603 :2015/06/04(木) 14:35:200.net
    今年の元日に親戚で集まって食事会をしたときの話。
    私はケーキ販売の仕事をしてるから12月下旬はほぼ休めなくて、年末はクッタクタ。
    「疲れた」とあまり口に出さないように気を付けてはいたんだけど、ポロッとあ~今日も疲れたわ~みたいなことを言ってしまったのね。
    すると父に、これだからゆとりは、ケーキ売るだけでなぜ疲れるんだ、と怒られた。
    確かに私はパティシェールではなくただの販売員だけど、この時期は本当に忙しくて常にお客さんの相手をしている状況だし、
    箱詰めやラッピングも丁寧に、でもスピードも求められるから疲れる。他にも、補充や店内の清掃等もある。
    売る“だけ”と軽々しく言うけど、売るためには他にも色々なことをやらないといけないの!と言い返したいところだったけど、
    チキンな私は父の逆ギレが怖くて何も言えなかった。

    父は口癖のように「これかだらゆとりは…」と言うような人。
    私が給与明細を見せても、15万に満たない給料を見ては、やっぱりゆとりはダメだな~って言うし…。
    それが嫌で仕方ないから、家にいても父とは会話をしたくない。家族の話し相手は大体母か弟。
    そんな父が、冒頭であげた新年会でとんどもないことをやらかしたのだ。





    690 :2010/04/09(金) 02:09:33ID:gttFPLIUO
    昔、父と一緒によく行ったあんみつ屋。
    あんみつ屋のおばさんはキレイで優しかった。
    父は私以外(母姉)は絶対に、その店へは連れて行かなかった。
    多分、母姉は店の存在すら知らない。
    数年前に父が亡くなった時に、誰にも分からないように
    あんみつ屋のおばさんと父の亡きがらを対面させた。
    泣きながら何度もありがとうと言っていたな
    最近、彼女が亡くなったと風の便りに聞き、
    永代供養されている寺院を訪ねた数日後に弁護士から連絡があり、
    あんみつ屋やら私財を処分して残った幾許かの遺産を頂いた。
    父の遺産は実母と姉が山分け。
    実母とは不仲で姉とも疎遠な自分にとっては天の恵み。
    弁護士さんが、ご希望でしたら事次第を全てお話する用意もあります、
    て云うけど何も聞かなかった。
    これに全てを記してあります、と封書をもらったけど、
    この封書こそ、開けずに墓場まで持っていこうと決めた。





    14 :2015/09/10(木) 17:30:330.net
    ちょっと愚痴らせてくれ。
    自分長男で、親と自分の家族と同居してきた。
    家は結婚してしばらくしてから土地を購入し建てたもので、土地代→親、建物代→自分だった。
    過干渉な所もあったがお互い妥協しつつうまくやっていたと思う。
    子どもも独立したころ、母が亡くなり、そしてその後父が足→ひざ→腰とトントン拍子で悪くなり動けなくなった。
    最初は妻が仕事を休んで看てくれ、昼夜で分担していたが、ひざを悪くしているあたりでどんどん父が横暴になってきた。
    もともと愛想が良い方ではなかったが、礼を言わないの当たり前、ご飯に文句をつけ、リハビリはしない、医者に行かない、テメエ調で話すなど。
    妻に対してもそんな調子だった。
    腰も痛かったはずなのに言わず、やっと病院に連れて行った時には骨折が進行していて手術をしても歩くのは難しい状態になってしまっていた。
    この時点で要介護5。
    父とも話し合い、手術後はリハビリも出来るホームに入ってもらうことになった。
    ところが、妹二人が自宅で介護すべきだと言ってきた。父もそれを望んでいると。
    我々夫婦は共働きであり、自宅介護は難しい。
    例え1人辞めたとしても大柄な父を1人で担いだり看れない、夜中にベッドから落ちたりもしていたので、24時間介護するのは厳しいと話したが、かわいそうだの一点張り。
    なら妹二人のどちらかが引き取るか自宅を開放するから介護するかと話したらおさまった。





    506: なご 投稿日:2011/10/23(日) 12:08:59.61 ID:IPk070hN0
    647 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2011/10/21(金) 12:50:06.80 ID:Kz+RaBmN 
    母が亡くなって数年、私も一人暮らししているので父も一人きり。 
    そんな父から「今週帰ってこないか」とメールがきた。珍しいな、と思いつつ家に帰ったら、 
    リビングに床から天井まであるキャットタワー、猫トイレ、おもちゃ複数が散乱してた。 
    え、猫飼ってるの?とテンション上げたら 
    身長180の厳つい顔の父はしょんぼり肩を落としてテンションが低い。

    先日、外の物置の前にいた子猫を保護し、そのまま飼うことにしたものの 
    子猫がちっとも懐かないし威嚇されまくり、とのこと。 
    はて、と袋に潜む猫に近づいたら、ごーろごーろと喉を鳴らしてていた。 
    「な、威嚇してるだろ・・・ずっとこうなんだ」と相変わらずしょんぼり。 
    私が猫を触ろうとすると「馬鹿!子猫でも爪は鋭いんだ!」と慌てる父。 
    子猫は私の手にすりすり。 
    ねえ父、このごろごろ音は愛情表現だよと言うと、ぽかーん。 
    恐る恐る手を差し出す父にも子猫はすりすり。 
    でっかいおっさんが一瞬で、パアァっと効果音出そうな笑顔になった。 

    後日、「猫の雑誌買ったら本当にごろごろ音は信頼の証って書いてある!」 
    と興奮気味に電話きた。無口な父が突然、猫のおかげで明るくなったよ。 
    母がアレルギー気味だったから金魚しか飼ったことなかったし、 
    黙っていたけど動物大好きだったとのこと。 
    遠方の兄が帰宅した時も猫に一生懸命話しかけてて、兄に気づいた瞬間、 
    キリッとなったけど手元の猫じゃらしは止まらなかったそうだ。





    565 :名無しさん@おーぷん
    昔、選挙ポスターを破ったとかで公職選挙法だったかで逮捕されそうになった

    実際には俺は何もやってないんだが選挙ポスターは破れてた
    だが、誰も破った人間は存在しないと言う修羅場

    うちの家の前の塀の所には1.2m×1.5m程のベニヤ板があるんだが
    そこに張られた選挙ポスターが無残に破られたらしい
    で、目撃者も証言者もいないし証拠も何もないのに俺が犯人だって騒ぎになった
    人通りがない時間帯に破かれてたから家主の俺が犯人に違いないって事らしい

    一応最初は心当たりはないかって聞き方だったんだが完全に犯人扱いで
    俺が、選挙ポスターって何のこと? とポスターの存在そのものを知らないと言い張ったら
    もうコイツが犯人確定だなって感じで逮捕されそうになった

    逮捕する→逮捕状持って来い→現行犯だから逮捕状は必要ない→一体どこがどう現行犯なんだ?
    と、揉めていたところたまたま遊びに来ていた父が
    「君たちは現行犯の意味も知らないのかね? 警察署の方にも私の知り合いはいるのだが、一度出直したほうが良いのではないかね」
    等と貫禄たっぷりに言うと、すぐに出直して来ると言って出て行った。

    警察に知り合いなんているのか? と尋ねたら、「わし、警察署の”方”としか言っとらんぞ?」とか言いやがった
    「それに実際、知り合いはおるぞ、エライ奴と知り合いとは言っとらん」
    「明日の朝には帰るし、なんか言われたらボケてたんじゃね?って言えば問題ない」って

    まあ、ポスターには本気でまったく心当たりがなかったんで大丈夫だろうと思ったが
    結果的にはまったく問題なかった





    416 :2011/08/15(月) 22:24:240
    お盆で帰省したら亡父の墓が増殖してた。

    父には愛人がいたらしく、愛人の方でも勝手に墓を建てたらしい
    そっちに父の遺骨はないんだが
    父と愛人の名がすでに刻んであって、愛人がタヒんだら入る予定になってるんだとか。

    なんかもうわけわからんし
    勝手にやっとれ。





    804 :名無しさん@HOME 2011/08/22(月) 14:08:29 0
    小6の時に母が再婚して、新しい父と弟ができた。 
    酔うたびに暴力をふるった実の父と違って、新しい父は優しかったし、 
    1つ下の弟はおとなしくて人見知りする子だけど、私にはなついてくれた。 
    とてもうれしかったけど、しだいに弟の目からは光がなくなってオドオドするようになり、 
    どんどんやつれていって家にいる時は部屋に閉じこもりきりになった。 
    そして、中2の2学期から学校にも行かなくなって、部屋から全く出てこなくなる。 

    父はなかなか帰ってこなかったし、私にも塾や部活があったから専業主婦の母が弟の面倒を見てたけど、 
    「部屋に入れてもらえない」「長い間声を聞いていない」「どうなるんだろうか」と、 
    弟のことを話すたびに悲しそうにしてて、母にそんな顔をさせる弟が憎かった。 

    高2の夏、学校で部活の合宿で泊まりこんでたけど、 
    2日目の昼に忘れものを取りに行ったら、家の中から何かを叩くような大きな音が聞こえる。 
    弟の部屋方向なので恐る恐る行ってみると、母の怒鳴り声と、獣のような叫び声が聞こえてきて、 
    ドアを開けると鬼のような形相をした母が、四つん這いでベッドの柱の鎖に首輪で繋がれてたなにかを長い定規で叩いていた。 
    よく見ると、それは見る影もなく痩せ衰え傷だらけで髪が伸び放題という、幽霊のような弟だった。 
    あまりの光景に絶句してると、母は私の方を向いていつもの優しい顔でニコニコ話しだしたけど怖くなって突き飛ばして走って逃げた。 
    気がつくと学校の保健室で寝てて、迎えに来た母を見て錯乱した私が錯乱して話したことから全てが露見した。





    358 :名無しさん@HOME 2007/09/19(水) 10:40:30 0
    >>319待ちの間に小さいDQN返しを。 

    ウトがヘルニアで手術入院することになり、トメから「嫁子が毎日病院に通って 
    身の回りの世話(汚れ物の引き取り・洗濯や話し相手など)をするように。」と 
    言われた。「それが○○家の嫁としての勤めだから。」らしい。 
    生憎、うちの実家の父も同時期に腸に出来た腫瘍を除去する手術をするために 
    入院することになっていて、母が亡くなって1人暮らしであるため、私たち実子が 
    手分けして手術の付き添いや入院中の細々とした世話をすることになっていたので 
    「申し訳ありませんが、こういう事情ですので・・。」と断った。 
    その途端、トメが 
    「嫁子さん、あなたの名字は何?○○(旦那の姓)でしょ?○○を名乗ってるからには 
    まずは○○の親に尽くしなさい。名字が変ったんだから実家の親とは縁が切れるのよ。」 
    と、わけのわからないことを説教口調で言い出したので、 
    「そうですか。結婚ってそういうことなんですか。それじゃあ、うちの父に手切れ金として 
    5000万円支払って下さい。父は一生懸命働いて、私を育ててくれました。おかげで 
    幼稚園から大学まで私学でのんびりさせて貰えました。教育関連のお金だけで私には 
    最低5000万円のお金がかかっています。これから恩返しをしていこうというときに 
    ”お前はうちに貰った嫁だから実家とは縁を切れ、関わるな”と言うなら、父に 
    ”うちの嫁をここまで育てて下さってありがとうございました”と頭の一つでも下げて 
    これまでかかった費用の一部、5000万円だけでも返還してやってください。 
    話はそれからです。」 
    とトメが口をパクパクさせながら「ちょ・・何を・・。」とうわごとっぽく言ってるのを横目に 
    一気に言った。 
    我に返ったトメがファビョりながら 
    「カネカネって、嫁子さん!あんたには情ってもんがないの!」と言い出すので 
    「情はありますよ。大事に育ててくれた父にはね。ですから子供として、出来るだけの 
    手伝いをするつもりです。ウトさんも、我が子である旦那君とコトメさんに、大事に 
    して貰えばいいじゃないですか。」と返事してそのまま帰宅した。 

    仏心をだして、水茄子のお裾分けなんかしにいくんじゃなかったよ。 





    698 :可愛い奥様 2008/06/21(土) 20:04:44 ID:5C1QypEB0
    うちの母の歳の離れた叔母(母の妹)は15歳の時から10年くらい、 
    うちの父と不倫というか遊んでたらしい。 
    それを知ると、叔母と私達に暴力の八つ当たりをするも父には黙認。 
    叔母は結婚後もうちの父と続き、流産(父のこかもしれない)、 
    借金から逃げるように旦那と上京。 
    その後の父の忄生のターゲットは姉(実の娘)と姪(父の実弟の娘) 
    母はそれを10年以上黙認。それどころか姉と姪が父をたぶらかした発言。 
    くだらない弟がいるんだが、そいつが父そっくりのことをしでかしてた。 
    それを最近知る事となり、因果ってあるんだなと思った。 
    叔母は40歳の時駅で倒れそのままタヒ亡、父は58歳でタヒ亡。 
    弟もろくなタヒに方しないだろう。





    274: 素敵な旦那様 04/09/02 13:03

    姑ではないのですが
    親父が前の嫁にブチギレされたせりふを今の嫁にも行ったことが判明。
    嫁は、正直いい気はしないけれど悪気があって言ってるとは思わないから…と怒らない
    しかしこんな事が続くとヤヴァイんじゃないかとさすがに思えてきたので

    こういうときは嫁が怒らなくても俺から親父に注意しておいた方がいいでしょうか。

    このページのトップヘ