料理





    462:おさかなくわえた名無しさん2012/08/23(木) 11:22:53.40ID:JxRy/U5Y
    大学生の時に付き合ってた彼氏の話。その彼氏の父親が再婚する事になった。

    義母(継母?)は感じの良い人で仲良くやってるよ~っと嬉しそうに報告されたのだが、
    少しして義母が変わってると言われどう言う事か聞いてみたら、
    「カレー作るのに熟カレーってレトルトのルー使ってたんだよね。
    餃子作った時も餃子の皮作らないで買ってきてたし、ドレッシングやマヨネーズなんて自分で作るでしょ?
    それなのに親父と兄貴は喜んで食べててさ。美味しいけどそんなの買って使ってる義母変わってるよね」
    と言う内容だった。
    いや私も作るときはレトルトのルー使うし、皮は買ってくるし、ドレッシングもマヨネーズも買ってるけど…と言ったらすっごい驚かれて、
    「え?そう言うのって皆自分で作るのが普通なんじゃないの?」と言われた。

    なんでもタヒ別した実母が相当料理上手だったらしく、
    基本的に既製品の出来合い物は使わずに全て手作りをする人で、うどんも麺から自作だったらしい。
    で、それを見て育ってきたからそれが当たり前だと思ってたので、皆も当然実母と同じように作っていて、
    既製品を買って作る人の方は変わり者って認識だったようだ。
    実母が亡くなった後は外食オンリーで、父と兄はそう言うのを使うのも普通だってのは知っていたらしく、
    その認識が無かったのは彼氏のみ。

    あなたの実母みたく作ってる人もいるけど、そうじゃない人も多いよと言ったけど納得行かないようで、
    それ以降、
    ブイヨンって何?出汁?それなら自分で何か煮て作ればいいんじゃ無いの?など、
    「○○って作るもんなんじゃないの?」「なんで××なんて使うの?自分で作らないの?」
    と言われるようになり、大学生だったから気が早い話だけどもしこの人と結婚したら…と思ったら冷めて行った。
    ちなみに彼氏自身は料理は一切出来ない。
    米を炊く時になんで皆丁度良い水加減わかるの?すごくない?って言ってた人。



    199:名無しさん@HOME投稿日:2014/01/31(金) 18:29:48.51

    山形という田舎の土地へ、先月、東京から引っ越してきた。
    夫の親と同居。
    田舎だからか、嫁に出た、コトメが子どもを連れて、夕食を食べにやってくる。
    上げ膳据え膳。全部、嫁の私の仕事。。。。
    一月だけで、6回も来ている。
    小姑も手伝いはいっさいしない。
    「今日くるから」「明日来るから」といきなり言われるので献立が困る。
    山形県だからか、みんなしょっぱいものが好き。早く氏ねばいい。

    まだ同居2ヶ月なので、おとなしくしていが
    来月からは、作りません。と言ってやるつもりだ。





    805:可愛い奥様@\(^o^)/2015/01/18(日) 19:37:50.14 ID:OP/NL/OL0.net
    毎日の帰宅が22時過ぎになる
    ご飯で迷惑をかけたくなかったから毎朝4時に起きて、家族3人分の昼の弁当と夜ご飯を作っていた
    先週、子供(高1♀)が弁当が美味しくないと残してきた
    仕方ないと思った

    翌日会社から帰宅したら、作っておいた夕食用の麻婆豆腐は手付かずだった
    子供はソファーでだらしなく寝てた
    リビングの机にはお菓子の袋が散乱していて、お菓子でお腹いっぱいになっちゃったから食べなかった☆と言われた

    昨日からご飯作るのをやめた
    明日からの弁当準備は一切していない
    もうがんばるの疲れた 





    84:名無しさん@HOME2011/07/23(土) 18:45:30.21 0

    プチだけど、帰省の時期になると思い出す出来事

    結婚したばかりのころ、旦那実家に帰省すると、トメに「おかず作ってみんさい」と言われた。

    ちゃんと作れるのか、○○家の嫁としてふさわしいかチェックしてやる、みたいなニュアンスで。
    当時はイイ嫁キャンペーン中だったので、頑張っていろいろ作った。
    食卓に並んだ料理を見てトメ、「まぁ、いろいろ作ったね~」と感心して見せたあと、いきなり
    「でも、お兄ちゃん(夫のこと)はこれが好きなんよね」と言って、自分で作った料理を出してくる。
    そういうことが何回も続いた。

    しかし毎回夫は「え? 俺別にこれ好きじゃないけど?」
    「子供のころはよく食べてたけど、今は好みが変わったし。てか、大人になって美味しいものがたくさんあること知ったし」
    って感じで、トメの料理に全然手を付けない。私の料理ばかり嬉しそうに食べる。

    多分トメは、嫁の料理が並んだ所で、息子の好物を持った自分がジャーンと登場
    息子は「懐かしい、俺これが食べたかったんだよ~」と感激、凹む嫁
    というシーンを思い描いたんだろうね

    ちなみに、ウトも私の料理ばかり食べていました 



    90:名無しさん@おーぷん2015/08/20(木)12:18:00ID:ZmG
    結婚してまだ2ヶ月なんだけど、早くも失敗の予感・・・orz

    カレー作ったら「なにカレーに牛入れとんじゃ!
    カレーは豚だろ!」ってキレられた。
    肉じゃが作ったら「なに肉じゃがに豚いれとんじゃ!
    肉じゃがは鶏だろ!」ってキレられた。
    冷しゃぶ作ったら「冷しゃぶには梅肉だろ!
    ポン酢って馬鹿か!」ってキレられた。
    そんなの家庭家庭で違うんだから
    「うちではこうだったよ」
    「ふーん、おいしそうだね。今度それで作ってみる!」
    みたいな会話できないの?
    なんでいちいちキレるの?って言ったら
    「俺の言うこと覚えとけ!んで次回から改めよ」だってお。
    っざけんなボケ!





    796:1/22008/01/27(日) 20:38:49

    夕食作ってる最中に
    アポなしで来ては勝手に夕食を食べて
    「アンタいつになったら○家の味覚えるの?
    こんなもの食べさせられて
    息子がかわいそう!」
    とうるさいトメ
    (その他にもテンプレ通りのイヤミ・イヤガラセ)。

    おとといまた来て
    テーブルの上にある料理を食べて
    「またこんな味付けして!
    いい加減○家の味を覚えなさい!
    ホントにダメ嫁ね!」と言う。

    すると
    「私の料理そんなにマズかったかね?
    それに○家の味なんて
    聞いた事も無いけどね~」
    と大トメ参上。

    私は大トメと仲がよく
    (パソコン使い始めた大トメに
    教えてと頼まれたのがキッカケ)
    この日は大トメが遊びに来て、
    夕食の準備を手伝ってくれていた。
    「トメ子さん、
    私の料理が○家の味じゃないなら、
    一体何が○家の料理か教えてくれない?」
    とトメに詰め寄る大トメ。
    元々大トメが苦手なトメ、
    驚きと困惑で何も答えられず。
    その時ちょうど旦那帰宅。

    続きます。 





    397:名無しさん@HOME2011/06/08(水) 22:00:18.00 0
    旦那が私の実家にしたことだからスレ違いかも。

    旦那は訳あって、お互いに認めた専業主夫。
    時々私実家に行くも、親兄弟親戚一同から旦那の事で嫌みを言われて足が遠のいてた。

    先日、親戚が集まることがあり、久し振りに旦那と私実家へ訪問。
    すると母と実の兄弟から「主夫なら料理くらいできるよわね」と、
    一人あたり数百円の金を渡されて旦那が台所を任された。

    地場の安い食材を使って、しっかりした味と、量でも満足ある料理を作った旦那。
    遠縁の親戚からは絶賛。母親と実の兄弟が取り寄せたオードブルは余りまくり。

    実家も兄弟の嫁も飯マズなんで、余計にショックが大きかったらしい。





    256:2422009/05/14(木) 11:29:25
    新婚当時はピチピチwwwのギャルwwwだったのもあり私の全てを信用しなかったトメ。
    訪問するたび服装(デニムにシャツとかそんなんでも)にダメ出ししたり、
    夕飯作りのときは横に立たせて料理のあれこれや蘊蓄を垂れ流す。
    夫はウトと将棋に夢中で知らん顔。

    というかウト夫、親子揃って何も聞こえていない。

    口ではべらべらしゃべるくせに、私には何もさせようとしないので、本当にトメの隣に
    ただ立って聞いて返事をするだけ。
    「はぁ」「あー」「なるほどなるほどー」と言うだけ。
    ギャルwwwなりに毎回耐えていたが実に苦痛だったので、
    トメが偉そうに「料理のさしすせそ、ほら言ってみな」と言ったときに
    「さとうっしょー、しおっしょー、んで酢?っしょ?あー、しょうゆでー、みそだっけか」と超ダルそうに。
    「何それ!」と怒ったので「合ってんべ」と上下にゆさゆさ揺れてやった。


    「…!じゃコレできる!?やってみなさいよ!お刺身のツマ!できるのできないの!?w」
    まるで逆ギレかのような勢いで大根半分でみぞおちツンツンしてきたのでぶんどってかつらむき。

    シュルシュルシュルシュル…
    そりゃもう新聞の字が透けて読めるほど薄くて美しい、それでいて一度も途切れないかつらむきの完成。
    色々突っ込まれるのがイヤだったから言ってなかったけど実は調理師学校卒。
    まさにあちらが見えるほど薄く薄く、大根が鉛筆ほどの細さになっても最後まで。
    そんな卒業試験を終えたばかりの私に

    あろうことかかつらむきってプギャー


    ポッポーとなるトメに「いっすか」と言い放ち、手洗ってさっさと居間でくつろいでやった。
    その日の夕飯はトメの悔しさと負けず嫌いが相まっていつもよりすんごい豪華だった。おわり。

    966: 1/3 投稿日:2013/05/18(土) 01:04:16.07
    自業自得な部分もあるけど、兄嫁さんに少しイラっとした事。 
    たいした事ないのに長文です。ごめんなさい。 

    両親は数年前に他界。実家は現在兄家族(兄嫁さん、兄子一人)が住んでいる。 
    私は現在30代後半独身女。超面倒臭がりの無精者。 
    だもんで、飛行機の距離がある実家には数年おきにしか帰郷していない。 
    兄嫁さんとお会いし、会話したのは結婚式と、その後2回くらい。 

    前に帰郷した際、兄嫁さんに自炊とかしてる?と聞かれ 
    面倒臭いからレトルトやスーパー惣菜買ったりしますよとか、 
    家事とかについても、つい「面倒臭いから~」と付けて話した事があった。 

    それがあった所為かもしれないが、先日のGW、用あって実家へ行ったら 
    兄嫁さんに「良かったら、少し料理覚えて帰ったら?」と言われた。 
    「何を?」と不思議に思って聞いたら、 
    「普段、自炊しないんでしょう?料理できた方が節約にもなるし」とのこと。 

    多分、私は兄嫁さんに家事が出来ない女と思われていたんだろう。 
    自分でも面倒臭がりと認めてるし、兄も私の事をそう説明してるっぽいし。 

    しかし、別に家事が出来ない訳ではない。 
    一応、両親健在時も、共働き家庭だったので、昔から家事はしてたし、 
    中・高校時代は母の代わりに料理してたので。 
    やらざる得ないならやるけど、やんなくていいならやらないってだけ。 
    料理も、手間と金額が自炊の方が得だったら、自炊します。

    323: 名無しさん@HOME 2008/07/31(木) 13:48:36 0
    過ぎた事だけど 

    当時のトメやコトメどもは人を小間使い兼ATM扱い。旦那も同じ(ウトは結婚前には鬼籍) 


    ある時私を残して恒例の家族旅行へ、旅行代金は私もち。 
    一緒に行動する気はなかったし、その間にやっておくべき事があったので
    何も言わなかった 

    で、奴らが帰ってくる日トメが 
    「食事の用意はしてるんでしょうね、
     まぁあんたの料理なんて食べられたものじゃないけど我慢するわ」 
    と電話をしてきたので 
    「大丈夫ですよ、私が作ったのじゃないし、金だけはかかってますから」と返した

    可愛げがないとかこんな嫁を貰って私も息子も不幸だとか言ってたけど無視 
    テーブルの上の料理を写メールで送ったら納得したみたいだった 
    すぐさま予約していたホテルに向かった 

    その後、トメコトメ旦那から
    「サンプル品が食えるか」「家財道具がほとんどないのはどういうことだ」
    と怒りの着信が山のように届いたが
    「置手紙にも書いてますけど、後は弁護士さんを通してくださいね」
    で済ませた 

    いや…本当に金がかかりました…あれだけのサンプル食品揃えるの 

    残ってたのはトメの持ち込んだもの
    (座敷テーブル・籐椅子・タンス数本)雪平鍋・ヤカン・カセットコンロ 
    結婚前に自腹でそろえていた家財道具と食器コレクションは
    奴らの旅行中にレンタル倉庫に運び込み済み 
    …これを実行する為の必要経費として旅行の費用持ってあげたんだけどねw

    本当に食べるものがなかったら可哀想なので 
    そろそろ取り替え時期にさしかかっていた、
    非常用の乾パンとカップめんは置いてきてあげました 

    水とカセットコンロがあれば何とかなるだろうし…ボンベも2本あれば十分でしょうし 
    カップめんのフタが膨らんでたみたいだけど気にしませんでした 

    ロミオやジュリエットが涌いて出たりとすったもんだはありましたが 
    今は全員、続柄の前に元が付いているのでどうしてるか知りません

    このページのトップヘ