浮気



    74 :2014/01/28(火) 17:14:44ID:Qh+MHNpJ
    婚約者が浮気した

    開き直ったのか浮気相手とは純愛だ、真実の愛を見つけたと言ってきたので
    「たとえ純愛であろうと
    あなたが婚約者のいる身で余所の女と寝たクズなのは事実だし、
    浮気相手はあなたに婚約者がいると知りながら寝たクズなのも事実だ
    別れてからならどうぞご自由にと言ってやるけど
    そうではないのも事実だ
    浮気男と寝取り女、クズ同士でお似合いだね」
    と言ってやった(実際はなまってるのでもっとキツイ口調)

    当然慰謝料の請求もしたんだけど
    「ついこの前まで婚約者だった相手に多少の情はないのか」とゴネてきた





    457:12009/08/25(火) 04:02:10ID:sq+G4d6N0
    長くなってしまったが投下します。

    随分前の話

    俺とA子は付き合って2年くらいだった。
    結婚もそろそろかなと意識し始めてて、婚約まで行かなくても
    両家の両親には挨拶を済ませてあって婚約に近い形だった。
    俺は一人暮らしでA子に合鍵を渡してあったので、
    ちょくちょく俺が帰ってくる前に
    ご飯を作って待っててくれたりもしてた。





    906::2016/10/10(月) 16:15:36.73 ID:
    シタに癌が発覚した

    ありがとう神様
    これで心置きなくシタを捨てられる

    告知された日に早速持ってた離婚届を差し出したら寝室で泣いてた
    「不倫が発覚したときにそうやって私が泣いてたときも、いくら泣いたって(プリと一緒になるために)離婚するからって吐き捨てて冷たくドア閉めたよなぁ
    私も言ってやるよ、いくら泣いても離婚するからw」
    と言ってドアを閉めてやった
    泣きながらスマホいじってたからプリに連絡してたんだろうな
    さあ生まれて初めて本気になったとお互いのたまってた2人は今後どうなるのかしらw





    547:名無しさん@お腹いっぱい。2013/04/18(木) 15:59:27.79
    もう3年前になるが、嫁の浮気が発覚して、離婚した。
    一切手加減なしで、間・汚嫁からの慰謝料総額2000万。

    今、汚嫁は昼間の仕事+夜間のパートしてるらしい。
    間は懲戒解雇、その後は知らん。

    俺は去年再婚して、先週 今嫁の妊娠発覚。

    ってことで、今嫁の御懐妊記念パピコ。





    336::2017/03/05(日) 15:10:19.61 ID:
    どうやったら彼氏を許せるか、どうやって解決の方向に持っていけるか教えてください。
    お互い20代前半社会人、交際1年半です。
    夜、いきなり彼氏に「会おう」と言われて会いました。
    ふと、「今日1日何してたの?」と聞くと「家に居た」とのこと。でも普段よりおしゃれな身なりや目の動きで嘘だと感じました。
    その時彼氏の携帯にラインが来て、通知を見てしまいました。(見たことを彼氏は知りません)
    すると「今日は運転ありがとう!楽しかった!また行こうね!」という女の子からのラインでした。

    私に会う前、女の子と出かけており、女の子と解散してからそのまま会いに来たのだと分かりました。
    改めて「今日何してたの?」と聞くと「だから!家に居たってば!女と遊んだとでも誤解してるのか!」と怒り、それからムスッとしたまま解散でした。

    嘘をついたこと、浮気疑惑、話し合って解決の方向に持っていきたいのですが、彼氏が無言で怒っているので話し合いになりません。
    どうやって解決していこうかアドバイスください。





    1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/11/15(金) 00:32:19 ID:lCkmrF2n0
    元嫁が何人もの男を囲ってるのは知っていたけど、俺はそれを見て見ぬフリをしてたんだ

    まだ娘も小さかったし、小学校に入学するときに片親だと周りに馴染めないのではないかと思っていた

    だから俺は表面的には嫁を労る良い夫を演じ、内心では常に嫁に対する嫌悪感を持っていた

    そんなある日、俺は息抜きに娘と二人で温泉旅行に行ったんだよね

    無論、旅行に行ったことは嫁に隠してた。嫁に隠れてコツコツと貯めたヘソクリを使って旅行に行ったんだよね

    楽しかった

    それで俺たち二人が家に帰ると、嫁と義父と義母が待っていたんだよね





    502名無しさん@お腹いっぱい。2013/12/05(木) 02:27:05.57 .net
    独身時代に俺の職場の徒歩5分にマンション借りた所に同居する形で結婚した
    前嫁も働いていて1時間くらいの通勤時間が掛かったので、
    食材買い出し、朝晩御飯作り、弁当作りは俺の担当になっていた
    最初は、買い物した食材の下準備しているうちに前嫁が帰ってきて一緒に作っていた
    そのうち、前嫁の仕事が忙しくなり晩御飯も食べなくなって、俺が作った弁当と朝飯を食べるだけになった
    前嫁の仕事も忙しいから、体だけは壊すなよと思って過ごしていたある日
    嫁の給与明細を何気なく見たら、残業時間3時間って記載されていた
    嫁の会社は、残業代はキッチリ払う会社なのですごく違和感を感じて、
    嫁の会社の知り合いに探りを入れたり、興信所の調査で毒男の間男と不倫していることを知り
    間男は結婚間近でお互いに結婚までの遊びだと分かった


    こんなクソ嫁に言われてもうれしかないけど
    俺の金を稼ぐ能力と本当の愛wは間男じゃ10年経っても無理らしい
    俺は証拠を固めつつ上司に事情を説明し転勤依頼を出していた
    家賃は俺から生活費は、お互い必要分を出し合う形を取っていたので、財産で揉めることもないと分かり
    内容証明を出す機会を伺っていた
    間男が結婚式あげる日、前嫁が間男の結婚披露宴2次会に出るその日に内容証明を発射し
    俺は転勤先に転居し、前マンションは翌月付けで解約した
    前嫁はかなりごねていたけど職場を解雇にならない条件で離婚
    前嫁からは家事放棄を認めたので相応以上の慰謝料をいただいた

    慰謝料払ったら復縁できるかのように思い込ませて、多額の慰謝料を支払うために会社に釘付けにした

    間男もかなりの慰謝料で示談、その後間男は離婚こそしなかったが退職し嫁実家で同居で
    かなり肩身の狭い暮らしをしている
    前嫁があと一年で終わる慰謝料の支払いを待って復縁を狙っているらしい、支払終るまで接触禁止からだが
    会社で不倫ばれて働き続けるのもなかなか厳しいだろうしな
    俺は新嫁と結婚して子供もできたし、家も買った、みんな前嫁が結婚式に書いた5年後にしたい夢

    ざまぁみやがれ





    367:恋人は名無しさん2006/06/20(火) 20:15:31

    プチ修羅場をば。

    彼氏は船乗りで、半年帰って来なかったり、3ヶ月連絡つかないのも当たり前だった。
    まあ、それは我慢してて、たまたま下船が私の地元で、しかも誕生日だった。
    喜んで色々お肌のお手入れやら、色々と頑張りました。

    で、下船。

    無茶苦茶ラブラブして、半年振りだから夜も……。
    彼も、「会いたかったよ。大好きだよ!!」連呼。

    遠距離恋愛なので数日滞在して貰ってバイバイしました。
    その3日後……彼氏から電話、妙に暗い。やな予感。
    「好きな子が出来ちゃった、ていうか、好きって言われて気になって……ごにょごにょ」
    一瞬で、あーやったな、と。
    半年溜まってたのが数日じゃ足りんかったか、と。
    「やったんでしょ?正直に言いなよ、その方がスッキリするよ。」
    バカ正直な彼は無言に。

    「とりあえず、約束してた来週のディズニーランド、いいから相手連れて来い」
    ディズニーランドが修羅場に……。





    882::2013/01/10(木) 14:16:30.96 ID:


    昨年のクリスマスイブにアホ嫁に浮気された。
    まさに地獄の年末年始だった。

    アホ嫁は当初俺の追及に惚けていたが
    証拠を突きつけられ逃げ切れないと悟った後は居直った。
    なんら抵抗もなく緑の紙に署名捺印し亭主を完全無視。
    日中はほとんど家にいず寝に帰るだけ。

    そして正月明け離婚届を提出し離婚成立。
    会社の寮に入居し荷物を搬出する。
    まさか本気で離婚されるとは思ってもいなかった元嫁はそこで初めて事の重大さを知った。

    慌てふためき離婚の撤回を訴えるが当然こちらは無視。
    元嫁両親、自分両親に離婚の内容を一切隠さず
    報告、間に対して弁護士から内容証明を送付。
    間宅(既婚、子あり)は現在奈落の底もよう。
    元嫁気が動転し ぶっ倒れて入院したそうだ。
    善良な亭主を舐め、騙し、裏切った結果がこれだ。

    慰謝料は間に多め、アホ嫁には財産放棄もさせる。
    今までは怒りが先立ち復讐しか頭になかったが終わりに近づいてくるにしたがい寂しさとか後悔とかどんどん辛くなってきている。

    このページのトップヘ