ラブラドール速報~生活・修羅場・鬼女まとめ~

#不倫#スカッと#サレ妻#昼顔#サレた側





    235: おさかなくわえた名無しさん 2010/11/02(火) 08:18:17 ID:mjnocYFr
    うちの父の車にに追突した(父は信号停止中)DQNが、どうやって住所を知ったのか自宅にごねに来た





    274: 名無しさん@おーぷん 18/07/20(金)22:03:53 ID:qHK
    愚痴、親の介護をしたくない。
    父の認知症がひどくなってきた。
    父は現在兄夫婦と同居で、兄嫁が仕事をしてないという事で施設の入所先も見つからず、兄嫁がメインで介護をしている。
    何度か兄嫁や兄、また弟から手伝えとメールが来るが、介護をしたくない。
    父は男尊女卑が当たり前で、私は県内で一番ランクの低い高校に入ったのもあるが、大学進学反対。
    女は黙って家事をしてればいいと言っていた。
    母はそんな父に従う人で、お父さんの言う事は絶対な人。助けてなんてくれなかった。
    兄弟仲もそんなよくないし、母が亡くなった時、父も兄も私のことなんて忘れてたのか、亡くなった事を伝えてくれなかった。(兄嫁から「なんでお義母さん亡くなったに来ないのよ」と言われ初めて知った)
    父は本当に私になんて興味がない人で、私が結婚したあと、旦那と一度大げんかした時、泣いて実家に帰りたいと伝えると
    「旦那の言うことも聞けないのか!帰ってきても家には入れん!」と言われたこともある。
    とにかく私には毒親で、恩なんて感じたことなんてない。
    だから介護の手伝いなんてしたくないと、兄と弟にいうと、ため息をつかれて
    「お前、娘のくせに何もしないのか?」と2人に呆れられた。
    私自身、いま身体の調子もよくなく、精神科にもかかり、薬のせいなのか眠くて仕方ない、体も怠くて動かない。
    旦那は「お前はしっかり休め、介護はできる人がしたらいいんだ」と私の味方。
    身体がしんどい事は兄嫁に伝えたが、いかに父の介護が大変か、父の状況が悪いかを涙ながらに電話でキレられた。
    もうやだ、そっちも心身ボロボロかもしれないけど、私だってしんどい。介護したくないよ





    334: 可愛い奥様 2012/09/30(日) 19:33:14.54 ID:w93Pd/gW0
    ご意見を聞かせてください

    姉が都内に土地を持つ両親の家を建て直して同居する事をのぞんでいます。
    姉は義兄の海外赴任に伴い現在海外在住ですが帰国したらさっそく家を建て直したいとやる気満々でした。
    実両親70代前半まだまだ元気、私たち姉妹40代前半です。

    私も海外に嫁いでいるので親の介護は出来ないと思いますから
    私が実家に帰ったときに泊めてもらえるなら、口を出さないから好きなようにやっていいよ、といっていましたが、
    土地、家の持ち主である父が家の建て直しには同意しません。
    同居するのなら一部屋増築して住む。建て直しはいやだ、というのです。

    私も父を説得してくれと姉にいわれ、父とも話してみました
    「景気が悪く収入も上がる事も見込めない中、家を建て直して
    大きなローンを抱えてしまったら、もし何か起ったときにすべてを失う事になる。
    やめたほうがいい。このまま住めばよい」というのが父の意見でした。





    223:名無しさん@おーぷん2015/12/10(木)22:36:03 ID:siC
    流れ読まないでかく

    私は昔、中学生なりたてて覚えたハヤシライスを父に作った。
    すごい感激されて、調子に乗り多くて週に1回とか作ってたんだよ。

    時は流れて結婚が決まって最後の夜もハヤシライスを作った。
    父は黙って間食したあとビールを流し込んで
    「〇〇に昔から言いたかったんだけど、俺はハヤシライスが大嫌いなんだ!すまない!」
    「苦痛で苦痛で仕方がなかった!」と言われた。

    当時は一瞬固まるほどショックだったよ…






    415: 名無しさん@おーぷん 2015/09/18(金)11:48:24 ID:PO5
    一昨日出張がやっと終わり、4ヶ月ぶりに旦那が自宅に帰ってきた。





    487: おさかなくわえた名無しさん 2020/07/29(水) 17:33:30.29 ID:yK4O2EEF
    60代の父が余命3カ月で、私に会いたがってますが、会いたくありません
    父の事が嫌いだからです、しかし理由は些細な事なので周囲は会うべきと言います
    どうすれば周囲を納得させられるでしょうか?それとも会うべきなのでしょうか

    私が小学生の頃に両親は離婚しており、それから父とは年1回会うかどうかでした
    離婚理由は忄生格の不一致で、浮気とか借金、暴力などは双方ありません
    父は離婚後すぐに再婚しており、養育費は一円も払いませんでした
    母は技術職で仕事には困らず、特に経済的に困りはしませんでしたが
    裕福というわけでもなく、私は奨学金で高校に通いました

    高校生の時、看護学校を志望したことを父に話したところ
    「そんなみじめな仕事に就くなんて、もっといい仕事できるのに勿体ない」
    と言われました。あまりの言いように、私はショックで何も言い返せませんでした
    後日電話で「看護学校やめて大学に行こうと思うから学費出して」と言ったら
    「いやね、お父さんもね、いろいろ大変でね」と断られました
    母に聞いたところ、再婚相手の連れ子が3人とも私立の高校に行っているので
    確かに余裕はないだろう、とのこと

    それから1度も会っていません。
    虐待を受けたわけでもなく、周囲の「そんな程度で」という言い分もわからないでもないですが
    私は自分の価値観を頭ごなしに否定された事がどうしても許せないのです
    それが悪意を持ってでなく、素で、という所が特に。
    それでも、余命いくばくもない、となれば、私は父に会うべきなのでしょうか?





    547:名無しさん@おーぷん 2017/02/05(日)11:39:00 ID:RA9
    父(50代)と叔母(40代独身)はベッタリな兄妹だった。
    歳が7歳離れているから可愛かったらしいんだけど、40,50になってもその調子。
    「お兄ちゃぁん~~」と電話が掛かってくると父は速攻で叔母のもとへ走る。





    7: おさかなくわえた名無しさん 2015/03/19(木) 16:45:21.55 ID:hPW+wjQZ
    私が同級生の893の息子に殴られ鼻骨折 
    父切れる893の家に殴り込み、大暴れ。 

    893偉い人登場、父に土下座。 

    父の友人関係にかなり偉い893多数いる事発覚。 
    おかん笑いながら「あの人、国○館出身だから同級生に警察、893多いのよ。」 

    こんな事件がありました。 
    詳細聞きたい人がいれば詳しく書きます。 
    ちなみに父は切れるなんて事があるのかと思うくらい温厚な人でした。 
    初めて見た鬼の様な形相と変わった口調に一番驚いたのが娘の私です。 

    当事者は胸がスーッとするというよりも頭の中がポカーンでしたw





    635: 名無しさん@HOME 2013/10/02(水) 00:15:42.00 0
    父が脳関係の病気で倒れた 幸い入院・手術で治るレベルだった
    まだ歳も若く、普段から健康に気をつけていただけに
    本人含む家族全員が落ち込んでいたが
    それを知ったウトメ(私が義実家に呼びつけられた時にうっかり言ってしまった)が
    「頭が悪いのよねw」と嬉しそうに言ってきた
    ウトも「ああ、頭の病気なんだろ、頭おかしくなったんだなw」と楽しそうに笑って言った





    151: 2017/12/07(木) 23:46:05.20 0
    初めまして。
    結婚して子供がまだいない夫婦です。

    僕たちは結婚式を挙げようと式場を色々見学して、気に入ったところがあったので予約をしました。
    嫁は学生の頃からキリスト系関係の学校は通い、式をキリスト教式にすることを強くのぞんています。
    それを僕の父親に話したところ、「式場、日時は俺が決める。特に式の形態は神前式にすること。これは代々◯◯家の習わしで、◯◯家として恥ずかしくない式を挙げさせる。これが守れないのなら俺は参列しない!」と怒鳴られました。
    僕は父親が来ない式ならばみっともなくて出来ないので中止にしようと嫁にいったところ、泣かれてしまいました。
    僕は間違っていたのでしょうか?

    また、日頃から嫁は、僕の父親の過干渉に辟易していたみたいです。
    具体例です。
    ・同棲、結婚を反対される
    (これは結局僕の父親が折れて許してくれたので僕の父親は大人だと思いました。)
    ・嫁が忙しく父の日になにもなかったことを怒っている
    ・嫁がお義父さんと呼ぶのを怒る。義理をつけるのは非礼極まりないと言う。
    ・嫁に対して社会人失格と言い謝らせる。
    ・嫁に家族のラインに入らせ、政治の話を一方的に送る。嫁がライングループを抜けると怒り、また入らせる。返事がなかったら遅いと無礼だと言う。

    などなどです。

    このページのトップヘ