同僚





    638 :名無しさん@おーぷん 2017/10/20(金) 08:31:57 ID:0s6
    大変そうな話の途中で悪いんだけど聞いてくだされ。
    うちのアホ夫がすぐ同僚や後輩を家の晩飯に誘う。
    昨日も前日からカレー仕込んでたの見てたからか
    後輩3人連れて帰ってきた。一応連絡も来てたけど
    勤務時間中はスマホ触れない仕事だから帰る15分前。
    カレーはそりゃあるよ、一度に作って冷凍したりする
    から10人前はある。でも二人暮らしの夕飯用だから
    ご飯1合しか炊いてないっちゅーの。早炊きして出した
    けどさ。後輩さんたちはいい人で恐縮して食べたらさっ
    と撤退してくれたけど。
    以前も食事時に来た義母に2人前しか揚げてない揚げ物
    をいいからいいからって持って帰らせたし(義母はすごく
    遠慮してたし悪気はなく翌日タッパー返しに来たついでに
    ケーキくれた)
    食事に誘うのもおすそ分けするのも別にいい。先に言って
    置いてくれさえすれば。なぜ突然それをするのか。
    何度言っても先には言わない。年末なんかに家で忘年会する?
    って聞いてもやらないって答える癖にいきなり連れてきて
    鍋しようとか言い出す。夫は料理は出来ない人だから
    わからないのかもだけど食材もそろってなければ部屋も
    お客様が来るときほど片付いてなかったりするし、すごく腹が
    立つ。それがあると2,3日怒ってて夫も謝るくせにどうし
    て誘う前に相談しないんだろう。





    996 :名無しさん@おーぷん
    彼、私、同僚2人の先輩が海外に異動になるというので、今までのお礼に先輩がずっと行きたいといっていた老舗の鍋専門店で送別会をすることにした。ご飯代は彼、私、同僚2人で割り勘
    高い店だけどめちゃくちゃ美味しかったし、最後に先輩といろいろ話せてよかった。
    ところが、そろそろお開きといったところで領収書を見た彼が発狂
    思ったより値段が高かったらしい。お酒も飲んだしそれも考えたら無茶な値段じゃなかったのに「たかが鍋」「鶏を煮ただけでこんなに高いわけがない」「ありえない」と、お勘定にきてくれた店員さん待たせてまで電卓で何度も計算していた。
    「おかしい値段じゃ無いし、それであってる」と私たちが何度言っても「だって鍋だよ?家で作ったら1人前500円もかからないじゃん」って
    「いくら高いって言っても一人前2〜3000円かと思ってた」と、先輩のいる前で暴れまくり
    送別会の計画をたてたのは彼だったけど、値段も把握してなかったんかい
    「高すぎ」「味ついたお湯で具材煮ただけなのに」と失礼な発言が止まらないから、結局私と同僚で5人分割って会計を済ました
    先輩が彼にずっと謝ってて、最後の最後がこんな事になってしまったのが申し訳なかった
    彼はというと解散した後すぐに電話してきたかと思えば、まだ鍋の値段の話を引きずっていて
    甲斐忄生のなさと言うかなんというか、よく分からないけどスーッと冷めた





    667:おさかなくわえた名無しさん2010/04/08(木) 00:32:46 ID:fMA7epE2
    人事の神経が解らん。
    入社から15年、開発一本で頑張ってきてた同僚が、いきなり営業職に配属された。
    それまで、室内にこもって開発と試作ばっかりやってた人間に、いきなり営業。
    社内でもかなりの実績があり、次期開発室長とも言われてた人で、別段、問題行動をおこしたわけでもない。
    人事の意向としては、
    「開発の人間の専門知識を現場に投入」
    「営業の現場を、開発の人間も知るべき」
    だったらしいが、本人は実績の評価が低いのだと判断して同業他社に転職。
    結局、開発の柱が一本消えただけ。
    他にも成績優秀な後輩も、営業から配送に回されてやめていった。
    人事は何がやりたいんだろうか?





    806:おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2016/02/23(火) 12:23:56.94 ID:z6m00+oA.net
    むかし職場の同僚だった女性.M子は非常識なほど図々しかった
    当時私は結婚したばかりで、仕事はパートで夕方までの。
    ひとりもんのM子はフルに働いていた。
    彼女は毎夜のように訪ねてきて、きつく断っても晩ご飯と風呂にありつくため石のように座り込んだ

    おまけに週末は必ず泊まり、帰れといっても頑なに聞かなかった。
    確かに侘しい子だからと容認しためんもあったけど、なんせ実家に帰ってきたかのように茶碗一つかたつけない。
    月のもので赤く汚れた下●もうちの洗濯機に放り投げていた 
    そんな三者の生活にぶちきれたのはうちの旦那だった。
    というのも、彼女の足が病的に臭かったから。胃の悪い人なら吐くだろう。 
    彼女はうちの夫に切れられてから、小1年ほどは訪ねて来なくなった。仕事も辞めていた 。





    452:おさかなくわえた名無しさん2008/08/13(水) 01:33:40 ID:DTGmja5E

    一人暮らしを始めたばかりなんだけど、今日、会社の同僚達が飲み会の帰りに押し掛けてきた。
    メールで来ることを連絡してきた時、2人くらいかと思ったら
    来たのは5人、しかも粘っこくて嫌なN(♂)さんまで来て、部屋にあげるのは嫌だったけど、
    一人だけ帰すわけにいかずにあげる事に。

    Nさんは隣の席の人で、何故か隣の席というだけで、私の一番の仲良しと思っているらしい。
    部屋に入った途端にあちこち調べ始め、引き出しまで開けようとするので
    「やめて下さい!帰ってもらいますよ!」
    と本気で怒ったのに
    「んもーバラエティ番組みたいな怒り方w」とかヘラヘラしていた。
    しかし、Nさんがトイレに行って帰ってきた途端に機嫌が悪くなり、終始無言で睨まれ気持ち悪かったので、皆に『ご近所さんに迷惑になるから…』と帰ってもらった。
    あとで歯ブラシが無くなってるのに気づいて、持って帰ったのかとゾッとした…
    が、歯ブラシは何故かゴミ箱に捨ててあった。
    一体なんだったのか。
    私、歯ブラシは磨き用と仕上げ用の二本使うだけど、もしや彼氏のだと勘違いしたのか…
    なんか色々考えて眠れない。明日の会社が怖い。





    41 :2016/04/30(土) 02:31:27ID:RZw
    何の楽しみもなく生きていると思ってい女性.が、実は真逆の生活をしていた

    会社の同僚のA子はかなり地味な女子(独身)
    化粧もほとんどしていなくて髪は黒髪ロング
    小綺麗な貞子って感じ

    業務上必要なこと以外は一切会話しないし
    お昼休憩も、全員強制参加の会社の飲み会も
    ひとりでがっつり小説を読んでいて
    「話しかけないで」オーラがすごい
    プライベートも一切謎
    男性.社員が彼氏がいるか聞いたところ、いないと言ってて納得した

    GWの連休前の最終出勤日の残業中、iPhoneの充電器が落ちてるのを発見した
    うちの会社はみんなデスクワークで
    勤務中もプライベート携帯充電し放題で
    ちょっとメール見たり多少触っていても指摘されない自由な職場

    事務所に残ってるiPhoneユーザーに聞いても持ち主がいなかったので
    いつも通り定時で帰宅したA子に
    「iPhoneの充電器忘れてない?」
    とメールしたら、持ち主はA子だった

    自宅に予備の充電器がないらしく困っていて
    私の家とA子が住んでいるらしい地域はそんなに遠くないので
    「自宅近くまで届けようか?」とメールしたら
    「お願いします」と住所が送られてきた

    家まで行くのかよ!と思ったけど、聞いた私も悪いのでA子のマンションまで配達することに





    83 :名無しさん@おーぷん

    昔同僚だった人が口を開くと人の悪口ばっかりだった。
    本人は多分悪口と意識していないけど、傍から聞いているとどう聞いても悪口。

    同僚のだれそれが仕事できないとか、上司のだれが人としておかしいとかそういうことをずーっと
    しゃべっている。必ず自分age 他人sage
    きっと私のこともいいようにしゃべっているんだろうなと推測して距離を置いていた。

    仮にその人をAとする。Aは経歴はすごく優秀だし、公的に通用する立派な資格もち。
    でも仕事が長く続かないのは本人は意識していないけど、この悪口三昧のせいだと思っている。
    会っても気分が悪くなるだけなので、大勢で会う場合はともかく、正直避けている。

    で、もと同僚つながりで、その人と一時同じ会社にいた人。この人をBとする。
    Bさんも優秀だったがなんというか仕事に恵まれなく不本意ながらがんばっていた。
    Bさんは性.格もいいし、一緒にいて楽しいし親しく付き合う同僚も多かった。

    でもAはBさんに対しても悪口みたいなことばかり。
    「あのBさんはね、本当に仕事しないのよ。給料泥棒よね」みたいなことを言う
    私はBさんと親しくしてもらってたので、これがきっかけでAと距離を置いた。

    そのBさんがいろいろあって起業、人と縁に恵まれてこじんまりと安定した経営だという
    ついでに赤い糸のご縁にも恵まれてご成婚、配偶者の人も素敵な方。
    いろいろ苦労していたのを見ていたのでBさんおめでとうと心から祝福できた。

    こないだ知り合いを通じてAがBさんや私の悪口を言いまくっていたと聞いた。
    「よく自分で起業したよね、あんな取り柄のない人が」とかいろいろ言ってたらしい
    やっぱり言ってたかという思ったが、正直どうでもいい、勝手に言っていろと思っている

    Aは留学したりいろいろ資格を取ったり経歴がすごくなっているけど、今も職を転々としている。
    あれじゃあ何処行っても勤まらないよと思うが、別に本人へ忠告する義理もないのでこのまま距離を置く





    755 :2011/11/30(水) 15:01:17
    こんなの読むと自分が遭遇した不倫ネタなんて可愛く思えるW
    去年会社の同僚が同じ会社の男性.と結婚した。
    同じ課だったので招待されて同じ課の子と着替えも済んで控室にいるから
    写真でも撮ってやってと新婦母に言われて控室に行ったら扉が開かない。
    中からは男性.の声で「お願いだ!やり直してくれ!愛しているんだ!」とか
    言っている声がする。新婦が「無理!やめてよ!」と言っている。
    男性.の声に聞き覚えがあって、同僚と「あれ主任じゃない?」
    有名大卒のエリートの主任は覚えめでたく常務のお嬢さんと結婚したのが
    新婦の式の半年前。私達も招待されました。主任のお嫁さんになった
    常務のお嬢さんは障がいがあって車イスで、家事など不自由だけど
    お金持ちの常務が家政婦を付けるから大丈夫だとでちょっと変わった
    逆玉の輿だった。
    その主任が新婦と出来ていたらしい。同じ課なのに全く知らなかった私達。
    ぽかーんと外で聞いている事になったけど、ずっと中で争っている音がしたたら
    その内がさごそ音がして、S○Xしている音声になって来た!
    まっさかと思ったけど立ち去るにも立ち去れなくてデバカメ状態の私達。
    大分声がおさまって来た時に係りの人がやって来た。
    どうしました?と聞かれたけど返事が出来なくて黙っていたけど
    ノックして「お時間です。」と呼びかけていた。し~ばら~くして
    ドアが開いてドレスの花とかが曲がってしまった酷い格好の新婦と
    手にティッシュを握りしめた主任がいて主任はダッシュで逃げて行った。
    逃げて行く時にこちらをちらりと見たようだった。
    係りの人もビックリした見たいだったけど、すぐ美容師を呼んで直していた。
    それから自分たちも席に戻ったので、よく知らないけど披露宴は滞りなく
    終わったよ。
    その後両方共に離婚してないと今も同じ会社にいる同僚がそう言っていた。
    ただ新婦はハンムーンベビーを産んだからどっちの子だろうとつい邪推して
    しまったよ。





    25 :名無しさん@お腹いっぱい。2006/01/08(日) 00:18:09ID:???
    先日あった話。

    社内にて、

    同僚:「気に入った布があったから買っちゃった~。あなた、洋裁できるのよね、スカート縫って!
    ロングがいいな~」

    有無を言わさず渡された布はW幅1Mきり。

    私:「え~。今ミシン使えないし、人のものは作れないし、そんな約束もしたことないし。」

    同僚:「だってこの間、手縫いの服着てたじゃん。ちょっと縫ってよ。布買っちゃったんだよ!」

    私:「だから、他人の服は縫えない、っていってるでしょ?第一、こんな半端な布だけ渡されても困るよ。型紙もベルト芯も接着芯もファスナーも裏地も同色の糸もないし。私から縫ってあげる、っていつ言った?」

    同僚:「家にあるのでいいから~。ほら、丈はあうでしょ。(布をバスタオルのように巻いてみせる)ちょちょっとやってよ!すぐできるでしょ?」

    私:「そういう問題じゃないでしょ?とにかく縫いませんよ。どうしても手縫いのスカートがほしかったらご自分でどうぞ。」

    同僚:「何よー!ケチ!!自分ばっかり、ズルいじゃない!見せびらかして!私できないのに!」

    ・・・・・・そのまま3連休突入しました。
    週明けどうなるか、ちょっと楽しみです。





    738 :名無しさん@おーぷん
    財布を買い換えたら、たまたま同時期に買い換えた同僚Aさん(30代男性.、2年先輩)とかぶってしまった。
    よくあるブランドのよくある革の長財布。
    色は茶色。男女兼用のデザインのやつ。
    そうしたら私(20代喪女)がAさんを好きで、わざとお揃いを買ったのだと誤解されてしまった。
    私はAさんにあからさまに避けられるようになった。
    挨拶も無視された。すれ違いざま小さい舌打ちをされる時もあった。
    この時点で財布の件は知らなかったので、
    「仕事でミスって怒らせてしまっただろうか」と私は思っていた。
    Aさんと同期の先輩に「自覚なくミスをAさんにかぶせてしまったかも」と相談した。
    先輩はAさんに↑を聞いてくれたらしい。
    でも翌日からさらにAさんの当たりがきつくなった。
    Aさんの中では
    「冴えない女に粘着されてる。怖い。同期を使って探りまで入れてきた。外堀埋めてきた怖い」
    だったらしい。
    でも私は何も知らず「そんなに重大なミスをしたのか」と明後日の方向に怯えた。
    なんとかして謝らないと…でもどんな失態をしたんだろうと仕事を遡って調べたが
    わからずじまいだった。
    仕方ないので叱られる覚悟で直接Aさんに聞こうと
    話しかけたが避けられた。
    Aさんと私の様子があまりにおかしいため、最終的に上司が気づき
    上司がAさんを誘って飲みに→色々発覚→後日上司に呼ばれ、Aさん私上司で話し合いになった。
    誤解はわりとすぐ解けた。
    そもそもの原因となった財布を開いて見せたら、
    私があるガールズアイドルグループのオタで財布を魔改造しており、
    好きな人とのお揃いを大事に持っている女とはとても思えない惨状になっていたから。

    Aさんはとてもいい条件のお見合い話が進んでいた最中で
    神経過敏になってたらしい。
    この縁談が壊れませんようにと祈っていた所に財布の一件があり
    粘着喪女(私)が縁談を壊す悪魔に見えたそうだ。
    上司に「一種の神経衰弱状態」とまで言われていた。
    結局Aさんの縁談はうまくいって、元の精神状態に戻ったAさんに謝罪された。
    AさんはAさんで怖かったんだろうけど、
    理由がわからず先輩に無視されたり舌打ちされた私も怖かった。

    このページのトップヘ