恐怖



    1:名も無き飼い主さん2015/08/05(水) 22:06:52.86ID:Khs5/PQq.net
    恐ろしいキチの話

    仕事帰りに近所の公園の傍を通ったら喧嘩中の猫の声がする
    しかし何故か一匹っぽいので喧嘩じゃない様子、

    怪我した猫でもいるのかと探してみたら
    革製バッグをガムテでグルグル巻きにしたものが公園の木にぶら下がってる
    声はそこから

    とりあえず助けなければと思ってガムテを解きバッグを開けると
    そこにいたのはうちの猫
    俺を見るなりアアアアアアと泣いたよう雄叫ぶ

    完全室内飼だし脱走もありえないのに…
    家に連れ帰ると家のドアの様子がおかしい
    鍵穴がガバガバになって鍵がうまく回らない
    回らないだけならまだしも、既に鍵が開いてる




    224:名無しの心子知らず2011/08/18(木) 08:10:19.81 ID:ZIaOtCO1
    昨日スーパーにて
    全身ふりふりレースなキ○ィちゃんの服(ゴス□リ寄り)を着た40後半の女性に絡まれた

    野菜コーナーで手に取ろうとした野菜を思いっきり横から取られ、
    ヘタレな私は取られた側にもかかわらず「あ、ごめんなさい…」と謝った

    すると
    その全身キティ服の女性はこちらをガン睨み。
    私はわけわからず再び謝り、買い物もそこそこにそそくさとレジへ。
    すると今度は、私の並ぼうとしたレジにスラーっと横入り。 
    そしてまたガン睨み。怖い。 
    私が戸惑っていると店員さんが「そちらのお客様が先ですので…」
    と私を先に会計しようとしてくれた 
    するとキティ服さん、三白眼のごとく目を見開き、私を睨みながらゆっくりと隣のレジへ。 
    この時点で私は恐怖で心臓バクバクだった




    687 :名無しさん@おーぷん 2017/01/12(木) 13:20:09 ID:jDV
    友人Aの披露宴で、A自作という凝った見た目の菓子をプチギフトとしてもらった
    ママ友に人気のレシピ♪♪だそうだが、どうも変なにおいがしてたので食べずに捨てた
    しばらくして、披露宴に出席してた共通の友人たちが
    全員腹痛を起こしていたことをSNSで知った

    もしかしてと思ってそれぞれに聞いてみたら、
    全員が披露宴の翌日の同時間帯に
    プチギフトを食べていたことが判明
    「あれ変なにおいしなかった?」と聞いてみたが、実はその友人全員が花粉症だったので
    異変があったとしても気づかなかったという不幸な偶然が起きていた
    披露宴に出席した友人の中で、プチギフトを食べなかった私だけが無事ということで
    原因はプチギフトだったんじゃないかという話になった


    583: おさかなくわえた名無しさん 2013/08/17 23:53:29 ID:1xHErT60

    衝撃的体験と言えるかどうか・・・だけど、思い出したので。 

    20年ぐらい前のことなんだけど、当時私はまだ20代半ばの独身だった。 
    職場の同期で一番仲が良かった友人A子が突然田舎でお見合いして結婚退職。 
    半年ほど経った頃、だいぶ落ち着いたから泊りで遊びにきてと招待され、 
    お言葉に甘えて遊びに行ったんだ。 
    義理のご両親が建ててくれたという新居は、大きくて立派な日本家屋だった。 
    客間として用意された和室は12畳もあって、 
    玉の輿だとは聞いてたけど、ほんとにすごいなぁって感動していた。 
    披露宴で初めて紹介されて2度目に会う旦那さんと3人で食事しながら 
    10時頃まで盛り上がったあと 
    勧められるままに先にお風呂を頂いたんだけど、 
    お風呂から上がって脱衣室に出たときに、なにか違和感があった。

    333: 本当にあった怖い名無し 2011/10/18(火) 11:05:13.12 ID:i0sItNAX0
    小学校5年生の時の話 
    父の実家は地方の山の中の集落にあった 
    あまり親とうまくいってなかった父は大学進学と共に殆ど帰らなくなったそうだ 
    けれど結婚して私が生まれて少しだけ交流が復活した 
    といっても2年に一度くらい1泊で帰るくらいで、私自身祖父母の印象は薄い 

    小学5年生の時に生まれた弟の顔見せの為に久しぶりに父の郷里へいった 
    祖父母の自宅に泊まるのだが、父は親戚宅の用事が長引いて帰れなくなったため 
    母と自分、0歳児の弟だけが泊まることになった 

    その昼から集落は賑やかで祭りがあるとの事だった 
    私は出店を期待してワクワクしていたのだが、神輿や白い旗?をふりまわす 
    男の人がいるだけでたいして面白くもなかった

    429:名無しさん@おーぷん2015/02/23(月)21:20:00ID:LOG
    つい今朝のこと。
    いつものように子どもを保育園へ送りました。

    園は二世帯民家の1世帯分をまるまる借りている小規模園なんで、玄関は普通の民家と同じ作りです。
    入ったらすぐに鍵を締める、という決まりを各保護者もちろん厳守。
    保護者が出たあとは、すぐってわけではない速度で先生が締めにくる、というシステム。

    で、今日も同じように送り届け、玄関を出ました。
    と、入れ違いざまに、顔面血だらけの若い男が、そのままスーッと入っていったんです。
    目が合って、一瞬で、うわヤバイ、と頭のなかで警報音が鳴る感じの目つき。
    でも、情けないことに思考停止してしまって。
    え? 誰かのお父さんだっけ? だって当たり前のように入っていったもんね。
    だなんて、ありえないってわかっていることを考えて、玄関前で立ち尽くしてしまって。
    血の気が引いて我に返って、すぐに園に電話しました。
    中に我が子がいるっていうのに、入る勇気がなかったんです。

    「いま、血だらけの男が入っていったんですけど!」
    と叫ぶと、しばらく経ってから出た受話器の向こうの園長は、
    「ええ、ちょっと一旦切りますね」
    と。

    と同時に、園長と男が出てきて、なにやら話しています。
    私はその場から離れ様子を伺い、途中で来た保護者と子どもに戻るよう促すしかありませんでした。
    ちなみに、その保護者に
    「通報したほうがよくないですか」と言われてはじめて気付きましたよ、通報の存在に。
    そうか! 
    と思ったときにはもう園長が通報しに、男を外に残し園に入ったときだったのですが。

    その間、男は園の前から立ち去り、近辺の道端でも通報があったため警察が警ら中。

    ちなみに男は、保育室を通り過ぎ家の奥までずんずん突き進み、園長が話掛けると、
    「ここは自宅です」といったことを言ったとか。

    あとにドアノブをみると、そこも血でべっとりでした。


    「我が子のために身をていして!」
    なんて、むりでした。
    情けなすぎる。
    通報すらもできなかったし。

    とにかく園長はすごい。
    宅間守のような展開にならなかったことで、本当に本当に、心底から安堵しました。


    みなさんも、気をつけてください。
    日常に突然、非日常が顔を出すってことを。

    103 :ラブラドール速報 2017/12/18(月) 14:43:55 ID:/CKpdVst.net
    賃貸のアパートに住んでるんだけど、水道管の点検のためにスペアキー使って勝手に部屋に入ってきた委託業者とそれを当たり前のように許可してる管理会社がスレタイ。
    少し前の話なんだけど、休みの日に家にいたら呼び鈴が鳴ったのね。
    宅配便が何かかと最初は思ったんだけど、オートロックなのに部屋の前の呼び鈴を何度も鳴らしててドアをドンドンして「すいませんー!」って言ってきてたから正直怖かったんだよね。
    押し売りか何かかと思って居留守使うことにした。
    そしたら鍵閉めてるはずなのに、いきなりガチャってドアを開けて押しの強いおばちゃんみたいな人が入ってきたのよ。びっくりして「何ですか?」ってビビりながら聞いたら、「水道管の点検のために管理会社から委託されました。中入らせてもらいますね」って。
    それで思い出したんだけど
    そういえばエレベーターに「○月○日(その日)は水道管の点検を予定してます。不在の場合もこちらで対応させていただきます。」っていう張り紙が貼ってあったんだよね。
    でも不在でも対応できるってことだからてっきり部屋の外でできる点検なのかと思ってたら、管理会社のもってるスペアキー?を使って勝手に部屋に入って点検するってことだったらしい。
    終わったらすぐに隣の部屋の呼び鈴鳴らしてたから全部屋そうやってるんだろうし、不在でも勝手に入るっていう発想が神経分からんだった。
    あと何かの管を通すために玄関のドアを少し開けて置きたかったみたいなんだけど、ドアストッパーの代わりに旦那の革靴をドアの隙間に挟んでたのも重ねて神経分からんだったわ…
    106 :ラブラドール速報 2017/12/18(月) 15:46:37 ID:k75P9NBD.net
    >>103
    勝手に入るのありなんだってね
    知ったとき恐ろしかった
    引用元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/kankon/1513334117/

    このページのトップヘ