359:名無しさん@HOME2015/03/25(水) 14:01:44.42 0.net

    お願いします 長文です

    私には主人と幼い子供がいます

    私の実父が長患いから他界したとき
    丑三つ時に危篤だと連絡を貰って
    慌てて実母を迎えにいかなければなりませんでした。
    まだ乳児だった子供を車に乗せて実家に行き
    病院まで運転するのは危険だと判断して主人に任せ
    あとで病院に来てくれと頼んで家を出ました。

    実父の臨終にはなんとかぎりぎり間に合いました
    ですがいくら待っても主人は来ません
    家から病院まではゆっくり車を運転しても30分もかからないのに
    葬儀屋が父の遺体を引き取りに来るのは夜明けごろ
    どうしたのだろうと電話をすると今からすぐに行くと

    結局夜明け前に到着した主人の手には
    お弁当と水筒と仕事用のバックが

    子供を届けてそのまま仕事に行こうと思っていたんだそうです
    これっておかしいですよね?
    本当にショックで言葉が出ないほどでした
    しかも
    後日にこのことで文句を言ったとき
    とても軽く考えていたようです

    でもこれって本当に酷いですよね
    それとも私が重く受け止めすぎなんでしょうか
    ちなみに主人は30過ぎで若者でもDQNでもないんです
    このことを話すと主人はぶすっと怒って話してくれなくなります
    色々考えたら私が悪いのかとも思えてきて





    821 :名無しさん@おーぷん
    彼氏とは21歳で付きあい始めた。当時向こうのご両親は優しかった。
    24歳の時、私の父が他界した。
    それをきっかけに向こうのご両親の態度が変わっていき、彼も感化されて横柄になっていった。
    ある時「そっちの方が片親で条件悪いんだからさ」と
    半笑いではっきり言われ、冷めて別れた。
    別れる時、理由は告げた。
    彼は「そんな事くらいで俺を嫌いになるわけ?」となぜか泣いていた。

    ここまでが6年前の話。
    元彼から「母が亡くなりました。君の気持ちがようやくわかった」とメールが来た。
    父親ががっつり老けこんじゃって、家事が大変で、父の愚痴がうざくて外食続きです。
    このままじゃ俺、体壊しちゃうよ、だそうだ。
    「俺がもし心も体も病んでしまったら、君を幸せにすることもできない」

    いやしてもらわんでいいし。
    察してちゃんな文面もうざいが、元彼の家にこっちが行く前提なのもうざい





    782:名無しさん@HOME2010/04/20(火) 20:10:47 0
    俺が生まれて22年間住んできた家が、実は父の持ち家では無く、
    赤の他人の家を勝手に占拠して住んでいたこと。
    元々は父は家を借りて住んでたんだが、
    遠くに住んでた大家がタヒんでから、
    相続した新しい大家が家の管理に関心を示さなかったため、
    家賃を払うのをやめ、勝手に増改築したりして、
    いつの間にか乗っ取ってしまったそう。
    さすがに家の名義までは変えられないみたいだけど。
    我が父ながら恐ろしいことをする。父への見方が少し変わった。





    109 :名無しさん@おーぷん 2017/10/08(日) 23:09:05 ID:qFa
    中学の時、別のクラスの全く面識ない女子が同学年の複数の生徒の私物を盗んだ事件があって
    私は消しゴム以外の筆箱の中身と美術で使うポスターカラーを10色くらい盗まれた
    それで後日私がいないときに親同伴で家に謝罪に来たらしいんだけど、その時応対した父が
    「大したものでもないので返さなくてもいいですよ、これからも仲良くしてください」みたいなことを言って笑って許したらしい
    その日の夕食時に父がなぜか自慢げにそれを話してるのを聞いてびっくりした

    なんで盗まれた本人の了承もとらずに勝手に盗品返さなくていいとか言っちゃうのか分からなかったし
    何を盗まれたか内訳を言ってみたら「そんなにたくさん?!」と驚いてる父に少しむかついた
    どうもシャーペン一本とかその程度だと思ってたらしい。盗品は後日無事に戻ってきた





    371: 名無しさん@おーぷん 2015/05/23(土)12:01:48 ID:9w1
    20代前半女です、
    父がタヒんで9桁のお金と
    都内のビルとか不動産を相続しました。
    色々な手続きは父の部下の男忄生がやってくれました。
    この男忄生は35才くらいで父の会社で
    働きながらV系バンドをやっていて
    私が高校生の頃からよく遊んでくれました。

    この男忄生が私が1人で財産を持ってるのが心配なので
    私と結婚して全部面倒見てくれるって
    先週言われたんですが、
    友達は絶対信用するなって言ってるし
    どうしたらいいのか分かんないです。

    父の車とかも何台かあるけど私は免許ないんで
    男忄生に管理してもらったほうがいいのかなって思ってます。





    559:2011/02/25(金) 03:33:20.31 O

    修羅場というか、家庭内のゴタゴタかもしれないが書く。

    俺が中学生の時、父親がうつ病で自サツした。
    葬儀などの為にうちに来ていた父親の両親が
    帰り際に何故かタヒ亡診断書をコピーしてくれと言ってきた。
    ただでさえ見たいような代物ではない上に、自サツだと判る内容。
    一体何の為かと訊いてみたら、
    「○○に生命保険掛けてるから」
    息子が亡くなったら自分(親)に保険金が入る設定をしている事にもびっくりしたが、面倒なのでコピーした。
    (後日、父親に無断で保険を掛けていた事実も判明)

    49日が過ぎた頃、ばばあが本性.を表した。
    「墓を建てるよう、嫁に300万渡したのに何もしない」
    「息子が自サツしたのは嫁のせい」
    そのような事を親戚に言いふらすと同時に俺にも吹き込んだ。
    中学生とはいえ、自分の人生に関わる事だからと母は俺たち兄弟に金銭的な情報は全て提示してくれていた。
    貯金がいくらあり、生命保険がいくら入り、その他の保障金がいくら入るかなど。
    なので、300万など貰っていないのは確実。
    ばばあ達は俺が中学生だから洗脳出来ると侮っていたらしい。

    その後もチクチクチクチク母にイヤミの電話を繰り返していたが、
    母がスルーしていて業を煮やしたばばあ、
    「あんた、○万(4桁)も保険金入ったんでしょう!あんたが頃したんだからうちに寄越しなさい!」
    と叫びやがった。
    呆然とする母と泣き出す妹、当然の要求とばかりに喚き散らすばばあでカオス。
    一方、カオス過ぎて冷めてしまった俺。
    「生命保険っていうのは遺族の当座の生活費、あと俺らの進学費用な訳だよね。
    ばあちゃん、俺たちに路頭に迷えって言ってるの?進学するなって言ってるの?」
    とばばあに言ったら、そんなつもりはないとか言う。





    401 :名無しさん@HOME 2016/02/28(日) 18:47:47 0.net
    父から今すぐ実家に来いと電話があり駆けつけると 
    両親、兄夫婦、兄嫁両親勢ぞろい。 
    兄はちょっと怒って、兄嫁は俯いて泣いている様。 
    両親、兄嫁両親は般若のような顔。 
    何か私悪いことしたかしら?と疑問に思っていると、 
    父が、「何故兄嫁ちゃんに嫌がらせをするんだ!どういうつもりなんだ!」 
    といきなり怒鳴られるも思い当たるところが全くない。 
    兄が顔見せで連れてきた時に2,3言葉を交わした時に嫌われてなるべく接触しないようにしてたから。 
    「兄は変わったところがありますが大丈夫ですか?」 
    と声をかけたのがイビったと言うことになったらしい。 
    本当に思い当たることがなかったので尋ねると、 
    兄嫁父が、「しらばっくれるのか!散々ひどいことをして! 
    兄君も兄君だぞ!いくら自分の妹だからといってそのまま言われた通りに、 
    兄嫁を苦しませるなんて!」と兄にも矛先が行って兄はびっくり。 
    何一つわからないので自分がした嫌がらせを教えてもらうことに。





    737:名無しさん@HOME2011/03/21(月) 19:48:17.56 0
    こっちも震災絡みの修羅場。
    ウチは東北の「~浜」っていう地名がつくところ。
    つまり海にわりと近い。

    今回の地震によって、
    ウチの父の浮気が発覚したwwwww

    「心配だから」って理由で
    父は浮気相手のとこに行っちゃったよ。

    寝たきりの自分の母親と、妻と子供置いて
    家中のありったけの現金持っていきやがったwwww
    タヒねばいいwwwww

    寝たきりばーちゃんが布団に入ったまま悔し涙流して
    「あいつが戻ってきたらここに呼んでくれ。
    タヒぬ前にあいつを刹してみせる。
    あの子を刹して自分もタヒぬ」
    って言ってるwww
    ウチの雰囲気最高に暗いwwwwうはwwwwww
    ばーちゃん生きろwwwwwwwww


    …いやほんとね、おやじマジで史ねばいいよ…





    558 :2016/02/07(日) 04:36:45ID:GQG
    愚痴です。
    わたしが3歳のときに、母が浮気して出ていった。
    出ていくとき、「あんたなんかいらない」って言われた。
    父は単身赴任且つ出張が多い仕事だったから、わたしは祖父母に育てられた。
    月に1度、2日間だけ、会えた。
    それ以外は、祖父母と3人の生活。
    物心つく頃から父は仕事でおらず、物心ついてからは母がいなくなり。
    でも、両親がいないことに、疑問を持ったことはなかった。
    疑問に思う必要がないほどに祖父母はわたしのことを愛してくれていたし。
    たまに帰ってくる父からは、よく殴られたり蹴られたりしていた。
    まぁわたしの生活態度が良くなかったのもあったし、「行き過ぎた躾」だったんだと思う。
    祖父母は違う部屋に逃げていた。
    殴られてるときは、気持ちが乖離していた。
    まったく痛くないし、包丁とか持ってこられても、まったく怖くない。
    反論したり反抗すると余計殴られるから、じっとしてた。
    漠然と、「今日もパパは怒ってるなぁ」とか考えてた。
    一通り殴った後、抱き締められるのがいつものルール。
    愛は感じなかった。
    「お酒臭くて嫌だなぁ、早く終わらないかな」って思ってた。
    でも別に父のことは嫌いじゃなくて、むしろ好きで、仕事を頑張っているのは知っていたし、今でも尊敬してる。
    理想のタイプは父だし、実際好きになるのも父みたいに仕事に一生懸命なタイプ。
    だけど、わたしが側にいると、父はイライラするみたい。
    祖父母曰く、わたしが頭が回るところが、父は気にくわないみたい。
    素直に甘えて、素直にリアクションしてほしいんだって。
    でもそれはわたしには出来なくて、「今父はこう考えているだろうから、こうしたほうが怒られないだろう」って空気読んで先回りするのが、可愛くないんだって。
    そう言われても、そういう性.格なんだもん。
    結局父との仲は上手くいかず、20歳の時に縁を切った。

    わたしは30歳になった。
    最近何故だかふと、ものすごく寂しくなる。
    父に叱られたり怒られされたくなる。
    そして、抱き締めてほしくなる。
    なんなんだろうなぁ。
    父は今58歳。
    10年会わない間に、老けたろうな。
    白髪増えたのかな。
    まだお酒飲むのかな。
    体壊してないかな。
    無性.に会いたい。
    でも、会っても絶対上手くいかないし、会ったらまたお互い苦しくなるだけだと思う。
    大好きな父を苦しめたくないから、娘なんていなかったように、離れて生きていくしかないんだろうな。
    寂しい。
    父に会いたい。





    363 :1/22011/10/02(日) 15:23:520
    流れをブッた切って申し訳ありませんが投稿させて頂きます。
    少々、オタ話かもしれないのでご注意ください。

    私と旦那はいわゆる『オタ』の部類に入る、ガンダ○とかス○ロボとかゲーム大好き。
    義兄はそんな旦那が嫌いらしく(旦那も自分の兄を凄い嫌ってる)小さい頃から色々されたらしい。
    それで、この間――旦那の実家で、義兄の嫁さんの所のご家族と私の家族で集まり、パーティーやったんだ。
    別にそれはいい、私の両親も結婚前の結納と、結婚式ぐらいしかロクに義父に会ってなかったからいい機会だと
    承諾してくれて他県から態々、車を飛ばして来てくれて……楽しいパーティーになる筈だった。

    義兄が旦那をコケにしなければ

    義兄嫁さんの両親と私の両親、旦那の義父(※結構前に離婚したらしい)が楽しく話をしていると
    酒が入って気分を良くした義兄が旦那の昔の事やオタ趣味についてベラベラ喋りながら、馬鹿にして来るんだよね。
    旦那は涼しい顔で『今更だから気にしてない。』『放っとけ、放っときゃ収まる』って言うけど、私は気分が悪い。
    で、義兄が自分の子供(※クソガキ)に『お前はああなるなよ』とか言い、クソガキは『オタク、オタク』と連呼。
    そうおもってたら、私の父がこっちにきて、物凄い怖い顔で義兄とクソガキに向かって『座れ』って言ったんだ。
    酒癖悪いらしい義兄は私の父に『あぁ?』みたいな態度取って、クソガキも私の父を睨むけど『とにかくこっちで正座しろ』
    って静かに、完全にマジギレした時の表情で言うもんだから逆らえなくなった二人は渋々正座する羽目に。

    本文長いぞコラ、って怒られたので二回に分けます。

    このページのトップヘ