688 :名無しさん@おーぷん
    穏やかで動物好きな母。そんな母の過去を知ったときが修羅場だった。
    中学3年生のとき、部活から帰宅すると玄関に何足もの靴が置いてあった。
    お客さんかな?挨拶しなきゃと居間に顔を出したら、6人の女性がいっせいにこちらを向いて
    「お久しぶりですお嬢!」と声をそろえて言ってきた。何がなんだかわからなくて固まる私。
    話を聞くと、6人の女性は母の昔の仲間たちだそうで、何の仲間なの?と聞いてみると「白百合連合会(フェイク)」だという。
    なんだそりゃ?と質問を投げかけると、白百合連合会とはいわゆるレディース?暴走族のような一派で、母はそこのトップだったらしい。
    あまりに衝撃的すぎて言葉が詰まった。もうとっくに解散しているが、私が2歳になる頃までちょくちょく集まっていたらしい。
    大きくなりましたね、姐さんにそっくりですねとチヤホヤ・・・ 
    全員すでに40代に差し掛かってるので外見はそこらへんの主婦と変わらない。昔の写真を見せてもらったら、
    ケバケバの化粧にギラギラな髪色、「白百合永遠に不滅」と刺繍された特攻服を着た母+舎弟のみなさん(50人いたらしい)





    575 :おさかなくわえた名無しさん 2013/12/27(金) 15:50:59 ID:nq19gKty
    長文です 
    私が二十歳くらいの時、携帯会社の店舗でやってる懸賞に当選した 
    携帯所有者と連れのペア旅行券で、各地の結構高額な旅館から選べるというもの 
    日ごろのお礼も兼ね、仲の良い母を誘うと「行きたい!」と喜ばれ、親娘二人旅が決定した 
    人数の追加は実費負担(五万ほど)であり、父は不定休で出歩いても喜ばない性格なので除外 
    母へのプレゼントなので場所や日程の決定権を渡し、数ヵ月後に決まったその日をわくわくして待っていた 
    そんなある日、お盆で母の実家に行った 
    母が世間話で上記の懸賞旅行の話をすると、祖母が私を見て眉を顰めた 
    「なんで(私)と(母)なの?なぜ両親で行かせてあげないの?」 
    なんでお前が行くんだと侮蔑するように言われ、母は「だよねー」と笑ってた 
    祖母の言い方は酷く癇に障ったが、私が一番腹が立ったのは、笑って同意した母にだった 
    喜んでたのは嘘で、楽しみにしてたのは自分だけだったんだと思うと悲しくて虚しかった 
    その日の就寝前に「私は旅行に行かない。夫婦二人で好きに行けばいい」と母に言った 
    出来るだけ落ち着いて言ったつもりだったが、途中で涙が出てきて最後はしゃくり上げていた 
    財布に入っていた5万を置いて自分の部屋に引っ込むと、母が追いかけてきた 
    「どうしてそんな事言うの。(父)と二人で行っても、つまらないって分かるでしょ」 
    私は無性にイライラして、言うつもりはなかった言葉を吐き捨てた 
    「じゃあどんなつもりで笑ったの?私とは行きたくないんでしょう? 
    気が利かない思いやりがないって、なぜ私が詰られなければいけないの?」 
    そんなつもりはなかったと母は慌てていたが、今はまともに話を聞けないから出て行ってくれと頼むが 
    母が動かずに泣きだしたので、私が部屋を出て居間へ移動した 
    しゃくり上げが止まらずにいると母が追って来たので、もう来るなと言って部屋へ戻った 
    その日はティッシュ2箱を使い切ってタオルに染みを作りながら寝た 
    涙と鼻水はセットであり、しゃくり上げて泣くのは苦しいと思い出せた修羅場





    36: :2012/09/04(火) 22:03:05.98 ID:
    父が同級生の母と不倫していた。


    学校でも凄い速さで話が広まった。 
    父の不倫で母は精神を病んで、久しぶりに笑顔で自分を抱きしめたと思ったら 
    次の日学校へ行っている間に自ら命を絶った。 

    母を守ることが出来なかった。 
    次の年には父は不倫相手と再婚。 
    未だに夢見てる気分。





    763 :名無しさん@おーぷん
    よくある話なのかもしれないが、昔結婚を前提に付き合ってた男性を妹に取られた。
    客商売の男性だったのだが、「お姉ちゃんの彼氏さんにご挨拶に来ましたー」と言って
    彼の店に来たらしい。

    妹の方が美人で、頭は若干アレだが女子力強い。後はもうお察し。
    よくもまあ私の妹となんてと大喧嘩したが、もう気持ちが変わってしまったものはしょうがない
    と思い別れた。

    彼と妹が付き合い始めの頃は、「今日は彼と〜」みたいな腐れメールが妹から来てたが、
    すぐにパタリと止んだ。
    そしてすぐ、彼の方から「また君と会いたいな」とかメールが来るようになった。

    なんでだ、と思ってたが、実家の母と電話してたら少し謎が解けた。
    妹が私の彼だった男(実家に紹介済だった)と今付き合ってると何故か母に報告したらしい。

    それで母が「あんたーあんなに『お姉ちゃんのお古嫌い!!』っていっつも怒ってたのに。
    わざわざお古と寝てるの?あんた変わってるねー」
    と言ったら(母は昔から明け透けな性格だ)、
    電話を切られたらしい。

    これが原因かわからなかったので、妹に「お姉ちゃんのお古の具合どう?」
    とメールしてみたが、「タヒね」とメールが来たのでやはりこれが原因かなと思う。

    その元彼は、面倒なのでしばらく妹に粘着するよう、「妹はデレツンだから〜そういう愛情表現だから〜」
    と、けしかけておいた。
    私も今や鬼女板の人間だが、もちろん相手は別の男性だ。





    723:おさかなくわえた名無しさん2013/10/06(日) 23:54:30.71 ID:6rk3QbI6
    2年くらい前、俺の実家にオレオレ詐欺の電話がよく掛かってきていたようだ。
    今ごろになってお袋が俺に伝えてきた。
    お袋に言わせると「心配させるといけないから、当時は言えなかった」らしい。
    しかし、お袋から聞かされたオレオレ詐欺への対応に驚いたわ。

    詐欺師「オレオレ」
    お袋「誰?誰?」
    詐欺師「…オレオレ」
    お袋「誰?誰?」
    を、相手が懲りるまで繰り返したようだw
    大抵の詐欺師はそこでさっさと諦めたようだが、中にはしつこく
    「オレオレ」を繰り返す奴もいたようだ。
    はたから見たら意地の張り合いだろうな。
    そしてそんなしつこい詐欺師には、お袋は「あっ、ひろし?」と言ったようだ。
    そして相手が「そうだよ、母さん、ひろしだよ」と言ったら、
    「あっ間違えた。うちの子は、たけしだった」とか、
    超テキトーでありながら破壊力ある返しをしていたらしい。

    なんか色々と衝撃的だったわ。 





    232 :名無しさん@HOME 2017/11/27(月) 15:26:05 0.net
    母と兄の嫁が仲悪い 
    この前も、兄と兄子供2人と弟と母だけ回転寿司食べに行っちゃったんだけど 
    ※私は部活で少し遅く帰ったし、父は親戚のトコへ用事があったので不在だった 
    家帰ったら嫁さんだけがポツンと居間に座ってテレビ見てた 
    また母の嫁いびりだな~~って思ってたら、父帰宅 
    「あいつら回転寿司食いに行ったんか~」って、対抗して特上寿司食べに連れてってもらった(すごく久しぶりに会った親戚のおじさんも一緒に) 
    父は何も考えてないだろうけど、私もなんかスカッとしたw寿司うまかったw





    479 :名無しさん@おーぷん
    うちの母は兄を超溺愛している。
    兄が結婚した時、正直言って「息子を取った!って嫁いびりするんじゃないかなー」と心配だった。
    でもそれは杞憂だった。母はびっくりするほど良い姑になった。
    実の娘のように可愛がった。本当の実の娘である私のことは相変わらず空気だったがw
    同居したがるとか、盆正月に無理に呼び出す事もなかった。

    しかし3年ほどして兄が浮気した。
    兄嫁がどうと言うんじゃなく、単純に新鮮味がなくなった、飽きたってことらしい。
    浮気がバレた時、兄は堂々と
    「他に好きな人ができたんだからしょうがない。経産婦の妻はもう女として見れない。
    妻が許さないというなら仕方ないから離婚する。父さん母さん弁護士頼んで」
    と実家に言いに来た。
    父も私も兄も、いつものように母が「息子チャンはしょうがない子ね〜ハイハイわかったわ」と言うと思った。
    しかし母は泣いて怒り、兄をクイックルワイパーでどついて追い出した。

    泣く母の背中をさすっていたら「娘ができたみたいで嬉しかったのに」と言われ、内心修羅場というか複雑。
    いや、娘(私)は21年前から一応いますが…
    母の脳内で、いったい私の存在はどういうことになってんだろうか。





    8 :名無しさん@おーぷん 2014/07/24(木) 10:33:08 ID:QwfMWu0ZA
    現在進行形でもあるけれど

    二人目の子供が生まれてから実母に「養子に欲しい」と泣きつかれていること
    兄・姉と二人いるが双方まだ独身で40を超えている
    家を継いで守って欲しいからと言われたが兄・姉に結婚の可能性もあるわけで
    あんまりにもさめざめと泣き落とされて、自分としての落としどころとして
    「最終的にどうしようもなくなったら考える」
    →兄・姉ともに結婚に縁がなくて高齢になったら
    と丁寧に説明もつけて返事

    それを何を思ったか実母は子供が小学校に入る前の年いきなり電話で
    「養子になるのだから我が家で育てる!最高の環境で教育をしてやるから連れて来い!」
    って言ってきた。これほぼ、言われたままの原文
    すっきり目が覚めて、がんがん言い返して返事を聞かず電話を切ってから
    またずっと泣き落としの電話だったけどスルー
    今でもまだ養子にもらえると思っているお花畑の実母
    自分の失言のせいだと後悔はしたけど、そうじゃなきゃ実母は本性あらわさなかっただろうし
    とにかく、養子にだすつもりは全くないのでこれからも全力で守る!
    まとめたつもりが長くなりました。すいません。





    354 :おさかなくわえた名無しさん 2013/06/28(金) 19:23:57 ID:fbHV/wXL
    小学生くらいになって初めてドリアという食べ物の存在を知り 
    食べてみたいと母に頼んだら、近所の喫茶店に連れて行ってくれた 
    そこでドリアを食べていたら隣のテーブルに座っていたオバサンが 
    喉をおさえながら立ちあがり「うぐー、うぐー」と唸って泡を吹きながら倒れた 

    人が倒れるのを見るのは初めてだったし、 
    オバサンは床でバタンバタンと痙攣おこしてて 
    これはタヒぬかもしれないという状況に硬直するしかなかった 
    そのうち救急車がきて、そのオバサンは運ばれて行ったけど 
    衝撃的だったのは母のセリフだ 
    「人がせっかく楽しく食事してるのに、騒がしい。迷惑だわ」 
    普段からそういうことを言う人ならなんとも思わないんだろうけど、 
    人当たりもよくてちょっとお節介なくらい世話焼きな人だから 
    てっきり側にいって介抱したり「救急車呼びます」って声かけると思ってた 
    優しくて陽気で明るい母にあんなに冷淡で薄情な部分があると知ったときが 
    幼い私にとっては天地がひっくりかえるほどの衝撃だった 
    それからしばらくは「これは母の皮をかぶった宇宙人に違いない」と警戒して、 
    できるだけ避けていた 
    空にむかって「お母さんを返してください」って泣いたこともあった 

    それ以来、ドリアが食べられない。





    931 :名無しさん@おーぷん 2016/06/05(日) 21:49:50 ID:kZ4
    自立してからあまり関わってなかった母が、ある時からちまちまと連絡を寄越してくるようになった
    話の内容は遠回しな「施設に入りたいから援助してほしい」とか「一緒に暮らさせてほしい」という要求
    軽度ではあったけどよくある娘冷遇・息子溺愛な母親だったので、あんまり情もないし悪いけどどうでもよかった
    適当にあしらってたら連絡の頻度も増えていったし口調も荒くなってきたけど面倒臭かったから無視してた
    何年かしてから母の連絡はぷっつりと途絶えた
    また何年かして母の危篤が、そして母のタヒが伝えられたけど、葬式、遺産の処理、その他諸々の雑事は弟に丸投げした
    私が向こうに直接赴かないといけないこともあったけど大体のことは弟に任せた

    最近弟とお嫁さんが離婚して、久々に弟と再会した。
    五時間ぐらいみっちりとお嫁さんや母に関する話を聞かされた。
    仕事が忙しかったとか、排泄物の臭いが充満する家が嫌だったとか、母の世話をお嫁さんに丸投げしてたとか、母はげっそり痩せて顔が骸骨のようになってたとか、骨が折れたまま放っておかれて変にくっついた形跡があったとか聞かされた。
    結果的に見捨てる形になったけど、よっぽどお嫁さんに恨まれるようなことしたんだろうなぁと思っているので罪悪感はない

    このページのトップヘ