怖い話

    338: 恋人は名無しさん 2007/07/03(火) 14:20:56 ID:aOKnM2t20

    投下します 

    携帯電話もWindowsもプレステも無かった遠い遠い昔。 
    本社勤務だった俺は突然営業所開設と新規市場開拓を命じられて某地方都市へ転勤しました。 

    それから毎日が激務の連続だったけど何とか営業所を立ち上げて顧客も獲得し売り上げもそれなりに順調に伸びて利益が出るようになった頃、仕事関連で地元の若い女の子と知り合い一年程度の付き合いを経て結婚しました。 
    結婚と同時にそれまで住んでいたアパートを引き払い、一戸建ての借家を借り引っ越して結婚生活を営んでいたのですが・・・・・・ 

    問題は結婚して3年程度経った頃発生しました。

    179: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/07/26(土) 09:05:15.73 ID:wng3n+az0.net
    ウチの母から最近聞いた話。 

    当時、18とかそこらの母はちょっと距離のあるところで就職してた。 
    百貨店の接客と長時間通勤で精神と肉体の疲労は半端なく、常に肩こりが酷かったらしい。 
    熱い風呂とマッサージで誤魔化してたけど、流石に限界がきたらしく整体へ行くことに。 
    整体の先生が施術しながら、ここのコリが酷いとか片足に体重かけ過ぎだとかをお説教してきて、 
    すこしうんざりしてたんだけど、「枕が合ってない」って言われてドキン!とした。
    そんなに裕福じゃなかった母は昔から重ねた本にタオルを巻いて枕代わりにしてたらしく、 
    その頃もまだ即席枕を使うクセが抜けてなかったそうだ。 
    なんだか見抜かれた気がして恥ずかしかったらしい。二度は来ないな、と決めた。 

    しっかりと施術してもらって身体も楽になった翌日、母はさっそく自分の勤め先の百貨店で枕を買う事にした。 
    まだその頃は、羽毛とか綿とかソバ殻しかなくってビーズやら低反発やらは置いてなかった。 
    母はある程度固くて高さの調節がしやすそうなソバ殻の枕を選んだそうだ。 
    その日、早速買ったばかりの枕を使ってみたら、自分でも驚くくらい熟睡していた。
    しばらく快眠が続いて、同僚からは「最近、○子さん(母の名前)がんばってるね」みたいなこといわれて 
    なんとなく話の流れで肩こりとか整体とか新しい枕の事を話したんだってさ。 
    そしたら同僚の人も「私も枕変えてみようかなぁ」とかいってその人も同じソバ殻の枕を買ったらしい。 
    その日を境くらいに同僚の人はものすごい遅刻が増えたそうだ。 
    理由を聞くと「熟睡しすぎて起きれない」って。 
    かくいう母もこのところ物凄く熟睡してるせいで朝一人で起きれないことが多々あった。 
    当時はまだ実家暮らしで母の母(私の祖母)が起こしてくれてたからいいけど、休日は寝疲れするまで寝てた。 
    肩こりは以前ほど酷くもないし、なにより熟睡できるなら良いかってことで気にもかけてなかった。 

    だけど日に日に眠りが深くなりすぎて、今度は仕事中でも眠気が酷い事になってた。
    それは同僚の人も一緒でとにかく眠くって、家に帰ったらすぐにあの枕で寝てた。 
    最初は疲れてるのかなーと思ってたけど、祖母が心配になって「最近寝すぎちゃうか?」って聞いてきた。 
    -続く-

    368: 本当にあった怖い名無し 2013/11/29(金) 23:56:10 ID:c8dVRPTe0

    幼稚園の頃から一番身体と態度がデカく好き放題やってたガキ大将。 
    当然小学校になっても態度は横柄になるばかりで身体の小さい男子や気の弱い女子がいじめられる毎日。 
    相撲取らされてボコボコにされて歯が欠けたり、色んなものを盗まれた。 
    先生に何度も報告したがガキ大将の両親が典型的なモンペアで全く効果無かった。 
    そんなある日、家庭科の授業で見せられたビデオ。 
    「お菓子ばかり食べると病気になっちゃうよ」的な内容だったがこれはいい情報だと思い被害にあった生徒達と決行。

    給食に出て来たデザートとかを適当な理由を付けて大将に全部あげた。勿論喜んで全部食ってた。 
    通学路から少し外れたらコンビニがあると伝えたら、ほぼ毎日スナック類を買わされたが、皆何も言わずに従った。 
    集団下校で大将は「~曜日は○○が俺の為にお菓子を~」とかシフトを作ってて個人の財布はそれほど傷まなかった。 
    しばらくしたら駄菓子にコロッケとかコンビニスナックを要求されたがそれも構わず買ってやった。 

    で、結果ガキ大将は縦よりも横の方が大きく見えるガキ太将になって中学校生活へ。 
    公立だったから殆ど変わらず、しかも中学からの通学路には途中でコンビニだけでなく肉屋もあった。 
    その頃は大体「コンビニのポテチ2袋に板チョコにペットボトルのコーラ、肉屋でコロッケとかメンチカツとか3個」ぐらいを下校中食ってた。 

    中学二年目、ガキ太将はニキビびっしり面のデブになった。 
    階段を上がるだけで息切れするデブを見て、それでもまだ財布になり続けた。 

    中学三年、デブは病気になって入院して、それから消えた。 
    数年後聞いた風の噂によれば、両足切断して片目失明してもう身体がまともに動かないとか。

    485: 名無しさん@おーぷん 2015/01/15(木)00:05:48 ID:GGS

    上階の奥様が衝撃。
    うちのマンションは最上階だけ広めの分譲で3世帯、
    それ以下の階は分譲の区画を各真っ二つに分けた感じで
    ワンルーム賃貸が6世帯入ってる。
    長方形2つの上に正方形が乗ってるイメージね。
    俺は朝から深夜まで仕事で留守だから気づかなかったけど
    隣家の住人が上階の騒音が酷いって言ってた。
    しかも平日昼間だけらしい。
    隣家の人(女忄生)は夜勤のある仕事だから昼間は寝たいのに
    上階の子供が暴れる音で寝れないから、
    ちょうど俺の部屋も上階部屋の真下なので
    一緒に注意しに来てって言われた。
    女一人だと怖いだろうと思って一緒に行った。
    で、日曜に抗議しに行ったら普通の感じの奥様と旦那が出てきた。
    俺氏
    「下の階の住人ですが、お子さんの暴れる音が酷いです。
    公園とか行かれてはいかがですか?」
    旦那「?」
    隣家「天井の振動で電灯が揺れるレベルなんです」
    旦那「悪趣味ないたずらは止めてください!」
    俺氏「あんた何開き直ってんだよ」
    旦那「うちの娘は7年前に亡くなりました!!」

    ガチで小さい娘がいたけど事故で亡くなってたらしい。
    旦那と奥様涙目。俺と隣家も
    「ガチ幽霊?さすがにひくわ」
    と涙目。
    翌日からも騒音は止まなかったんだが
    旦那が奥様を心配して早く帰るようになったらしい。

    で、結論だが騒音の正体は奥様だった。
    奥様が娘の形見の髪留めとかリュックを身に付けて
    部屋中走り回ったりテーブルから飛び降りたりしてたって旦那が謝罪しに来た。
    俺らが抗議しに行った翌日早上がりした旦那が
    ドアの隙間から見ちゃったんだと、嫁がそんな風貌で暴れてる現場を。
    しかも終始真顔で無言だって。
    一旦帰宅しないで立ち去っていつも通り夜に帰宅したら
    普通の奥様が晩飯作ってたって、今月中に病院連れてくらしい。
    隣家は昨日引っ越したけど俺は貧乏だからどうにもならない。

    このページのトップヘ