正体





    453:おさかなくわえた名無しさん2006/11/15(水) 00:10:39ID:Bw5dL4IQ
    俺が高校生のときの話、人通りの多い町を歩いていると
    70くらいのおじいちゃんがDQN4,5人に絡まれてた。

    どうやら歩いてるところを
    おじいちゃんがDQNにぶつかってしまったらしく、
    DQNがそのことをしつこく攻め立てている模様。

    おじいちゃんは「ごめんよ、すまなかったねぇ」
    と謝っているのに
    DQNは「土下座せんかい!」と調子に乗っている。
    おじいちゃんは土下座して
    「これでいいかね?いやあすまなかった、すまなかった」
    と謝っている。

    やりすぎだと思った俺は止めに入ろうとすると
    後ろから50くらいの
    いかついやーさんみたいな人が割って入った。

    「会長!大丈夫ですか?しっかりしてください!」

    どうやらそのおじいちゃんはやーさんの頭だった模様。
    一気にDQN達の顔がこわばる。

    そのおっさんは
    「お前らなにさらしとんのじゃコラァ!!」と怒鳴りつける。
    DQNは半べそ。
    するとおじいちゃんはおっさんを止め、
    「いいって、いいって。まだ若いんだから」と笑顔。

    結局おじいちゃんとおっさんは行ってしまったが
    DQNはしばらく動けなかったみたい。
    能ある鷹は爪を隠すって言葉を改めて感じた。

    716:名無しさん@HOME2012/10/19(金) 11:15:26.82

    姉が農家の長男と結婚した。
    壮大な結婚式があげられ、きつそうな新郎母はスピーチで、
    「嫁に三界なし…我が家に相応しい嫁に育て上げますので」と嫁いびり宣言。
    うんうんうなずく新郎と新郎親戚。
    ざわつく新婦親戚と怒る新婦友人達、憤る新婦両親、無表情の私達新婦妹弟…
    一年後、家業のほとんどを明け渡した新郎父と自サツ未遂する新郎母。

    物心ついたときから姉に爪はがされたり、煙草の火を耳に押し付けられたりしてた身としては、
    外面のいい姉がどれだけ陰湿に、暴力的に、姑をいじめぬいたかがわかる。
    妹弟と一緒に「姑さんがタヒんだらまずい(姉からの虐待がまた私達に向かう)」
    と結論を出して姑さんが生きてる間に全力で逃げきる。

    このページのトップヘ