手紙





    561 :2013/07/18(木) 21:59:29ID:vSjXhde5
    真夏の怪談みたいな経験をしました。
    おととしの冬被災してこちらの企業に転職して、借上げ社宅に入った家族が近所に越してきました。
    家族構成は夫婦と幼児が二人です。借り上げ社宅なので近所には同じ会社の人はいません。
    越してきてしばらく奥さんが幼児二人連れて公園行ったり買い物に行ったりする姿を見かけてました。
    挨拶しても子供達が返してくれるだけで、奥さんはうつむいくかそっぽを向いてみなかったことに
    されるので近所では、評判はよくなかったです。でも被害があるわけでもないので
    生暖かく距離を置いてました。

    それが去年の春に近所一軒漏らさずに手紙が入っていました。
    「○月○日×時○○自治会館館を借りました。重大な話し合いがあるので全世帯集まるように。」
    とあり差出人はその挨拶しないAさんの夫の名前でした。
    自治会の世帯全部に出したわけでなく、隣近所十軒だけ出したことが自治会長に訴えた人が
    調べてわかりました。○○自治会館の使用許可は自治会長にするのですが、それも出されて
    ませんでした。そのため夜夫が帰って来ているだろう(車があるのでわかる。)時間帯に
    自治会長と手紙が来た十軒の代表が訪ねて行きました。





    30 :名無しさん@おーぷん2014/09/21(日) 14:01:37ID:sxEQGNcxR
    A・・・余命残り僅かの26歳男性.
    B・・・Aの友人。同じく26歳男性.
    C・・・Aの想い人。25歳女性.

    Aはとある難病にかかってしまい、一年も生きられるかわからない状態になった。Aはイケメンな上に人望が厚く、やさしい。
    AやCはもちろん、会社の同僚や上司もたくさんお見舞いにきた。

    AはずーっとCが好きだったが、究極のヘタレだった為に告白できずにいた。余命が宣告された時点では誰も知らなかった。
    ある日、Cが仕事関係で海外に行かなければならなくなり、滅多にお見舞いにこれない状態になった。もう自分が永くないのと、なかなか会えなくなった悲しさから気持ちだけでも伝えようと手紙を書いた。
    当時、Aが入院していた病院は手紙を出してくれる事はしなかった為、Bに頼んだのだが・・・





    6:愛とタヒの名無しさん2007/01/18(木) 21:18:43
    新郎母が新郎への手紙を読んだが
    「私はいつも姑からいびられ、夫もかばってくれず、
    長女を出産したら「男を産まないなんて」と追い出されそうになり、
    夫兄弟姉妹からは理由も無く土下座されられ、
    家政婦として扱われ味噌汁を投げつけられ、
    大やけどをしたのに病院にも連れて行ってもらえず、
    犬と一緒に食事をし、白米を食べるのは3日に一度だった、
    新郎を生んだら「お前は用なしだ」と言われ…」
    〆は「お前は絶対にこんな夫になるな、私は絶対に嫁いびりはしない。
    あなた達の優しさを無碍にするようだが同居もしない、
    自分の妻を虐待する様な人非人になってはいけない。
    地獄の様な目にあわせてはいけない、
    皆さんの前で必ず幸せにすると誓え、
    私が私の親に味合わせたような地獄を新婦両親にさせるな、
    私が娘にこうなって欲しいと思うような幸せな妻にしろ。
    そしてこの家からの過酷な試練から妻を守るために心を決めろ、
    あの家と縁を切って、一家の主として踏ん張って生きていけ。」
    うわぁなんて酷い…しかも母ちゃんかっこいい!って思ったら
    新郎祖母がうなり声をあげ、親族が「新郎母!お前嫁の癖に!!」、
    「生意気な口叩いて何様よ!」「そうよ、馬引き?の娘ごときが偉そうよ!」
    「俺は新郎父とこの女の結婚に反対だったんだ!!」
    そして「こっちにこい!新郎祖母に土下座して謝れ!」と言いながら親族が近寄ってきた。
    が、新郎が怒りの表情で立ちふさがり、新郎姉もそれに加わった。
    新婦は高砂から応援、無事新郎は親族を押しのけて席に座らせた。
    新婦両親は感激したようで、「娘を大事にしてくれるんだ」と言って喜んでた。
    かっこよかったし、新婦親族と新郎家族にとってはいい式だったんだと思う。
    でもさぁ、客が完全に置いてきぼりなんだよねwww
    うわーーケンカしてるよーすげーよーこわーよーーってwww
    「なななな何だ何だ!!」とか言っちゃってww
    立派だよ、新郎母。
    だけどなんでこの場でやったんだ?





    569:名無しさん@お腹いっぱい。2012/08/25(土) 01:32:55.06
    4年前に離婚した元嫁から手紙がきたよ。
    内容は不倫したことと当時の暴_言の数々を謝罪して
    あなたのそばで罪を償いたいというものだった。





    871:名無しさん@HOME2009/03/14(土) 11:30:50 0


    10年以上前に別れた元エネ夫から手紙がきた。
    元姑が要介護の状態になったらしくて
    もう許してやるから私に介護要員で帰って来いってさ。

    その姑にパニック障害になるほどいびられたのをお忘れですか。
    涙の止まらなくなった私が病気と分かった途端、姑に
    「基地外は出て行け」
    と身ぐるみはがされ半ネ果で外に蹴りだされた時、
    「悲しいけどママのことは忘れような」
    と子供達に言ってたのは貴方ですよね。

    その後私は公の援助を受けながら病気を直し
    その後働いてお金を作り学校に入りなおして
    なんとか1人で生きていけるようになった。
    元姑に次のいびられ役となっていた娘も
    裁判起こして引き取った。

    元エネ夫は
    「帰ってきたら息子に会わせてやる」
    と切り札のごとく最後に書いてきましたが
    その息子は今は毎週末我が家に夕飯食べに来てるよ。

    本当に馬鹿。元姑が亡くなったら親子3人で
    仲良く葬式に行ってやろうかと計画中。





    54おさかなくわえた名無しさん2008/11/17(月) 19:44:09 0
    ちょっと前に他の板に書いて浮気だ!とか
    怪しいとかレスをもらったんだけど、
    まだ「ただの友達」と言い張っている旦那を
    信じたい気持ちが残っている。

    例の女性.は今年に入って友達になったようだ。
    週1程電話、メールは基本的に毎日して
    連絡をとっているのだが、電話帳登録されていない。

    きっと私に携帯を見られても
    相手の名前がわからないようにする予防線だと思う。
    私は基本的に毎日お弁当を作っているのだが、
    半年前から「お弁当いらない」と言われる事が度々あった。

    ある日、空のお弁当箱を取るために
    旦那の鞄を開けた時に見慣れぬラブリーな便箋があったので、
    見てしまった。
    以下原文
    ○○くんへ(下の名前)

    おつかれサマです。
    今日は、気持ち程度ではございますが…
    お弁当(お食事)を用意させて頂きました。
    お味の好みもあるでしょうがガマンしてやって下さい。
    かなり心をこめて作りました(ハアト)(笑)^o^
    では、今日も一日頑張りまっしょい!!
    いつも○○(例の女性.名前)と仲良くしてくれてありがとう(ハアト)
    これからもよろしくね(ハアト)

    ○○(例の女性.名前)ちゃんより

    この手紙について旦那を責めても
    「お前がこんな手紙を見て浮気を疑ってもおかしくないと思う。
    でも、そんな事言われても本当に友達だし何もないしなぁ…」
    とのらりくらりとかわされて
    今でも関係(友達付き合い・・・だと思うけど)と続けている。
    妻に責められても付き合いをやめられない程
    仲良しなんですかそうですかorz
    不倫じゃないかもしれないけど、個人的には不愉快極まりない。





    253:名無しさん@おーぷん2016/02/09(火)05:49:59 ID:7S6
    去年の夏に離婚した夫は典型的な、
    結婚したら本性.現すタイプのモラ八ラ男
    暴 力はなかったが、自分の希望で私を専業主婦にしたくせに、
    俺の稼ぎでウンチャラとよく言ってた
    頼れる実家や親戚がなかったからなめられてたんだと思う

    何度も、悔しかったらお前も自分で稼いでみろ!と言われてて、
    いつもは流してたんだけど
    ある日いきなり限界が来た


    その次の日には職安で面接を予約して、
    その週のうちに仕事と新居を決めてきた
    元夫、何故かびっくりしてたけど、
    どうして私が何もできないと思い込んでたのか
    薬剤師だし、結婚前までそれなりのところで働いて、
    それなりのキャリアがある

    今は賃貸契約だって保証会社入れれば保証人いらないし、
    前家賃すらかからない物件だって昨今は珍しくない
    独身時代の定期を崩せばしばらく無職でも十分に生きていけるし、
    むしろモラ八ラ夫なんざ邪魔
    奴隷のように鎖でつながれてるわけじゃないんだし、
    自分の意思で出ていける

    家にほとんど私の荷物なんてなかったから、
    貴重品持ってビジホ転々としてそのまま新居へ
    そのまま1度も帰らずに弁護士挟んで離婚申し出たら、
    プライドの高い元夫は第三者に夫婦の問題を知られたことを恥じて
    「男らしく印押してやるよ」と同意して
    すんなり財産分与してくれた
    どちらが有責かわかるように形だけ慰謝料をくれと言ったら
    「男らしく」太っ腹に払ってくれたので遠慮なくいただいて、
    そのまま離婚

    今月になって元夫から弁護士経由でお手紙が来た
    今月車検なので、それを払ってほしいらしい
    なんで私に払ってほしいって言ってくるんだ??と弁護士に聞いたけど、
    弁護士も??状態

    弁護士から夫へ連絡して話を聞き、離婚後の財産は完全に別であり、
    支払いなどできないと懇々と説教をかましてもらった
    それに対して元夫が
    「そんなことなら払わなかったのに!」と言ってたと聞き、スレタイ
    私はお前のATMじゃねえよ、馬鹿か





    602 :鬼女日記2016/06/23(木) 17:04:16ID:Exm
    7年前に浮気して発覚直後にトンズラした元嫁が、逃亡後にできたガキ(俺両親曰く「見た目黒人のハーフで3歳くらいっぽい」)
    を俺の実家の玄関前に放置していきやがった。
    多分、俺が元住んでた場所に居なかった&連絡が取れない(今居る場所は東京⇔浜松くらいの距離がある)
    から実家に置いてったんだろう。携帯も別モンに替えたし。

    で、元嫁は「俺が認知して大切に育てろ。働ける歳になったら引き取ってやるからそれまでに有用な資格を2~3個取らせとけ」
    とか寝言ブッぽざいたメモをガキに持たせてやがったらしい。
    元嫁実家に連絡してガキは一時連行してもらったが、元嫁義父も元嫁の行方は分かってないようだ。
    浮気トンズラ騒ぎで元義母が心労で倒れて亡くなっても一切姿を見せず、この上元義父のストレスマッハにさせるとはどこまで性.腐らせてんだあのアバズレ。

    男泣きに泣きながら地面に頭擦り付けて土下座する元義父見て、親父もいたたまれなくなったって言ってた。
    地獄に行ってくれいやホントマジで。苦しんで苦しんで苦しみ抜いた挙句に奈落に落ちて欲しい。
    元義父は「必ず見つけ出して半刹しにする」って言ってたらしいが、あんなゲス野郎のために傷害罪なんぞ背負ってほしくはないぞ。

    ちなみにガキは終始「ごめんなさい」と「すいません」しか言わなかったらしい。
    義父は高齢だから育てるにゃ身体もたんだろうし、多分施設行きだろう。
    薄情かもしれんが、俺の子供でもなんでもないから救いの手を差し伸べてやる筋合いはねェ。
    施設かどっかで真っ当な人と巡り会って真っ当に生きてくれ。





    73 :鬼女日記2016/02/03(水) 09:00:19ID:3kk
    初めてだしスマホなのでおかしいところあったらすみません。
    どこかで祖母の事を「あーちゃん」と呼ばせてるという話を見て驚いた。
    義実家だけかと思っていたけれど結構いるんだね。
    旦那に紹介された時から義祖母の事を「あーちゃん」と呼んでいたので、「あ」から始まる名前かと思ったら「ば"あ"ちゃん」のあーちゃんだった。義実家一家みんなそう呼ぶので私もそう呼んでいる。
    そして去年、私は子供を出産。初孫フィーバーで産後すぐに義実家と少し衝突したけれどふわっと解決?して、実家への里帰りが終わってから初めて義実家へ行った時、「孫ちゃんに手紙書いたから読んでね」と義母から手紙を預かった。
    そこには孫に呼んでほしい呼び方が書いてあった。
    義実家の苗字ってすごく珍しいんだけれど、仮に鎧塚だとすると『よろばあ、よろじいって呼んでね』と書いてあった。
    なんだか引いてしまって、子もまだしゃべらないし、私も義母さん義父さんとしかまだ呼んでない。これから子が言葉がしゃべれるようになったらアレを教えるべきか、スルーしていいものかモヤモヤしてる。
    ちなみに旦那は全く疑問に思ってないらしく、「君のところの祖父母と混同しないようにしてるんだよ」的な事を言ってた。
    私はばあば、じいじ、とかおばーちゃん、おじーちゃんと教えたい…。





    778 :名無しさん@おーぷん 2017/08/28(月) 02:49:18 ID:tgE
    亡くなった嫁の手紙を、捨てられたとき。
    嫁が30ちょっとでなくなった。当時息子も娘も保育園の年齢。
    病気だったから、準備の時間があって、俺、息子、娘にそれぞれ一年ごと、そしてイベントごとの手紙を書いてくれていた。
    息子と娘は20才までと結婚、就職、親になったとき。
    俺には60才までと再婚したとき、退職したとき、祖父になったとき。
    一つ一つは長くないけど、毎年本当に楽しみに読んでいたし、これがあるからしにたいとおもってもしねなかった。
    誕生日の手紙も律儀にちゃんとその都度読んで、先に読んでしまうことはしなかった。
    ところが家が浸水してしまい、手紙がびしょびしょで復活できない状態。
    それでもどうにか…と思っているうちに捨てられてしまった。
    魂が抜けたかと思っていたら、息子が手紙の写真?携帯でとったやつを持っていた。
    震災のニュースを見ていて、写真や手紙もデータにしとけば万が一のときも残る可能性があるなと思って、中身は極力読まずに撮っておいてくれたらしい。
    バックアップも複数してあるそうで、もし息子の携帯が壊れてもみられるんだとか。
    それをきっかけに、今まで見なかった嫁個人の日記というか、入院中に書いていたノートのデータを見た。
    辛い苦しいみたいなことも書いてあるんだけど、そのあとに必ず「でも私で良かった。病気になったのが息子や娘、旦那じゃなくて良かった。神様、ナイス!」と書いてある。
    「もし旦那がしんでしまったら、私は弱いしだらしないから、息子と娘を立派に育てることはできないだろう。旦那に任せていけるからなにも心配ないね。
    あーでも二人の成長を見たかったなぁ。息子が水に顔をつけられるようになるの見たかった。娘が話すのを聞きたかった。
    誕生日の手紙、とんちんかんなこと書いてたらごめんね。二人がどんなふうに成長してるかわからないから、妄想。
    生まれ変わらずに待ってるから、100年後くらいに、あったことぜんぶぜんぶ教えてね」
    と書いてあった。
    100年待たなくても、俺が教えに行く。
    ただ娘と息子のこと、なるべく多くのことを伝えてやりたいから、絶対に長生きしようと思う。

    このページのトップヘ