復讐





    765:五分刈り ◆K1z/mB9tDA2013/04/04(木) 15:31:24.00ID:SmPN6AJv
    長文スマソ。とりこれでおけかな

    登場人物(復讐当時)
    元上司A
    :弁だけ立つが嫌われマネージャー 30歳くらい
    元上司の上司B
    :その↑くそを庇う結構できる創業メンバー取締役 40歳くらい

    :28歳

    Aは創業からちょっとして
    俺が入社したベンチャー企業に入社していて、
    有名私大卒業していることもあり
    地方の企業としては珍しく、
    なんやかんや会社の意思決定に携わっていて、
    順調に昇進していったらしい

    Bは元外資系戦略コンサル出身で、
    会社の方向性.を一手に引き受けるくらいできる人
    (ただ、優柔不断)

    俺は1期の国立で、学部~院生時代、
    Bの会社でアシスタントのバイトしていて、
    Bのアシもしていた。
    そのコンサルからも内定は貰っていたが、
    Bに誘われ、初めての新卒としてベンチャーに入社

    最初はAとも上手くやっていたが、
    Aは空気よめない、約束破る、朝令暮改だし、
    ロジカルじゃないし
    俺はそういうところ、
    入社半年くらいから本人に指摘していて、
    多分、目の敵にされていたと思う

    外資系のコンサルってバイトと言えど、
    目の前のことをクリアしていけば
    どんどん難易度高めの仕事がふってきて、
    いつの間にか学生にして結構仕事できる感じになってた。
    最終的には提案書のドラフトまで作っていた位。

    なので、新卒だったが、半年もすると、社長はじめ、
    「俺君すごい! うちの会社実力主義だから
    マネージャーやらんか?」という流れになった

    ただ、俺はもうちょっと現場をやりたかったので、
    それを上司Bに言うと
    「プレイングマネージャっていうのもあるから、
    そのうちマネージャーやってもらうぞ」的に言われた





    656:名無しさん@おーぷん2014/08/25(月)10:21:55ID:10bAXL3Oe
    私のペットに頭から洗剤ぶっかけて口や目に入って苦しんでる姿を見て爆笑する旦那
    カッターの折った刃を私の鞄の中に大量にぶち込むコトメ
    くそ暑いこの時期に肉魚卵をわざわざ家の外に放置し、確実にヤバイ見た目と匂いになった物をニヤニヤと私のみに出すトメ
    ベランダから私を狙って皿を落とし、外れると「今日も外れかー!かっかっかー!」と腹を抱えて笑うウト
    きっちり奈落の底に叩き込んで捨ててやった。
    「離婚なんて嘘だろ?」の台詞に目ん玉ポーンだわ。





    367おさかなくわえた名無しさん2006/05/20(土) 18:52:42
    マタ~リ書こうと思います

    当時の年齢 俺21 彼女24 浮気相手のオッサン34

    合コンで知り合った3歳年上の彼女と付き合いだして、半年が経った
    あたりから彼女が「忙しい」を理由に会う機会が少なくなった。
    まぁ向こうは社会人だし仕方ないか、と思いながら大学生活を楽しみながら、特に気にせずに過ごしていました。
    彼女は一人暮らしをしていて、よくその部屋にも行っていました。
    ある日彼女の部屋の近くを通る予定があったんで久しぶりに会おう、
    と思い歩きながら彼女に電話をかけたが、なかなか電話に出ず、ついに彼女の部屋の近くまで来ていました。
    そこでやっと彼女が電話に出たんですが、俺が
    「今から行っていい?」と聞くと、「ゴメン、まだ仕事だから」と言われ電話を切られました。
    「おかしいな?」と思い彼女の部屋の窓を見ると明かりが点いていました。





    442 :名無しさん@HOME2010/01/06(水) 18:50:300
    正月4日、娘連れて挨拶に行った義実家にて。

    風呂掃除&風呂沸かしを命じられたので
    ピカピカに磨いた後、入浴剤を気前良く一本入れてやった。

    晩ご飯に中華料理を求められたので
    麻婆豆腐と餃子と酢豚などと春雨のピリ辛スープを作ってやった。

    全部済んだところでいつもどおりウトメコトメズコトメ子に
    「おまえだけ帰れ」と言われたので上に、
    ダンナにまで「ごめんな、母さんと姉さん叱っておくから」と
    さっさと帰れと促されたんで、娘連れて帰った。

    優しい嫁な私は入浴剤にはアイヌの涙を、
    餃子にはワタをとらないゴーヤを
    酢豚にはアロエを、麻婆豆腐にはハバネロを
    春雨スープにはスイートチリソース(激辛ver.)を
    た~~~~っぷり入れた。
    副えたガラスのコップには水じゃなく
    ポーランドのウォッカを入れておいた(40度)

    昨日から携帯がジャンジャカ鳴ってるけどシラネ。
    怒鳴りながら家凸したんだろうが、そこはもぬけの殻。
    私と娘はマンスリー(荷物運び出し済み)へ逃げ出した後だwww
    これだけやってもお腹の赤ちゃんは戻らない・・・・
    スッキリしたのにまだ涙が止まりません。





    622 :名無しさん@おーぷん2014/05/31(土) 00:30:54ID:3ZnyTd7cr
    イジメの延長でレープされたから復讐した話

    お金にものをいわせてイジメてた3人の女とレープした男の下半身を物理的にぐちゃぐちゃにした





    688 :名無しさん@おーぷん
    結婚したのは復讐なこと。
    20代前半で恋愛経験も浅く、そんなとき知り合った舞台俳優の彼。
    ご飯に誘われてそのままお持ち帰りされ、本当にウブだったわたしは体の関係を結ぶ=付き合う と思っていた。
    しかし特になんの話もないまま朝を迎え、そのまま仕事に行き
    仕事先の大人の人に話してようやく体だけと気付かされ、ウブだったわたしはかなりのショックを受けた。
    しかし日が経つにつれ、そのような扱いを受けたことにイライラとして、このときにただでは転ぶまい、と復讐を誓う。
    彼はその後もちょくちょく連絡をしてきて、その度ご飯→お持ち帰り。この時に他に4人くらいの女がいることに気付く。
    そこからはとにかく自分といるのが一番居心地よく努め愛情を注ぎ甘えられる存在になるようにした。
    もともと家庭環境が悪く愛情に飢えてるタイプだと思っていたので、どんどん私に依存するようになり、とうとう他の女とは切り彼女になり同棲を始めた。ただちょくちょく一夜限りの浮気はしているようだった。
    このあたりで20代半ばになったわたしは、どうしても子供がほしかった。彼は舞台俳優なこともあってイケメンだった。その遺伝子がほしい。
    そこで彼には生理痛が重いからピルを飲むといい避妊をやめる。
    8ヶ月ほどして妊娠。彼はこどもにわたしが取られるのが嫌だと言いおろすように説得された。
    しかしもともとチキンな彼はわたしが絶対産むと言い張ると、折れて結婚する、と言ってきて、晴れて結婚。
    が、やはり愛情に飢えてる彼は子どもが産まれ、そちらにかかりきりになっている私をよそに浮気。
    必ずやると思っていたので証拠をざくざく集めて弁護士へ。
    結婚年数が少なくわたしがまだ二十代で若いということもあり慰謝料はあまり望めないと言われたので、離婚はせずに別居して都合のいいお財布にしている。
    わたしは実家で妊娠中から浮気されたかわいそうな娘と孫として楽な生活をさせてもらって、イケメンの遺伝子を受け継いだ可愛い子どもと楽しい毎日。
    ここまで全部シナリオ通りになっている。
    子どもが幼稚園になったら働けるのでそれまではいいお財布でいてもらう。
    これがわたしの復讐。





    558 :おさかなくわえた名無しさん2013/11/21(木) 13:28:44ID:5NSmEK57
    武勇伝とまではいかないかもだが。長文。
    俺は中学時代3年間イジメられていた。DQNグループ数人を筆頭にほぼ学年全体で無視、典型的なイジメは全て受けたと思う。
    朝登校したら教室に付いてたベランダに机一式を出され、中に入れようとベランダに出たら鍵を閉められそのままHR。担任もHRが終わっても見て見ぬ振りをし教室を出た、なんて事もある。





    287 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2017/02/17(金) 14:48:41ID:ShgNgmGq.net
    親戚の子供の話。
    その親戚は母子家庭で中学三年の男子の一人っ子。この男子をB君とする。
    B君は基本的に物静かな性.格。しかし部活はガチガチの体育会系。試合の時などは闘争心丸出しで頑張るという、静と動の切換がある。
    さらに言うと勉強は嫌いだが頭の回転は速い。ニュースなどもよく見ており、世界情勢の話題なんかでも大人と遜色ないくらいに話せる。

    そんなB君が三年の夏休みの前日、教室で友達としゃべっていると後ろから消しゴムをちぎっては投げてくる馬鹿がいた。こいつをCとする。
    B君ははじめ無視していたが、しつこく投げてくるCに止めるよう言うが止めない。
    頭にきたB君はCの手を払いのけたが、その拍子に持っていた消しゴムが飛んでいった。普段B君は逆らったりすることがなかったので、Cはたったそれだけで逆上しB君に殴りかかった。
    その所為でB君の右目は大きく腫れ上がり、眼球の毛細血管が切れ白目の部分が赤く染まった。病院で診察をうけた結果、しばらく激しい運動は控えるようにとなった。

    間の悪いことに夏休みに入ってすぐ、三年間頑張ってきた部活の試合があった。B君は怪我のため出場できないことが確定した。
    B君の悔しさたるや計り知れず、友達が遊びの誘いに来るも家に籠もる日々だった。

    Cの暴_挙から5日くらい後、学校からCの親御さんが謝罪に伺いたいと連絡があり、担任、C本人と母親の三人が自宅に訪れた。
    B君は部屋に籠もっており、母が相手をしていたがCの担任が直接謝罪がしたと言い、B君はしぶしぶその場に出た。

    続く





    396 :2014/09/30(火) 03:15:57ID:Hrfm0tFQj
    中1の夏、父の浮気相手から電話が来た。

    電話嫌いの私が無愛想な低い声で対応したせいか、
    浮気相手は母と間違えたらしく、
    旦那を大事にしない、主婦のくせに家事をしない、子供に父親の悪口を吹き込むなんて最低!
    と散々わめきちらし、ガチャ切り。

    何のことだかわからずに受話器持ったまま、しばらく呆けてた。

    母は大好きな仕事を辞めて、祖父母(父方の両親)の介護に専念してるが、
    母から父の陰口なんて聞いたことがないし、
    介護の愚痴も聞いたことがなかった。
    家事が疎かになることもなく父が晩酌するときは必ずおつまみを作っていた。

    誰かと間違えてるのかと思いたかったけど、
    浮気相手はしっかり私の名字と父の名前を言っていた。

    ずっと仲のいい両親だと思っていた。

    どんなに疲れていてもニコニコしてる母に告げる気になれなかった。





    404 :sage@\(^o^)/2017/03/07(火) 22:38:43ID:0ZtaLsl0.net
    中学のとき、後ろから頭をスパーンと叩かれる事があった。
    振り返るとクラスメイトのAが
    「あっ、ゴメンゴメン。Bと間違えた。本当に御免なさい!」
    とすごく申し訳そうな顔をしてあやまってきた。
    実は先日も同じ事があったのだが、確かにBと自分は良く似た
    背格好だった事もあり、
    「ホント困るわ~勘違いもいい加減にしろよな~」
    とか言ってその場は許してやった。

    翌日、本屋に寄った際、AとBが棚の向こうで何か話しているのを見つけた。
    二人の関係性.に興味があった自分がこっそり聞き耳を立てていると、
    A「おまえと間違えたって事にして自分君ひっぱたいてやったぜ。ふひょひょ」
    B「お前も悪いやつだな~ 俺をだしに使うなよ。俺は知らんからな~」
    みたいな会話が・・・

    当時の自分は人を疑う事を知らない純粋な良い子だったがその話を聞いて、
    「世の中にはこんな悪い奴がいるなんて・・・ゆるせん!!!」
    と、もの凄い衝撃を受け復讐を決意することに。

    味をしめたAが再び間違いを装ってひっぱたいてくること予想し、
    その日から敢えてAの少し前を歩く事を意識して過ごしていた。
    しかし、ずる賢いAはなかなか人前では動いて来ずやきもきする
    日が続いていた。
    そんなある日、体育のため着替えてグラウンドに移動する時に
    ちょっと人気の少ない廊下を通る機会があった。
    廊下にはAと自分と女子2人しかおらず、自分はここでAが動いて
    くると直感し上手くポジショニングした。

    このページのトップヘ