因果応報





    734:名無しの心子知らず2012/12/31(月) 18:34:26 ID:8sV9kUh0
    うちの職場に居た泥キチママの話。

    ある地方都市の飲食店なんだけれど、
    自分が入って半年ほどしたころ、食材の減りが異常に早くなった。
    通常消費される量よりも一升ほど多く、毎日お米がなくなっていく。
    他にも、仕込んだはずの食材が、なぜか翌日無くなっていたり。

    疑われたのは、私。
    「疑われた」のではなくて、
    ある人が「あいつが犯人だと思う」とうわさを流してた。

    それが、Wさんだった。

    でも、Wさんは前科があって、過去にも1度新人が入ってきたときに
    食材を大量に盗んでたことがあったとのこと。
    そのときも、新人の人のせいにしようとしたけれど、
    最終的にバレて、厳重に注意を受けたとのこと。

    Wさんの家は古い名家で、経営者の人もWさんのお父様にお世話になったとかで、
    クビを切れなかったんだね。





    490:名無しさん@HOME2011/09/21(水) 02:30:52.93 0
    リアルじゃ人間性.疑われるのでここで。

    私の母親がなくなったとき、トメが葬式にやってきて
    母は業が深いから早タヒにしたとか、
    闘病してやせ細った母のお棺をあけてせせら笑い
    これで嫁子は帰る家がなくなったとか言った。





    565:名無しさん@HOME2016/08/24(水) 16:34:35.29 O.net
    私達の結婚に反対してくれたコトメが破談になった
    破談の理由は、先方の姉妹が大反対したからだってさw

    ごめんなさいって謝ってきたけど許すわけないでしょw
    お前が散々暴れたから、結婚式挙げられなかったんだから
    お前が散々暴れたから、私父のコネで内定が決まっていたコウト君は泣く泣く辞退したんだよ

    因果応報ってあるんだね、ざまぁみろ!





    176 :名無しさん@おーぷん2018/04/21(土) 23:38:48ID:LPd
    誰かに言いたいけど言えないから書かせてください。
    今日職場の上司と仕事の用事で街を歩いてたら、
    たまたま別の部署の女性.Aと会ったんだ。
    そのAと私は仲が良くて、結構遊んだりするし同僚というよりもはや友達。
    軽く立ち話して別れたんだけど、一緒に出てた職場の上司(男性.で40代、とくに人と仲良く雑談するような感じではない)がボソッと話してきた。

    「Aさんって、あんまり男運良くないんじゃないかな」

    わたしは、上司がそんなこと言ってくるのにもびっくりしてなぜですか?と聞いたら、
    うーん…と煮え切らない態度。
    悪い男に引っかかってるとかを知ってるのかと思い、教えてくださいと念押ししたら、

    「昔から、よくわからないんだけど
    その人が、その人に産まれる前に何をしたかがだいたいわかるんだ」と。





    345: 可愛い奥様@\(^o^)/ 2016/09/30(金) 13:01:54.87 ID:U14Pi0/S0.net
    小中学校のとき私の出っ歯が理由でイジメられてた。 
    顔をイジられるだけじゃなく、トイレで床に顔を押し付けられたり、物を捨てられたりもした。 

    高校は他県に2時間かけて知り合いのいない学校に通い、
    幸い進学校で良くも悪くもみんな他人に興味がなく
    自分の勉強が優先でいじめられることもなく 
    歯科大に入り6年かかったけど歯科矯正で出っ歯も治して
    普通の生活を送ることができた。 

    そのまま隣の県に歯科医師として就職していたある日、
    転倒して前歯を4本折ってしまったと言う女の人が来院した。 
    あのイジめっ子のリーダーだった。 

    私はマスクとゴーグルをしてたので相手は私と気付かず
    泣きながら「前歯治りますか?まだ2◯歳なのに前歯ないとか考えられない!
    明日から仕事行けない!どうしよう!」と訴えてた。 

    正直ざまーみろとしか思わなかった。 

    心の中であの時あいつに言われた
    「奇形歯かわいそう~、そんな恥ずかしい歯でよく生きていけるね」
    「顔が犯罪、前歯が凶器だから近寄らないで」って言葉を投げかけました。





    140: 名無しさん@HOME 2013/01/31(木) 15:50:10.97 0
    両親が熟年離婚をした。 
    原因は父の、モラハラになるんだろうか。 

    父には、人前や子どもである私達の前で母を落とす癖があった。 
    料理の味付けが気に入らない、と顔をしかめていうのにどこが悪いのかは言わない。 
    どこが悪いの?と聞くと、こんなことも分からないのか?と絶対に理由を言わない。 

    人前では、こいつブスでしょ、○○さんの奥さんが羨ましいですよ!とか、
    こいつは食うだけの主婦とか、そう言った感じだった。 

    母は何も言い返さなかったけど、代わりにもともとうまかった趣味の道で
    パートをするようになった。 
    それでも父は、いや、更に激しく母を落とし続けた。 





    861:名無しさん@HOME2007/04/22(日) 12:34:15
    義実家ではないけれど、孫から祖母(父方)へのDQN返し。
     
    母が愚痴を言わない人なので詳しいことは分からないけれど、
    最愛の母をジメジメといじめ続けた祖母。
    長男嫁が気が強いので、次男嫁の母が忍耐強いのをいいことにイビり開始。
    別居だというのに、わざわざ嫌味を言いに時々来る。
    子供を4人産めば「馬鹿な子ばっかりたくさん産んで!」(兄弟談)
    5人目(私)を身ごもったと知ると、
    「もういらん、おろせー!」と勝手に命令。
    私が大人まで育つかどうかの病弱だと知ると、
    「早よタヒなんかねぇ」と目の前で祈られましたw






    348:名無しさん@HOME2010/10/22(金) 20:31:21
    5年前娘はまだ生後8ヶ月だった。
    義理実家とは自転車で15分くらいの別居。

    娘が風邪を引いたようで熱が少しあって病院に連れて行った。
    家に帰ったら姑から留守電があった。
    また自分の家の分も買い物をして届けろっていう電話だろうと思って聞いた。
    思ったとおりの電話だった。
    娘の具合が悪いから今日は買い物にいけませんと断りの電話を入れたら、役立たずの嫁と罵られた。







    810:名無しさん@HOME2011/09/23(金) 18:57:14.42
    先ほど目の前で見たDQN返し

    彼岸の集まりで夫実家に親族一同が集まっての昼餐会(笑)の最中、
    夫の弟嫁が何かのついでのように発言

    「あの〜、そういえば『うまづめ』ってなんですか?
    巻き爪かなんかみたいな病気?」
    「お母様からずーっと
    『あんたはうまづめに違いないから早く出て行ってくれ』
    って言われてるんです」

    …おかげさまで昼餐会は即親族会議に変更、ただいま絶賛続行中だ。
    弟嫁ちゃんがトメにいじめられてたなんて、
    さっき聞くまで知らんかったわ…不覚

    DQN要素無さそうにみえるでしょうが、スザンヌ似で頭よくなさそうにみえるけど
    弟嫁ちゃんは数年前、高校生クイズで県の代表だったんだから
    石女知らんかったとは言わせんよ。





    45 :名無しさん@おーぷん
    職場で数年前に目の当たりにした話。

    当時俺のいた部署には、A課長という人がいた。
    この人はすごく仕事ができて、かつ性格は穏やか、でも締めるところはきちっと締める管理職の鑑のような人。
    一度、部下がやらかした大失敗を自分の責任として背負い降格したが、人望も能力もあるので程無く再昇格したこともあるとか。

    同じ部署に、B課長代理という人がいた。
    こっちは、とにかくお調子乗りの気分屋というか、常識的にどうかということまでへらへら笑いながらやっちまうタイプ。
    飲み会とかで下戸の部下に悪乗りしてしつこくアルハラかまし、そして悪びれないタイプと言えばイメージしやすいかな。
    上司には媚びへつらう、部下には当たり散らす、業績が思わしくない部下はねちねちいじめる。
    営業の数字は良好だがどうも法令違反スレスレなやり口もしていたようだ。
    おかげで、個人としての営業成績は(見た目上は)優秀だが、チームを率いさせるとまったくダメで、しかも本人は「すべて部下が無能なせい」と言い張ってた。
    そんな男だが、会社のお偉方には太鼓持ちよろしく機嫌を取ってたんで、若くして課長代理になってた。

    あるとき、会社で大規模なプロジェクトが持ち上がり、優秀な社員がかき集められて新規の部署を立ち上げることとなった。
    で、A課長とB課長代理もそちらに異動することになった。
    皆、心からA課長との別れを惜しんでたが、B課長代理については「へー、そう」みたいな感じだった。

    そして、異動直前の最後の日。
    B課長代理は何を思ったか、「寄せ書きしてくれよ」と色紙を回してきた。これって本人が希望するものだっけと俺は首を傾げたもんだが。
    どうも本人は「自分は明るくて仕事もできるムードメーカー」として皆に好かれていると思っていた節がある。

    俺個人は、同じ部署とはいえ余りB課長代理と接点がなく、被害を受けることも(ほとんど)なかった。
    さりとてその人柄とやり口はさんざん実見していたので「建前でも別れを惜しむようなことは書きたくないな」と同僚間に色紙が回されているのをぼんやり見てた。

    で、終業間際に俺のところにも色紙が回ってきたんだが、思わず吹きかけた。
    色紙に書き込んでいる全員が全員、

    「A課長、お世話になりました! 新部署でも頑張ってください」
    「A課長がいなくなると寂しくなります。いつでも戻ってきてくださいね」
    「新卒の頃、大変お世話になりました、A課長。本当にありがとうございました」

    という感じで、A課長への感謝と惜別の念に溢れまくり、B課長代理のことなんざ何一つ書いてなかった。
    最初からA課長宛の色紙だったのかとも思ったが、隅っこの方に「新天地へいくBへ一言」と(おそらく本人が書いたのだろう)書き込みがあったので、それもない。

    どうも、B課長代理との別れなんざ口先だけでも惜しみたくないというのは皆の総意だったらしく、

    「異動するのはA課長もだし、この色紙はA課長宛のものだと勘違いしていたことにしよう」

    と(先述の書き込みを意図的に無視して)皆、A課長に対してのみの言葉を書いていったらしい。
    誰一人それに異議を唱えるどころか、全員が無言のままに足並みを揃えるというのもすごい話だが、思っていた以上にB課長代理は嫌われていた模様。

    俺もしばらく迷ったが、無言のままに右へ倣えで「A課長、ありがとうございました」などと書いて同僚に回した。
    仲の良かった同僚がB課長代理に連日嫌味言われて鬱になりかけたのを見てたしな。あえて擁護する理由は欠片もなかった。
    で、その色紙が気の利いた社員の手により黒地の包装紙で包まれて、B課長代理に手渡されるのを職場の端っこから傍観していた。

    数ヵ月後、B課長代理が新部署で部下へのパワハラ・セクハラで問題を起こし、さらに粉飾決算めいた営業数字の捏造まで暴かれて、降格の上で左遷されたと聞いた。
    それまでは問題が起りかけてもゴマをすっていたお偉方に庇われて有耶無耶にされていたのが、優秀な連中ばかりが集まった新部署では通用しなかったらしい。

    復讐というより悪戯、もっというと因果応報、最後はただの自爆だが、人望の格差というものをまざまざと見た気分だった。

    このページのトップヘ