375: スペースNo.な-74 2009/08/27(木) 19:59:47

    この間バスの中から見えた和み 
    犬猫注意 

    渋滞してて正直暇だった。 
    何気なく外を見ていると、あるお宅の庭でご飯中のでかくて真っ白い犬を発見。 
    ハスキーあたりを純白にした感じ。一瞬狼に見えた。 

    綺麗だなぁかっこいいなぁと釘付けになっていたら、
    ご飯に夢中だった狼犬がぱっと振り向いた。

    視線の先を辿ると何かちっさい毛玉が…よく見たら三毛の子猫。 
    捨てられたのかガリガリに痩せてて、どうも狼犬のご飯に釣られたらしかった。 
    二匹は物凄い体格差なわけで当然子猫はびくついてる。でも目の前にはご飯が。
    ご飯の前には氷山の如く聳える白い巨体が。 

    挙動不審な子猫を見つめていた狼犬、見兼ねたのかゆっくりした
    動きでご飯から離れてそっぽ向いて寝そべった。 

    狼犬「もうお腹ふくれたよー全然見てないよー(`・ω・´)」 
    子猫「!?寝ちゃったの?食べていいの?罠なの!?でもご飯…(*゚∀゚*)」 

    そんな感じで誘惑に勝てなかった子猫、一度食べ始めたら無我夢中でがっついてた。 
    それをこっそり横目で見てる狼犬が「たんとお食べ(*´∀`*)」みたいな優しい顔してて、 
    物凄い勢いで和むと同時に何だか泣きそうになってしまった。 
    ふと気付いたら飼い主さんとおぼしき男の人までお家の中から窓越しに
    (*´∀`*)な顔で二匹を見てたし。 
    子猫にも幸せフラグの予感と共にバスはようやく走り出しましたとさ。 

    たまには渋滞も悪くない。

    227 :ラブラドール速報 2017/02/23(木) 12:52:41 ID:njp

    犬小屋で凍タヒ寸前の同級生(8)が寝ていたのが修羅場。


    もう20年以上前の話。
    当時のことをちょっと思い出してしまったので投下しにきた。

    宗教・キチ・長文・胸糞
    当時8歳。うろ覚えのところもあるからそこは推測も混じる。
    同級生=以下Bとする。

    以上がアウトな方は回避推奨です。

    Bは小学校に入ってすぐ転校(1年生の途中)してきた。
    詳しくは知らないけど祖父母の元に母親と身を寄せていた風。
    そこまでは珍しい話じゃないけど、その家の祖父母がおかしな宗教にハマっていたことから近隣は遠巻きにしていた。
    私とBは家が近所だったから登下校で毎日一緒になっていた。(集団)
    Bは冬でもTシャツ半ズボンだったから当時の私には異様に見えた。
    私の地元は毎年冬には20~30cmの積雪がある地方。
    そんな中をTシャツと半ズボンだけで外に出すなと近隣の大人が何度も言ったそうだが、祖父母は耳を貸さなかったそう。
    クラスがいっしょだったから、給食の時に「家で食べさせてもらえない」って聞いて以来、食が細かった私は毎日おかずとか牛乳とかをあげていたのを覚えている。
    今でいうネグレクトだが、どうもこれは宗教かぶれの祖父母の教育方針で
    「薄着の方が強く育つ」
    「〇〇様のお告げで子供に贅沢をさせてはいけない」という理由かららしい。(母談)
    見かねた大人が子供のおさがりをあげても祖父母が処分するという悪循環。
    当時の近隣の大人たちの心境は「関わりあいたくない」「凍(餓)タヒでもしたら」という感情が混じり、祖父母の眼に触れない範囲でご飯を食べさせたり、登校の際に上着を貸して、下校の際に返すように言ったりしていたそうだ。
    当時児相とかがあったのかはわからないけど、大人たちは学校に相談したり、担任が直訴に来たり色々していたようだ。
    二年生の夏休みに脱水症状で道端で倒れているところをうちの母が保護したこともある。
    それがきっかけで体調がよくなってからBは家で夕飯を食べていくようになった。
    こう書くと典型的な放置子を拾ってしまった風にも見えるけれど、Bは放置子にありがちな悪ガキではなく、食べた食器を自分から洗ったり、弟(3)をあやしてくれたり、大人と会話をする時に敬語を使っていたりと、その年の子供にしてはしっかりしているいい子(母談)だった。
    毎日うちでご飯を食べていることを気にしていつも私に謝っていた。

    456 :ラブラドール速報 2018/02/14(水) 13:12:56 ID:ygC
    これを書いたら育児中の親御さんやペット愛好家からしこたま怒られるかもしれないが。

    飼い犬のしつけと子供のしつけは殆ど共通していると思う。
    知人のドッグトレーナーに聞いたところ、犬は人間が何を話しているか理解できない。なので褒める時、叱る時それぞれで表情と言葉(声を低くしてダメ!など)決めてしつけを行うとのこと。
    子供のしつけも同じく褒めたり怒ったりすることで何をしていいかダメなのか学ぶ。

    さらに知人のドッグトレーナーにしつけ教室で一番大変なことは?と聞いた。
    「飼い主の教育。」と即答された。
    トレーナーがどれだけ犬を教育しても、飼い主が甘やかすせいでせっかくのしつけが壊れてしまうそう。
    それを聞いて育児板によく登場するキチママを連想した私は性格が悪いかもしれない。
    どんなに元が良くても「〇〇ちゃ~んかわいいかわいい~チュウしちゃうう~」なんてやられたらバカ犬になるよね。

    子供育てる前に犬を育ててみるといいかもしれない。???

    415 :ラブラドール速報 2016/03/14(月) 21:32:12 ID:TAl
    修羅場と迷ったんだけどこちらに。

    勝手に彼氏に愛犬を捨てられた時の話。
    書き溜めてますがちょっと長め、文章下手、初カキコなので色々とご了承ください。

    私はマンションで犬を飼っているんですが彼氏が泊まりに来た翌朝、目を覚ますと犬がいなかった。
    慌てて彼氏を叩き起こし何か知らないか聞くと、なんと「捨てた」とのこと。
    実は私にベタなつきの犬を前から鬱陶しいと思っていたが、昨日も私と彼氏のいる寝室に入ろうと鳴いたりドアをこするのがうるさいし二人の時間を邪魔されるのが許せなかったらしい。
    てっきり可愛がってくれてるのだと思っていた私はびっくりしたしなにより動物を捨てるだなんてふざけるなと怒鳴りまくり。

    知り合いの警察に何か情報がないか調べてもらったところ彼が捨てた場所近くの交番に届けられ保護団体の所にいるそうで一安心。
    だけどそう分かるまでは生きた心地がしなかった。
    犬は怪我もなく無事帰ってきたけど私も動物虐待の共犯として疑われて苦労した。
    彼氏の証言・警察の口添え・保護団体が我が家まで届け飼育環境を確認することでなんとか納得してもらえたけど愛犬を捨てた奴と思われるのは辛かった。

    当時は動物虐待に関する法が全然だったので彼氏親を呼び犬の治療費の請求・今後彼氏は動物を一切飼わないことを約束・警察と周辺の保護団体で彼氏を要注意人物リストに入れる事がせいぜいだった。
    本当に大好きな彼氏だったけどこの出来事で冷めに冷め、人間的にも軽蔑し当然別れた。

    224 :ラブラドール速報 2015/02/15(日) 16:12:30 ID:425wZQOA.net
    家の裏の畑の一部を潰して10mx20mに芝生を植えて、ネットで囲んで我が家用のドッグランを作った。
    田舎なので隣の家まで50m以上離れているし、道路からも裏のドッグランがほんの少しの隙間から見える程度なのに、どこから話を聞いてきたのか、500m以上離れた分譲住宅地の数人が使わせて欲しいとやってきた。
    あくまでも我が家の柴犬、チワワ2匹、シープドッグ用と子供の遊び場として作ったと説明したのに何度も何度も来て気に障った。

    ここからは些細じゃなく事件へ

    何度断っても私達夫婦が留守の時に無断で敷地に入って来て、裏で作業している婆ちゃんを捕まえて、なんとか使用許可を取ろうとして迷惑を被った。
    ある日、家族全員で買い物に出掛けて帰宅したら、道路に面した駐車場に見慣れぬ車が2台停まっていた。
    そうしたら裏のドッグランを勝手に使っていた。
    2台の車が逃げられないように私達の車を横付けして裏へ回った。
    少しも悪びれずに「いや~すばらしいですね!使わせてもらってました!あははは・・・」
    流石に父が切れて警察に泥棒がいると通報した。
    数分でパトカー2台が来て、初めて事の重大さに気が付いた奥さん達が「え、いや、そんなつもりじゃなくて・・・」と後の祭り。
    警察は応援を呼んで車2台と大人4人と子供3人を連行していきました。

    後から分かったけど、隣のおじさんが2回注意したそうだが「少しぐらいいいだろ」と言って使い続けていたそうだ。
    田舎の人を無条件に大らかな人達と勘違いしている都会の人は気を付けて下さい。
    物事の道理に反した人達には厳しく接します。
    ついでに教えておきますが、田んぼや畑のあぜ道も敷地内ですから、勝手に犬の散歩で入らないで下さい。
    それに犬の糞は肥料にはなりません。

    このページのトップヘ