539:12007/05/24(木) 23:50:49ID:XnRxHbEy0
    姉は自分の浮気で婚約解消したんだが、それ以来何だか微妙にネジが飛んでる。
    もう何年もたってるしそろそろ…と思ってたがダメだった。
    そして俺の結婚式の時、酔っ払って飛び入りスピーチかましてくれた。

    最初は「結婚おめでとう」とか「奥さんを大事に…」とか普通の事を言ってたが
    段々涙声になっていきなり

    「その女より私の方がずっとキレイじゃない!
    なんでその人結婚できて私出来ないの不公平よ!」と叫びやがった…

    酔っ払って訳わかんなくなってたらしく、自分の事を話し始めたんだが
    「たった一回の過ちだったけどあなた私を許してくれなかった」
    「結婚してたって(相手の男が姉と別れた後結婚した)私思い出ひきずって生きてくしかない」
    とかなんとか…
    これは酒飲んだ時に姉がよく言ってる事だったので
    俺は「ああー姉ちゃんやっちまったよ、
    飲ませたの誰だよー誰か引きずり下ろせ!」とか思ってウンザリしたのと
    「何て言って謝ったらいいんだ!」という焦る気持ちとでオロオロ。

    ごめんね、という気持ちを込めて新婦を見たらまさに「愕然」という言葉がぴったりの顔。
    そして怒ったような怯えた様な何とも言えない顔でこっちを見た。
    ワンワン泣きながら母に抱えられる様に会場を出て行く姉が
    「その幸せが私の不幸と我慢の上に成り立ってるってちゃんとわかって欲しかったの!!」。

    そしてそれを見つつ、こっちを招待客全員が「うわぁ…」って顔で見てる。
    そこでやっと事情が飲み込めた。
    俺と姉が出来てると思われてる!!!!親戚すら汚いものでも見るような目でこっち見てる!!
    いやもうこれじゃあそれ以外の解釈をする人がいるなんてありえない。

    式はもうメチャクチャで静まり返る会場にやたらテンションの高い司会の声だけが響き、
    ヒソヒソとなにやら噂してる人が大勢…
    新婦はこぶしを作って歯を食いしばって震えてるし、話しかけようとしたら般若みたいな顔で睨まれた。
    お色直しで戻った時、新婦そのまま帰っちゃったよ…






    1:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2015/04/04(土) 14:15:35.546 ID:hXeC9KNT00404.net
    姪っ子「おじちゃん物で釣ろうとするから嫌い」

    姉「○○のことが好きなんだよ」

    姪っ子「やだ、嫌い」

    姉「そんなこと言っちゃだめだよ」

    姪っ子「物に頼るのっていけないんだよ」

    姉「そうかもね、でも○○も嫌いなんて言っちゃだめだよ」

    姪っ子「やだ、嫌い」


    おじちゃん全部聞いちゃった……





    33:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/2014/09/13(土) 14:04:54.44 ID:iZR2Y4z90.net
    俺的には、というか俺だけが洒落怖だった話。

    姉貴の友達に、霊が見える人がいて、ある日その人(以下、友子さんとする)をうちに連れてきた。なんでも守護霊を見てもらうらしい。
    たまたま俺も家にいて、姉貴は俺にも見てもらえとうるさいので、渋々従う。

    友子さんは俺の方を見るなり一言、「あ、カッコいい」と言った。
    曰く、背中に大きな刀を背負って、鎧を着たお侍さんが俺の後ろで、腕を組んでたたずんでるそうだ。
    しかもつけてる鎧が、戦国武将みたいなやつじゃなくて西洋の鎧っぽい感じで、全身をガッチリ覆ってはおらず手足と上半身だけに付けてるらしい。

    物の上からそんな感じの防具を着て、陣羽織を羽織ってて、それがアニメやゲームのキャラっぽい印象で、それで第一声が「カッコいい」だったようだ。

    友子さんは俺のそんな守護霊に興味を持ったらしく、その日以降も遊びに来ては俺を霊視した。
    そしてまた別のある日、友子さんは一人でやって来た。姉貴じゃなくて俺に用があるらしい。
    凄く真面目な顔だったので、部屋に入れて、話を聞く事にした。

    「あのね、あなたの守護霊のお侍様なんだけど」
    「はい」
    「実はその人、守護霊じゃないの」
    「……はい?」
    「何回か霊視して、お話も聞いてみたんだけど、お侍様はあなたの作った守護精霊らしいの」

    と言われた瞬間、背中がゾワッとした。

    うちのじいちゃんはオカルト雑誌の愛読者で定期購読してて、バックナンバーも大事に保管してた。
    俺が小6の時、その古い号に載ってたのが守護精霊の作り方という記事で、役割と名前、その他いろいろな設定を与えて、自分の願望を叶えるための精霊を自分で作るというもの。
    細かいところまでイメージしやすいように、下手でもいいから実際に絵に描いた方がいいとあったので、当時の俺は守護精霊専用ノートを作って、そこに自分を守ってくれるサムライチックなヒーローを描いた。





    506:名無しさん@HOME2015/10/19(月) 18:48:11.27 0.net
    姉はTVや雑誌に出るほどの清潔好き。
    「お掃除上手な美人ママ」で近所や友人でも評判だった。
    ある日顔版に「今日は息子の部屋をお掃除☆ すっきりキレイ☆」とあり、
    姪の部屋の工作や賞状がなくなっていた。
    片付けたんだろうと思って、普通に出勤。

    私の住む実家→歩いて2分(姉宅)→駅なので二日後の出勤途中に姉宅前を通った。
    そしたら泣きながらゴミ袋を持っている姪。
    話を聞くと「ママが私のものをまた全部捨てた。今までもテレビが来るたびに
    パパのものがなくなっていた。こんなのもういやだ」と。

    ゴミ袋の中を開けると、出るわ出るわ姪っ子の学校道具や義兄の洋服やネクタイ。
    姪っ子は泣きじゃくりながら「もう疲れたよ……」と。
    お前……ネロかよ……!と思ったのが第一の修羅場。





    476 :鬼女日記2016/05/04(水) 00:19:37ID:rixv9z0V.net
    当時、大学生だった姉が夜道で変質者に襲われて返り討ちにして病院送りにした事があった。
    その後に犯人は塀の中に入る事になり、担当の刑事さんからは出所する時には連絡がある事を教えてもらった。
    そして、姉も結婚して母となり俺も結婚する程の時間が流れた時に、担当の刑事さんが偶然にも俺の職場に客として来た。
    無事に商談成立後に公私混同になるんだが、まだ出所の連絡がきてないので、服役しているには長すぎなので、その事を聞いてみた。
    刑事さんが神妙な顔で教えてくれたのだが、姉の他にも被害者が数十人おり、被害者の特定と被害者の説得に時間がかかったそうで、姉の裁判には間に合わずに裁判後に再逮捕となり無期懲役になったそうだ。
    事件の性.上、被害者のプライバシー保護の為に隠密に捜査が行われ時間が掛かったそうだ。
    説得できた被害者の心と身体の傷もかなり酷く、子供を産めない体になった方もおられ、犯人は現行法では生きて出所する事は出来ないとの事。
    この事は姉に伝えずに、もし、聞かれたら犯人は獄タヒしたと伝えて真実は俺が墓まで持って行く事にした。





    671:1/22012/03/25(日) 13:56:01.05 ID:s7ys2FuB
    武勇伝なのか微妙だが

    姉の友達が一人ぐらし始めた
    で、上のやつの足音がすごかったらしい
    一軒家育ちか知らんが、かかとでドンドンと歩いて、振動で頭痛くなるほどらしい
    後で調べてみたが、壁もきっちり防音されてるマンションにも関わらず、だ
    当然管理会社を通して苦情を申し立てたが、もっとひどくなったらしい
    さらに嫌がらせがあったらしい

    で、姉が俺召喚
    俺、友達4人召喚
    5人でその上の階に菓子折りもって突撃してきた





    531 :鬼女日記2016/01/26(火) 15:42:11ID:aUp
    もう10年近く前の話になるけど不覚にも実の祖父に惚れそうになったよ
    我が家の母親はやたらと姉に厳しかった
    傍から見ても姉はそれなりに勉強して真面目に中学生やってたのに、母は学業から日常生活に至るまで姉に過剰な目標を課していた
    家にはいつも母の怒鳴り声と物に当たる音が響いていた。自分も巻き添え喰らって宿題を破られて次の日先生に叱られたことがある
    門限や娯楽も姉だけ妙に厳しかったな
    ある日、いつもの如く母の発狂に付き合っていた姉が憔悴しきった顔で部屋に戻ってきた
    「あいつは私に当り散らしてストレス解消してるんだ。私がいなくなったらどうなるか楽しみだわ」
    と吐き捨てた姉に
    「なら一度出ていってみれば?手頃な復讐にもなるし、上手く事が運べば現状を打開できるかもよ」
    と提案してみた
    姉は本当に出ていった。僅かなお小遣いと服をリュックに詰めて窓から飛び出していった
    姉には申し訳ないけど何が起こるかちょっとだけ楽しみで、ドキドキしながら母には黙っていた
    風呂に入ってさぁ寝ようかというタイミングで祖父母から電話がかかってきた。姉を保護してるから来い、とのこと。
    母にしてみれば寝耳に水だよね。祖父母の家は徒歩20分程度だったから、夜中だったけど喚く母を宥めて祖父母の家に向かった。
    祖父母の家には俯いて座る母と、いつもだったら寝ている時間なのに起きている祖父母がいた。
    畦道に座り込んでいた姉に近所の役員が声を掛けて家に送り届けようとして、家に帰りたくなかった姉は祖父母の家の住所を教えたらしい
    大体の事情は姉から聞いていたようで、祖父は姉の発言の真偽を母に尋ね始めた
    全て本当だったけど、次第に母の声は小さくなって発言には言い訳が混じり始めた。
    「恵まれている状況を当たり前だと思ったら人は堕落する!」
    と母が言い訳すると、祖父は台所に行った
    戻ってきた祖父は包丁を持っていた。状況を呑み込めない我々が茫然としていると、祖父は包丁を母に突き付けた
    誰もその場から動こうとしなかった。今から考えれば自分も大概だったと思う。まぁタヒんでもいいかなとか考えていた。
    悲鳴をあげた母に祖父が淡々と諭したことが、今も心に深く残っている
    うろ覚えで悪いけど
    「夫が妻を殴るもの、親が子供を餓タヒさせるのも、嫁を義理の両親が酷使するのも、強○された女が責められるのも、昔は仕方のないことだった
    今は違う。稼ぐ夫に負い目を感じたり、親の顔色を窺って怯えて過ごしたり、殴らないでくれてありがとうございます、酷い目に遭わさないでくれてありがとうございます、と義理の両親に媚びたり男にへつらう必要もない
    人が人である限り、誰もが当たり前に穏やかな生活と幸せな人生が保障される
    それは決して甘やかしではない。人として当然の権利だ
    俺たちは戦後何十年もかけて、そういう幸せな国を作ってきたつもりだ
    頼むからこれからもそういう国で在り続けてくれ」
    とりあえず震えて萎縮した母と自分を祖母が車で送ってくれた。姉はその日は祖父母の家で泊まった
    それから母は随分と大人しくなった。
    客観的に見ればかなり異常な出来事だけど、自分の中では未だに祖父は勇者





    862:おさかなくわえた名無しさん2014/03/02(日) 13:45:02.98 ID:GlqOdS46
    相談させてください
    プロポーズされて来年結婚予定です

    彼33歳 上場企業/2人姉弟
    私30歳 会社員/上に兄2人の3人兄妹

    最近彼に「将来的には母と姉を扶養に入れる事になると思う」と言われました
    彼姉は35歳独身
    お見合いもされているようですがこのまま独身の可能忄生大との事です

    私としては彼母はもちろん将来的に支えたいと思うのですが
    彼の口ぶりでは彼姉の生活の面倒も見る、と言っている感じ
    今は給料もいいし(年収1200程)私の収入(400程)もありますが
    子どもは欲しいしできたら専業になってほしいと言われています

    上の扶養と生活の面倒の話を聞いてからどうも不安です
    話しを聞く限りピーナッツのようですし彼もそう言っていました
    彼は「お金だけ渡しておけば文句言わないだろ」と言っています
    失礼なのは承知ですが将来的にたかられるのではないかと心配で…

    それを多少オブラートに包んで大丈夫なのかな?という感じで
    彼に相談しようと思うのですがどのように切り出せばいいでしょうか?
    義理とはいえ家族になるのでお互いに色々あるのはわかっているのですが
    これから一緒に家庭を築く事を考えると不安なんです





    501 :鬼女日記2018/03/11(日) 11:07:39ID:9RW
    亡き姉の息子が典型的三文安。
    今は姉夫とその母親に育てられてるが、大人全員を自分の奴隷と見なしており
    ちょっとでも我が通らないと「何々のくせに俺に逆らうな!」とジャイアンのような台詞を吐きひっくり返って泣く。
    嫌なことはしないし姉夫たちがさせないから、虫歯だらけで口臭プンプン。冬でもアイスばっか食ってる。
    4月から幼稚園の年長。
    俺は今年結婚予定で、結婚したら姉息子や姉夫とは疎遠になりたい。
    うちの親にしたら姉の忘れ形見だし、唯一の孫なんであんなんでも可愛いらしいんだが
    俺は「うんざりしてるし、彼女や未来の子供を近づけたくない」と主張。
    そしたら親が俺を飛ばして、彼女に「息子を説得して」
    「子供ができたら、ちゃんと孫ちゃんとイトコ付き合いさせてね」と陳情していた。
    彼女は「二人で話し合います」と濁し、後日俺に打ちあけてきた。
    ちなみに「子供ができたら、ちゃんと孫ちゃんとイトコ付き合いさせて」は姉夫とその母の願いで
    うちの親は孫会いたさに言いなり状態らしい。
    もう実親ごと切らないとあの姉息子と切れないんじゃないかと恐ろしい。
    結婚を機にスパっと切るつもりだったが、実親まで切らなきゃいかんとは頭が痛い。
    どうしたらいいんだろね





    263 :鬼女日記2015/12/31(木) 22:40:57ID:C0c
    ちょっとした、じゃないかもだけど。

    今年一番の思い出というか出来事というか決心というか。
    遺言公正証書を作成した。旦那にも話してない。
    目的は姉に一銭たりとも相続させない為。
    姉は未婚のまま50代半ばで県住で一人暮らし。
    私が難病のひとり娘の看病に必タヒだったころ、
    海外旅行に食べ歩きにと、独身生活を謳歌していた。
    それは別に構わない。
    自分で稼いだお金をどう使おうが口出しするつもりはない。
    だけど、娘の前で「だから子供なんか産まない方がいいのよ。
    お金もかかるし、自由もない」と言ってのけたことは許さない。
    その娘が亡くなったあと、「あんた(私)にもしもの事があったら
    私にも相続する権利があるんだよね」と嬉しそうに言った。
    この女と同じ血が流れていることに吐き気がした。
    その姉は50代目前でリストラされて現在はスーパーで惣菜を作ってる。
    若い頃ほとんど貯金もしてなかったし、
    タヒんだ両親から相続したお金も、アッと言う間に底をついたようだ。
    元々裕福な家庭でもなかったのに何を期待していたのか
    あまりに少ない両親の遺産に愕然としていた姉。
    独身を貫くつもりなら、とらぬ狸のなんとやらじゃなく、
    そのつもりの人生設計を立てなかった姉の自業自得。
    親だけでなく私の遺産まで狙うとは開いた口が塞がらない。
    私がタヒんだあと遺るものは、たぶん姉が想像してるより
    かなり大きいものだと思う。
    それを一切姉には相続できないようにした。
    ざまーみろ。

    このページのトップヘ