担任





    503:名無しさん@おーぷん2014/11/30(日)16:48:18ID:lZs

    子供の学校の担任がよく分からない。

    学童に息子を迎えに行き、歩いて帰っていたら。
    「今日ナホ(仮名)ちゃんの忘れ物届けないといけないの」と言う。
    どうやら、隣の席のナホちゃんが体調不良で早退したらしいのだが
    宿題をやるのに必要なノートを忘れて帰ってしまったよう。

    え・・・近くのマンションってことは知ってるけど、部屋番号は?
    慌てて連絡帳を見ても何も書いていない。
    今どきの連絡網には住所の記載はない。
    ナホちゃんちに電話しても留守。。。
    仕方がないので学校に電話した。(この時点で18時)
    私『あの・・・ナホちゃんちの自宅、知らないんですけど』
    担任、悪びれるわけでもなくシレっと「あぁ~そうですよねぇーすみませぇーん」
    「ちょっと待って下さいね~(待たされる・・・)703号室ですぅ」
    「すみませんが宜しくお願いしますぅー」

    小学1年生に届け物をさせるのに、連絡帳に何も記載がないものなの!?
    なんで私から学校に電話して聞かなきゃいけないの?
    担任の対応がスレタイでした。





    420:おさかなくわえた名無しさん2013/10/08(火) 12:52:14.01ID:w4U5RJ0M
    娘の小学校の担任の先生(以下、担任と略す)のところへ一度、乗り込んでった事がある。
    もう娘も中学生だし、ふと思い出してスレ汚し。

    その日、娘がすごい面相でわんわん泣いて帰ってきた。
    しゃくり上げる娘からどうにか話を聞くと、給食の時間、担任から、ものすごい勢いで怒鳴られ、机を蹴られ、宿題提出につかっていたノートをびりびりに破かれ、しまいに給食カートをひっくり返すほど興奮してキレられたらしい。

    娘だけでなく、教室の他の生徒も含め、もうただただ担任からの怒りの嵐を必タヒで耐えていたのだが、うちの娘は、放課後いえに帰り着いた途端、気が緩んで大号泣という事になったらしい。

    長いので、一旦やめます。

    791: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 22:48:46.14 ID:vT2mFj7v
    小1の頃、Tという女の担任から散々いびられていた。 

    特に給食の時、量が自分には多く牛乳も苦手で飲めなかった。 
    もう1人食べるのが遅い子がいたが、何故かその子には甘く「○○ちゃんはコレ(サラダだけとか)食べたらもういいよ。私ちゃんは全部食べなさい」と態度が全然違う。 
    昼休みはおろか5時間目を受けた事もなく、隣の空き教室で1人放課後まで残って食べさせられた。 
    毎日「遅いッ!」とヒステリックに怒鳴られ、酷い時はビンタやげんこつされ毎日泣いていた。 
    ストレスから500円玉ぐらいのハゲも2つできた。 
    2年生になる頃やっと食べられる様になり、Tは別の学校へ移動し会う事はなくなった。 
    だがあの事は絶対に忘れない、許さないと時々思いだしていた。 

    それから15年ほど経ったある日、仕事から家に帰るとTが来ていた。 
    うちは学校近くで母が小さいお店をやっていて、Tは学校に用があったらしくついでに寄ったらしい。 

    母の「T先生が来てるよ!」という一言で、当時の怒りが一気に込み上がってきた。 

    店内に早足で入るとそこには母と姉とT(スーツ姿だったが40過ぎでミニスカw)、1人の常連さんがいた。 

    Tは「まあ、私ちゃん!お久し振り~覚えてる?」と当時の事をすっかり忘れてた様に話しかけてきた。 
    私は「お久し振りです!忘れませんよ、1年生の時には本当にお世話になりましたから。特に給食の時^^」 

    ここから周りの空気が凍りついた。 

    長くなるので分けます。

    121 :ラブラドール速報 2017/08/31(木) 13:06:04 ID:gmpDolmv.net
    小学生のころの話。
    登場人物:私、A子、B美
    当時夏休みをほぼ毎日遊ぶぐらい仲良しだった。
    クラスも一緒だったから、夏休みが明けてもずっと一緒に遊んでた。
    ある日、学校の裏庭みたいなところで三人で遊んでると
    学校の真横で道路工事があったんだけど、そこで働いているおっさん(50代ぐらい)に話かけられた。
    A子とB美はそのおっさんと楽しげにお喋りしてたが、急に馴れ馴れしく話しかけてきたおっさんに
    私は警戒心むき出し
    やんわりと二人に別の場所へいこうというも二人は無視。
    学校の中とはいえ、学校を囲っている柵は大人の男でも手ぐらいなら通るぐらいの隙間はあった。
    何を思ったのかおっさんは柵に寄りかかってたA子のスカートを「ほーら、それっ」みたいな感じでめくってパンツを
    見始めた。

    このページのトップヘ