父親

    163: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/11/22(木) 14:45:08.53

    私の、というか両親の修羅場。
    当時、小学一年生だった私はスーパーファミコンが欲しくて欲しくてたまらなかった。 
    持っている友人の家に遊びに行ってマ○オを羨ましく眺めていた。 

    いくらせがんでも買ってもらえなかったので、お手伝いでもらえる10円を貯めたり 
    テストで必ず100点をとったりと自分にとっては血の滲むような努力をしていた。 

    そんな努力の日々、クリスマスの時期がきた。 
    サンタを信じていた私は、もちろんスーパーファミコンをもらえるように願っていた。 
    サンタさんへの手紙も、親に推敲してもらいながら書いて、親に預けていた。 

    12月24日、夜に親と外食した後ハ○ーマックに連れて行かれた。 
    「何か買ってくれるの?」と聞いた私に、父は 
    「スーパーファミコンを買うんだよ」と言った。 
    驚いて、嬉しくて、何も言えないでいた私に、父は 
    「知り合いの子にはお父さん、お母さんがいないから、その子にクリスマスプレゼントとして送るんだ」 
    それを聞いて私は泣いた。 
    嫌いな勉強もがんばって、お手伝いもがんばって、どんなにねだっても買ってもらえなかったのに 
    私は買ってもらえなくて、他人の子には買ってやるのかと喚きながら泣いた。 
    父は苦笑いしながら、 
    「お前と同年代だから、喜びそうなソフトを選んでやってくれよ」 

    結論を言うと、それは嘘で両親からのサプライズプレゼントのつもりだったが 
    当時の私は絶望の淵に立ったんだと思う。 
    氏のうと思い、両親と車から降りてそのまま車道に飛び出して車に轢かれた。 

    目が覚めたときは1月中盤だったらしい。 

    病室で父は泣きながら、嘘だった事等をあやまっていた。 

    今の時期になると毎年思い出す。サプライズはロクな結果を生まないなぁ、と。

    964: 名無しさん@おーぷん 2014/09/08(月)09:57:14 ID:lsoZGFNZr

    自分でやった復讐ではありませんが、
    身近なところであった復讐ってことで。
    7年前に父が亡くなったのですが、
    遺産のほとんどが長い時間をかけて
    私にだけ残されていたことです。
    適当にフェイクを入れますので、
    齟齬があっても勘弁してください。

    私の上には2人、つまり私は
    3人兄弟の末っ子ってことなんですが。
    私は兄弟の中で
    あまり母に好かれていなかったというか、
    私には厳しいというか、
    冷たいというか、
    まあそんな感じでした。
    父はどの子供も分け隔てなく
    3人一緒という感じでしたから、
    母が亡くなって私にだけ
    遺産を残さないことはあったとしても、
    父が私にだけ
    ほとんどの財産生前贈与して
    遺言書も私に有利に書いてある
    ということは驚きでした。

    父は20年ほど前から糖尿病になり、
    合併症でタヒぬ半年ほど前から
    入院をしていたのですが、
    母は体の調子が悪いと言って
    あまり見舞いにも行かず、
    上2人も似たような感じでした。
    私は会社の最寄り駅の近くに
    父の病院があったこともあり、
    朝は5分ほど顔を出して、
    帰りも残業がない日は
    よって顔を見せることにしていました。
    父が亡くなった日も、
    朝に顔を出していました。
    気分がよさそうにしていたので、
    まさかその日に亡くなるとは
    想像もしていませんでした。

    丁度昼の休憩になろうかという頃に
    病院から電話がかかってきて、
    父が亡くなったことを知りました。
    心臓まひで、食事が残っていたので
    看護婦さんが配膳に行ったら、
    眠るように亡くなっていたそうです。
    そこからはよくあるように葬儀の準備などで、
    家族みんながバタバタとしていて、
    悲しむ間もない感じでした。

    冷たいようですけど、70を超えていて
    持病もあっての入院でしたから、
    亡くなった時も
    家族みんながそんな感じでした。

    そして葬儀後、
    遺産整理をすることになったのですが、
    そこからが驚きの連続で、
    遺産の総額を調べることになったのですが、
    生活口座に300万ほど入っているのみで、
    母親が住んでいる土地建物は、
    20年ほど前に私に生前贈与されていて、
    私が受取人になっている保険が数件、
    私名義の通帳が数冊。
    あとは金庫に500万ほどの現金と、
    生活口座に入っている300万しかなかったのです。
    そして父の葬儀にも出席してくださった
    父の友人で弁護士をされている方から、
    遺言状が作成されていますので、
    と連絡があり、家族4人で
    弁護士事務所に伺いました。

    上記の理由から、残りの家族は
    俺が父をだましたと思っていて
    空気は非常に悪かったです。
    そして、父の遺言状には
    まず葬儀費用のことが書かれていて、
    葬儀費用は金庫のお金を
    当てるようにとのことでしたので、
    結果、金庫のお金は残り200万となり
    合計500万が相続対象となりました。
    私以外の3人は、
    私が父をだまし遺産を独り占めした。
    裁判をすると言いましたが、
    弁護士さんがまず遺言状を
    説明させてくださいと言われ、
    まず話を聞くことになりました。

    そこには、母の浮気に関する調査書と、
    上2人との親子鑑定書(?)が加えられており、
    私以外は父とのつながりがないことが書かれていました。
    そして、残りの500万を
    法律通りに分けられることを
    お勧めしますと言いました。

    結局母と兄は裁判を起こそうとしましたが、
    どこに相談に行っても
    裁判に勝てる見込みはないと言われたようで、
    結局協議書に全員が判を押して、終了しました。

    私は父は温厚な人であったのに、
    そこまで深く怨みを持ち、
    自分がタヒんだ後にこのような形で
    母に復讐するとは思いませんでした。

    現在母はまだ、
    父と住んでいた家に一人で住んでいますが
    兄弟たちからは援助もなく、
    途方に暮れているようです。
    私は、もう少ししたら残りの兄弟と相談して
    母には施設に入ってもらうつもりです。

    子供のころからなぜ母が
    私に冷たかったのかという
    理由もわかりましたし、
    兄たちが母の面倒を見なくても
    私が母の面倒を見る気はありません。

    なんかものすごく
    わかりにくい文章しか書けなくて
    すいませんでした。

    434 :ラブラドール速報 2018/01/15(月) 15:57:12 ID:9fr
    愚痴
    俺は三年前にその時の彼女と結婚寸前まで行ったけど別れた
    理由は彼女父の猛反対
    (ちなみに反対の理由は彼女より年収が多いから威張りそうだった 意味わからん)
    彼女父は説得できずに彼女に振られた
    彼女が大好きだったからかなり食い下がったけどだめだった
    かなり落ち込んでたけど友人達が慰め会開いてくれたり泊まりに来てくれたりして案外すぐ立ち直った
    その中の一人の女友達と去年結婚して、人生楽しすぎって思ってた
    昨日、あの元彼女父がいきなり訪ねてきた
    元彼女が俺の結婚を知って自杀殳未遂して、今精神病院に入院してるって
    俺といつか結婚できる日をずっと夢見てたらしい
    あの威張ってた元彼女父が玄関で土下座して「奥さんと別れて娘と結婚してください」っていってきた
    いや本気で意味わかんねーしふざけんなって思って追い出したけどすごい気分悪い
    自杀殳するくらい好きならなんで振ったんだ?気分わるい

    308 :ラブラドール速報 2017/11/03(金) 14:33:42 ID:cz3Py5Nh.net
    先日見かけた神経分からん場面
    母親と、幼稚園の帽子を被った子ふたりと、ベビーカーにひとり
    母親は、幼稚園の子ひとりとだけ手を繋ぎ、後ろでベビーカーを押すもうひとりの園児を振り返りもせず歩道を進んでいく
    歩道は車道側へ向かって傾いてるので、ベビーカーもじんわり車道側にずれる
    それを多分一生懸命支えながら、黙って押していく園児君
    十字路の横断歩道を渡る時ですら、母親は後ろに注意を向けずに歩く
    渡り切り、次の横断歩道を待つその段になって、ようやく後ろを確認したけど…

    子供がベビーカーを押したがったのかも知れないけど、それにしたってもう少し確認しながら行くもんじゃないのかと
    せめて目が届くように前を歩かせてすぐ後ろに付くとかさ…
    ベビーカーが車道側に斜めっていくのが本当にヒヤヒヤものだった

    838 :ラブラドール速報 2018/02/03(土) 12:13:26 ID:WRO
    私の父は精神科医。
    人の心理を分析するのは得意だけど、人の気持ちに寄り添うことはできない。
    例えば昔映画を観に行った時、ポケ◯ンの攻撃を受けて倒れた主人公に黄色いネズミが縋り付くシーンで号泣するわたしの横から、
    「泣くところ?」
    とツッコミを入れる程度には無神経だった。
    でも、私が大学生になってある男からつきまといを受けるようになり、心底参っていたら相談に乗ってくれた。
    男の口調、電話やラインの内容、私から見た男の性格、男の交友関係などなど、根掘り葉掘り聞いては
    スラスラ紙に書きつけている様子だった。
    しばらくしたら父は「おそらく自閉症のグレーゾーンだと思う」と言った。
    そのまま父は私にいくつかのアドバイスをくれた。
    曰く、男に刺激を与えないようにFOするには段階を踏まないといけないとのこと。
    詳細は省くけど、例えばラインをブロックしたいのならストレートに「ラインしないで」と送るとか。
    相手は他人の気持ちに鈍感なので、いくら私が"何故ラインをしたくないのか"を説明したところで理解できない。
    逆にスッパリ断った方が「そっか」となるらしい。
    こんな感じで私は徐々に男から距離を置くことに成功している。
    相変わらず父は無神経な言動で母を苛つかせているけれど、私は少し見直した。
    人間関係に悩んでる人がいたらカウンセラーや精神科医に相談してみるのもいい手かもしれない。

    このページのトップヘ