武勇伝





    18 :2014/06/19(木) 16:04:23ID:6lMR7NSmV
    すみません、初書き込みです。

    私には妹がいるのですが、誰に似たのか可愛い。モデルにスカウトされること数回。自慢。進学で私が住んでる町の少し離れたところに引っ越してきた。一緒に住んでも良かったのだが、親の自立の為には一人暮らしが必要という方針のもと、妹と近距離別居。とはいえ心配でご飯差し入れたり、雑貨をわけたりと交流は頻繁だった。
    いつものように、おかずのお裾分けにと妹のバイト終わりに自転車で妹の家へ向かった。そしたら防犯ブザーの音がかすかに聞こえる。嫌な予感がして激こぎして向かうと3人くらいに囲まれてる我が妹。いったいどういうつもりか聞こうと近寄ると殴りかかってきた。よく見たら妹泣いてるし顔が赤い。もしやコイツら妹殴りやがった!?とパニック。そこからあんまり覚えてないけど気付いたら私血塗れ。男3人も血塗れで呻いてる。とりあえず警察につれてかれた。正直に覚えてないと話すと怪訝な顔をされたが、妹と、警察呼んでくれた人が証言してくれて私開放。男3人は捕まったと聞いた。
    私は殴られても殴られても向かっていったらしい。んで、自転車ぶん投げたらしい。しかも何回も。男3人のうち一人は指の骨折っていたみたい。私も結局頭を切っていて二針ほど縫ったけど(だから血塗れになってもーた)。妹は顔とお腹を殴られてたけど傷は残らなかった。これだけは本当に良かった。過剰防衛で訴えられたけど、妹をそういうことが目的で拉致しようとしたこと、私が女だったこと、空手とかの段位もない素人だったことが幸いして無罪だった。慰謝料請求に素直に応じたから相手方の親は悪い人ではなかったのかもね。
    買ったばかりの自転車が即廃車になってしまったことと、実家の親に号泣されたこと、そして病院にきた彼氏がテンパってプロポーズしてきたことが修羅場。
    あ、ちなみに妹は精神的後遺症も残ってないです。私の鬼のような姿の方がトラウマらしい…





    805 :2014/12/18(木) 06:32:51ID:reFm7JLA.net
    流れ気って長文ごめん

    5年前の帰省でのこと。
    ラッシュとはずらしたものの、新幹線はすごく混雑してた。自由席は満席。
    貧乏学生だった俺は指定席を取っていなかったので、デッキに立つことに。

    デッキの混みようもすごく、人の波に押されて中ほどに到着。
    隣には絵に描いたようなDQNなにいちゃんが・・・ヤンキー座りしてた;
    出張風なスーツの人や、子供連れの母親も、文字通り身動き取れないで立ってるのに!
    DQNはヤンキー座りのまま、なにやらノートをペラペラめくってた。
    「座りたいよ~、疲れたよ~」「ごめんね○○ちゃん、ちょっと我慢してね」
    なんて母子の会話が聞こえるも、DQN動じず。
    母子の隣のスーツの人はDQNを睨んでいるが、なにを言うわけでもない。っていうか今にも目を逸らしそう。
    他の乗客も白い目でDQNを見てる。オバサンもひそひそ話してる。DQN動じず。

    刺されたらやだな、とか考えてたけど勇気を振り絞った。
    「立てませんか?」と声をかけたが、DQN動じず。
    負けじと何度も話しかけるも、ようやく舌打ちされただけ。
    俺もムキになってたようで、
    「あなたに言ってるんです、立てませんか?聞こえない・日本語を理解できない・足腰が悪いなら謝ります、立てませんか?」
    と言った。
    するとDQNは舌打ちとともに立ち上がった。

    その瞬間、周囲の乗客がすかさずDQNにプレスディフェンス!
    スーツの人は母子のスペース確保、笑顔で子供に「広くなったからちょっと座って休むといいよ」と声をかける!
    母親はお礼を、オバサンは賞賛をスーツの人に浴びせた!
    次の駅でDQNはいそいそと下車。子どももスーツの人に「ありがとう!」とお礼。

    スーツの人おいしいとこ取りかー、なんて思ってたら
    「これ、全部あなたへの言葉ですよ!」って言ってくれた。
    だからこの話はやっぱり、スーツの人の武勇伝だ。





    102 :2015/09/23(水) 09:36:28ID:c5C
    高校生の息子が人助け?をしていた。本人は自覚無いけど。
    中学の頃太った息子が高校に入ってから早朝のウォーキングを始めた。
    途中の公園でラジオ体操とかをしていたらしく、そこで一組の親子と出会ったらしい。
    娘さんはイジメによる不登校児で、人気の少ない早朝に母親(たまに祖父母)と散歩をしていて気分転換をしていたそう。
    初めの頃は息子が挨拶をするだけだったが、その内向こうからも挨拶をするように。
    それが段々と日常会話をし、娘さんからイジメの話を聞き、休日に勉強を教えるようになったらしい。
    娘さんは2学期から登校するようになり、ご両親が先日お礼を言いに来た。息子は礼は要らないと言っていたそうだが、祖父母のネットワークで我が家の場所を知り来たそう。
    今年に入ってから休みの日に出かけることが多くなったなぁとは思っていたが、まさかそんな事をしているとは思いもしなかった。
    息子に何故言わなかったのかを聞いたら、「言うほどの事でもないから」となんとも気の抜けた返事をされた。不登校児に勉強を教えることは言うほどの事だろうよ。





    901 :名無しさん@おーぷん2015/06/09(火) 15:50:34ID:ttg
    昔の話だけど山手線乗ってる時の話。

    夜の少し混み合ってる車両で目の前に立っていた若い女性.が突然しゃがみこんで吐いた。
    一気にウェェェェって感じで吐いたから一斉に人の輪ができた(皆が避けたから)
    吐いた女性.は四つん這いでハァハァいって苦しそうだし席譲ろうと思ったら若い男性.が人混み押しのけて女性.に近づいた。
    大丈夫ですかお酒飲んでますかとか色々聞いた後に(女性.がどう答えたかは聞こえてない)、吐瀉物の上に自分のスーツのジャケットを広げて覆い隠した。
    たぶん高そうなスーツ。
    それから周囲の人に車掌呼んでと伝えて私は女性.に席を譲って駅に到着したので退散した。
    その男性.はたぶん医者か医療系の人だと思うけど手早い対応っですごくかっこよかった。
    後から知り合いの看護師に聞いた話によると吐瀉物は感染するものが含まれるらしく人混みの中なら布なので吐瀉物を覆うのは正しいやり方らしい。





    967 :おさかなくわえた名無しさん 2013/12/29(日) 00:34:02 ID:ZAlrb3nx
    武勇伝というか、ガキのキレ芸っょぃという話 
    実母から虐待されてた、まあ今で言うネグレクト程度だが 
    で、このクソ母は父に隠れて浮気や莫大な借金をしており、それは893系金融にまで及んでいた 
    あちこちから借りパク+新しい借金で利息を払う綱渡りをしていたが、とうとう893が身柄をさらおうって流れになったらしい 
    それを彼氏から聞いたクソ母は、農家である俺んちには要らない長男=俺さえ残せばいいやと、他の兄弟だけ連れて彼氏と逃亡 
    俺は珍しくおやつがあったり玩具独り占めできることに上機嫌で留守番、そこへ893来襲 
    強面のオッサンに囲まれて俺半泣き、切れ切れに聞こえてくる話からどうやら俺一人を残して母達は逃げたと判明 
    待ってりゃ金づる(勤め人の父)が帰ってくるから、893的にはミッション完了でのんびりだろうが俺は恐怖の只中 
    誰かがダメ押し程度に母の帰宅予定を聞いた瞬間、俺のリミットが切れた 
    「ママは要らない子だからボクだけ置いて行ったんだ。弟達だってもう帰ってこないんだ。ボクはオジサン達に杀殳されるんだ!」と号泣(俺当時の記憶ここまで) 
    それ以降父が帰るまでの間ひたすら泣き喚き、父が帰ってきた時には893達がこの子何とかしてくれと泣きついたらしい 
    俺の哀れさがツボったのか、893は父と俺だけが残った我が家から金をむしるのは諦めたらしい 
    父曰く、偉いさんらしい人から「その子大事にしてやって下さい、母親や弟妹に捨てられるなんて可哀想じゃないですか」と言われたとか 
    それが我が家見逃しの条件だったとか(父が盛ってる可能忄生有り) 

    不思議な話、母親達のその後が杳として知れない 
    警察に捜索願等も出してたんだが、近所の駅でご近所さんが見かけたのが最後 
    帰省してきた大学生の娘が、実は借金があってとおずおずと相談してきて思い出した話 
    長文乱文失礼しました





    714 :おさかなくわえた名無しさん 2005/08/12(金) 04:21:53 ID:FvmSU3gt

    562 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 2005/08/09(火) 21:25:33 ID:fFkU/tNN 
    本日吉祥寺駅前で靖国参拝に反対!キャンパーンやってて、 
    ピンポンだまを「賛成」「反対」のケースに入れて下さいってやってたんで 
    すっと歩み寄って反対のオレンジのボールを差し出すオバサンを無視して賛成の白ボールを取って 
    放り込んだ。 
    オバハンが「え、賛成ですか?」と言うんで、「私の祖父は靖国におります。 
    ABCD包囲網とハル・ノートによって戦争せざるを得ない状況に追い込まれ、物資の無い中で 
    家族を守るために必タヒに戦った人達を、国の頭である総理が弔うのは当然の義務です。」 
    「でもA級戦犯が」 
    「A級戦犯というのは一番悪い人、という意味ではありません。A級B級C級の違いは罪の重さではなく 
    罪の種類です。よって問題はありません。」 
    「でもアジアの人達がですね・・・」 
    「韓国と中国以外の国から参拝反対って言われてますか?インドネシアもパラオも日本軍が占領してましたけど 
    どちらも親日国ですよ?それともアジアっていうのは中国と韓国だけなんですか?」 
    「でも日本は虐杀殳を」 
    「中国はチベットで虐杀殳してますけど。どうしてダライ・ラマが亡命しているのか、ご存じないですか? 
    中国はチベット仏教の寺院を破壊し、僧侶を虐杀殳し、女忄生達の子宮に粗悪な避妊器具を無理やり埋め込んでますよ?」 
    「でも韓国の人達も日本は虐杀殳して」 
    「虐杀殳しながら人口倍にしたんですか?日本と併合している間に韓国の人口は倍になって識字率も飛躍的に 
    上がっていますけど、もし大虐杀殳を行いながら人口を倍にしたとしたら日本って物凄く器用ですよね」 
    「…」 

    私が20代半ばの女だったんで甘く見てたようですが最後には沈黙してました。





    315 :おさかなくわえた名無しさん 2006/12/13(水) 03:30:24 ID:kJ4+lKVf
    俺には年の離れた兄(10個以上違う)がいるんだが、兄の武勇伝。 
    兄は小さい頃アトピーがひどかったらしく、それが原因で小学校でいじめられ 
    歯を二本折られ、片目の視力も殴られたせいでかなり落ちたらしい。 
    中学になったらアトピーはなくなったらしいが小学校の延長線でさらに激しいいじめを受け、 
    親も学校にかなり抗議をしたらしいが学校はほんと見てみぬふり。 
    さらには「お前の親がうざい」と担任にまで殴られたらしい。 
    結局中学卒業までに兄は歯5本なくし、視力も片目は0.01くらいまで落ちてしまった。 
    何がすごかったかというと本当に一度も相手を殴ったりしなかったらしい。 
    そして、中学もずっと成績トップをとりつづけ、部活でも県大会で準優勝までいったらしい。 
    たぶん自分を高めることが本当の意味でのやり返しだったんだろうなと思う。 
    俺自身は兄が中学のときの記憶はあまりないのだが、この話を兄のことを知ってる教師や親が 
    話すのをきいてしばらくは兄のことをある意味尊敬したよ。





    386: おさかなくわえた名無しさん 2006/10/31(火) 09:45:41
    ちょっと武勇伝とは違うかもしれないけど。 
    俺の元担任は他の学校でも有名なダメ差別教師。見た目で評価を変える最低野郎だった。 
    今話題のいじめ助長教師なんてもんじゃない、嫌いな奴は集中的に罵倒してた。おまけにそのせいで学校来なくなった奴を『根忄生なし』呼ばわり。 
    身内がひどい目にあったこともあり俺も嫌いだった。三年になってそいつが担任になった時 
    俺は皆の前で初日にいきなり『あの〇〇の弟か。おまえもあんな馬鹿じゃないと良いな。おまえみたいのは卒業することだけ考えろ』とか言われた。まだ話してもいないのに。 
    そばにいるだけで何かとちょっかい出されてたのでそいつの宿題と授業すべて放棄してた。それ以外はの授業はしっかり出てたけど。 
    で、ある日『おまえは宿題全く出してないから30点はテストの素点から引かなきゃなぁw赤点になったら絶対助けんぞ。明日までに全部出したら助けてやらんでもない』とか言われた。 
    『50点くらい引いてもいいっすよ』って言って100点取ってやったよ。で『先生の授業受けてる人の方が頭悪くなるんですね』って言ってやった 


    あれ?俺がDQNって言われるパターンか?





    855 :おさかなくわえた名無しさん2013/09/26(木) 00:13:57ID:q1q2izVL
    武勇伝じゃないかもしれないけど

    私は地毛が少し色が抜けているというかちょっと赤毛っぽかった。
    とはいっても、強く光を当てたりすると赤味がかって見えるという程度でふつうは手を入れていない黒髪って感じ。
    で、たまたま生活指導の教師につかまってお前脱色しているのか、この程度ならばれないと思ったのかとかチェックを受けてしまう。
    一応優等生だったのでどなられたりって事はなかったし、友達も一緒に元々こんな色だとくれたけども信じてもらえなくて、結局生徒指導室に連れえいかれてお説教タイム。

    そこで他の先生も加わってきたのだけれども、オシャレしたいのは判るしこれぐらいじゃパッと見わからなけどねぇ、とピントのずれた慰めというか説得をしてきて、こちらも依怙地になって染めた染めていないの無限ループ。
    もう親を呼ぶとか、呼ぶなら呼べとかはっきり言ってこりゃヤバいなァと思いながら引き下がるタイミングがなくなって心の中で涙目状態。

    指導室の中が険悪な雰囲気になっていたtのだけど、他の生徒も来るわけで何人か入室して来たり、目を合わせないように用事を済ませていった。
    そんな中、いきなり「ハァ、お前こんな所で何しよんな?」と空気の読めない声がきた。





    212 :おさかなくわえた名無しさん2011/06/11(土) 18:57:34ID:QPCiOJxr
    十数年前姉が病タヒ、姪っ子は私達の母親の養子になった。
    そんな姪っ子は当時幼稚園児。
    両親は自営業だった為、事実上私が母親代わりになり、
    仕事を辞め姪っ子のケアに専念。
    そんなある日、姪っ子の誕生日プレゼントを買いに出掛けた。
    しかしふと足を止め、お茶が欲しいと言い出した。
    夏でとても暑い日だったので、喉乾いたのかな?と
    思い、自販機でお茶を買い姪っ子に渡すと走り出してしまった。
    慌てて追いかけると、姪っ子はある人の前に行き、
    『どうぞ』とお茶を差し出してた。
    最近この辺に居るようになった、40代と思われるホームレス。
    元々ホームレス自体少ない地域だったので、姪っ子は気になってたようで
    いつも座ってるホームレスが喉乾いてると思ったらしい。
    ホームレスは戸惑い『貰っていいのかい?』と私の方に問い掛けてきた。
    姪っ子はホームレスにあげたいからお茶を欲しがったので、
    『良ければ貰ってください』と答えるとホームレスは泣いてしまった。
    『こんなゴミに優しくしてくれるなんて…』泣きながらお茶を受け取ってくれた。

    このページのトップヘ