怖い話





    662 :名無しさん@おーぷん2017/11/04(土) 21:36:17ID:A6n
    小学校時代、男子A、Bにいじめられてた。
    テンプレ一通りのことはされてて、自杀殳することも何度かよぎった。
    体格も声量も劣る俺は、毎日奴らの良いようにされてた。

    ある日、ABに連れられて人里から離れた丘陵にある廃坑跡に行った。
    虫やら蛇やらが出る場所で、途中には野生動物の出没注意の看板もあるような場所。

    宿舎みたいな小屋の横に深く大きいため池があったんだが、な ぜ か ABはそこに落ちた。
    足が届かず、「おい俺!早く助けろ!」ともがきながら叫ぶA。
    近くにロープが落ちていたのを見つけたが、
    う っ か り ロープを全部投げてしまい助けられなかった。

    やがて先に沈むA。苦しむAに足を掴まれ水中に引きずりこまれるB。
    はしごもないし、四隅は垂直のコンクリ製。どうやっても自力では上がってこられない。
    水しぶきが聞こえなくなるのに時間はそこまでかからなかった。
    ドラマとかで見る溺タヒ体って浮くものだと思ってたけど、実は沈むんだってことはびっくりした。

    AB。ごめんね助けられなくて。
    俺、ズブでノロマで役立たずのひょろもやしだからさ。





    53 :名無し 2015/05/03(日) 08:55:05 ID:LqG
    社会人になってすぐの頃の修羅場。

    今ぐらいの気持ちいい季節だった。
    当時、不用心にも私は道路に面したアパートの1階に住んでいた。
    ある日の夜、お気に入りのバラエティーを観た後お風呂に入った。
    23:30くらいだったと思う。

    割と長風呂をする方で、ゆっくりと湯船に浸かっていた。

    その時。
    ドンッ…ドンッ! という部屋全体が揺れるような音がした。
    地震とは違う。隣の部屋から壁を叩かれたのとも違う。
    またドンッ、ドンッ…カラカラカラ…

    ベランダのサッシが開く音だった。
    まさか自宅に入られた?!とりあえず叫べば逃げるかもしれないでも風呂場のドア開けられたらどうしよう素っネ果あわわわ~
    というようなことを1秒くらいの間に一気に考えた結果、叫ぼうとしたのだが。

    「きゃー」※小猫の鳴き声くらい
    全っ然声出ない。喉の奥が締めつけられる。
    なんで声がこんなに出ないの?
    自分の心臓の音が早過ぎてうるさい。
    怖い怖い怖い。

    …幸いなことにその声が聞こえたらしく、犯人が出て行く音がした。
    そして車のドアが閉まり発車する気配。
    それでも怖くて、包丁を片手にバスタオルだけ身体に巻いてベランダを見に行った。
    良かったー誰もいない、てか誰か入ったなんて気のせいかも、と思ってサッシをみたら鍵の周りだけガラスが割られてぽっかり空いていた。

    もちろん気のせいなわけもなく、警察を呼ぶことになった。
    (その時、クッソ汚部屋だったので掃除していなかった自分のバカバカ!と真剣に後悔した)
    鑑識含めて結構な人数が来てくれたのに、プロ?だったらしく、指紋や証拠は一切残ってなかった。
    一人暮らしの女性宅を狙った窃盗事件は割とあるらしい。
    一人暮らしは財布・貴重品を持って出かけてしまうので、荷物のある在宅中に犯行に及ぶのだとか。
    そして風呂が比較的長いであろう女性宅がターゲットになりやすい、とのこと。
    多分、リサーチしてから犯行に及んでいますね、とは刑事さんの談。
    知らない間に見張られていたということに衝撃を受けた。

    翌日、危ないとは思ったが、新卒でまだ有給が無かったので、サッシの穴だけ簡単に塞いで会社に行った。
    後にそれを知った両親にアホか!!と怒られた。

    あのカラカラカラというサッシが開く音がした時が修羅場だった。声が全然出せないのにも驚いた。
    しばらくまた来るんじゃないかと怖くて、朝明るくなってからお風呂に入っていた。
    サッシにも警報機を付けた。それでも何か物音がすると飛び上がるほどビビるようになってしまった。
    こーいうのがトラウマっていうのかもしれないなぁ。

    みんな、いつ警察が来てもいいように部屋はきれいにしてた方がいいよ!





    29 :名無しさん@おーぷん
    かなり昔の話になるが、高校生の時に郵便物(年賀状)の仕分けのアルバイトをした。
    碁盤の目のようになった棚に郵便番号を見て仕訳していくんだけど
    その中に一枚、明らかに定規を使って宛名を書いたものがあった。
    その1枚から何故か強い悪意を感じて裏面を見てしまったのだが、
    背景が真っ黒の髑髏の絵が描いてあって、白抜きの文字で「杀殳」の一文字。
    ビックリして固まっていたら局員さんに「どうしたの?」って声を掛けられたので
    その1枚を見せた。
    そしたら「ちょっと預かっておくから、続きやってて」と言われ渡した。
    向うの方でその1枚を数にで囲んで何か相談してて
    「正月早々こんなものを配るのは・・・」とか言ってた。
    その後、どう処理したのか教えて貰えなかったけど、ずっと気になってて
    最終日の仕事終わりに最初に渡した局員さんに聞いたら
    「差出人も書いてないし、たぶん配達はしないと思うよ」って言われて他人事なのにホッとした。
    郵便局の規則としてそれが正しいのかどうかは分からないけどGJと思った。





    680 :名無しさん@おーぷん 2016/10/31(月) 23:15:30 ID:myL
    丑三つ時に泥棒が入った
    私が丁度トイレに起きてトイレの中に入ったとき、物音がして誰かが入ってくる音がした
    寝ぼけてたから訳がわからなくて、のそのそっと扉を開けてリビングの方を見たら、見知らぬ男がいた
    相手は私に背を向けてたからこっちに気づいてなくて、私は危険を感じてトイレに後戻り、そっと扉を閉めたんだけど、その時に音を立ててしまった
    そうしたらものすごい勢いで近づいてくる足音がして、私は内側から鍵をかけた
    でもトイレの鍵なんてすぐ開けられる
    即座に考えて、引き戸だったから目隠しカーテンをかけてた突っ張り棒を引っ掛けて開けられなくした
    外から扉を開けようとしている音が聞こえ、数秒でカギをあけられ、即座に次の対応を考えた
    私は扉の外にも聞こえるように「もしもし!警察ですか!助けてください、空き巣です。はい!○○の何番地です!」
    と懸命に警察に通報するフリをした
    男は即座に逃げていった
    その後親を起こして警察に通報
    窓は施錠してあったけど、カギの部分を切り取られて開けられてた
    警察はプロの仕業で、私がトイレで機転をきかせていなかったらこ○されてただろうと言われた
    結局その晩その辺一帯がやられてた
    となりの家は窓を破ろうとしたところで作業が終わっており、私の通報で他にいた仲間が逃げたのだろうとの事だった

    ここまでだったら修羅場で終わるんだけど、その晩空き巣に入られた人の中に同級生がいた
    同級生は私のことも含めて周りに泥棒の話を愚痴りまくってた
    その子は「危うく私ちゃんがこ○されかけたんだよ!」って言う怒りからだったんだけど、それを聞いた中二病を患ったまま成長したクラスの男子から
    「なんでそんなチャンスで氾人捕まえないんだよ!」と言われた
    俺なら後ろから近づいて殴るとか、刃物のある場所がわかってるんだから刃物を持って脅すとか
    お前本当に高校生?と疑うような頭の悪い方法で泥棒の捕まえ方を熱弁された
    ちなみにそいつ、京大を第一志望にするくらい勉強はできる
    でも提案する方法は全部頭悪い
    ホームアローンみたいに可憐に泥棒を捕まえるつもりらしいが、実際に対峙した私からすると犬タヒするだけ
    不謹慎だけどこいつの家にあの泥棒が入ればいいのにと思う





    388 :名無しさん@おーぷん
    ついさっきの話なんだけど運転中電話がかかってきたため、車通りの少ない道に入ってから停止してハザードたいて通話。
    終わってからよしと思って発進しようと思ってエンジンをかけようとしたら窓をコンコンと叩かれそちらをみるとスーツをきた男性2人。1人は茶髪の若い男の子でもう1人はおっさん。2人ともスーツを着てた。
    なんとなく気味が悪くて窓半分開けたら「警察なんですけど」って。
    後ろにはよくTVで見る覆面パトカーとかである白い車。
    駐停車禁止の場所じゃないしおかしいなとは思いつつも話を聞くと
    ここらへんで強盗があった。犯人は捕まってない。車の中を見せてくださいとのこと。
    そこは家の近所なのだが強盗があった話なんか聞いてない。
    第一覆面パトカーみたいなやつが聴取するかと思ったし、車の中はオタクグッズwwまみれであまり見せたくなかった。
    ふと前日に偽警察官の話をまとめで読んでいたので思わず「警察手帳見せてもらってもいいですかね。ああいうの初めて見るんですよ」って聞いたらしどろもどろで「持ってなくて...」とか仰る。
    これは偽警察官では!?とか調子に乗って「どこの警察署の方ですか?名前うかがってもいいですか?」とさらに聞くと開き直って「と、とにかく開けてもらっていいですか!」と怒鳴られました(鍵しまってます。)
    「警察呼びますね」と言って窓をしめて携帯で電話をかける振りをしたら逃げていきましたが、私には忘れられない体験でした。
    ほんとに、そういうひとっているんですね。
    あー怖かった。


    読みづらかったらすいません!





    94 :名無しさん@おーぷん 2015/07/11(土) 12:18:14 ID:fuj
    衝撃、というか恐怖体験。

    田舎生まれ田舎育ちの私。
    おばあちゃんちとか鍵をかけてないくらいの田舎。
    大学進学に伴い、都市部で一人暮らしを始めることになった。
    引っ越しの時、従姉(同じく都市部に進学、就職、結婚。この時は出産の里帰りしてた)に
    「鍵は絶対にかけること!帰って玄関ドアをくぐったら、何より先に施錠!
    チャイムが鳴ったらまず扉越しに応答!
    宅急便が来たらドア開ける前に『送り主は誰になってますか』って聞く!
    受け取りはドアチェーンをかけたまま、
    受取状だけ受け取ってハンコついて『荷物はそこに置いといてください』って言って、
    扉の前から人がいなくなったことを確認してから回収!」
    と厳しく言われた。
    まったくピンとこなかったけど、従姉の言いつけなので守っていた。

    ある日、チャイムが鳴って
    「宅急便です、お荷物お届けに来ました」
    と男の人の声がした。
    実家から荷物が来るときは必ず連絡があるのに、その時はなかったし
    通販も頼んでない時だったのでなんだろうなと思いつつ、いつものように
    「送り主は誰になってますかー?」
    とドア越しに聞いた。

    そうしたら、わずかな沈黙の後、バン!とドアが鳴って(多分殴ったか蹴ったんだと思う)
    それっきり何の音もしなかった。
    ドアを叩かれた時点でビビって硬直したけど、
    郵便受けに不在票もなく、家族や友人の誰も何も送ってないことが確認できて
    それが完璧に不審者の仕業と確信した時が恐怖と衝撃の頂点だった。

    あまりにも怖かったので親に泣き付いて引っ越し。大学の女子寮に入ることになった。
    窮屈で不自由も多かったけど、あんな怖い目に合うよりマシだった。
    本当に怖かった…生まれて初めて、はっきりとした害意にさらされたっていうか。
    厳しく言ってくれた従姉にはすごく感謝してる。





    99 :おさかなくわえた名無しさん 2013/06/07(金) 17:04:25 ID:PW4HlZFX
    小学3年生の時の修羅場。 
    私の父は転勤族で、3年生の2学期に大阪から徳島の小学校に転校した。 
    転校生は珍しいらしく、クラスのみんなは初日からよく声を掛けてくれて 
    給食を食べたあと5時間目が始まるまで校庭でのドッジボールに誘ってくれたんだ。 
    運動は割と得意だったら、すぐに溶け込めて楽しかった。 
    チャイムが鳴って友達になった女の子と一緒に教室に戻ろうとしたら 
    鉄棒にぶら下がってジッと私を見てる女の子がいた。 
    同じ学年かひとつ上か、それぐらいの背丈も似たようなぐらいの子。 
    実はドッジボールしてる最中から、私を見てることに気付いてはいたけど 
    特に気にしてなかったんだ。 
    でもその時は何故か、その目線に敵意みたいなものを感じて 
    何だろう?と思って彼女の目線を受け止めてしまった。 
    ジーーーーッと見つめてきたからジーーーーーッと見つめ返したんだよね。 
    そしたら突然私に向かってすごい勢いで走ってきた。 
    まさにイノシシ。猪突猛進って感じ。





    51:■忍法帖【Lv=0,作成中..】2016/08/18(木)10:19:46 ID:p3n
    去年家でろくでもないことが起きまくってた。
    あんまり続くもんだから、父が「先祖の祟りかもしれん」って真面目に言い出して、半分呆れながらお墓開けたら全く知らない無関係の骨壺が増えてた。ワケわかんな過ぎた。





    386 :おさかなくわえた名無しさん2013/04/27(土) 10:48:16ID:RV7Hg6zA
    母の修羅場
    遠方に住む母の妹Aの旦那さんが肝臓がんで亡くなった
    病院から遺体が戻ってきて母と母の妹Aと妹Bの3人がその日の寝ずの番を引き受け
    妹Cとずっと運転して疲れているであろう妹Cの旦那さんは先に休んだ
    夜中12時を過ぎた頃遺体からすごい臭いが立ち込め始めたので布団をめくってみた
    すると下半身や手術跡から体液が漏れ出してきていた
    そのうち鼻や口はもちろんのこと目からまで体液が噴出してきたらしい
    大酒飲みで医者から「内臓がもうドロドロです」みたいなことを言われていたおじさんは
    生きてるうちからもう中が腐っていたんじゃないかと思うほど臭い体液をドロドロと流し続けたそうだ
    気の弱い女(年寄り)3人で一晩中遺体の体液と戦ったという修羅場
    次の日起きてきた妹C夫婦は起き抜けに現状を目の当たりにして{起こしてくれればよかったのに」と言ったが
    とても起こしに行く余裕などなかったそうだ
    妹Aの家のタオルとシーツ類は一晩で全部生ゴミ行きだったそうな





    13:がぶ ◆HsptrkZmYk2011/08/29(月) 00:56:24.56 ID:lFPESDbx0
    10年くらい前に、祖父の家で開かずの間(みたいなもの)を見つけたんだが、その時の体験。


    俺が高2の時に、祖母ちゃんを早くに亡くし、1人でデカイ家に住んでたじいちゃんがとうとうタヒんだ。
    祖父ちゃんは、戦前から鉄工所を営み、その鉄工所はこの町一番の規模で有名だった。
    天皇陛下に瑞宝章を賜った、町の有名人。

    住んでる家も、木造だがかなりデカく、俺等 孫はよく遊びに行ってた。
    祖父ちゃんの49日が住んで、祖父ちゃんの書斎を整理する事になり、親戚一同が集まった。
    男手も必要だということで、俺も参加させられた。

    書斎の本棚には、鉄鋼関係の古い専門書やアルバム、釣りの本でぎっしり。
    それらを本棚から出し、一ヶ所に集め、親戚の叔母さん達が何やら振り分けてる。

    今度はその巨大な本棚を、男連中(伯父さん達や俺)が屋外に出すということで、5人がかりで動かしたんだが、その本棚の裏に小さな引き戸があった。

    このページのトップヘ