教師





    950:本当にあった怖い名無し:2011/07/21 04:482072:45ID:UN5utZMe0
     
    もう20年近く前の話で、時効だと思うから書く。若干フェイク入り。あと方言は標準語にしてある。

    俺がある地方の高校に通ってた頃、Hという数学教師がいた。若くて色男でモテてたが、横柄ですぐ
    キレるので嫌われていた。
    2年生のある日、俺はそいつにボッコボコに殴られた。

    土曜の帰りの学活の前、そいつが俺のクラスに宿題のプリントを置いていった。プリントは二種類あったん
    だが、そいつが枚数をよく数えてなかったらしく、俺がゴミ捨てから帰ってきたら一種類しか残ってなくてさ。
    俺は何も疑わずに一枚だけやって、休み明けの月曜日の数学の授業で提出したら
    「もう一枚はどうした」
    「え、一種類しかなかったですけど」
    「おまえ昼休みに職員室来いや」
    で、昼休みに職員室に行って、そいつの前で事情を説明したらいきなり「ふざけんな!」顔を3回ぶん殴られて、
    すっ転んだ所で全身を蹴りまくられた。最後はサンダルばきの足で何回も何回も頭を踏まれて、そこでやっと
    他の先生が止めに入ってくれた。

    田舎の高校で体罰は日常茶飯事だったけど、ここまで理不尽な理由でここまでやられたのは初めてだった。
    その日の夜、布団の中で、いくら先生と生徒とはいえこれは許せないと思った。復讐してやると思った。

    まず最初にしたのは、次の日の朝一番でHに謝りに行くことだった。これから復讐を始めれば当然犯人探しになる。
    そのときに俺が疑われないためだった。Hはウソ泣きで目を潤ませて平謝りする俺に偉そうにウンウン頷いてみせ、
    最後は「シャキッとしろよオラ」と脚を蹴飛ばした。

    復讐とはいえ生徒が教師を殴ったりすれば一発退学、それじゃこっちの負けだ。
    だから俺はH本人ではなく、Hの家族に正々堂々とイヤガラセをすることにした。



    22 :名無しさん@おーぷん 2017/09/25(月) 09:57:57 ID:???
    ちょっと愚痴りたい…。

    私、小学校の教員をしてるんだけど、
    先日私が小学生の頃の担任をしてたA先生に父兄参観で偶然再会したの。
    名字が違うから気付かなかったけど私の生徒の中に孫がいたらしい。

    この先生の存在が私が教員を目指すキッカケと言っても過言ではない。
    相手が子供でも決して理不尽な事はしないし、
    とにかくどこまでも親身になってくれる&絶対的な味方でいてくれる人で、
    子供心に「こんな大人になりたい、こんな先生になりたい!」
    と強く思ったのを覚えてる。

    そんな先生がとんでもないモンペになっていた。



    823 :名無しさん@おーぷん 2015/09/11(金) 16:17:54 ID:9vi
    文章まとめるのが苦手なので、読みにくかったらすみません。

    高校2年の時、副担任と恋愛関係になりこっそり付き合っていた。
    当時の自分は大人の恋愛()に酔いしれ、完全にラリぱっぱ。
    そんな状態で迎えた年度末に彼の転勤が決まり、
    涙ながらに遠距離でも頑張ろうねっ☆なんて言い合っていた。


    859:おさかなくわえた名無しさん2009/06/22(月) 21:26:04 ID:mOkMtoFV
    うちは古民家で「昔の暮らしを調べよう」にはもってこいの場所
    だが、祖母が「静かに暮らしたい」と近所の小学生たちの調べ学習を断ってきた
    だが、今年の初め、余命を知ったか(二ヶ月前に他界)初めて子供たちを中に入れた

    それからしばらく後の先日、私は仕事休みで自室で読書をしていたら子供たちの声
    見ると列になってこっちへ来る
    どこかへ調べ学習へ行くのか、と読書を再開していたらざわめきが収まらない
    もう一度見ると家の前に全員座っている。そして先生らしき人が
    「は~い、じゃあ今から、先生がお家の人に聞いてみますからね~」
    と子供たちに言っている
    そして呼び鈴が鳴り、母が応対すると
    「ずっと断られてきましたけど~、おばあさまもお亡くなりになったので、もういいかと思いまして。
    お家に入れて下さ~い」
    完全アポ無しです。母はさすがに断ろうとしたけれど、暑い中、来た子供たちのために入れてあげました
    だが、子供たちははしゃぎ回って言うことを聞かない
    最後に元教師(祖母が亡くなったので跡を継ぐために教師をやめた)の母がブチ切れて一喝。
    子供たちを黙らせた。そこでようやく引率教師、母に気づき
    「あ・・もしかして○○先生ですか?あの時はお世話になりました~vまたよろしく~」
    「おばあさまいらっしゃったらこんな素敵なお家、見られませんでした~。よかった~」
    その言葉に母、言葉をなくしました

    そして子供たちが帰ってから、私は初めて母が怒りで泣くのを見ました

    このページのトップヘ