嫁いびり



    11 :名無しさん@おーぷん
    回り回って、新婚の義弟嫁に届け!

    第一子が産まれた時、赤ちゃん好き(ぬいぐるみ的な意味合いで)の姑が一人で面倒をみたがった
    本当は姑に赤ちゃん預けて私が働くと思ってたんだって
    なんで育児経験のない姑に預けないといかん!(姑はその姑に子供を預けて仕事した)
    でもある日の里帰り、玄関先で手にお金を握らされて赤ちゃん奪われて鍵かけられた。
    「そこまでして面倒見たかったのか、しょうがないね」
    と旦那と二人でお昼を食べに行った(1000円では吉野家しか入れなかった)
    1時間もしないうちに帰ってみると外まで赤ちゃんの泣き声が響き渡ってて
    玄関には鍵がかかってるし、旦那は合鍵持ってないしでパニック





    938 :名無しさん@HOME 2013/06/23(日) 04:11:03 0
    義実家(車で30分の距離)に行ったら 
    コトメが滞在2週間目だと言ってた。 
    で、私の顔を見るなり 
    「お盆なのに嫁が(夫の)実家にこないなんて恥ずかしいわよ」 
    と怒鳴った。 

    「お義姉さんは何やってんですか。 
    おにいさん(コトメ夫)の実家に行かないで 
    自分の実家で昼間っからソファーに寝転んでビールですか」 
    と言い返したら 
    「嫁のくせにな生意気!キーッ」と叫んだ(ほとんど酔っ払い)。 

    義母もなさぬ仲の娘だからって甘やかせすぎ。 
    義父は一人娘(他に男2人いるけど)だからって可愛がり過ぎ。 
    私はあんな理不尽な人には負けない。




    687 :1/4 2010/11/27(土) 21:09:31 0
    もう10年も前の事だけど、ウチの元トメは人前ではとってもいい人だった。 
    でも二人きりになると…っていういわゆるテンプレ的なババァ。 
    当時2chがあれば録音でもしたんだろうけど、 
    そこまで頭が回らずに、夫に訴えたりしていた。 

    しかし人前では本当に本当に穏やかで優しくて高い服や高級食材などをくれたり、 
    何かあれば本当にいたわってくれるような人だったので信じてもらえなかった。 
    おかげで元ウトも、元夫も私を疎ましく思うようになり、 
    話し合いをしても、温厚なウトが 
    「なぜトメ子をそこまで貶めるんだ!」と怒る位。 
    もちろん元トメは泣きながら「私が悪いの、嫁子ちゃんを責めないで!」って感じ。 
    それ以来、元トメのいびりは陰湿さに磨きがかかった。





    138 :1/2 2007/06/13(水) 11:06:04
    私が言ったことじゃないんですが、スカッとしたので書かせてください。 

    出産入院中、隣のベッドの人がそこの旦那と子供の名づけで話し合っていた。 
    奥さんは、女の子は○○にしようと決めていたから○○とつけたいと言っているのに 
    そこんちの旦那は「フーン」と聞いてるか聞いてないかわからない適当な返事。 
    三日目くらいにそこのうちのトメが来たとき、
    奥さんが「子供の名前は○○に…」と言いかけたら
    トメは「私ね、さっき赤ちゃんの顔見てひらめいたのよ!名前は×子で決まり。いいわね?」と。



    817 :名無しさん@HOME 2012/08/02(木) 14:38:40 O
    ちょうど一年前にしたDQN返しの話を。 

    二年前に産まれたばかりの娘に「コトメちゃんのとこより早く産まれてくるなんて空気読めない子ね」と言ったトメ。 
    コトメちゃん(旦那妹、いい人)は予定日過ぎてて、私は早産だった。 
    小さくて保育器の中で頑張ってる娘にそんな風に言って笑っているトメにショックを受けてしばらく声が出なくなった。 
    その後すぐにコトメちゃんが男の子を出産、トメフィーバー。 
    病院に持っていくため搾乳している私に「コトメちゃんの子は自分で吸ってるのに。出だしから出来の悪い子だね」と笑って言った。 
    まだ私も入院中で娘とは別の病院だったから、私が元気に産んであげられなくてと一人で泣いてた。 
    とにかく私のせいでと責めて過ごした。 
    忙しくて面会時間ギリギリに来てくれる旦那には言えなかった。 
    旦那は娘と私の病院を行ったり来たりだったし、仕事も忙しかったし。 
    だけど娘が退院決まった日、トメが「あの子の介護とかはあんた一人でしてよ。大事な息子にそんなことさせないでね」と電話してきて何かが切れた。




    35 :名無しさん@HOME 2003/04/11(金) 15:23:00
    もしかしたらDQNかもしれませんが… 

    私はアレルギーなのか、いわゆる「インスタントだし」を使った料理を食べると、
    喉が痒くなって喘息のような症状が出ます。 
    化学調味料系は、吐いてしまいます。 
    これが、煮干や鰹節で取っただしだと平気な私。 
    なので、おちおち外食も出来ません。 
    そのことは結婚してから、何度も何度も言ってきました。 
    騙されて食べて、その場で呼吸困難のような症状でダウンした事もあります。 
    年々症状は重くなる一方でした。 
    なので油断も出来ず、常に薬を持って旦那実家へと行っていました(必要なときだけ)。 

    先日、トメの親戚が来るので顔を出すようにと言われ、旦那実家へと行きました。 
    食卓に並んだものは、焼き鳥・お寿司・トメの作ったお惣菜などなど・・・ 
    ぱっと見て、問題がなさそうなものを選んで食べていました。





    867 :名無しさん@HOME 2011/08/08(月) 05:02:42 O
    空気読まずに投下。 
    嫁の持ち物、言動にいちいち文句つけるトメ。 
    嫁子が入籍と同時に妊娠しなかった事も、
    自分から同居をお願いしない事も、
    とにかく全部気に入らないらしい。 
    「何で嫁子さんと嫁子母さんは猫なんか可愛がるの!私は犬派なのに!」 
    とか訳のわからない事でいきなり怒られたりもした。 

    子も生まれたし、強い母にならなきゃと思って反撃開始。 
    義実家に孫の顔見せに行った時、 
    「今、虐待って多いんですってね~。
    こんな可愛い赤ちゃんをどうして虐待なんかするのかしら~」 
    と、こっちチラチラ見ながら呟くので、そうですねと深く頷いておいた。 






    737 :名無しさん@HOME 2011/06/22(水) 14:44:27 0
    私が娘を出産→退院した日に自宅に押しかけて来たトメ。 
    赤ちゃんの顔を見るなり、 
    「あらー息子君に似てないのねえ。本当に息子君の子なのかしらー。」 
    とニヤニヤ。 
    夫が「そうに決まってるだろ」とキレるも、 
    「わからないわよー。誰の子かは産んだ本人にしかわからないんだからー。」 
    そこにトメを回収に来たウト登場。一言、 
    「で、俺の息子は誰の子なんだ?」 






    256 :名無しさん@HOME 2012/01/08(日) 23:22:08 I
    義実家に行って来た。 
    私たち夫婦と1歳10ヶ月の息子(喋れない) 
    トメはコタツでダラダラし、私たちは息子の遊び相手をしていた。 
    すると、車の音が聞こえたので義弟夫婦が到着がわかった。 
    荷物の搬入を手伝うために玄関まで出て行ったら義弟夫婦と対面した。 
    簡単に挨拶をすませたら義弟夫婦が息子に大好きなおもちゃを持ってきてくれていた。 
    狂喜乱舞になる息子… 

    私「息子!ちゃんとお礼してからでしょ!」 
    義弟嫁「まだムリだよねぇ~欲望のままな歳でしょ?」 
    私「本当にありがとうございます。」(息子を捕まえてお礼させる) 

    トメ登場 

    トメ「この子はお礼も録に言えないの?!」 
    トメ「お礼っていうのは人として最も大切なことなのよ!」 
    トメ「こんなんじゃ先が思いやられるわね。はあぁ~あ!(ため息)」 

    私「すみません…」





    241 :名無しさん@HOME2014/12/18(木) 00:44:36O.net
    携帯から失礼。

    よくある嫁イビリ(アポ無し凸、ご飯マズーペッ(゚Д゚)、最近太った?等の嫌み)を受けてて、
    私も最初はやだートメさんったらーで流してた。
    今は最初から言えばよかったと後悔してる。
    でもだんだん嫌になってきて、ウトも夫も「トメは本当に嫁(私)が好きだなぁ」って笑ってて、
    夫にもうヤだと伝えても「冗談だろ、母さんお前が好きなんだよ」で一蹴。
    離婚も視野に入れながら、でも結婚してから夫の希望で専業主婦になった私に離婚してからやって行けるか不安だった。
    毒親だっただけに実家に帰る考えなんて全然なかった。
    で、この前ウトが腰を悪くしたらしく、儀実家に連行され、トメからは嫌み三昧。
    炊事洗濯風呂掃除とさせられるし、夫に言っても「母さんも歳だから、お願い」って。
    なんかもう嫌になって、しかも二、三日泊まるとか聞いて、その日の夜泣き腫らした。

    ちょっと分けます

    このページのトップヘ