守銭奴





    711 :名無しさん@おーぷん
    うちの親、特に母親の金銭感覚がおかしい。子供の頃からずっと違和感があった。

    うちの場合、おかしい、というのは散財するとかではない、一般的な相場というのが理解できないらしい。
    例えば、中学生の子供に「これで靴(通学用のローファー)を買ってらっしゃい」といって1000円を渡すとか。
    今でこそ安い靴屋もなきにしもあらずだが2-30年前では1000円で何が買えるのか?
    それじゃ買えないと靴を買えるだけのお金を要求すると大騒ぎになる。

    買い物に行くと「高い高い高い」とつぶやいて何を買うにも一番安いものを買う。

    母親の知り合い同士で大人だけで食事&お茶だとランチとかを利用するにも1000円ぐらいはかかる。
    でも母親は数百円で済ませるつもりだったからやっぱり「 高い高い」

    で、うちが貧乏だったらそれでもいいのだが、父親は人並みに稼いでいたらしい。

    なんでなんだろうってずーっと謎だったんだけど、最近親戚の伯母さんから母の学生時代のときの話を聞いた。
    母は学生時代、洋服とか靴とかを自分で一切買わずに済んでいたらしい。
    すぐ近くに洋裁学校に通う同級生が居たのだという。洋裁学校って毎日のように何かしら縫う必要があり
    母の母(私から見て祖母)が その家に布代を援助する代わりに縫った服を母親用に貰い受けていたのだという。
    だから母親は普段着からちょっとしたお出かけ着までほとんどその近所の人が縫った服で済ませていた。

    ちなみに百貨店で服売り場より生地売り場が幅を利かせていた時代。

    洋裁学校といっても近所の人が行ったのはその地域でも当時トップレベル学校で、確か当時3年?で最後には
    コートのようなものまで作ったらしい。だから母は学生時代から就職して結婚するまでの4−5年間、ほとんど服を
    かわずに済んでいたのだという。さすがにちょっとしたものは親から買ってもらっていたが、まだまだ豊かではなかった時代、
    1つを買って壊れるまで使うのが当たり前だったので今ほど服飾品はそんなに買わなかった。





    51 :名無しさん@おーぷん
    私の母の口癖は「貯金」

    子供の頃から祖父母にもらったお年玉とかは貯金するからといって取り上げられてた
    実際に郵便貯金にはしていたみたい。ただ、うちはそんなに豊かではないというか、両親の金銭感覚が
    ちょっとおかしくて私が小学校高学年のときだったから、父親の礼服を買うからってその貯金を使われてしまった。
    母はあとで返したっていうけど、それいらい母の事も信用できないし、貯金ってばかばかしいと思うようになった。

    貯金がないのをたたく人も居るから断っておくが、私の母親って、生活に必要なものを節約と称して我慢させて
    不要なものや見栄にお金を使うタイプだった。

    私も成長して就職したら「給料の半分は貯金しなさい」とか偉そうなことをいってきた。

    新卒で会社の寮(食事はなし)にはいってていろいろ引かれたら手取り12万かそこら、残業とかがあると20万近くになるから
    なんとか生活できる。給料の半分を貯金したらかろうじて食うや食わずじゃないか。そんなに貯金できないよ。

    と、貯金してこなかった。ただし、最低限の積み立てとか保険とかはさすがにやっていたが私の頭の中では
    それは貯金には入っていない。

    その後縁があり、結婚したら今度は「共稼ぎなんだから嫁さんの給料は全部貯金しろ」っと偉そうに言ってきた
    無理無理、旦那とあわせてなんとか40万いくかいかないか。
    母の脳内では不要なものを一切買わず、地味に生活すればそれぐらい簡単なんだそうな。
    うん、服とか化粧品とか一切お金を掛けずに、小汚い格好で会社に行ったり取引先に行くならそれも可能。
    でも実際は社会人として最低限の身だしなみ(スーツとかふさわしいバックや靴)を買うと、毎月それなりにお金が必要。
    別にブランド物を買わなくても、ちゃんとした格好をするにはお金が必要。

    でも母は靴は合皮の安いやつが幾らでもあるのに、なぜ皮の高い靴を買うのって言うんだよ。

    いい歳してあからさまに安い靴で客先いけるかっての。

    こんな感じで母のいう助言は実現不可能&的外れなのでスルー、現在に至る





    617名無しさん@HOME2014/06/04(水) 16:42:15.69 0
    割入りますが、愚痴聞いてください。
    実家はもともと祖父母と同居していたので、中途半端な二世帯住宅。
    祖父母は数年前に相次いでタヒ去。残ったのは私と兄と両親です。
    兄は就職のため自立して会社の寮に入って、社内結婚して社宅に入ろうとしたら
    不況で社宅が全部売り払われてしまった。それで同居させて下さいと
    二人で頭を下げて来ました。中途半端と言うの水回りは一つしかないけど
    部屋はたくさんあるから子供が出来ても、若夫婦には三部屋位さけるので
    同居を両親が了解した。


    この時に出ておきゃよかったんだけど
    下手に部屋があるし、猫を室内飼いしてたから、ペット可の賃貸物件探したら
    めったになく、あっても高かったので、諦めちゃったんだよ。
    それまでも両親に食費として三万入れてたけど、兄達が家賃も含めて十万入れると
    聞いて五万に自分の判断であげた。
    しばらくして妊娠して会社を辞めた兄嫁が家の事をやるようになって
    遠まわしに五万では足りないと言われた。光熱費を考えてないんでしょ?と
    言われたので八万出した。また一年後に足りないと言われて十万になった。
    後から知ったけど兄夫婦は子供が出来たからと、びた一文いれてなかったそうだけど。
    でも友達にその話をしたら、古い物件だけど五万でペット可の物件知ってるよって紹介してくれた。
    そのころ社内資格が取れたので、給与が上がったこともあり、なんとかやっていけると
    思い切って家を出ることにした。

    このページのトップヘ