88 :おさかなくわえた名無しさん04/12/06 13:54:44 ID:XWwtXsNk
    図々しい訪問販売の神経がわからん。
    私は既婚で共働きなんだけど、土日が休みの職業じゃないので
    休みは平日で、家でまったりしている。
    その日も旦那が仕事に行ったあと、少し街に出て午後1時ごろ帰ってきた。
    しかし、マンションに着いてみるとオートロックのエントランスのドアが全開、
    誰でも入ってこれるようになってる。無用心なので、ドアを閉めて、自動ロックがかかったのを確認。

    誰か閉め忘れたのかな? 
    と思っていると黒い大きな鞄を持った40歳くらいの大きな男が、階段を下りてきた。
    そして私を見ると、目を見開いてにっこり笑って近づいてくるので、
    「うわー、逃げなきゃ」と思ってエレベーターのボタンを押した。
    でも、男は急いで近づいてきて
    「このマンションにお住まいですよね? 奥様は専業主婦の方でいらっしゃいますか?
    少しお話させていただけませんか?」
    これを無視してエレベーターに乗り込んで、急いで閉のボタンを押したら
    そのおやじ、足でエレベーターが閉まるのを防いで、一緒に乗り込んできやがった。



    93:名無しさん@HOME2012/07/17(火) 07:03:59.23 P
    夫は3人兄弟の長男だけど苗字は私の方を選んでいる。
    でも養子縁組はしていない。
    義父母の要望があったからなのもあるし、
    私の実家もそこまでは考えていなかったから。

    結婚するとき義弟たちにはそういってあったけど、
    上の義弟嫁(私たちの2年前に結婚)にはうまく伝わっていなかったようで
    夫は「長男のくせに実家を捨てるのか」と詰め寄られていた。





    421::2017/03/20(月) 22:14:02.79 ID:
    元嫁の浮気で離婚して数年
    娘から初めて電話を貰った
    会って話をしたいと言ってたから会ってきたよ
    元嫁に内緒らしい
    ここで浮かれるほど俺の頭はめでたくない
    何かあると仕事用のレコーダー持参で娘と会ってきた
    娘は中学生になってた
    会うなりいきなり「あんたが浮気でお母さんと私を捨てた事も、慰謝料や養育費を払ってない事も知ってる
    私はあんたを許さない」だってさ
    なんて親孝行なむすめだろう



    624:名無しさん@HOME投稿日:2010/09/24(金) 17:56:12
    私は結婚して子無し、実家から車で30分位のとこに住んでる。
    兄夫婦は子供が3人で、私の家から40分位、実家から一時間位のとこ。
    ちょくちょく実家に子供を預けに行くんだけど、
    ウチの母も年なのでさすがに3人預かるのは辛いし、
    行動範囲の広くなった子供達の面倒を見切れない。
    なのでたまに家で預かったりするようになった。
    最近、兄嫁が足をねん挫してギブスしてるんで、預かりの頻度が上がった。
    しかもこっちが迎えに行ってあげて、帰りにも送る。
    母も私に遠慮して惣菜や何かを持ってきて、それを兄嫁にもおすそ分け。
    子供達はかわいいが、こっちもさすがに疲れるんでイヤになってるんだけど
    兄嫁の体を考えると預からざるを得ない。

    そしたらこの間、兄から怒りの電話がかかってきた。
    兄嫁は私と母が嫁イビリしてると兄に言ったらしい。





    5:名無しさん@HOME投稿日:2013/11/26(火) 23:10:08.95

    DQN行為注意。
    コトメ(嫁姉)が義実家の法事で集まった際にいきなり、「姪(俺娘・6ヶ月)ちゃんって俺さんの子じゃないんでしょw」とか言い出して修羅場。
    俺嫁マジギレ俺呆然、嫁両親パニック。
    でも娘と俺の血液型一緒、顔も俺妹が赤ん坊の頃とそっくり。
    なんかコトメの中では俺は種なし俺嫁はビっチに設定されてるらしく、勝手に不倫のストーリーとか語りだして聞いてて怒るより先に吐き気がした。
    嫁両親が顔真っ赤にして怒鳴りつけてもコトメニヤニヤ、だから黙って髪の毛掴んで庭に引きずり出して庭の水道から水をかけてやった。
    文句言ってきたんで更に引きずって、今度は表通りに放り投げて家の鍵を全て施錠して閉めだした。
    玄関必タヒで叩いてたけど、嫁親戚一同嫁を慰めてくれてコトメは無視。
    コトメ身内からの信用皆無。
    叫んでたんで近所の人が集まってきたが、嫁母が上手いこと説得してくれたようでで即解散。
    コトメ地元での信用も皆無。
    嫁両親と親戚一同に謝罪して、コトメとは今後一切接触お断りして絡まれないよう裏口から帰った。
    警察だ弁護士だと喚いてたんだから呼べばいいのにな、少なくとも俺による暴行傷害は事実なんだから。
    これが日曜日の話、まだ警察も義実家からの情報(コトメから謝罪の申し出があっても受け付けないし連絡不要と伝えてある)もない。
    このまま縁が切れてくれればいいなあと思いつつ。



    113:名無しさん@HOME2007/02/15(木) 00:56:21
    素晴らしいGJの後にはお目汚しになってしまうかもしれませんが。

    午前中、携帯電話にトメから電話がかかってきました。
    今日はたまたま休みでしたが、いつもなら仕事中の時間。
    いきなりダミ声で「あたしよ!あたし!」と。




    193:名無しさん@HOME2008/09/03(水) 13:03:33
    ここに書かれる話から比べたらすっごく些細なことですが。

    同居コトメに毎日お弁当を作ってた。
    栄養、見栄えを考え洋食から、和食までバランスよく考えに考えて。
    残業になるときはクッキーやマドレーヌも手作りして持たせた。
    たのまれれば職場の皆さんの分も。
    コトメの衣類のアイロン掛けはもちろん靴やバックも磨いてあげてた。

    そんなコトメも嫁に行って二週間。
    実は料理出来ない、家事一切できないが相手にばれて今大変らしい。
    結婚相手の厳しいと評判のお姑様に毎日しごかれて、泣いているらしい。
    私は何も悪くないですよ。
    コトメの希望でお弁当やおやつを作ってただけ。

    それを自作と言ったのはコトメですから。



    163 :2009/03/11(水) 06:26:10 0
    2年ほど前の話。しかも義妹の話。

    義妹の夫がエネだった。
    結婚して半年ほどは何事もなく過ぎていき、
    あたりまえだけどむしろ幸せいっぱいって感じで惚気まくりの夫婦だった。
    そんな中、義妹が泣きながら電話してきた。
    義妹が婚前に貯めていた貯金400万が通帳から消えたとのこと。
    最初は泥棒かと思って聞いていたら、どうやら夫が使い切ったらしい。





    624:恋人は名無しさん2010/06/07(月) 21:05:10ID:NM0NprWn0

    カップルとは違うけど、恋愛が絡んだいざこざを投下。

    太郎と私は同じサークルで、趣味を通した友達。(サークルと趣味は別ジャンル)
    その趣味は私たちの周りではあまり人気がなかったので
    ようやく会えた同じ趣味の友達が出来て、二人してはしゃいでいた。

    2年になった時、新入生の一人に同じ趣味を持つ花子がサークルに入ってきた。
    やはり人気薄な趣味を共有できる仲間?に出会って、私・太郎・花子は行動を共にするようになった。
    ときどき展示会が開かれる美術館があり今回のGWもそこに行こうという話になったのはいいんだけど、
    その美術館は車で行く距離のため、レンタカーを借りて行くことになった。
    運転は太郎、助手席は私、後部座席は花子。
    (花子だけが車の免許証を持っていなかったため、こういう座り方になった。)

    行きは特に問題なかったが、問題は帰りだった。
    「~のーって作品よかったね」という会話に、花子が「別に、あっそ、へー」みたいな言葉を発し始めた。
    私は、(花子ちゃん疲れちゃったのかな?私と太郎がはしゃぎ過ぎたから合わせるのきつかったろうな)としか考えられなかった。

    いつもだったらカフェとかに入って話したりするんだけど、その日はそのまま解散となった。





    393:名無しさん@HOME投稿日:2009/10/09(金) 13:30:05

    今日のトメ

    長男嫁の実家に「長男夫婦は、大晦日はこちらに泊まらせたいんですけど」
    と電話をした。
    長男嫁の母親が「私共では、娘夫婦の予定がわからないのでお返事できません」
    と答えた。

    という内容の電話が長男嫁(私にとってはコウト嫁)からきたw
    私が結婚した年に同じことをトメがやって、私の母は
    「私に言われても困ります。娘か婿くんに言ってください」と答えたんだけど
    あとでトメから「嫁子さんのお母さんが、大晦日にはどうぞそちらに泊まらせてくださいと
    言われた」と大嘘をつかれた。
    「母からこういう電話がきたんですけど、なんか変ですね?」と言ったら
    「私の聞き間違いかもしれない」とトメに言われた。
    昔こういうことがあって、とコウト嫁には話していて、コウト嫁は自分の母親に話していたらしく
    「やっぱりウチにも電話がきたってー」と言っていた。

    このページのトップヘ