ラブラドール速報~生活・修羅場・鬼女まとめ~

#不倫#スカッと#サレ妻#昼顔#サレた側

    愚痴





    654: 名無しさん@HOME 2011/02/02(水) 21:54:02 0
    吐き出し。

    このスレの先人たちのようなドラマチックな話じゃないんだけど
    旦那が姑や地元の人たちと一緒になって
    私を笑いものにしてることを知りました。
    こんなつまらない愚痴でもいいのかな…

    私はもともとこの地の人間じゃなく西の人間。
    旦那とは大学時代に関東で出会って、結婚して北陸に来ました。

    ほんとつまらないんだけどこっちの風習を知らないことや
    言葉のイントネーションが違うこと
    料理の味付けの文化が基本的に違うこと
    ローカルTVのネタ等、
    こっちの人なら即座に通じることが私だけわからなくて
    そのたび頭から馬鹿にされ、笑われて
    そのたびになんだか自分がとるに足らない人間で、言葉は悪いんだけど
    知能の劣った人間みたいに思うようになっていました。


    私は生まれつき耳の具合か、高い音が苦手で
    TVをあまり見ないし
    歌謡曲もあまり聞かないんだけど(好みのCDは聞きます)
    それが姑や近隣の人には文化を知らない野蛮人のように映るらしく
    「なにが楽しくて生きているのかわからん。
     話もまともにできん」
    と聞えよがしに笑われていました。





    447: 名無しの心子知らず 2011/01/30(日) 13:19:07 ID:Soq2qicc
    プチですが。 
    クレカを貸してくれくれされました。 

    某外資系の年会費ん十万のカードをどこでみられたのかわからないけど、 
    「それってーホテルとかワンランク上になるカードですね〜」 
    精算はクレクレ家が払うので、暫くかして 
    と。 

    本当にいるんだーとビックリしたので記念カキコ。





    856: おさかなくわえた名無しさん 2019/05/04(土) 08:02:34.48 ID:b9a9ywsq
    愚痴です。
    親の言いなりで育った私と、自分の生きたいように飄々と生きてきた妹。

    高校進学のときも ちゃんとした高校に行ってくれないと恥ずかしいと怒鳴られ 県内上位の公立高校へ進んだ。
    2つ下の妹は定時制高校へ行き、高1の夏に中退した。



    成績優秀、大学も国公立推薦とれるレベルだった。 
    だけど お金が無く進めなかった(高校の学費も自腹、大学ももちろん自腹と親に言われていたため)その頃の私は親に嫌われまいと必タヒだった。 
    親の敷いたレールから踏み外さないようにと。 

    高校の成績はトップ10以内で卒業した。なのにフリーターだった。 
    親は急激に私に見向きもしなくなった。 

    一方妹は親の機嫌なんてどうでもいい、お前はお前、私は私を貫き高校中退してからも楽しそうに働いてた。 

    学歴コンプを抱いたまま就職したけど親には「大して稼ぎも良くない。妹を見習え」と怒られた。 
    なにもかも嫌になったけど親に捨てられるのだけは怖くてがむしゃらに働いた。 

    もうそろそろ30歳になる。 
    妹に子どもが生まれた。すごく幸せそうに笑う妹を見て 私の人生ってなんだったんだろうと思った。 
    一度でも幸せだと思ったかなあってぼんやり思った。 

    親は今は「結婚もできない、大学も出てない、金も稼げないあんたに価値はない」とハッキリ言う。 

    同じ親の元で育った妹が幸せにしてるのだから親のせいではない。 
    家庭環境でもない。全て自分の責任なんだけど、時々どうしようもないやるせなさが込み上げてくる。 

    どこで間違ったんだろうと後悔ばかりしてる。
    軌道修正はもう無理なのかなあ





    68: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)12:01:10 ID:Bj6
    姑が先日他界した
    12年前に事故で頭を打って重い後遺症が残っていた姑
    事故の後に夫から、転勤の願いを出して義弟と協力して
    姑を支えたいと言われたけど断った

    その結果相続が、夫2:義弟8になった
    事故の賠償金等も有り遺産1.5億位、それを2:8
    夫の忄生格から、夫は相続放棄する位の事を言ったんだと思う
    そんな夫もどうかと思うし、
    2:8なんて片寄った分配で納める義弟もどうかと思う

    夫に言ったら離婚問題にも成りかねない位怒ると思うので
    止まらないもやもやをここで愚痴





    897: 名無しさん@おーぷん 20/09/27(日)14:16:34 ID:Ik.ma.L1
    母親が絶妙にうざったい。

    昔から家族に良い事があった時に困った癖が発揮される。

    例えば、私の就活。
    私はリーマンショックの影響が濃い時期に就活タイミングを迎えた世代。
    だけど、資格取得やインターンなどが追い風になったのか、
    運良く第一志望の会社で早めに内定ゲット。
    当然、就職活動は終了するのだけど、そこで母親が動き出す。

    「うちの娘はこんなご時世に早々に就活をやめちゃって……」
    「ご近所の(同い年)ちゃんは今日もスーツで出掛けて行ったけど(私)は……」
    「就職難だっていうのにうちのはバイトばかりして……」
    と、会う人会う人に愚痴風に話しまくる。
    普段は聞き役に徹している母が、積極的に電話をかけてまで愚痴る。
    愚痴られた人たちに就職難なのだからしっかりしろと声をかけられて、
    母が謎の噂を広めていることを知る。

    こんなことが、これまで何度もあった。





    774: 2015/07/04(土) 16:44:13.84
    流れ切って済まんが、愚痴だ

    今日の昼は家でお好み焼きを焼いたんだよ
    嫁が少し前に買ったミックス粉の残りがあったからさ
    俺も嫁も、ホットケーキやお好み焼き好きで時々焼くんだけど、どうもなかなかうまくいかなかったんだよな

    でも、今回嫁が買ってきたミックス粉は袋の裏にめちゃくちゃ細かい指示が書いてあって
    絵もふんだんについてて、やっちゃいそうな注意事項なんかは見事なタイミングで「ここでナントカはしないこと!」なんて書いてあってさ
    嫁も「こないだもこれで、この通りに作ったらいつもよりずっとおいしくできたの!」って感動していたから
    今日は俺が作ってみたんだ、嫁は隣で箸休め作り

    まず、ミックス粉をボウルにあけて卵と水?だかと混ぜるんだけど
    横で見てた嫁がいきなり「ちょっと!」と口出し
    何だよ、と思ったら「そうじゃなくてナントカが先でしょ!ちゃんと袋に書いてあるじゃん!」と怒られた
    (済まん、俺的にはどうでもいいんで内容は覚えてないんだ。たぶん水より卵が、先とか後とか)

    「袋の通りにやったらおいしくできるんだから、ちゃんと守って!」と言われた





    889 :可愛い奥様 : 2022/11/28(月) 15:08:50.39 ID:aFs3zyWl0
    ヤマトの仕分け行こうかな
    5時9時でさっと終わってあと自由時間なんて嬉しい
    今の仕事10時19時のシフト制だから午後勤の日は拘束感が半端ない





    673: 名無しの心子知らず 2020/05/09(土) 21:38:59.58 ID:ygbmysP/
    相談なのかただの愚痴なのか自分でも分からず書き込みします 

    子供たちから見て母親の私だけが悪者な状況が急に辛くて 
    夫を始め同居の義母らはみんな子供にひたすら優しい 
    まず何をしても怒らない 

    義母…夕方5時にアイス食べても良いかママに聞いて→ 
    私 「もうすぐご飯だからダメ」 
    夫…寝る間際、テレビ見ても良いかママに聞いて→ 
    私 「寝られなくなっちゃうからダメ」 
    私以外はタヒんでしまえ、なんて酷い言葉も叱らない人達です 
    今までは私が厳しい分、周りが子供たちに優しくしてくれれば、
    という思いでほとんど疑問も持たずにきたけど、
    気付けば子供たちは何をするにもパパが良いー!おばあちゃんが良いー!
    と私は常にのけもの状態

    これが一生続くんだと思うとなんだか無忄生に辛くなって気持ちのやり場がないです
    皆さんはそんな状況になったことありませんか?





    280: 名無しさん@HOME 2016/08/29(月) 12:18:49.80 0
    すみません愚痴らせてください。

    結婚五年目、4歳、1歳半、1ヶ月の子あり。
    義実家は商売してて義父母と旦那が役員、私は平社員。従業員あり。育休中。
    義実家とは徒歩3分の近距離別居。
    夕飯は私が作って義実家皆で食べる。





    945: 名無しの心子知らず 2006/05/02(火) 08:01:58 ID:iY3eq8rq
    義妹と義母に甥を養子にしてくれと言われました。

    義妹は大学在学中に妊娠して、結婚。
    でも3回生だったこともあって、大学には籍を残しました。

    このページのトップヘ