172:2015/03/02(月) 10:22:51.60 0
    7年前:父が定年&家を立替
    6年前:弟が結婚
    5年前:父がタヒ去
    昨年末:弟がタヒ去
    弟と二人兄弟で、父に亡くなる半月ほど前に母と弟と共に病室に呼ばれ、家と農地は(田舎の農家の習慣で)
    弟に、お金は母の今後は長いので母に相続させて欲しいと言われ承諾しその通りにしました。
    先週、亡くなった弟嫁の代理人の弁護士が母の元に来るから同席して欲しいと母に頼まれ行ってきました。
    弁護士が言うには、
    家は弟嫁が農地は弟の息子が相続する
    農地は現在のまま(実家近くの人に約10万円/年で貸している)
    家(宅地も)は、
    1.母(私も可)が買い取りそのまま住む
    2.弟嫁の知人の不動産業者に売却
    で、
    2-1.出て行く
    2-2.不動産業者から賃貸で借りそのまま住む(家賃は1で提示された金額の年一割)
    弟名義の家に母がタダで住む状態でしたが家や農地の固定資産税や火災保険は母が払っていました。
    また、家や預貯金の殆どが亡父名義でしたが母は専業で無く勤めていたので一部は母が買った家と
    言ってもおかしくないのにそれを買い戻したり家賃を払って住めなんて酷いと思います。
    夫はうちが買って母に住み続けてもらおうか言っていますが、今ある貯金は子供の進学のためにおいておきたいし・・・





    558 :鬼女日記2015/03/02(月) 11:15:50ID:3BM
    身勝手なのは承知だけど、齢34にして母に会いたくなっている。

    うちは家長絶対の家だった。兼業農家で、父も母も公務員。
    農業は主に祖父母がやって、育児も祖父母。
    母は家事+仕事。父は仕事から帰ったら何もしない。趣味パチ〇コ。
    母は食事も一人だけ別のもの食べてて
    刺身とか寿司も母のぶんはないのが当たり前だった。
    理由は「主婦だから」。
    祖父母も父もそう言うからそれが当然なんだと思っていた。

    中学生になって同級生の母親を見て、きれいにしているので衝撃だった。
    うちの母の毛玉だらけの服や、布で作った変なカバンがいやで
    一緒に歩かないようになった。
    母の給料は振込じゃなかったのかどうか知らないが、
    母が使えないか、使わない金扱いだった。
    金がないからきれいにできるわけもないのだが当時はそんなこと考えてみもしなかった。





    987 :鬼女日記2014/12/29(月) 11:25:16ID:EJa
    先日、夫の長女の結婚が決まり、家族の顔合わせがあった。
    私たち夫婦はバツイチ再婚同士で、私の子は独立済みで今は夫婦ふたりで暮している。
    夫の子は妻有責での離婚だったけれど親権が取れず夫の転勤もあり疎遠。
    養育費の支払いが終わってからは数回しか会っていない、私はこの日初めて子供たちに会った。
    長女たちはまだ若く、貯金もないので結婚式も新婚旅行もなし、顔合わせも
    お相手のお父さんがこれくらいはと、ホテルのレストランを予約してくれた。
    もちろん夫が支払の半分を負担させてもらった。
    夫は今まで寂しい思いをさせたし何もしてやれなかったからお祝いしてやりたいと言うので
    二人で相談してかなり豪華なプランに決めた。
    内容は、浦安のホテルに4泊。ハネムーンスイートなのは内緒。
    +ホテルチャペルでの結婚式+写真撮影
    TDRの2DAYチケット
    往復の旅費
    いつか結婚式の費用にと夫が貯蓄してあったので残りは現金で渡した。
    海外挙式とどちらにするか迷ったものの、海外挙式するほど休暇が取れないというのでこのプラン。
    夫の通帳を見ると、本当にコツコツと娘たちの為に貯蓄しているんだよね。
    養育費の他に学費、結婚式費用、いつか孫が生まれた時費用…。
    全部合わせると東京近郊でマイホームが買えるくらい。
    今も小遣いからコツコツ積立しているらしい。もうほとんど趣味。
    娘ちゃんたちも婚約者も大感激で、すごく喜んでくれた。
    10年ぶりに会った元妻も、さすがに驚いたようで、今更ながら過去の謝罪をしてくれたほど。

    ところが、なぜか婚約者の母が騒ぎ出した。
    ホテルチャペルでの結婚式なら、家族全員呼ぶのが当然。私たちは東京住なので、全員招待するのが常識なんだそうです。
    結婚式って言っても写真撮影の為の簡易なもの。当日衣装合わせするんですよ。
    確かに私たちは見に行こうとは思ってはいましたが。
    もうすごかったです。
    お祝いに渡した現金があれば婚約者家族を招待出来る。
    4泊を2泊にすればあと4人泊まれる
    あとは私たちの家に泊ればいい。
    みんなで車で行けば旅費も足りる
    もちろん私たちが招待するのが大前提で、これは代替案ですよ…。
    どうしても結婚式が見たいと言えば、招待するのはかまわなかったんですよ。
    もちろんホテルも普通の部屋だし飛行機もエコノミーですけど。
    でも婚約者母の希望は結婚式じゃなくて、豪華東京旅行。
    まるっとお断りですよ、そんなの。
    でも夫の方は迫力負けしたのかどうにも折れそうな雰囲気。
    オイオイと思っていたら、パコーンと、良い音が響きました。
    婚約者の妹ちゃん、お盆で母の頭をはたいてました。鬼の形相で…。

    その後婚約者兄妹と父に母親は連れ出され、戻りませんでした。
    婚約者祖父母のウンザリした表情は忘れられません。
    その後婚約者両親は離婚したそうです。直接の原因は母親の浪費と借金だそうです。
    うちは接触はないですが、地元にいるご家族や長女夫婦は結構大変みたい。
    クレクレというかセコキチというか、ああいう人って初めて会ったんだけど
    こっちの意見はきかないし、次にどんな事を言うか全くわからないから、
    ただただ茫然としてしまったよ。
    正直なところ、家族は大変だなぁと同情します。
    私の子のパートナー親は普通の人であって欲しい…。





    324:可愛い奥様2012/02/05(日) 18:32:42.08 ID:ur9ycS8v0
    空気読まずにすみません。


    うちの母は、私が小さいころから浮気症?で、よく男忄生を家に連れ込んで
    いました。下校、帰宅すると、知らないオジサンと鉢合わせ、ということが
    何度もありました。幸い、あまり生々しい現場を直視したことはなかったのですが

    (母が私に配慮してたわけでなく、私が見ないようにしていた)。

    母の口癖は「あんたなんか産まなければよかった」「あんたのせいで不幸になった」
    男の人を連れ込んでいることについては
    「お父さんに絶対に言うんじゃないよ!言ったら、あんたは誰にも育ててもらえなくなって
    孤児院に行かなきゃならないんだよ」
    と脅され、見ざる聞かざるを通していました。
    しかしある日父親にバレてしまい、母は家を叩きだされました。


    もう私も高校生だったので一通り家事も出来、「いない方が快適じゃん!」と初めて気付きました。
    成人してからは、よく金の無心をしに来ましたが一度貸したら、二度三度とキリがなく、
    送金してもお礼どころか

    「こんなはした金送ってきて!!」

    と逆切れする始末でした。





    767 :鬼女日記2017/08/20(日) 16:45:41ID:VoCZH1tU.net
    妹の結婚式
    妹は母親のことをあまり覚えていない
    母がタヒんだのは妹が5歳の頃なので、多少の記憶はあるのだが虐待されていた部分がスッポリと抜けている
    食事が冷蔵庫から出したコチコチに冷えた御飯だけで温めてももらえず、食べないと殴られ口に突っ込まれていたことも
    お風呂も洗面器で2~3杯のお湯をぶっかけられるだけだったことも
    そのため髪にゴミがからまっていたのを力任せに引き抜かれたことも
    習わせてもいないピアノやフルートやバレエや算盤を「なぜ出来ないんだ」とタコ殴りにされたことも
    幼稚園の同級生の女の子を誘拐してきて「この子が娘ならよかった」と目の前で可愛がって、私たちは夕飯抜きだったことも
    全部忘れている
    覚えていないけれどきっと可愛がってくれていただろう母
    私達を残してタヒんだことがきっと心残りだっただろう母
    母の遺影に席が用意され、亡き母への手紙が読み上げられ、花束が供えられた
    私は全てぶちまけたい衝動にかられたが、せっかく妹が忘れている最悪な記憶を掘り返して突きつけることになってしまう
    父も妹が本当は母が浮気して出来た子であることは墓まで持って行く
    母はどうせタヒんでいるし
    不幸と言うよりは何か苦い1日だった

    635:恋人は名無しさん2012/06/01(金) 08:02:31.16 ID:uu9cz/mc0
    2年前に交通事故で亡くなった母からの携帯メールを消された

    携帯電話は別にやましい事が無いので触るのに任せていた
    そのメールは母からの遺物と知って消しやがった

    脱力してる俺に、チチ離れして大人になりなよ、とか

    552:名無しさん@HOME2015/04/04(土) 14:09:57.18
    兄嫁がおふくろに渡してある俺名義の家族カード使って捕まった
    身内に泥棒はいらんって事で兄から離婚示唆されてるらしい
    これって俺は被害届けだしたのがいいのか?

    369:名無しさん@HOME2014/10/17(金) 09:47:06.66
    施設つながりで、こっち側ではもう解決してる(義兄嫁側は知らん)話なんだけど、
    当時は義兄嫁の頭の中の斜め上にびっくりした出来事を思い出した。

    私の父が60代半ばで急タヒ、残った母は持病があり独居はむつかしい。 

    同居も検討したけど、母が地元を離れりのを嫌がり、私らはどちらも実家に引っ越せる状態ではなかった。 
    母が元気なうちに実家を処分して、病院に併設されている老健に繋がるグループホームへ入所ってなった。 

    母の希望で少し広い部屋にした(主にご夫婦で暮らしてる人が使うサイズ) 
    数年後、母の姉(私のおば)が入所したので、母の部屋で一緒に暮らすことになった。 
    家賃(部屋のサイズや設備で違う、広さによって定員有)+各自の食費や雑費と人件費等なんで 
    母とおばが同室だと、家賃が半額で、寂しくないしで、お互い助かる仕組みでWINWIN。 

    そこから10年以上が経過して、おばが他界。 
    母のショックが大きくて私が週末ごとにホームに泊まりに行っていた。 

    そしたら義兄嫁(義実家で完全同居)が、義兄嫁の母を、うちの母の部屋に同居させて欲しいと言い出した。 
    家賃分は、うちの母の話し相手や気晴らしの相手をするってことで相杀殳でどうかしら?だって。 
    うちの母と義兄嫁の母は赤の他人で面識もないのにありえなくない? 

    義兄嫁曰く、義兄嫁実家は経済的に厳しい、義兄嫁は義親と完全同居だから手伝えない。 
    義兄家が完全同居のおかげで、そっちは気楽なんだから協力してくれ、ってさ。 
    呆れてその場で義両親に話して、締めてもらった。

    859:おさかなくわえた名無しさん2009/06/22(月) 21:26:04 ID:mOkMtoFV
    うちは古民家で「昔の暮らしを調べよう」にはもってこいの場所
    だが、祖母が「静かに暮らしたい」と近所の小学生たちの調べ学習を断ってきた
    だが、今年の初め、余命を知ったか(二ヶ月前に他界)初めて子供たちを中に入れた

    それからしばらく後の先日、私は仕事休みで自室で読書をしていたら子供たちの声
    見ると列になってこっちへ来る
    どこかへ調べ学習へ行くのか、と読書を再開していたらざわめきが収まらない
    もう一度見ると家の前に全員座っている。そして先生らしき人が
    「は~い、じゃあ今から、先生がお家の人に聞いてみますからね~」
    と子供たちに言っている
    そして呼び鈴が鳴り、母が応対すると
    「ずっと断られてきましたけど~、おばあさまもお亡くなりになったので、もういいかと思いまして。
    お家に入れて下さ~い」
    完全アポ無しです。母はさすがに断ろうとしたけれど、暑い中、来た子供たちのために入れてあげました
    だが、子供たちははしゃぎ回って言うことを聞かない
    最後に元教師(祖母が亡くなったので跡を継ぐために教師をやめた)の母がブチ切れて一喝。
    子供たちを黙らせた。そこでようやく引率教師、母に気づき
    「あ・・もしかして○○先生ですか?あの時はお世話になりました~vまたよろしく~」
    「おばあさまいらっしゃったらこんな素敵なお家、見られませんでした~。よかった~」
    その言葉に母、言葉をなくしました

    そして子供たちが帰ってから、私は初めて母が怒りで泣くのを見ました





    244 :名無しさん@HOME2014/06/29(日) 08:13:490.net
    タヒんだと聞かされた母が迎えに来たとき

    幼少期は父と祖母に育てられたが、父は私を育児放棄して祖母に任せっきりで碌に会話をした覚えもない。祖母は私を虐待していた。毎日殴られ、蹴られた。食事は一日に一回で茶碗一杯のご飯だけの時も良くあった。掃除、洗濯等の家事をさせられていたのは良く覚えている。
    6歳の時、タヒんだと聞かされていた母が現れ、私を迎えにきた

    祖母と母は取っ組み合いの喧嘩をしていた。父は傍観を決め込んでいた。ビール瓶で頭を殴られ血だらけになっても祖母と言い争っていた母は印象的で良く覚えている

    結局父は親権を放棄して、以降私は母の元で育てられた。

    このページのトップヘ