
    追い出されていくとこないって荷物持って家を訪ねてきた。
    こっちは意味わからないし、旦那は子供が産まれるまで面倒見てやってくれって言うから、
    NPO法人で、未婚女性の出産と養子斡旋をしてくれる団体探して、
    そこに行かせた。人としてどうなのと思われるかもしれないけど、
    私が面倒をみるのは嫌だし、話をしてみると産婦人科に一回も行ってないって言うし、
    母子手帳ももちろん持ってなかった。
    すぐに障害を疑ったが、アルバイトはしてるし、底辺だが一応高校も卒業して一人暮らしもしている。
    でもちょっと変。こんな感じの人を私が面倒診れるわけないから、
    三人で話し合ったが産む以外の選択肢はないし、彼女はここで家族になってみんなで住もうとか言いだすし、
    離婚して二人でやってくれというと旦那泣いて離婚したくないという。
    とりあえず彼女をどうにかしないわけにはいかないので、彼女にそういう団体があるからそこに行ってはどうかと打診すると
    ケロッとして行くって言うから、そこで決着がついたら新しい住居と生活費を3か月は面倒見るから
    旦那と手を切ることで話をつけた。
    でもその後何度も彼女から旦那に連絡があったり、旦那から同じ女として子供を養子に出せとかいう人格が
    信じられないみたいなことを言われ離婚した。
    私としては、一番彼女にとっても私たちにとっても世間にとっても負担が少ない良い方法を見つけたつもりだったが
    結局旦那と彼女が切れないし、私たち夫婦の溝も深くなって離婚した。
    今の旦那には平気で子供を養子に出させる女だと思われるのが嫌でその辺の話は一切していない。
    これからも話す予定はない。





    325::2016/12/27(火) 20:38:32.16 ID:
    プリの被害者ヅラで思い出した。
    以前プリと対峙したとき「これ以上あなた達が関係を続けると、もっと不幸な人が増える」って言ったの。
    今なら3人での話も、これ以上エスカレートすると親や子どもも苦しめるよって意味だったんだけど。
    別れます、お約束しますってペコペコして帰ったプリ、私と別れたらソッコーシタに「あんたは不幸になるって言われた!酷い嫁!」って言い付けてたよ。





    817:名無しさん@おーぷん2015/10/08(木)18:01:16 ID:8qM
    結婚するたびに夫を略奪されてるんだが、これも修羅場になるだろうか・・・???
    最初の夫を実の姉に略奪されて離婚。
    再婚した夫は夫の実妹に略奪されて離婚。
    再々婚した夫は 実兄 に略奪されて離婚。

    現在×3
    もう結婚はいいや。



    483::2014/07/25(金) 18:22:00.81 ID:
    浮気というのでもなく相談も違う、どこに書いたらいいのかわからないが、疲れた、だが離婚したいわけじゃない。
    嫁と知り合ったのは某地方国立大学の研究室。嫁は修士からそのまま教授秘書のバイトで研究室にいた。
    6歳も年上だったけど、そうは見えない可愛い感じで、教授からも大事に扱われていた。今思うと、そういう雰囲気を維持していたのは金の力、嫁の育成歴だったんだと思う。

    決タヒで結婚申し込んだ時に話してくれた独身の理由は、
    嫁が高校の時にすごく好きな男との交際反対されて駆け落ちして失敗して心中に失敗したからだった。
    以後は重すぎてお見合い相手がドン引きしたらしい。
    それでもいいってお願いして結婚してもらった。

    正直うちの実家とは不釣合な縁談で反対されたが、なんとか結婚にこぎつけた。
    そこから3年間は毎日夢のようで、娘が生まれてさらに幸せで6年目。
    なんか幸せなのが怖くなってきた。
    だって嫁は何もほしがらない。だんだんくすんできてる。

    そして先日、家族3人で嫁実家に帰った時に駅前で高校時代に駆け落ちした相手と偶然再会した。
    5分ほど話してる間、嫁がすっごいキラッキラして学生時代の嫁みたいだった。
    挨拶して近況報告(向こうも既婚)しただけなのに、なんかもうどうしていいかわからん・・・
    嫁からいつ、別れて欲しいと言われるか恐れおののいてる。

    このページのトップヘ