痴漢



    56 :名無しさん@おーぷん
    今日ふと思い出してイライラしたので書き捨て。

    高校時代、毎日毎日痴/漢されてた。
    1本電車遅らせても、車両変えてもやられたから、多分ねらいうち。
    もう男自体というか性.的なものが
    気持ち悪くてしょうがなかった。
    それで勇気出して「この人痴/漢です!」って手をつかんで上にあげてやった。
    サラリーマン風のスーツのはげちらかしたおっさんだったんだけど、
    「触ってない冤罪だ!」って叫ばれた。

    324:おさかなくわえた名無しさん投稿日:2008/07/26(土) 16:54:12ID:V4NVthoQ

    中学生の頃、父が大嫌いだった。
    おしゃべりでお調子者で背が低く威厳のない父を軽蔑していた。
    まぁ、これぐらいの年頃の娘にはよくあることなんだけどさ…
    母が若くて綺麗(父と母は20歳差)な分、余計に父が疎ましかった。

    中3の夏休み、夏期講習のあと、
    友人とマックで喋っていて帰りが少し遅くなった(22時ぐらい)。
    電車の中は席は全て埋まっており、酔っぱらいが多くてイヤな感じ。
    あと4駅ぐらいで地元の駅に着く頃、ドアの付近で女の人の叫び声があがった。
    「や、やめてください!」 
    「なんだぁ? 俺が痴漢だってのか!」 
    バシン! 
    「え?」と思って見ると、背が高く、ガッシリしたチーマーっぽい男が女の人を殴っていた。 
    「や、やめろよ」と他の男性の声がしたが、それもドンとかバンという音がして消えた。 
    「ふざけんな、てめぇら! おら、文句があんなら来いやぁ!」 
    と、チーマー風の男は怒鳴り、 
    殴られた女の人はその場にうずくまって泣いている。 
    (うわーヤダなぁ、関わりたくないなぁ、誰か止めてくれないかなぁ) 
    と、私はうつむいて気配をコロしていた。 
    他の乗客も私と同様に関わりたくないオーラを出しながら見て見ぬふり。

    414 :ラブラドール速報 2013/07/18(木) 14:39:11 ID:VK9KcT9X
    痴漢に遭ったこと。
    電車で尻触られて、
    「こんな喪に痴漢とか御苦労なこった。『痴漢です!』とか言っても
    『てめえなんかに触るかブス!身の程わきまえろ』とか言われておしまいだよな」
    と思ってさりげなく避けようとしたら爽やかなサラリーマンが痴漢の手を
    捕まえて
    「今触ってましたよね?すみません!この人痴漢なんで次の駅で降ろします!
    お姉さん触られてたよね?」
    と言い放った。良く覚えてないけど、ああとかええとか言って一緒に降りた。
    痴漢は高級そうなスーツを来た恰幅のいいおじさんだった。
    「俺を誰だと思ってるんだ!俺には来月結婚する娘がいるんだ!悲しませたくない!
    お前なんかが痴漢に遭ったってどうってことないだろむしろありがたく思え!」
    みたいなことを捲し立てられあまりの理不尽さに怒り通り越して笑いが出てきた。
    「一応私にも娘が痴漢に遭ったって聞いたら悲しんでくれる両親がいるんでw
    来月結婚する娘さんがいるのに何でこんなことしてんすかwwwお父さんが痴漢で
    捕まったって聞いたらどう思いますかねwwwせめて謝ってくれれば見逃したのにw
    被害届出しますねwww」
    とかヘラヘラ言ってたら泣き出した。
    その後サラリーマンが駅員さん呼んでくれて事務室?みたいなとこ行って
    事情聞かれて本当に被害届出してきた。
    サラリーマンにお礼は言ったけど、菓子折りとか渡した方がいいのかな。

    2 :ラブラドール速報 2014/05/04(日) 09:46:25 ID:0tNRA8oY1
    昔、いじめられててぼっちでした。
    放課後も、毎日1人トボトボと帰ってました。
    ある日家の玄関ドアを開けると、若い男が私と一緒に家に入ってきました。
    私は鍵っ子で、その時間親はおらず、細っそいガリだった小学生は格好のターゲットでした。
    おそらくまだ明るいうちに帰る私なら、留守の家で襲うのが一番都合が良かったのかもしれません。
    このあたりはちょっと端折りますが、私は服の上から触られて、男は逃げていきました。
    「親は何時に帰る?」→「もうすぐ」→「嘘つけ、いつももっと遅いだろう」
    →「今日家庭訪問あるから」→「嘘つけ」→「いじめられてるから。その話があるから」
    こんな会話をしました。
    家庭訪問は本当でしたから、男も嘘じゃないと思ったらしくそれ以上のことはされませんでした。
    ただ、親は早く帰ることはなく、そのあと来た先生は長く待たされることになりました。

    それから何日もたって、また男が押し入って来ました。
    「お嬢ちゃんまた会ったね~」とか言ってました。
    ポケットに入れてたカッターで顔を下から斜めに切りつけました。
    男があいっ!って短く叫んで手で顔を覆った隙に防犯ブザーを鳴らしました。
    (前回はランドセルの中だった。)
    男は逃げていきました。

    近所の人が来て警察を呼び、親と学校に連絡が行って、前回の事を話さなかったことを怒られました。
    なぜカッターを持ってたのか聞かれましたが、男がまた来ると思ったと伝えました。
    それからいじめは無くなりました。

    このページのトップヘ