子供





    695:投稿日:2013/09/29(日) 05:52:23.94
    10数年前の帰省の時
    嫁・自分・7歳長男・3歳次男で新幹線に乗った
    混む時期ではなかったが、運悪く前日に地震があり
    半日運休して、その日の朝運転が再開されたため乗車率200%だった
    指定席をとっていたので、席には座れたが通路まで人がいっぱいで大混雑していた
    地震の影響で減速したり、本来止まらないはずの駅でも停車するなどして、時間も大幅に遅れ
    皆身動きも取れないくらいで、駅を出るたびあちこちで「混雑で降りれませんでした、次の駅で折り返します」とか携帯で連絡する声が聞こえていた
    子供たちが飽きてきたり、寝たりして予定が狂いながらも、なんとか目的地に到着
    子連れなので早めに席をたって、出口近くに移動していた
    いよいよ駅が近づくと、同じように出入り口付近に人が押し寄せてきた
    一個前の駅は、利用者の多い大きな駅で、大勢がおり遅れていた
    この時点で俺が下の子を靴を脱がせて抱っこして
    嫁が上の子と手をつないでいた
    ところが駅に着くと、前の駅で降り遅れた人が今度こそ降りようと後ろから押しのけてくる
    子供をかばいながら、もう片方の手で側にいた妊婦さんをかばって何とか駅に降りた
    妊婦さんに気を取られているうちに、少し先にいたはずの嫁を見失い
    周りを見渡すと、自販機のそばで嫁を見つけた
    人ごみをかき分け駆け寄ると嫁は呆然と俺を見ている
    長男がいない?長男のリュックだけ持ってる?
    ゾッとして振り返ると、乗り込む人波に押し戻されて、通路に押し込まれる長男が見えた
    そのままドアが閉まり、新幹線は発車してしまった
    呆然としたあと、我に返り駅員に事情を話し、社内アナウンスを頼んで
    次の停車駅に鉄道警察の人を手配してもらった
    迎えに来た嫁両親に、泣いている嫁と長旅と人酔いでぐったりしている次男を預け俺が駅長室で待機





    466 :名無しさん@HOME 2010/09/18(土) 02:03:25 0
    義弟の大昔の写真は、天使みたいな可愛い顔立ちと薄茶色の天然パーマだった。
    現在は、なかなか禍々しい顔立ちと薄いポヤポヤ頭。

    姑によると、声変わりと共に、あれよあれよと様変わりしたそうだが、
    今でも自分が天使みたいな童顔だと思い込んでいて、
    「俺は年齢不詳系だからぁ~」とか「まだまだガキなんだよな、俺って♪」と気持ち悪い。

    お盆に来てた遠縁の子供達に
    「じゃあ、おじちゃんは『とっちゃんぼうや』なの?」(親類の陰口を聞いてたらしい)
    「50歳に見えるけど10歳とか?」等々、悪気のない澄んだ瞳で質問攻めにされてた。
    怒るに怒れない35歳の堕天使が、ちょっとだけ気の毒に思えた。





    68 :名無しさん@HOME 2014/05/19(月) 16:52:38 0.net
    修羅場兼墓場まで持って行く。
    フェイク入れまくり吐き出しです。
    不快に思う人もいるかもしれませんすみません。

    私は所謂ガリ勉で学歴職歴はスイスイきた。
    その代わり男忄生には全く縁がなく、それも当然の喪女ぶりだった。
    女子校育ちで女友達は多かったため男なんかいらんと嘯いていた。
    でも本当は子供の頃からずっと恋愛や結婚や育児に憧れてた。

    翻って、妹はDQNであった。
    私に厳しくしすぎた事を後悔した母親が
    妹には絶賛ゆとり教育を実施、見事に馬鹿に育て上げた。
    イジメ万引き酒煙草家出コンボでしかも反省しない。解らない。
    妹は見た目や言動が可愛らしく愛嬌があったため、
    見逃されてきて14の頃には手がつけられない状態に。
    父も兄も激怒、母泣く。そんな妹が18の時妊娠、一応結婚。
    相手は同じ年の男の子で勿論DQN。勿論離婚。逃げて行方不明。
    乳飲み子を抱えた妹は鬱になり子供を置いて遁走。
    私が見つけ出して説得、妹は子供を育てられないという結論に。
    両親は高齢、兄夫婦(40代)は子供三人抱えて無理、親戚も無理。
    里子に出すしか…というところで私(30代)に白羽の矢が立った。
    私は独身だけど収入は問題なく、家事は得意。激務でもない。
    周りから押し切られるかたちで両親と協力して育てる事になった。
    あの時の兄嫁のほっとした顔は忘れない。
    それからシングルとして妹の子を正式に引き取り、家族に。
    数年経った今、妹も兄嫁も両親も私には頭が上がらないという感じ。





    689 :可愛い奥様@\(^o^)/ 2017/01/14(土) 10:25:46.02 ID:Lp3gey3cO.net
    近所に、再婚の邪魔だと前夫の子を施設送りにした母親がいる
    再婚相手は金持ちだったんだと

    再婚相手とは子供に恵まず、相手にまた先立たれ、広いお屋敷で寂しく暮らしているよ
    どこで調べたのか、成人して家庭を持った前夫の子に会いに行ったけど、めちゃくちゃ他人行儀だったんだって
    「こちらの奥様に挨拶なさい」と自分の子供に言っていて、心折れたんだって

    寂しい寂しいって口癖のように愚痴っているけど、近所では前夫の忘れ形見を捨てたバチがあたったともっぱらだよ





    9 :名無しの心子知らず@無断 2015/03/02(月) 20:19:55 ID:ZfEEvhdS
    ママ友子が欲しがってた限定のおもちゃ。
    どこに行っても既に完売で手に入らなくてー。と言われて、じゃあ見掛けたら代わりに買っておこうか?と聞いたらお願い!と言われた。
    で先日見かけたので連絡したらまだ買えてないから買っておいてーと返信が来たので領収書と合わせて今日渡したらありがとう!だけでお金貰えなかった。
    いや、言わなかった私が悪いのは百も承知だけど普通金額もわかるし事前に用意しておかないか?
    なんかそんなに高いわけでもないからわざわざ言うのもなんだし…とモヤモヤしてる。





    946:名無しの心子知らず2009/05/20(水) 20:36:15 ID:PlAZ9xaN
    名前は「あおい」ってずっと決めてて
    無事生まれて「蒼衣」にしようと思ってたのに
    義姉から「蒼」は人名に使わない方がいいとか言われて

    結局ひらがなにしてしまったけど後悔してる

    使われてる子普通にいるし
    なんで意思を貫けなかったのかと
    娘にも申し訳ないよ





    714:おさかなくわえた名無しさん投稿日:2013/09/13(金) 02:12:53.37 ID:6p3KLvUc
    もう寝るから書き逃げ
    自分の人生最大の修羅場
    もう5年前の話だが、自分は交通事故にあったらしい

    らしいというのは、横断歩道の信号待ちしてて・・・
    でそれ以降の記憶がなかったから
    気付いたら知らない天井
    その事故があった日から一年半近く経っていた
    生タヒをさまようレベルだったと聞いた

    自分が目覚めたのを聞いて、両親が駆け付けてきてめっちゃ泣かれた
    思いっきり泣いた後、信じられないことを言い出した
    自分が意識不明だった一年半に嫁と子供が亡くなったと言われた
    嫁は脳梗塞、子供は吐瀉物が喉に詰まって窒息タヒだった
    まだ一歳にも満たない我が子と愛する嫁を気付いたら失ってた
    あの時ほど絶望したことはなかったよ

    丸一ヶ月くらい無気力で、時には嫁と子供の事を思い出して泣いていた
    そんなある日、夢に嫁と子供が出てきてやんの
    嫁は何も言わず、ニコニコしてて、子供はキャッキャキャッキャ笑ってた
    なんか知らないけど、生きなきゃって気になって、
    まずは墓参り行かなきゃと思い至った
    それから必タヒでリハビリをして退院当日にその足で墓参りへ行った
    嫁と子供がいない我が家が寂しすぎるよ
    今では仕事も完全復帰したけど、時々家族を思い出して泣きながら生きている

    書いてたらまた泣けてきた
    寝る





    356:悩み中2014/06/02(月) 22:26:35
    聞いてほしいんですけど良いですか?





    540:名無しの心子知らず@無断\(^o^)/2014/12/18(木) 12:48:02.12ID:fxp2VIlQ.net
    検査の結果21トリソミーでした。
    検査する時に夫と話し合った通り、中絶することにしました。
    元々、検査の結果陽性.なら中絶と決めていたはずでしたが、、
    いざ実際となるとネットでいろいろダウンの子のことを調べたりしてしまいます。
    そうしてネット検索ででてくるダウンの話は美談ばかり、
    「天使の子」「もう一度子供を選べたとしてもこの子がほしい」ダウンをもつ両親のすべてが前向きに幸せにいきているわけでは無いにしろ
    幸せにやっている人たちもいる。自分もがんばれるんじゃないか?
    調べれば調べるほど、話せば話すほど「産むべきではないのか」という方向へ心が傾きます。

    「命は尊い」という言葉は絶対的に正しく、この言葉の前ではどんな論理ももろくくづれる。
    大きくなったお腹の中にやどっているのは間違いなく命です。

    それでも中絶します。

    決断には様々な要素がありますが、夫の言葉も大きかったです。
    「検査をしてしまった上でダウン症の子を育てていけば、いつかかならず、
    なんでこんなにつらい思いをしなくてはならないのか、不幸なのか、なんであの時中絶しなかったんだろう。
    一時的だとしても、そう思う時が必ずある。それは目の前の子どもにタヒねばいいのにと思うのと同じことだ。」

    「誰かの意見に左右されるような中途半端な覚悟で産んだり中絶しちゃいけない、だったら事前の相談通りにすべきだ」

    がんばってきます。長文失礼しました。






    268::2011/07/10(火) 21:48:40 ID:
    配偶者じゃないが、情事の間に子供から目を離してころしてしまった女なら知ってる。
    旦那と親に物凄い勢いで凹られ蹴られしていたが、俺を含めて誰も止めなかった。

    このページのトップヘ