821 :名無しさん@おーぷん
彼氏とは21歳で付きあい始めた。当時向こうのご両親は優しかった。
24歳の時、私の父が他界した。
それをきっかけに向こうのご両親の態度が変わっていき、彼も感化されて横柄になっていった。
ある時「そっちの方が片親で条件悪いんだからさ」と
半笑いではっきり言われ、冷めて別れた。
別れる時、理由は告げた。
彼は「そんな事くらいで俺を嫌いになるわけ?」となぜか泣いていた。

ここまでが6年前の話。
元彼から「母が亡くなりました。君の気持ちがようやくわかった」とメールが来た。
父親ががっつり老けこんじゃって、家事が大変で、父の愚痴がうざくて外食続きです。
このままじゃ俺、体壊しちゃうよ、だそうだ。
「俺がもし心も体も病んでしまったら、君を幸せにすることもできない」

いやしてもらわんでいいし。
察してちゃんな文面もうざいが、元彼の家にこっちが行く前提なのもうざい