暴走

    815:名無しさん@お腹いっぱい。2010/08/08(日) 12:34:18

    まさかの妻の不倫。
    話し合いの結果、妻から別れたい、彼と一緒になりたい、
    との願いをかなえてあげることにしました。 
    結婚して15年、一昨日その幕を閉じました。
    離婚届けをだしたことを妻はまだ知りません。
    私が離婚届に署名をしてる時
    妻は激しい動揺と躊躇いをあらわしていました。
    ここにきて先々の不安や後悔を感じ始めてるようです。 
    いざ離婚を現実にし気持ちが揺らぎ始めてるんです。 

    今は私主導で物事を進めています。とにかくキレましたから。 
    もう後に戻れませんよ、と突き放しました。
    今日これから離婚が確定したことを告げ出て行ってもらいます。
    先ほど不倫相手に妻を迎いに来るよう電話しました。 
    知らぬ存ぜずととぼけていました。

    ついに戦いが始まった。 
    二人には悪いが不倫の証拠は完璧です。 
    妻41、私43で会社員、子中学生男2人、
    間50で×1、妻の習い事の先生。 
    不倫期間は2年近く、発覚は衣装、化粧等の
    外見の変化と私との接触拒否から。

    356: 愛とタヒの名無しさん 2010/10/19 02:04:33

    グチグチ言う新郎母って、多いのかね? 
    以前出た、不幸な結婚式。 

    事前に「反対するなら式出るな」と
    新郎と新郎父が言った為、しぶしぶ
    結婚を認めて口をつぐんだ新郎母。 
    でも、我慢できなかったのか披露宴会場に
    移動する時にはグチグチと新婦の悪口。

    怒った新郎姉妹に「黙らないなら追い出す」 
    と凄まれて再び沈黙するも、またグチグチ言い始める。 

    お色直しの時に、新郎から呼ばれて
    控え室に行った後、真っ赤な目をして 
    帰ってきた。あー〆られたんだな。と察しておいた。

    その後は大人しくて、親族一同ホッと
    していたら、最後の新郎父挨拶でやってくれた。 
    「新郎ちゃん、新婦は料理なんてまともに
     作れないだろうから、同居しましょう。」 
    「お父さんも同居のほうがいいでしょ?
     そうしましょうよ!ね?」 
    なんて声をマイクが拾ってしまい、
    会場に駄々漏れ。 

    怒りで震える新郎に、泣きそうな新婦、
    顔面蒼白の新婦両親、固まってる新郎父。 

    固まった新郎父からマイクを奪い
    「僕は、今日限り母と縁を切ります。
     僕の家族は新婦です。 
     一生守ると誓いましたが、
     今、改めて皆さんに誓います」と
    言い、新郎母を引きずって出て行った。 

    ふじこっている新郎母は、普段の肝っ玉母さん
    からかけ離れていてショックだった。 
    幸い、二人は仲睦まじく暮らしており、
    新郎・新郎父・新郎姉妹が、後日お詫び行脚したからか、 
    新婦両親や新婦親族とも上手くやってるようです。 

    ちなみに、私は新郎姉です・・・

    747: 名無しの心子知らず 2009/07/16(木) 01:28:08 ID:SzhwG1cd
    先週あったキチ話 寝る前にさくっと投下 

    某アメリカのホールセールの新店舗ができたというのでママ友たちと行こうという話しになった。 
    8人乗れるよって車を出してくれるママ友がいて結局は5人で行くことになった。 
    そのなかに誰が誘ったかわかんないけどセコキチGさんがいた。 
    そのときは特に気にも留めてなかったんだけど(あぁいるなーぐらい)車に乗ったときに私の隣になった。 
    すると私が持ってるその店のでっかいエコバックを見てニヤニヤしてたので「?」とは思ってた。 

    いざ店舗に着いたら大混乱でとにかく並ぼうってことで世間話しながら並んでたらいつのまにか姿が見えなくなっていたGさんが店員をつれて帰ってきた。 
    なにかあったの?と言おうとしたらGさんが私を指差して 
    「この人よっ偽のお店のバックもって入ろうとした人!ロゴまでそれっぽく書いて訴えられてもいいくらい! 
    店員さんこの人から罰金とってやって会員資格も剥奪してやって!ちなみに最初に通報したのは私だからね!」 
    と一気にまくしたてた。 
    私ははじめ何を言われてるのかわかんなくて????って感じだった。 
    ママ友たちも店員さんも( ゚д゚)ポカーン状態でGさんがだけが騒いでるだけ。 
    騒いでる内容をよく聞くと 
    ・この人(私)は偽の店のバックを持っている 
    ・発見したのはG エライ 
    ・ママ友だけど不正はよくない通報してしかるべき 
    ・この人(私)のことを通報したのはGだから成功報酬として一年間会員資格をタダにしろもしくはそれ相当の商品券またはお礼 
    ・この人(私)のことは悪いけど警察には届けないでやってくれ一応母親だ 
    そして私に耳打ちしてきた「警察にはいわないでおくから感謝して?」

    117: 愛とタヒの名無しさん 2013/07/20(土) 18:21:03.58
    見てないから微妙にスレチかもしれない。フェイクあり 
    あるプロバンドのメンバーの一人が俺の従兄弟と幼馴染み 
    とりあえず彼をAさんと呼ぶ 
    先日従兄弟が結婚することになった 
    当日Aさんはこっそり目立たない服装で式に参加してくれたらしい 
    しかし新婦さんがはっちゃけて司会使ってAさんの正体を参列者全員に発表 
    更にAさんにそのバンドの曲をカラオケで歌わせようとする暴挙に出た 
    それら全て旦那である従兄弟にもAさんにも事前連絡なし 
    サプライズという名の騙し討ちだったらしい 
    それでもAさんは式の進行を台無しにするよりはと歌ってくれた 
    しかし彼はバンドではドラム担当 
    ヴォーカル並の歌唱力はない


    そのせいか知らないがお年寄りには結構酷い感想を貰ってしまったらしい 
    その後従兄弟はAへの非礼にぶちギレて新婦へ説教した 
    しかしそれに新婦が「Aの歌が下手だったせいで式が台無しだった!」と逆切れしたので夫婦中は最悪に 
    従兄弟、多分年内に離婚すると思う

    701:名無しさん@HOME2013/02/18(月) 00:38:15.89 O
    キチママスレと迷いましたが、一応親類なのでここに。

    キチママは母方の遠縁の親戚になるんだけど交流はあまりない。
    このキチママはシンママで×3、五人の子供がいる。
    子供達もみんな父親が違い、皆クズ男(無職、DV男、酒乱、モラハラ)
    養育費も貰えず、働くのが昔から大嫌いな人なので(当然職歴なし)
    今は親子六人でナマポ暮らし。

    正月、親戚で集まって食事会をしたんだけど、久々に会ったというのもありワイワイと皆で話したりしてたらキチママ登場。一堂ギョッとして一瞬止まったw

    三回目の再婚で、であい系で知り合った男と駆け落ち同然で遠方へ越したと聞いていたが、キチママは五人目を作って出戻ってきてた。

    まさか集まりに来るとは思ってなかったので、叔父叔母、従姉妹達、祖父母や私両親は本当に驚いた。
    昔、色々と許せないことや常識はずれなことを散々されたねで親戚皆で距離を置いてた。
    だから会いたくなかったのに、あっちはニコニコ顔で当然のように祖母の席の隣に。

    そして私を見た途端「ちょっとぉ!私子ーー!」と声を上げてにじり寄ってきた。
    正直こちらは「うげぇぇ…」って感じ。
    するとキチママ「今まで何で私のこと避けてたのよーー」と。こんな距離無しな所ももうだいっ嫌い。

    すると五人の子供が皆親戚に挨拶もせずにDSをやり始めた。
    これが全く躾のなってない子供らで、挨拶はもちろんマナーも何も全くなってない。
    そして何故か子供たちは皆制服姿。

    578 :ラブラドール速報 2015/05/17(日) 21:46:18 ID:A7Y
    母が癌で入院中に職場の若い女と不倫した馬鹿父。
    最初に気づいたのは当時20代前半の姉だった。
    父の言い訳は一緒にいるなら若くて健康な女がいい。あいつは(母)くたびれちゃったし、いつタヒぬかわからんし。仕方が無いだろ。だった。
    腹の虫が収まらない姉はなんと、50過ぎた男性を恋人として自宅に連れてきた。この男性は既婚だが、奥さんに了承を貰ってる。もちろん本当に付き合っているわけではなく父を〆るために協力してもらってるんだけどね。
    この男性の奥さんは母の以前の職場の仲間で、父を〆上げる作戦に男性共々ノリノリで乗ってくれた。
    父はあんぐり口を開けて、「親子ほどの年齢差の女に手を出すなんて!」と激怒。
    すかさず姉が「遺伝子ってすごいよねー。お父さんと同じ事しちゃった^^」と冷めた笑顔で言い放った。
    ここで父が言い返せなくなって不倫をやめたからまだマシだった。
    同じことをした従姉妹一家は、更に不倫が燃え上がったんだって。
    従姉妹父(伯父)「やっぱ遺伝子ってすごいな!娘ちゃんも僕も年の差恋愛がんばろーね!」って方向に転がったらしい。
    従姉妹一家の行く末はご想像通りでした。

    このページのトップヘ