無能





    341 :おさかなくわえた名無しさん2017/10/18(水) 10:03:40ID:k/zm3X2U.net
    労働基準局を何か勘違いしてる元同僚の神経が分からん

    この同僚元々仕事が出来ない癖に
    常に俺が 俺は の俺様
    おまけに他の同僚の足を隙あらば引っ張る(他の人が出来ると自分が下になるからだそうだ)
    ただあんまり頭が良くないので直ぐばれる→上司から注意
    これを繰り返したあげく 
    本格的に上司を怒らせ解雇の警告を出されたとたん辞めると騒ぎ
    誰も止めないのを知り 社長に辞めて次の仕事が見つかるまで給料を出せと直談判
    当然 社長突っぱねる
    労働基準局に訴えるぞと脅しにならない脅しを吐く
    社長は好きにしろと返答

    その後 本当に労働基準局に行って訴えたようだが
    辞めても給料出せなんて通る訳もなく
    労働基準局で暴れたらしく 会社に連絡が入った
    最後の最後まで神経分からん奴だった





    823 :名無しさん@おーぷん2017/12/15(金) 12:23:24ID:udT
    「女は仕事ができない、なぜなら女だから!」
    「男は仕事に向いてる、なぜなら男だから!」
    と現実も理屈も関係なくのべつまくなしに主張してくるA男に、課内一致でB男のお世話係を任せたこと。

    B男は国家レベルのコネ入社でないと説明がつかないってくらい仕事ができないヤツで
    でもクビにできないからあっちこっちたらい回しにされてる社員。
    だからすでに教育係ですらない。お世話係。
    しかもB男はやる気のある無能で、「つまらない仕事はヤダ!やりがいのある仕事ちょうだい!」タイプ。
    「男に生まれた時点で仕事ができる!」論者のA男が
    普段なら見かねて手を貸す営業事務さん(女)が主任(女)がしらんぷりをキメこんでる。
    実際、誰か一人だけが犠牲になってくれた方が仕事回るしね。
    A男も仕事になってないけど、彼の穴は課長と主任が率先して埋めてくれてるから問題なし。
    A男は取引先の女性.社員にも横柄で評判悪いから、むしろちょうどいい。
    課内の雰囲気を悪くする二人が潰し合ってる状態だから、今すごく家内の空気がなごやか。
    ずっとこのままでいてほしい。





    87 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2014/05/21(水) 20:19:05ID:wpeVoBhC.net
    この前マックに行ったら、若い兄ちゃんがガチ切れしながら店員に喰って掛かってた。
    「お前なんなん?仕事出来ないの?」「俺さ、皆の前で恥かかされたんだけど?どうしてくれんの?」とマシンガントーク。
    何だこいつと思いながらその後ろに並んで待ったけど、いやもうずっと文句言い続け。
    店員は平謝りなんだけど、早く帰ってくれないかなー他の客待ってんだけどなーって気持ちは目線から読み取れた。

    正直俺もずっと聞いてる訳にはいかないんで、イライラしながら「すんません、とりあえず横に逸れてやってもらえませんかね?」って言ったんよ。
    そしたら兄ちゃんこっちみて「あ?ごめんね。でもこんな店で物買うとかやめとけよ。」と言いながら横にずれてくれた。
    そしてまた「お前がチンタラのらりくらりしてっからこうやって周りに迷惑掛かんだろうが!あぁ!?」と怒鳴り始めた。
    店員は「すみません、申し訳ない」とか言いながら俺の注文を取って、終わってからまた兄ちゃんに絡まれてた。
    結局何が原因で怒ってるのかも分からなかったし店員災難だなとも思ったけど、言いたい事は言えたし案外素直に従ってくれたのでまぁいいやとテイクアウトして帰った。


    帰って袋を開けてみると、ナゲットのソースは入っておらずピクルス抜きで頼んだ俺のチーズバーガーはチーズ抜きになっていた。
    レシートでは確認できないけど、きっと店員の抜き指示の打ち間違い。
    あの野郎、クレーム兄ちゃんの言う通りダメ店員じゃねぇか!と俺も文句の電話を入れました。
    以上、知らない兄ちゃんの武勇伝の話。

    420 :ラブラドール速報 2018/02/18(日) 02:51:32 ID:bO7
    前任者がダメすぎて後任の俺の評価がうなぎのぼりになったこと

    大学生のころ専門技術がちょっとだけ必要なアルバイトを教授に紹介された
    (所属してた研究室がその技術に関わるところだった)
    実質的には雑用なんだけど専門的な技術も多少関わってて普通のアルバイトやパートには任せられない
    かといってわざわざ専門の社員を雇うほどのことでもない、というもの
    前任者がそろそろ辞めたいということだったので俺に後任をやらないかという話が来た
    拘束時間は短めの割りに給料がいいし勉強にもなるので話を受けて、前任者に引き継ぎをしてもらうことになった

    その際に前任者に
    「ここは細かいことが多くてけっこう大変だし、直属の社員はネチネチうるさいよ。
     俺がやめようと思ったのはそいつのせい」と言われた
    そこでちょっと後悔したけど、ところがその引継ぎ内容はどう考えてもそんなに仕事量はない
    引継ぎ期間も仕事時間中けっこう休んでる
    俺が正式に雇われて1人でやるようになってもやっぱり大した仕事量じゃなかった
    サボらず真面目にやれば時間内には十分終わらせられるレベル

    そして社員さんも別にネチネチしてないし、親切で良い人だった
    最初だけ親切にして後から正体を現すなんてこともなく、それどころか
    「君はすごく頑張ってくれるね!ほんとにありがとう!」
    とベタ褒めしてくれて食事を奢ってくれたりするようになり、
    俺ってここまでベタ褒めされるほど有能とは思えないんだけど……、
    と不思議に思うくらいだった

    しばらくして仲良くなった他の社員の人と話をしてその理由が明らかになった
    なんと、前任者が非常にダメ人間だったらしい

    ・しょっちゅうサボってる(スマホいじってたり)
    ・仕事も雑かつ抜けが多かった(サボってるせいで時間がなかったんだと思う)
    ・コミュニケーションをとりたがらず何かミスやトラブルが起きても報告しない
    ・そういう態度を社員さんが注意するとあからさまにふて腐れるだけで改善されない

    それで社員さんは前任者の仕事を後からチェックしないといけなくて
    自分の仕事が増えていつもピリピリしてたらしい

    それに対して俺はサボることなく要求された仕事を全部毎日こなすし、
    報告連絡相談をきちんとしてくれるし
    注意されたらちゃんと謝って改善報告をしてくれる
    ってことでなんて有能で頑張り屋なやつなんだ!
    と感動し、イライラすることもなくなって別人のように明るくなったとか

    実際引継ぎの時前任者は大変大変と言いつつ作業の合間に
    「別にすぐに次の仕事に取り掛からなくてもいいよ」
    と言ってスマホいじったりしてた

    その時は引継ぎで2人いるからかなと思ってたんだけど
    ずっとあの調子だったらそりゃ社員さんは怒って説教くらいしたくなるよな、と納得した

    その結果社員さんは前任者とのギャップで
    俺の何気ないことが素晴らしく見えるらしくて、俺も別に有能じゃないんだけど
    「サボらない!すごい!報告連絡相談をしてくれる!すごい!質問したらきちんと的確に答えを返してくれる!すごい!」
    って感じで感動してたようだった





    532 :名無しさん@HOME 2012/01/12(木) 13:07:41 0
    以前、小学生の姪の家庭教師を、兄夫婦に頼まれてやったことがある。 
    実家で会った時に、姪に折り紙の折り方を聞かれたので普通に教えていたが、 
    私が教えるとスイスイと折り始めたのでビックリしていた。 
    兄嫁が何度教えても理解できなくて、姪の学習障害を心配してたらしい。 
    当時、勤め先が倒産して一時的に実家に帰っていたので、気軽にOK。 
    只で引き受けるつもりだったけど、兄が「バイト料払う」って言い出した。 
    その時の兄嫁の表情に引っかかる所があったが、一日千円ってことで引き受けた。 
    (お金は面倒なので、月一でまとめて貰う事に) 
    姪は小学校の帰りに、兄嫁がパートから帰ってくる迄の時間を実家で過ごして 
    いたので、その時間を勉強に充てた。 
    不思議な事に、私はちょっと説明するだけで、姪は難無く問題を解いて行く。 
    学習障害?むしろ頭良いじゃんって思いながら教えてた。 
    母が言うには、兄嫁は姪に対して「何で解んないの!」「そうじゃない!!」と、 
    燐家の母に迄聞こえるような大声で怒鳴りながら教えていたらしい。 
    「お母さんの教え方は、むつかしくて解らない」という姪の言葉から想像すると、 
    姪は理解してたが、兄嫁が訳の解らない解き方や説明をして混乱させた上に、 
    兄嫁の言う通りに出来ないと怒鳴られるので、すっかり萎縮してしまっていた 
    んだろうと思う。 
    3ヶ月後に隣県に就職が決まったので、もう姪に教える事は出来なくなったが、 
    兄嫁からはお礼も何も無かった。 
    約束のバイト料は、最初の月から支払いがなかったけど、元々貰うつもりは 
    なかったので、兄には黙っていた。 
    でも、先日、母に対して、姪の成績が上がったのは姪の努力成果であり、私は 
    姪の勉強の邪魔にしかならなかった、みたいな事を言ったらしい。 
    もう、黙ってる必要ないかなと思って、兄嫁が母に言った事と、最初からお金を 
    貰っていない事を、兄にメールで暴露。 
    兄からは再就職祝いを兼ねた5万円を、有難く頂いた。 
    兄嫁はその事に激怒し、今、兄夫婦はプチ修羅場らしい。





    99 :名無しさん@おーぷん 2015/01/24(土) 19:32:00 ID:???
    長いです。

    仕事できないのに、自分が有能で社長でもあるかのような発言ばかりする35歳一般社員の男性がいる。

    ちょっと咳でもしようものなら「大丈夫?帰ってもいいよ、あとは俺がなんとかするし。」の連呼。心配してもらってありがたいけれど、何度も何度もいうのでうざい。そして私がなんの仕事をしているかも知らないのに、彼がなんとかできるわけがない。
    「私さん、わかんないと思うけど、これわかるかな~?あ、わかんなくてもいいやつだから、一から教えるから大丈夫だから。」
    と言われなんのことかと思ったら、エクセルの改ページプレビューで1ページに収めるだけの作業。しかもいつもやっている作業をなぜ。


    誰か一人でも休むとはりきる。
    それは良いことだけど「○○さんはこれやって~」→すでに終わっている。「俺がこれやるから。」→彼のほうが仕事が遅いので大抵の人が断る。
    指図はするが、指図するのに忙しく自分の手は一切動いていないため、邪魔以外の何者でもない。そして上司でもないのになぜ彼が指図をするのかも不明。だいたい、一人休んだくらいで急に慌ただしくなるほどの部署じゃない。


    彼は仕事が遅いのだが、自分の仕事が遅いことに気づいていない。
    彼とペアで仕事をしているAさんに、自分のほうが忙しいのが不公平だといい、業務を交代した。
    そのとたん、Aさんが午前中で終わらしていた仕事が、午後3時くらいまでかかるようになった。
    もともとAさんのほうが仕事量が多かったのだから当たり前なのに、彼はAさんに「去年はこんなに量なかったよね。」とか「うわあ、今回多いなぁ。」などと言い、いらつかせている。


    隣のグループの仕事にも関係がないのに口をだし、「○○さん仕事の進み具合どうっすか?自分だったらこうするけど。○○さんは違うんすね。いえ、別にそれが悪いってわけじゃなくて、こっちのほうが効率良いかなと思って~。」などと丁寧な口調でいらつくことを言う。
    そしてそのやり方が完全に的はずれなので、さらにいらつくそうだ。


    先日は所長から、報告書に○○の件も足してくれと言われたのに「これは次の報告書に足そうと思っていた。」と返し、でも足してくれという所長に「まだ先の話なんで。」と、なおも言いつのり、所長はうんざりした顔。
    いいから足せと言われて「所長がそのほうが見やすいと言うのであれば足しますけど。」と、所長にまで偉そうな口の聞き方。ああ言えばこう言うタイプ。面倒くさい。
    Aさんがもう少し丁寧にいったほうがいいんじゃないかと言ったら、所長に意見できる俺かっこいいと思っているそうな。


    そんな彼だが、みんなが何も言わないのには理由がある。
    ちょっと注意しただけで、ものすごくキレるからだ。ヒステリックな女性や、ものに当たるお父さんばりにキレる。
    注意の内容が、このチェック表には必ず○をつけてくださいとかそういう些細なことなのにこの切れっぷり。
    自分はこんなにやってあげているのにといった旨をぎゃんぎゃんと喚き、引き出しをバァーンっと閉め、デスクに手をバンっとつき、鬼のような形相でトイレに行き、ゴミ箱を蹴る(らしい)。
    そして他部署の人たちに、自分を完全に正当化した内容を切々と語り、自分の部の人たちの悪口を散々言そうだ。
    他部署の人から大変だね...となぐさめられることがしばしばあった。


    たとえこれを彼にみせても彼は「酷い社員もいるもんだ」と笑いそうで怖い。もしかして病気なんだろうか...。


    長くなりましたが、先月で転職したので厄落としにカキコです。

    420 :ラブラドール速報 2018/02/18(日) 02:51:32 ID:bO7
    前任者がダメすぎて後任の俺の評価がうなぎのぼりになったこと

    大学生のころ専門技術がちょっとだけ必要なアルバイトを教授に紹介された
    (所属してた研究室がその技術に関わるところだった)
    実質的には雑用なんだけど専門的な技術も多少関わってて普通のアルバイトやパートには任せられない
    かといってわざわざ専門の社員を雇うほどのことでもない、というもの
    前任者がそろそろ辞めたいということだったので俺に後任をやらないかという話が来た
    拘束時間は短めの割りに給料がいいし勉強にもなるので話を受けて、前任者に引き継ぎをしてもらうことになった

    その際に前任者に
    「ここは細かいことが多くてけっこう大変だし、直属の社員はネチネチうるさいよ。
     俺がやめようと思ったのはそいつのせい」と言われた
    そこでちょっと後悔したけど、ところがその引継ぎ内容はどう考えてもそんなに仕事量はない
    引継ぎ期間も仕事時間中けっこう休んでる
    俺が正式に雇われて1人でやるようになってもやっぱり大した仕事量じゃなかった
    サボらず真面目にやれば時間内には十分終わらせられるレベル

    そして社員さんも別にネチネチしてないし、親切で良い人だった
    最初だけ親切にして後から正体を現すなんてこともなく、それどころか
    「君はすごく頑張ってくれるね!ほんとにありがとう!」
    とベタ褒めしてくれて食事を奢ってくれたりするようになり、
    俺ってここまでベタ褒めされるほど有能とは思えないんだけど……、と不思議に思うくらいだった
    しばらくして仲良くなった他の社員の人と話をしてその理由が明らかになった
    なんと、前任者が非常にダメ人間だったらしい

    ・しょっちゅうサボってる(スマホいじってたり)
    ・仕事も雑かつ抜けが多かった(サボってるせいで時間がなかったんだと思う)
    ・コミュニケーションをとりたがらず何かミスやトラブルが起きても報告しない
    ・そういう態度を社員さんが注意するとあからさまにふて腐れるだけで改善されない
    それで社員さんは前任者の仕事を後からチェックしないといけなくて自分の仕事が増えていつもピリピリしてたらしい
    それに対して俺はサボることなく要求された仕事を全部毎日こなすし、報告連絡相談をきちんとしてくれるし
    注意されたらちゃんと謝って改善報告をしてくれるってことでなんて有能で頑張り屋なやつなんだ!
    と感動し、イライラすることもなくなって別人のように明るくなったとか

    実際引継ぎの時前任者は大変大変と言いつつ作業の合間に「別にすぐに次の仕事に取り掛からなくてもいいよ」
    と言ってスマホいじったりしてた
    その時は引継ぎで2人いるからかなと思ってたんだけど
    ずっとあの調子だったらそりゃ社員さんは怒って説教くらいしたくなるよな、と納得した
    その結果社員さんは前任者とのギャップで俺の何気ないことが素晴らしく見えるらしくて、俺も別に有能じゃないんだけど
    「サボらない!すごい!報告連絡相談をしてくれる!すごい!質問したらきちんと的確に答えを返してくれる!すごい!」
    って感じで感動してたようだった

    このページのトップヘ