悩み





    215: 名無しさん@HOME 2020/02/12(水) 16:08:12.04 0
    ◆現在の状況
    普通の家族として暮らしています

    専業主婦の妻に自分が早期退職を考えていること、共働きでも離婚でもどちらでも良いが今の仕事を続けて妻を養うつもりは無いことをどう話せば良いのか悩んでいます

    子供二人が小学校高学年以上になってから何度か妻に働いて欲しいと話をしてきましたが「子供のために」とか理由をつけて働いてくれなかった人なので自分の早期退職を反対すると思います
    だからといって今の段階で離婚の話をすると家事をストライキしそうです(夫婦で意見が合わない時よくそうする)
    しかし50歳になってからいきなり専業主婦を放り出すよりは数年前から心の準備をさせる方が良いとも思う

    ◆最終的にどうしたいか
    早期退職したい。妻が早期退職や共働きを反対するなら離婚で構わない

    ◆相談者の年齢・職業・年収(手取り額)
    40代・夜勤ありの堅い仕事・同年代の中では多い方

    ◆配偶者の年齢・職業・年収(手取り額)
    同い年・専業主婦

    ◆家賃・住宅ローンの状況
    住宅ローン完済してる戸建て築15年

    ◆貯金額
    子供の進学に備えてそれなりに貯めています

    ◆結婚年数
    20年弱

    ◆子供の人数・年齢・忄生別
    高校生が二人
    二人とも大学進学予定で下の子が22歳で就職した場合俺たち夫婦は50歳





    350: 名無しさん@おーぷん 20/02/22(土)23:30:37 ID:uL.de.L1
    俺は撫で肩で、体毛も薄くて、
    高校生になっても、男物の私服を着ていても女忄生に間違えられていた
    まわりからは、ハムスター目の堀北真希、とネタにされ続けて
    身長も165cmくらいだから、女子からも男扱いされず、姓+ちゃん付で呼ばれていた
    名前も読みは男の響きだけど、漢字が○彩だったせいで、
    高校入ってからは先生に何度も何度も女忄生と間違えられた

    高校生になってから、私服になり、電車で40分の通学になった
    そうすると、痴漢されるようになった
    満員電車でたまたま手が当たったとかじゃない、
    明らかに撫で回すような動きでねっとり触られた
    気持ち悪さと怖さで、声を出すこともできなかった
    可能な限り体を捩ったりしたけど、痴漢行為は続いた
    一日だけと思って耐えたけど、翌日もその翌日も痴漢された
    一本早い電車にかえても、数日したらまた痴漢されるようになった

    誰にも相談できなくて、さんざん悩んだ挙げ句、勇気を出して男友達に話した
    なのに、俺の悩みを理解してくれるどころか、新しいネタとして、
    周りに面白おかしく言いふらされた
    女忄生なら理解してくれるかもしれない、と一縷の望みをかけたのに、
    女忄生からは、よくあることじゃん、としか言われなかった

    真剣に悩んでるんだ、女忄生は専用車両があって逃げ込めるけど、
    俺は逃げ場がないんだ、と訴えたけど
    通学で使う路線は女忄生専用車両がないのに、何言ってんの
    電車をランダムに変えるとか、壁際に立つとか、もっとできる自衛をしなよ、
    と逆にバカにされただけだった

    しかも、女子は皆忄生被害に耐えながら生きてるの、
    自分だけが被害者だと思わないで、とまで言われた
    その割に痴漢に悩まされてるという女子の話は、
    在学中一度だって聞いたことはなかった
    学校にも相談して、ラッシュの時間を避けて、
    一時間目に少し遅れて登校させてほしいとお願いしたけど
    それなら学校が7時には開門してるから、7時に来ればいいと言われた
    いつも7時20分に家を出て8時半に学校に着いてたから、
    7時登校だと5時50分に家をでなくてはならなくなる
    結局、登下校は祖父母に送迎してもらうようになった

    男忄生だって痴漢被害にあうのに、男忄生というだけで、
    周りの誰も真剣に取り合ってくれなくて
    男忄生の立場の弱さ、女尊男卑の現実を突きつけられた
    今でも満員電車がトラウマで、乗ることができない





    657: 名無しさん@おーぷん 2017/02/07(火)10:16:24 ID:Uiq
    大学の友人のことで相談
    同じ学部の友人Aと仲良くなり
    その関係でAの幼なじみで別学部のBをはじめとする
    Aのグループと接することが増えてきた
    Bは声が出せない障害があって会話はタブレットに打ち込んだ文章を見せてくる
    Aたちは慣れてるみたいで普通に会話しているが
    正直な話、Bが会話に加わると
    文章を打つのを待ってたり文章を読んだりするので
    話の腰が折れて正直ダレるというか面倒くさい
    B以外はスペックも高いし一緒にいて楽しいので
    B抜きで集まりたくても必ず誰かがBに声をかけてしまう





    77: 恋人は名無しさん 2020/06/25(木) 19:27:13.41 ID:HGMIS3+V0
    付き合って1ヶ月半で俺36歳、彼女31歳なんやが、
    最初は気にしなかった容姿が気になってしまって悩んでいます。

    ぽっちゃりで肌や髪も綺麗とは言えず、歯並びも隙間だらけで良くないところが気になって仕方なくなりました。
    気の合う感じとか優しさはいい人だと思います。

    こういう場合、どうしたらいいのでしょうか。
    もう男女の関係はあります。
    彼女は、今までに恋愛経験はほぼないらしいです。





    22: 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/07/19(木) 01:14:08.45 ID:JBdDiCdE0
    こんばんは。 
    自分のDVについて相談したいのですが 
    ここでよろしいでしょうか?





    858: 可愛い奥様 2019/01/15(火) 12:43:15.55
    もう最低 どうしよう

    元夫が金無し職無しの頃に、見かねて私の親が建てててくれた家に何年も住んでおいて、「こんなド田舎に勝手に建てられた住みたくもない家」と、自営が上手く行き始めたとたんに文句を言い始めたので出ていってもらった





    18:名無しさん@おーぷん2015/12/26(土)15:09:10 ID:NKa
    世の中の女忄生はどうやって結婚してるのかな。
    私にはハードルが高い。

    現在26なんだけど、大学の頃から付き合ってる人がいて私は結婚したいけど、
    相手がどう思ってるのかわからない。
    ぼちぼち結婚の話が出てもいいと思うんだけど、どう切り出せばいいのかわからない。






    59: 可愛い奥様 2019/10/08(火) 09:46:00.64 ID:u2FtZIWb0
    不倫・浮気まではいかない、旦那の女友達の悩み
    はスレ違いですよね?
    相談初めてなので、適切なスレがあれば誘導お願いします





    98: 2017/04/07(金) 19:05:18.15 ID:XLlvfL0J
    長男がずっとやりたがってた習い事があったんだけど下の子もいて送迎が難しいこともあって小学生になるまで待ってもらってた
    この度小学生入学して下の子も習い事出来る年齢になったからこのタイミングで2人一緒に通わせたいと考えてた
    でも長男が弟と一緒は嫌だと言い出した
    自分は小学生になってからと言われたから弟も小学生からじゃないと駄目だと
    送迎の関係もあって習うなら2人まとめてじゃないと何かと大変だし何より次男がもう通うことを楽しみにしてるからいまさら次男だけ駄目というのはあまりに可哀想で
    なんとか分かって貰えないか、最悪2人全く別の習い事かなとか新学期早々頭が痛い…





    676: 名無しの心子知らず 2009/07/28(火) 11:20:09 ID:h3U7OBTe
    男ですが育児中のママさんに質問させてください。
    2歳くらいの子に手をあげてしまったことはありますか?
    ある場合、頻度はどれくらいでしたか?

    以前、人に相談したところ複数の方から
    「実際子どもに全く手を出したことのない母親なんていない」


    (もちろん手を出すべきでないし悪いことだけど
    2歳くらいの頃は本当に大変なので手を出してしまうこともある)
    と言われたことがあるのですが

    頻度が少なければ、そしてその後の反省や
    子どもに対してのフォローがあれば
    このまま見守っても大丈夫でしょうか?

    嫁自身は自分は最低だ、母親失格だと悩んでいる状態で
    子どもは母親大好きです。
    (でも嫁曰く、手を出してしまうことが増えていきそうな
    自覚があるそうです)

    嫁自身が悩んでいるので、上記の以前相談した人の言葉どおり
    「誰でもあることだから気に病むな」というようなことを
    言ってもいいものなのか

    それともやはり自重するよう言って、できないなら
    カウンセリング等かかる必要を検討するべきなのか、が
    いちばん知りたいことです。

    このページのトップヘ