帰省

    280: 名無しさん@HOME 2013/12/03(火) 01:30:51.79 0

    いつも年末年始は車で1時間ほどのところにある
    ウトメ宅に5日くらい泊まるんだけど 
    今年の年末は夫が仕事の都合で帰省できないので 
    私もいいやと思って先日その旨をウトメに連絡しがてら家に行ったら 
    コトメたちも来てて 
    「夫くんは仕方ないけど嫁ちゃんだけでも来なよ。
    おかあさん忙しいからさ。それがマナーでしょ」

     

    みたいなことを上から目線で言われた
    夫「え? かあさんそんな弱ってないだろ。
    嫁一人だけで行くことないじゃん」 

    ウト「嫁一人だけでこちらに来てもつまらないだけだろう」 

    コトメ「でもでも年末年始は嫁なら泊りがけは必須で…!!」 

    トメ「嫁ちゃん、またの機会でもいいし、年末に来てくれてもいいよー。 
    コトメちゃんはコトメ旦那くんの実家に行くみたいだから
    来てくれたらにぎやかだしねー」 

    コトメ「え? あたしはここに帰ってくるけど?」 

    夫ウトメ「「「何で? 結婚してるのに何で???」」」 

    以前から「これって微妙?」と思う発言をコトメからされてたんだけど 
    ここまではっきりおかしいのは今回が初めてだった 
    夫やウトメの反応に安心したけどちょっと吹いたw

    797: 名無しさん@HOME 投稿日:2014/12/27(土) 12:47:02.86

    流れ読まずに 
    兄嫁から正月の帰省についてメールが来た 

    1.お年玉は1人三万円以上にしてください 
    2.元旦はしゃぶしゃぶなのでコトメさんはお肉を用意してください(肉の種類指定) 
    3.長女として夫に交通費とお礼金を渡してください 

    そのまま兄と両親に転送しといた 
    後は知らない 
    なぜ交通費を渡さなきゃいけないのか 
    何のお礼なのか聞きたいことは山ほどあるが今年は旦那実家に帰省するんで聞けない 
    毎年やらかす人なのでいい加減兄にムカついてる



    ※結果報告なしm(__)m※

    560: 名無しさん@HOME 2014/08/11(月) 11:20:10.47 0
    明日から義実家に帰省予定なんだけど、義実家に住んでるコトメから 
    「私は今年旅行も行かないし、家にいるんだから、あんたらは来ないで。」と 
    電話が来た。どうしても行きたいわけじゃなく義理だったから 
    旦那と話して旦那から「姉貴が来るなっていうから行かない。」と電話して貰った。 
    そしたら義母からぎゃんぎゃんと「嫁のくせに」と電話が来た。 
    旦那が怒って先に姉貴と話し合えと言ったら、コトメはとっくに友達と海外だそうだ。 
    なんのためにこんなことするのかわからないけど、普段からいじめてやろうという 
    態度で針小棒大で義母に私のミスを言い立てる人なので、好意ではないこは確か。

    630: 名無しさん@HOME 投稿日:2014/08/15(金) 15:15:46.06
    吐き出し。 
    コトメ(夫の姉)は海外在住。現地の人と結婚して、2歳男児もち。 
    子連れで義実家に7月中旬から一ヶ月間帰省している。 
    我が家はお盆の3日間訪問する予定だったが、直前にウトから電話があった。 
    トメが倒れたので、帰省は中止してほしいとのこと。 

    どうやら、コトメは久々の帰省にはっちゃけて、子供をトメに丸投げして 
    あちこち遊びまくっていたらしい。 
    (コトメ夫は滞在期間の最後の一週間だけ来る予定だった) 
    70代のトメ一人でやんちゃ盛りの2歳児の相手ができるわけもなく、過労で倒れた。 
    残りの一週間、うちにコトメ一家が泊まれないかとウトから打診があったが、夫が断った。 
    その後コトメ本人から「3日間でもいいから!」と懇願されたが 
    義実家の電子レンジをこわすような2歳児は無理です。 

    一番悪いのはコトメだけど、ずっと奴隷状態で今は「私が倒れなければ~」と悲劇のヒロインなトメも 
    やりたい放題コトメを諌めず放置したウトも悪いと思う。

    110: 名無しさん@HOME 2012/01/05(木) 23:17:25.77 0

    嫁は奴隷だと思ってるトメ。 

    帰省の度に掃除洗濯など山のように押し付ける。 
    食洗機があるのに手洗い強要、庭掃除も早朝にしろなど、夫とウトが言ってもきかない。 
    やらなければネチネチうるさい。 

    年末に右手を怪我したので、肩まで包帯ぐるぐるで帰省。
    あれこれ用事を言いつけられても、 
    『すみません、きき手怪我してるので』 
    と逃げ昼から飲んだくれた。 
    言いつけられた用事は夫とウトがやろうとして、 
    『あらいいのよ~お母さんやるから!』 
    とトメ自爆、正月にやらなくていい事まで動いてた。 
    私は何にもせず、のんびりくつろいだ帰省だった。 

    本当は薬指を3針縫うだけの怪我だったのに、大怪我を装っていた。 
    それに両ききなので、左手も使って少しはできたけど、動かず飲みまくった。 
    小さい事ですが自分はすごくスッキリした。 

    このページのトップヘ