旦那





    831 :1/2 2015/06/10(水) 06:52:02 ID:3H5
    我が家の猫×2は、旦那の元嫁が拾ってきた猫。
    それ以前に元嫁が拾った猫がすでに2匹いたので合計3匹になったのだが、うち1匹を特に可愛がっていたそうだ。
    離婚する際、元嫁はその1匹だけを引き取り、自分に懐いていない猫×2を置いていってしまった。
    旦那はそもそも猫が嫌いだったので、連れて行かないなら新しい飼い主を探すように言ったそうなのだが、
    「そんな可愛くない猫なんて、飼い主見つからないから」と押し通して出て行ったらしい。
    さすがに4~5年も飼っていると情が移るので、猫嫌いの旦那でも保健所に連れて行くということはせず、
    自分で飼い主を探していたそうだけど、人に懐かない成猫なんて貰い手が見つかるわけがない。

    その状態が1年くらい続いた頃、私と付き合い始めたんだけど、私が猫大好き人間だったので
    「私にその子達ちょうだい!」と猫をもらうことになった。
    同時期に私の勤め先が倒産したりだとか色々あって、「どうせ猫の飼い主になってくれるなら、うちに住めば?」と
    旦那が誘ってくれて、同棲→結婚することに。

    で、猫たちと実際に暮らすようになったのだけど、確かに2匹とも懐かない。というか、むしろ暴君、
    これはどうしたもんかなーと思ってたんだけど、観察してるうちに、2匹ともえさの食べ方や水の飲み方が異常だし、
    吐くときも妙に苦しげにしてるのに気がついた。
    それでなんとか捕獲して、病院に連れて行ったら、どっちも甲状腺異常とか糖尿とかが見つかった。
    甲状腺異常があると興奮しやすいそうで、糖尿とかの体調不良も情緒不安定の原因だったそう。
    私の失業保険3か月分がまとめて飛ぶくらいの治療費がかかったけど、半年後には2匹とも健康に。
    毎日格闘しながらインシュリン注射打った甲斐がありました。

    これは本当にびっくりしたんだけど、健康になってくると、あれだけ荒れてた忄生格がすごく穏やかになったんだよね。
    痛くてつらいのに誰もわかってくれないから荒れてたのかな、と思うと、本当に可哀想で・・・
    全然人に懐かないと思われてたのに、今では膝の上に2匹で争って乗ってこようとするくらい、人懐こくなった。
    そうなると猫嫌いな旦那もだんだん変わってきて、最近では自分から抱っこしたり、なでたりするようになった。
    そんな様子がほほえましくて写真を撮ってやったら、旦那はよほど嬉しかったみたいで、それをFBにアップした。
    暴君猫の話は友人間でも有名だったので、色んな人が「よかったね~」とコメントをつけてた。





    753:離婚さんいらっしゃい2011/08/21(日) 22:01:41.26
    4にたい。
    なんか、一方的な離婚宣告で、実家の親とも板挟み…年金保険も自腹になって、
    再就職も決まらないし、、、

    辛い日々。





    100 :ラブラドール速報 2018/07/19(木) 18:15:10 ID:b6Uyv/QT0.net
    旦那にもうすぐ30代になる妹(彼氏いたことなし)がいるんだけど正社員だけど手取14万ちょっとしかない 
    確かにうちの県だと女忄生はそれぐらいの安月給でも普通と言えば普通なんだけど、でもそれは結婚するから許される額なのよ 
    旦那妹は結婚したとしても容姿も正直あまり良くないから同じような給料の男かそれ以下の給料の男と結婚する可能忄生大でどうにもこうにもならない 
    旦那には自分の気持ちをきちんと伝えて旦那もそうだなーって言ってくれて 
    旦那妹関連によって今後生じてくるであろう問題について真面目な話し合いを旦那・妹・義母・私でしたんだけど旦那妹・姑に途中で逆ギレされた 
    そこまではまだマシだったんだけど私に対しての悪評が姑によって近所とか習い事の場所で流されたみたいで 
    そのせいでうちの母が姑と同じ場所で習っていた習い事をやめることになりそうなんだけど 
    その習い事が母にとっての老後の最大の楽しみでその習い事が生きがいだったから何とかしたい 
    でも問題解決どころか悪化をたどって私も精神的に疲れてここ最近ずっともやもやしてて何かもう凄い無気力 
    どうすりゃ一番良いんだろ 
    習い事の先生に直談版して母を止めるように言って良いのかな 
    空回りな感じであーあーあーあーってなってる 

    疲れた





    60 :ラブラドール速報 2017/05/07(日) 13:34:41 .net
    不倫歴13年、ついに旦那にバレた… 
    完全に泳がされてたみたいで興信所の証拠が12年分あった。 
    一番厚いキングファイル6冊分の量。 
    週2回平均で頻繁にやってたカーセ○クスの赤外線写真からホテルの出入り、 
    不倫相手の子供を3回堕ろしたのも完全にバレてたのにはビックリ… 
    旦那から不倫相手への慰謝料請求1800万、私への請求が480万と財産分与無し。 
    完全な証拠の山に彼氏は証拠の買い取りを条件に旦那の要求を全て承諾。 
    私も承諾。親がマンションを売却して慰謝料を払う事に。 
    あんな写真が知り合いやネットにバラまかれたら生きて行けないし降伏するしかない。 
    旦那が稼ぐ人の場合は不倫の証拠集めも金の力で完璧にやるから逃げ道がなくなる。 
    17年働いた事もない私が家を放り出されてお金も無いし親にも勘当されたし行く場所が無い。 
    もうタヒにたい





    435:名無しさん@おーぷん2015/07/25(土)14:55:08ID:ftm
    夫が前妻との間の子供を連れて帰ってきて
    私一人が修羅場中なんですがスレはここであってますか?

    違うなら誘導をお願いしたいのですが。





    128:名無しさん@HOME2012/07/05(木) 21:41:14.62 i
    20代のうちに両親を無くした親戚のA子。
    親は不動産を結構所有していた。
    しかし亡くなる前に大部分を処分しており、
    一人娘のA子は、分譲マンション1室のみを残して残りの物件も売却。





    707:名無しさん@HOME2011/02/02(水) 03:10:45 0
    かなりDOQなので、嫌な人は読み飛ばして下さい

    今日やってきた話
    結婚してから五年間ウンコなウトメからの理不尽な要求や奴隷生活に耐えてきた
    旦那が庇ってくれてたし謝ってもくれてた
    何より旦那が好きだった
    でも騙されてた事が今日発覚した
    汚トメに呼び出されて汚宅清掃に行ってきたんだけど
    汚トメは友達との電話に夢中
    自分が勝手口から庭に出たのも気付かずに、庭に面した和室で汚話中
    話の内容は以下

    ここからは箇条書きにします
    ・嫁は気付いてないけど同居の話がある
    ・息子も承知してる
    ・ローンは嫁で名義は息子
    ・嫁実家の土地に建てる予定
    ・嫁は一生私の召使
    ・息子も私の味方
    ・息子は「嫁は俺が謝れば何とでもなるから」と言っていた
     また「俺より年上で引け目感じてるからチョロイ」とも言っていた
    ・私のやってる事は息子も承知してる
    その他色々言ってたけど多いので割愛します

    汚トメの話を聞いた自分は即座に旦那に連絡
    汚トメの話の真偽を確かめてみた・・・
    汚トメの話は全部嘘だと思ってた自分は軽く聞いてみたのだけど 
    旦那の慌てっぷりで本当だったと解かった orz

    続きます





    1:名無しさん@おーぷん2015/06/27(土)23:26:25ID:C76
    私です!





    284 :ラブラドール速報 2009/02/19(木) 15:10:37 0
    流れ読まず投下。 
    アニメ、漫画ネタ嫌いな人はスルーしてください。 

    入籍後初めて義実家に行ったとき、私が持っていった手土産の菓子(近所の有名店の菓子)を 
    舅、旦那が席をはずした隙に義母が 
    「まぁ安っぽい。うちではこんなもの食べないわよ。」と言ってゴミ箱に。 
    お、これは嫁いびりキターと思い 
    「おっす、オラ嫁!よろしくなっこれが嫁いびりってヤツか!!オラワクワクすっぞ!!」 
    と返すとポカーン。 
    「誰も嫁いびりなんて…」とか言ってた。 

    新居に遊びに来た時、テンプレな夕飯が辛いが甘いだ不味いだと仰る。 
    旦那が窘めても言いやまないので 
    日光江戸村に行ったとき買った長いキセルを出して 
    義母が「味噌汁が辛いおひたしが…」 
    といい始めた時にキセルをスパーと吸って「だがそれが言い」 
    と返して顔に煙をかけてみた。 

    旦那は爆笑で義母はワナワナ泡噴きながらキレていたが 
    私も可笑しくて笑ってしまい誰も話を聞かなかったら帰った。 

    食事中にキセルを吸ってしまい申し訳ないとオモタ 





    440:名無しさんといつまでも一緒2014/05/15(木) 11:39:40.07 0
    ばれてたみたい

    マズ、どこまで知ってるんだろ。

    このページのトップヘ