武勇伝





    140: おさかなくわえた名無しさん 2017/05/22(月) 02:38:24.53 ID:GctCtR/i
    武勇伝かどうかはわからない。
    胸糞と感じる人もいるかもしれないけど吐き出します。
    結構前の話ですが、最近ここを知ったので。

    夫は幼少期から娘大好きの父親で、めちゃくちゃ仲がいいんです。
    娘は小さい頃からよく笑う明るい子でした。
    それが、小学5年に上がってしばらくしてから急に暗くなった感じがしたんです。
    まさかイジメとは思っていませんでしたが、親として何か変だなとは思っていました。
    気付いたきっかけは娘の学習用具でした。
    教科書が破れていたり、ノートに消しゴムで大量の文字を消した跡
    (何て書いてたかはわかりませんでした)があったり。
    娘に聞いたところ、しばらくためらった後に
    「◯◯ちゃんと△△ちゃんのグループにイジメられている」
    と。

    夫にはもちろん相談し、まずは学校に相談する事になりました。
    「わかりました」との返事でしたがその後も変化なく、
    娘に学校で何かあったかと聞いても教えてくれませんし、
    学校に行きたくないとも言い出しました。
    もう一度学校に連絡したところ、学年でイジメのアンケートを取り、
    もししている人がいたらやめるよう指導した。
    アンケートではイジメの事実は認められなかったとお決まりの返事。
    単刀直入に娘にイジメはなくなったのか聞いたところ、
    「もう学校に行きたくない」と泣き出す始末。





    898 : 名無しさん@おーぷん 19/07/17(水)17:16:48 ID:???
    お隣さんの危機だわ〜
    子供が一部元気一部手足口病でダウン、ワンオペ奥様が発熱ダウン、旦那様は失礼ながら端から見てもポンコツ

    キッチンババアの出動よ!
    熱に効くもの子供の食べられるもの沢山作ってダラダラ寝てても良い様にしてくる





    3: 名も無き被検体774号+ 2012/09/13(木) 22:55:00 ID:MllbHZd/0
    スペ

    私♀
    24
    OL事務職
    大学のときキャバでバイトしてた

    元彼
    24
    大学の同期
    20〜21の時に付き合う
    今リーマン





    91:おさかなくわえた名無しさん : 2017/07/09(日)20:06:49.69 ID: LoB4Iy6Z.net
    Twitterに駅で奥さんと
    子供を殴る男の動画が上げられてて思い出した嫌な話なんだけども。 
    オレの修羅場というわけじゃないけど。 

    まだ自分が20歳の頃レンタルビデオ店でバイトしてた。 
    その日はたまたま閉店までで夜中の1時過ぎに車で自宅に帰ってた。 
    その時丁度自宅から5分かからない所にある地元では
    有名なラーメンのチェーン店の前で信号待ちした。 
    ふと店を見るとまだ明るくて中に中年の男ひとり、
    女忄生がふたり見える。 
    目を凝らすとその男、店の店長で女忄生は店長のお母さんと奥さん。 
    何か話し込んでるんだけど、明らかに怒鳴り散らしてる。 





    540: 名無しさん@HOME 2013/05/25(土) 00:59:12.86 0
    流れ切って申し訳ないが、もう時効だろうから昔の話を

    物心ついた頃から、元special祖父と『守りごっこ』という取っ組み合いをしてた
    要するに護身術で、中学になっても70代の祖父に一度も勝てずに祖父は亡くなった
    特に事件や喧嘩に巻き込まれることもなく平和に生きてきた
    結婚して、別居のトメが介護が必要になり
    週に2、3度義実家に一人で通うようになった
    義実家には長年ニートの義姉が同居しており、これがすごい嫌な人だった
    主に雑用と自腹で高級品を買ってくるように命令され、
    無視するとずっと後ろで騒いでる
    けれと害もないので、スルーして旦那に報告して〆てもらうの繰り返しだった(ウト鬼籍)
    それがある日義実家を出て駅まで歩いている時に、
    黒のボックスワゴンと言うのかな、目の前で車が止まった

    中から30代位の小太りDQN風の男忄生2名と義姉が降りてきた
    色々省くけど結局は怪我をしたくなければ義姉の命令を聞けと言われた
    断ると男忄生2名が両側から二の腕つかんできて後部座席に押し込まれた
    義姉は助手席に座ってそのまま話し合いと言う名の脅しをかけられた
    小突かれたりハサミで髪を切られたので、反撃した
    あんまり命の危険は感じてなかったけど、男忄生二人には安全に逃げるための攻撃
    義姉だけはすがる振りして顔に爪立ててわざと跡に残るような傷作った
    その後は義姉と関わりもなくまた平和に暮らしてきたけど
    天国の祖父には申し訳なくて仕方ない





    859: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/05/28(木) 19:13:16.44 ID:6bqh2wRW.net
    私が大学時代の時の話になるんだが。
    あまりにも強烈過ぎて、インターネットもまだ無いほどの過去のことなのにいまだに昨日のことのように感じる。


    大学入学後2週間ぐらいで親父の会社が倒産してしまい、更に親父は心臓の持病が悪化して入院。
    心筋炎だか心筋梗塞だかで一時生タヒさまようも何とか生きていてくれた。プチ修羅場ったが程なくして退院。

    失業保険と貯蓄で日々の生活および治療費は何とかなるものの、学費はとても払えない状態に。
    本来ならそういう時は奨学金なんだろうが、奨学金もらえるほど頭は良くなかった。

    そこで大学辞めて働こうとしたが、親父に「せめて大学は卒業しなさい」と言われ、
    大学に通うために大学を休んでバイトに通うという本末転倒な日々。
    長期のバイトをベースに短期のバイトも入れつつ、来る日も来る日もバイト。
    サークルとかで遊んでる余裕なんか全くなかった。やっぱりプチ修羅場。

    1単位でも足りなきゃ留年という修羅場な4年間を過ごしつつ、
    それでも何とか卒業に必要な単位は確保し、就職も内定を取り、
    大学卒業を1週間後に控えたある日の夜、大学からやってきた通知。

    時期的に卒業式の案内かと思いきや、舞い込んできたのは「留 年 通 知 書」。
    私「ハァ?(゜Д゜)」

    これが最大の修羅場の始まりだった・・・。





    1風吹けば名無し : ID: ngtA7ttt0.net

    なんか住所聞かれてお姉さんに教えたらお礼の品が届いた
    20代?で髪が長めの綺麗な人やった
    ちょっとガッキー?似てる感じ
    身長も高くてスラッとしてた
    なんかよく分からないタオルとお礼の手紙がきてた





    226: おさかなくわえた名無しさん 2007/02/28(水) 14:12:31
    前スレに似たような話あったけど…別の人ということで。

    高校生のころ、1歳上の姉と買い物に出かけた。
    姉はちっちゃくて幼い少女のような可愛い感じで結構モテる。

    買い物の途中で俺は糞がしたくなったので公園の公衆便所へ。
    見事な一本糞をして意気揚々と出てくると姉がDQN4人にナンパされていた。
    姉が嫌がっていたので
    「姉ちゃんに手を出すととんでもないことになるぞ」
    と止めに入った。
    当然、DQNなやつらなのでケンカになったが小学生の頃から空手をやっていたために
    軽くリーダー格のやつを倒したが、ソレを見た残りの3人が一斉に姉に襲い掛かった。

    「姉ちゃんはやめろって言っただろ!!!」

    でももう遅かった。
    だって姉ちゃん手加減しねぇんだもん。
    あっというまに姉はDQN3人を投げ飛ばしてしまった…
    だからあれだけ姉はやめとけと言ったのに…怪我じゃすまないから。

    うん…姉は4歳から柔道やってて俺より全然強いんだ。





    551 : おさかなくわえた名無しさん 04/12/26 17:13:41 ID:l2mlmjwQ
    私の高校は、都内の外れにあって、かなり田舎。
    行く途中は茶畑を通らなくてはならない。
    人があまり通らないその茶畑は、変質者が出ることで有名だった。

    変質者は、雨の日に必ず現れた。


    傘で顔を隠し自転車に乗っていて、大人しそうな子には襲いかかり、

    ちょっと派手めな子には、少し距離をとり、黙って後を着いてくる。





    639: 名無しさん@HOME 2014/05/31(土) 19:57:32.87 0
    ひと気のない駅のホームで痴漢に後ろから乳を鷲掴みされて、
    ふりほどいたらキスしようとしてきたから
    大外刈り?体落とし?みたいにぶん投げて
    鼻の下に正拳突きしたらのたうち回っていたので
    ほっといて電車乗って帰ったらそのまま寝たらしく
    救急車で運ばれて警察沙汰になって
    防犯カメラからあっという間に割り出されて
    警察がうちにきたとき。

    このページのトップヘ