410 :名無しさん@おーぷん2018/04/26(木) 18:46:45ID:HAf
    私の母は私が幼い頃に、弟を出産した時のトラブルで他界した。
    母が突然居なくなって悲しくて、私は弟のせいで母がタヒんだと弟を恨んだ。
    母方の親戚から、弟は母親の温もりを知らなくて可哀想。
    事故みたいな産まれ方をしたせいで、身体が弱くて可哀想。
    そんな風に弟ばかり優遇されたのも、弟を嫌う気持ちに拍車をかけた。
    弟は母方の親戚にそうやってちやほやされていたから、弟を邪険に扱う私は母方の親戚から冷遇された。
    特に伯父からは毛嫌いされていた。

    先日、母の法事があった。
    途中で私はトイレに行ったんだけど、戻ってくる途中で、母方の親戚が立ち話をしているのに遭遇した。
    ○○(私の事)は相変わらず我儘で可愛げがない。
    三つ子の魂百までというけど、本当にそうだ。
    自分の我儘で母親を刹しておいて、何であんなに平然としていられるんだ。
    あの子が我儘さえ言わなければ、△△(母)はまだ生きていられたのに。
    □□(弟)だって、あんなに予定外に早く産まれて、病気がちになって本当に可哀想。
    ××さん(父)がなんで○○をあんなに甘やかして増長させるのかが本当に理解できない。

    私に気が付かないまま、こんな感じの話をしていた。
    その言葉を聞いた瞬間、母が亡くなる前の事を鮮明に思い出した。
    あの頃、お腹の大きくなった母は、体調が悪く寝ている事が多かった。
    遊んだり抱っこしてもらったりしたかった私は、それがものすごく不満だった。

    ある日、どうしても外で遊びたいと駄々をこねて、近所の公園まで母を連れ出した。
    ちょっと休ませてと言う母を許さず、滑り台で遊ぶ、ブランコで遊ぶと連れ回した。
    そして、ブランコで遊んだ時、いつもより揺らす回数が少なかった事に腹を立てて、私はブランコを漕いで思いっきり母にぶつけてしまった。

    母はお腹を押さえてうずくまって、そのまま動けなくなった。
    その時ようやく、とんでもない事をしたと理解したけど、どうしようもなかった。
    私の泣き声を聞きつけた近所の人が気が付いて、母は救急車で運ばれたけど、助からなかった。

    母が居なくなって不安定になった私を落ち着けようと、父は、母が亡くなったのは私のせいじゃないと繰り返した。
    私のせいじゃないって思い込もうとして、それでこの時まで忘れていたんだと思う。
    全部思い出して、急に気持ち悪くなって、トイレに引き返して嘔吐した。

    今まで、母方の親戚からどうして私だけ嫌われてるのかものすごく不満だったけど、そんな経緯があったら当然だと思った。
    自分のしたことをすっかり忘れて、自分のしでかした事で産まれた時にタヒにかけた弟を邪険にしてた。
    そんな姿を見ていたら、子供のした事だからなんて絶対に言えない。
    特に伯父からしたら、自分の妹を刹した人間が反省もせず好き勝手に生きてるって思えて、憎かったんだろう。

    法事が終わってから何日か経つけど、心の中がずっと修羅場。
    今更思い出しましたごめんなさいって言っても、それがどうしたってなるだろうし、ここに吐き出し。
    正直、もうどうしていいか分からない。





    949 :名無しさん@お腹いっぱい。2016/12/17(土) 08:13:01.net
    単身赴任3年目、嫁と子供二人は俺の実家で母と同居してる
    先週仕事で実家近くに行ったついでに連絡無しで寄ってみた
    もともとものぐさで家事のできない嫁だったが空き巣でも入ったかと思う位ひどい有り様で驚いたが
    母が見るに見かねて片付けたらヒス起こして母の食事だけ作らなくなってると聞いて本気で刹意芽生えた
    飛行機で2時間かかるからめったに帰れなかったからやりたい放題だったんだな
    なんで同じ家にいて3年も自分と子供だけで食事して平気でいられるんだ
    嫁姑のいざこざもあるんだろうが家の有り様みたら嫁がなに言おうと味方はできない
    嫁が買ってきた冷蔵庫の中のものはお袋には絶対使わせないって俺の稼ぎで買ったものだろうに
    こんな女だと思わなかった
    俺の前だけいい顔して猫被ってたんだな
    少ない遺族年金からやりくりして一人ぼっちで食事作って食べてるお袋想像したらやるせなくなる

    これほど誰かのタヒを望んだことはないな



    468 :名無しさん@おーぷん
    私の母は素で「子供のものは親である自分のものだ」と思っている。
    私と母の部屋は隣同士なんだが、手元に書くものがなければ私の部屋の引き出しから勝手に持っていき、
    教科書やノートを開くと、母の走り書き(メモ的なもの)があるのは日常茶飯事だった。
    学校で借りた本も、小遣いで買った漫画本も、断りすらなく持っていったり人に貸したりする。

    でも毒親ではなく、欲しいものは理由があれば買ってくれるし、父と対立すると大体味方になってくれる。
    私のなりたい職業にも理解はあったし、学校帰りに迎えに来てくれたりすることも多かった。
    でもどうしようもなく、私のものを勝手に持っていったり使ったりする。

    小学生の頃は「それが普通」だったからたまに文句言う程度だったけど、
    中学生になって、友人の家に遊びに行ったりするうちに「私の母はおかしいんじゃないんだろうか」と思い始めた。
    母に「私のものは私に使わせてほしい」と言っても「家のお金で買ったものだから私が使うのは当たり前でしょ」と私が反抗期であるかのように諭してくる。
    父に相談しても、父は実害がないせいか「母さんの言うことに従いなさい」というばかり。
    私の通学用の自転車をスーパーに置き忘れてきたり、下着を兼用しようとしてきて、「これはやばい」と思い本格的に対策をし始めた。

    最初は部屋に鍵をつけようとしたんだが、父の大反対に合い、話し合いも空しく却下された。
    そこで、学校で使うものは学校に置いておき、復習や宿題なども放課後に学校でやってから帰った。
    誕生日に鍵付きの金庫を買ってもらい、通帳や金銭類、携帯ゲーム機などはそこで保管した。
    幸い友人には恵まれていたので、近所の友人宅に一緒に自転車を置かせてもらったり、
    金庫に入りきらないゲーム機などは自由に遊んでいいことを条件に友人に預けた(その子の親の了解済み)。
    今思うと友人間のトラブルの種になりそうなことばかりだけど、ほんといい友人ばかりで、問題が起こったことは一切なかった。

    高校に入り、私と母の体格が似てきたことで、今まで被害がなかった洋服類にも被害が及び始めた。
    これはクローゼットの取っ手に南京錠をかけることで対処。通学鞄もそこに放り込むようにした。
    時々友人が遊びに来たが、みんな私物がほとんどない部屋に驚いていた。

    大学進学時には迷わず県外大学を選択、一人暮らしを始めた。
    その際に友人に預けていたものを全て引き取ったんだが、一部の漫画本やぬいぐるみ等は持っていくことができず、実家に置いておくことにした。
    次に帰省した時、置いて行ったものは大体なくなっていた。
    大学卒業後もなんだかんだと理由をつけ、一人暮らしを続行。
    離れて暮らしているうちに、「あれ、私の親はそこまで以上じゃなかったかもしれない」と思い始めた。
    定期的に私の希望に沿った仕送りをしてくれるし、それなりの距離を保って接してくれる。
    「あの頃は私も思春期だったし、思い込みもあったかも」と今まで避けてきた長めの帰省をしてみた。
    帰省した翌日に、私のスマホを勝手に持っていこうとするところを目撃し、今までの対策が間違っていなかったことを実感した。





    459:おさかなくわえた名無しさん2017/01/11(水) 02:20:21.50 ID:EfMc/MYb
    中学に上がると同時に親の仕事の都合で遠い他県に引越してしまった友達がいて
    しばらくは手紙でやり取りしていたんだけど、そのうち返事が来なくなった。
    そしてつい最近大掃除の時に友達からの未開封の手紙が何通か出てきた。
    読んだら「〇〇ちゃん全然お返事くれないけど嫌われたのかな?」とか
    「〇〇ちゃんが返事くれないからもう手紙は止めにするね」とか衝撃のことが書かれていた。
    同時に私が友達宛に出したと思っていた手紙も何通か出てきた!
    当時うちの親は厳しくて、「子供が切手なんか買うものじゃない」と
    子供が郵便局で切手類を買って手紙やハガキを出すことを禁止していて
    書いた手紙は母に渡して郵便局で出してもらっていたので
    漫画雑誌の全プレの応募(切手10枚とか)も応募させてもらえなかった。
    母に友達からの手紙のことを聞くと
    「子供のすることだからどうせすぐ飽きると思って、
    切手を貼って出すのも面倒だし途中から出すのをやめてしまった。
    でもそれからも友達からは手紙が来ていたけど、
    こっちが出していないのがバレると思ってアンタには渡さなかった。
    そのうち手紙も来なくなったからそれでいいと思っていた。
    もう25年以上経ってるから時効でしょ?向こうもアンタのことなんか忘れてるってハハハw」と…
    絶句…
    今年、ほぼ30年近く経つけど手紙の住所に年賀状を送ってみたんだけど
    引っ越してしまったらしく宛先不明で戻ってきてしまいました。
    こんな別れ方悲しいし悔しいし、大人って卑.怯だなと実感するとともに
    自分が親になったらこんなひどいことはしないようにしようと思った。





    1:名無しさん@おーぷん2014/12/21(日)20:14:34 ID:9ts
    飲み会で遅くなってしまい二人終電に間に合わなかった
    そこで、俺の家で泊まることになった
    母に電話した時お腹が減ってると思いおにぎりとうどんを作って待っていた

    母「どうそ」
    そういうと同僚と上司に食事を出した
    すると…
    上司「お母さん常識ないですね」
    母「え?」
    上司「おにぎりとうどんはあなたが手で作りましたよね?それって汚いじゃないですか」
    同僚「え?酔ってるんですか?」
    上司「君も社会人として失格だね。だいたい手で握るとかありえない」
    母「そうですか。すみません」
    そう言って下げた





    280 :名無しさん@おーぷん2018/03/05(月) 17:46:43ID:G1z
    母に対して「え?」と思った出来事

    実家にいた頃、私(会社員)と父(会社員)は母(専業主婦)によく「早く風呂に入れ!」と言われてた。
    もちろん各々サクサク風呂に入れればいいんだろうが私も父も見たいテレビがあったりするし、
    仕事終わりは少しだらだらしたいのでそううまくいかずによく注意されていた。
    そのうち夕食が終わったらすぐに「風呂に入りなさい!」と言われるようになった。
    食事後にすぐに風呂に入るのは消化によくないのでそれには抗議したけど、しばらくしたらまたそう言われるようになったので正直鬱陶しくなってきた。
    そんなときに風呂に関するやりとりをしているときに「あんたらがだらだらしてるから
    お母さんが寝る直前に風呂に入らなきゃならなくなってるでしょうが!」と言われた。

    私「じゃあ母さんが一番に風呂に入ればいいんじゃないの?」
    母「え?」
    私「私何番目でも気にしないし、母さんが風呂洗ってるんだから母さんが一番風呂に入ればいいじゃん」
    母「(動揺)……え、だってお父さんは一番風呂に入りたいって前に……」
    私「そう言ってるのに入らないんだから無視でいいじゃん。それに私が先に入っても文句とか全然言ってこないし」
    母「そう……」

    これ以降風呂に関する文句は一切言われることはなかったし、母は好きな時間に入浴するようになった。
    多分親心?妻心?で夫や娘にきれいなお風呂に入ってほしかったんだろうけど
    私と父は別にそれを望んでないから齟齬がでて変な風になってたんだと思う。

    まとめサイトを見ててどこかのお母さんが「食事のとき夫や娘にはなるべく良い部分のものをあげて
    自分はそうでない部分を食べてるのに夫と娘ときたら~」という書き込みに
    「そんな配慮いらん」ってレスがついていたのを見て思い出した。

    もしかしたら家庭でありがちな問題かもしれない。





    733:名無しさん@HOME2015/02/10(火) 12:58:23.91 0
    2年前の話ですが・・・

    近場で別居をしてる医者の兄が実家に帰ってきて、久々に家族団らんで夕食をしてた。
    ひさびさに家族がそろって楽しくすごしてたんだけど、気が付いたら母の口数が少なくなっている。
    よく見ると、さっきまでニコニコしてた母が真顔になってて、冬なのに汗をかいている。
    どうしたのか聞いて見ると「なんか胸のあたりが痛くって…でも大丈夫」

    兄がすぐさま「母さん、どの辺が痛いの?」「どういう痛み?」「ちょっと手握るからね」とここまでやって
    すぐに救急車を呼んだ。
    待っていたら危ないからと兄が主導して、時間短縮のため、我が家の車→救急車のリレー方式で搬送。
    普段はものすごくのんびり屋の兄が、今まで見たこともない俊敏さを発揮していたので、
    私と父も「これはただ事ではない」と車を出したり母の体を支えたり手伝った。

    結果、心筋梗塞でした。
    対処が早かったおかげで、症状の重さの割には後遺症が「奇跡的」と言えるレベルでなかったそうで、
    すぐに救急車を呼んだのも、救急車を待たずにリレー方式にしたのも正解だったそうです。
    母はすぐにリハビリすら必要ない状態にまで回復し退院、今でも元気にしてます。

    家族でまったりしている幸せな時間がいきなり生きるタヒぬの修羅場になったのは本当に衝撃でした。
    もし偶然兄が帰ってきていなかったら、ここまで適切な対応ができなかっただろうなと思うと今でも怖い。





    664:おさかなくわえた名無しさん2008/09/07(日) 18:52:58 ID:Tqd+qzbh
    数年前TV局が家に来て

    「生き別れのお母さんが捜してます」

    とか言ってきた。


    生き別れ違うww捨てられたのwww
    男作って3回家出して、3回目で帰ってこなかったのwwww
    その後、親父に施設に入れられてたんだよwww
    暴力は振るうわ、家事は全くやらないわ、近所中の笑い物だわ、暗黙の了解で家が綺麗になってる=男が来る、だから夜中まで家に入れないわで。(親父は長距離運転手)

    結局、妹と2人で親父の姉の家で大事に大事に育ててもらってきたって話。

    飯は食える、家は綺麗、風呂には入れる、清潔な服も着れる、子供のいなかった姉夫婦のとこで生活させてもらって事なきを得た感じ。
    『誰も知らない』なんて人事じゃ無かったし、マジで。

    でもTVの人

    「お母さんはあなたたちの事忘れた事はありませんでしたよ」

    とか、何かお前ホント必タヒだなwww

    「せめて妹さんだけでも」

    とか言ってきたけど、当たり前だけど妹も拒否。

    ネチネチ説得されて、しかもそれ大嘘だし、何とか帰ってもらったわけさ。
    で、どんな美しい話が待ってるのかと思ったら
    「夫との不仲と暴力、姑(俺らが生まれる前にタヒ亡)のいびりに耐え、身を粉にして働き、借金を返す日々、でも子供の寝顔を見ると、何でも頑張れました。
    ある日、祖母が子供を置いて出て行けと言い、子供と一緒に逃げようとしたが阻止され泣く泣く1人で家を出た。再婚したが離婚、子供に会いたい」
    「お子さんたちは今親類に預けられ、育ての親の気持ちも考え、今回は会えないと言われました」

    ババァ号泣w

    素人、しかも探す気なんてろくに無かった俺ですら近所の人の話だけでお前の居場所分かったよ。探す気無かっただろ。
    で、最近生活保護申請したらしく、その前にお前が援助しろって役所から手紙来た。

    しwwるwwかwwwww

    相変わらず直接言ってくるだけの度胸は無いんだなw





    965:名無しさん@HOME2012/08/14(火) 17:27:59.01 O
    自分で思ってたよりも修羅場だったこと
    小学生の時に学校に姉を頃されかけたらしい
    姉は生まれつき病弱で虚弱
    当時通ってた小学校の体操着は半袖ブルマのみ(男子はショートパソツ)
    真冬でも「子供は風の子」精神で私服も薄着推奨で厚着してると先生がネチネチ言ってたそうだ
    おかげで姉は冬はずっと風邪ひいてた記憶がある
    母は「身体の弱い子なので体育は上着着させて、厚着に嫌味言わないで」と言ってみたが
    「そうやって甘やかすからいつまでも丈夫にならないんです!」と返されたと
    そのうち無理が祟って肺炎やって入院
    これが第一の修羅場





    314 :名無しさん@おーぷん2017/12/19(火) 21:52:44ID:67j
    母親が孫の為にとクリスマスプレゼントとして選んできたのは
    声が録音できてその音に合わせて、手足をばたつかせるぬいぐるみ
    私は内心「…今どきこんなもんで子供が喜ぶとも思えない…正直だせぇ…」と思っていたのだが…

    母「ちょっと電池どこだっけ!?」
    父「あ、ここがあくのか。どれ…単三!単三の電池ないか?」
    母「はいはい。はいこれ早く入れて」
    父「……スイッチは…これだな?どれどれ?……『こんにちわ!』」
    ぬいぐるみ「こんにちわ!」
    母「こんにちわ!だって!ww」
    父「本当にこんにちわって言うなこれ!www」
    ぬいぐるみ「本当にこんにちわって言うなこれ!」
    父&母「あっははははははははっ!なんだこれ!www」

    60も過ぎたジジババが楽しそうなので、まあいいかと思った
    って言うかクリスマスプレゼントは口実で自分達が楽しみたいだけじゃん!w

    このページのトップヘ