母親





    711 :名無しさん@おーぷん
    うちの親、特に母親の金銭感覚がおかしい。子供の頃からずっと違和感があった。

    うちの場合、おかしい、というのは散財するとかではない、一般的な相場というのが理解できないらしい。
    例えば、中学生の子供に「これで靴(通学用のローファー)を買ってらっしゃい」といって1000円を渡すとか。
    今でこそ安い靴屋もなきにしもあらずだが2-30年前では1000円で何が買えるのか?
    それじゃ買えないと靴を買えるだけのお金を要求すると大騒ぎになる。

    買い物に行くと「高い高い高い」とつぶやいて何を買うにも一番安いものを買う。

    母親の知り合い同士で大人だけで食事&お茶だとランチとかを利用するにも1000円ぐらいはかかる。
    でも母親は数百円で済ませるつもりだったからやっぱり「 高い高い」

    で、うちが貧乏だったらそれでもいいのだが、父親は人並みに稼いでいたらしい。

    なんでなんだろうってずーっと謎だったんだけど、最近親戚の伯母さんから母の学生時代のときの話を聞いた。
    母は学生時代、洋服とか靴とかを自分で一切買わずに済んでいたらしい。
    すぐ近くに洋裁学校に通う同級生が居たのだという。洋裁学校って毎日のように何かしら縫う必要があり
    母の母(私から見て祖母)が その家に布代を援助する代わりに縫った服を母親用に貰い受けていたのだという。
    だから母親は普段着からちょっとしたお出かけ着までほとんどその近所の人が縫った服で済ませていた。

    ちなみに百貨店で服売り場より生地売り場が幅を利かせていた時代。

    洋裁学校といっても近所の人が行ったのはその地域でも当時トップレベル学校で、確か当時3年?で最後には
    コートのようなものまで作ったらしい。だから母は学生時代から就職して結婚するまでの4−5年間、ほとんど服を
    かわずに済んでいたのだという。さすがにちょっとしたものは親から買ってもらっていたが、まだまだ豊かではなかった時代、
    1つを買って壊れるまで使うのが当たり前だったので今ほど服飾品はそんなに買わなかった。





    4 :名無しさん@HOME2014/05/18(日) 08:29:070.net
    俺が母親の不倫相手の子供だったこと
    高校の時に発覚して、両親離婚
    それまで尊敬していた父に、『本当にすまない。だけど、あいつ(間男)の子供だと分かってしまった以上、自分の子供だとは思えない』って泣きながら言われた
    結局母親側にしか行けなかったけど、俺の中では母親はただのクズになった
    何を話しかけられても完全無視した
    一度会った本当の親父というのが途轍もないクズだった
    それまでの父親と同年代なのに無職
    その血を引いてると思うと何度も吐いた
    生活も一気に苦しくなった
    学校でも教師から腫物扱いされた
    友達は変わらず接してくれたことだけが救いだった
    バイトとかしたりして、なんとか高校卒業した
    それで、すぐに家を出て行って住み込みのバイトをしながら就職

    高校卒業してからもう10年になるけど、一度も母親と連絡を取ってないし、今どうしてるのか分からない
    けど、会おうとも思わない
    父さん(育ての方)には会いたいけど、会えばたぶん父さんがキツイだろうから諦めてる





    286 :名無しさん@HOME2013/08/21(水) 14:54:130
    お盆の少し前に妹が見合いをした
    妹が話しかけても相手は全く話さず、横にいた相手の母親が全て
    答えていたらしくお見合いが終わった後にセッティングしてくれた人にお断り
    の連絡をしたそうだ

    が何を勘違いしたか相手の母親が
    「一度見合いをしたらもううちの嫁に決まったも同じ。
    早くうちに来て農作業手伝え」
    と連絡してきた

    妹が何を言っても全く聞き耳をもたないので親父が電話に出て断り続けた
    そしてお盆になると修羅場が到来
    見合い相手の父母が毎日来て手伝えやら家に来いやらと大騒ぎ
    当初は冷静だった父もさすがに頭に来て
    「てめぇらの家なぞに娘はやらねーよ。さっさと出てけ!!!!」
    と絶叫するまでになった

    その間妹は県外に遊びにいってるが俺と親父はキチ外の相手をしてた
    せいでお盆の間は休んだ気がしなかったよ





    209 :可愛い奥様2011/05/11(水) 12:16:45ID:8wuCrHjx0
    子供の頃、母親に川に突き落とされたことがある。助かったけど。
    娘を橋から落として溺タヒさせた畠山鈴鹿のニュースを見るたびに体が
    ガクガク震えて困った。
    成人後母とは疎遠だったのだが、ある日「孫の顔が見たい」と突然
    家に訪ねてきた。お茶を二人分(自分と母の分)出して、寝てた子供が泣きだしたので
    一瞬席を外した。戻ってきたら母親が何かを私のお茶に混入中。




    前編はこちら
    277:2372006/05/13(土) 23:13:31

    シャンプーとかのセットが
    どこが良いモノなんだ。
    母親にさんざん言われて、俺も解らない。
    嫁は母親を臭いと思っていたのか、
    風呂に入れってことなのか・・・と。




    後編はこちら 6/7 7:37公開予定
    237:素敵な旦那様2006/05/13(土) 22:40:56

    さっき、お袋から
    「母の日のプレゼントが届いた」と
    連絡があった。
    俺の知らないところで嫁がやってくれたらしい。
    しかし・・・・・。





    169 :名無しさん@HOME2017/08/31(木) 01:55:090.net
    この夏休みに義兄嫁の母親が入院した。
    義兄嫁に「病院に子供は連れて行けないので預かって欲しい。」とお願いされた。
    「私も毎日午前はパートに出てるので午前は預からない。また夕方からは家事が忙しいの預かれない。」と
    言ったら「面会時間のほんの二時間くらいだから、午後に二時間だけ預かって欲しいの。」と
    一応約束したはず。
    だが、次の日から
    はじめの日は、義兄子の下の子(年少)が一人で来て14時から二時間預かった。
    次の日は、上の子(小五)も付いてきて、13時から三時間預かった。
    また三日後に、二人を13時から四時間預かった。
    その四日後に、二人を12時から六時間預かった。お昼を食べてないと言われて、食べさせる羽目にもなった。
    ここで上の子から「おかあさん、毎日家で寝てるよ。病院なんて行ってない。」と聞く。
    二人を義兄宅に送っていって義兄嫁に
    「病院行ってないのなら、預かる必要ないですね。」と言ってみた。
    「だれに聞いたの!!!」と怒鳴られたけど
    「最初の二時間って約束守られてません。約束守ってもらえないので、もう二度と預かりません。」と言って帰って来た。

    旦那に義兄と話してもらったら、義兄嫁は母親の病院なんか行ってなかった。
    義兄嫁は長期休みになると、自分の実家に子供を送り込んでいたから
    今年子供とずっと一緒が嫌で、私に面倒見させようとしたらしいわ。
    義兄から謝罪はあったけど、義兄嫁からはなし。子供達はすごくいい子なんだけどね。





    59 :名無しの心子知らず2018/02/24(土) 21:33:16ID:eL+NssAw.net
    パパ大好きな3歳男児が最近「パパとママどっちも好き」と言ってくれるようになった
    パパは大好きだけどママは嫌いと1年以上言われ続けてたけど、もうその時期終わったんだぁとホッとしてたのに
    今日になって
    「パパとママどっちも好きなのは今日でおしまいね。ママはよその子を好きになってね、そして明日からはよその子のお家へ行ってね」
    とか言ってきた!
    なんでこんなに私を拒絶するのかというのとすっっごくムカついてしまって
    子どもを冷めた目で見てしまう…





    52:名無しさん@おーぷん2014/05/16(金)20:33:59 ID:???
    カーチャンがいつかタヒぬ生き物だと実感した瞬間。
    健康診断にひっかかって、再検査してもやっぱりそうで入院が決定して
    ああ、カーチャンっていつまでも生きててくれるわけじゃないんだと初めて実感した
    理屈じゃわかってたんだがそれまで身近に起こるものだと思ってなくてパニくった

    カーチャンはロボットのように丈夫で、働いて帰ってきたらメシつくって
    洗濯して家をきれいにして風呂を沸かして親父の面倒をみるそういう生き物だと思ってた
    メンテせずとも永遠に動くような気がしていた
    でもそんなことあるわけないよな…

    でも焦燥感があるだけで別に何するわけでもないんだよな
    頼られもしないし、何かしてくれとも言われない
    見舞いにくらい行った方がいいんだろうけど
    なに持って行ったらいいかもわからない
    バスの乗り継ぎ方も知らない





    937 :おさかなくわえた名無しさん2012/09/11(火) 14:49:45ID:RoqYcBW4
    小学校の頃(小二)、気が弱かったので、同性.である女の子からいじめにあっていた。
    持ち物を壊される、隠される、盗られる。
    そして愛用のランドセルが、2階から投げ落とされた。
    中に入っていた、筆箱が壊れたし、ランドセルにも傷がついたので、
    さすがに先生に言いつけたら
    「あなたが悪いから落とされたんでしょ?」
    「勝手に落とされた? 皆、そんなことしてな言ってるけど」
    「夢でもみてたんでしょ」「勘違いでしょ」
    「貴方が窓際に置いて、勝手に落としたんじゃないの?」
    と、相手にしてもらえなかった。
    担任は、いじめをするくらい元気な子が好きで、私みたいに教室の片隅で
    本を読んでいるような人が大嫌いだったのです。
    「あなたは、真面目すぎる。嘘を吐くくらいの子の方が、可愛げがある」

    真実が先生に否定されて、パニック。
    先生に相談しても助けてもらえないんだ! 
    という第1衝撃。

    こらえかねて、母親に言ったら
    「小学校なんかいかなくても卒業できるし。いかなくていい」
    えっ、小学校って行かなくても卒業できるの!? という第2衝撃w

    というわけで、本当に1週間以上学校を休んだ。
    覚えてないけど、最終的には、校長と担任が頭を下げにきたらしい。

    このページのトップヘ