合格





    297 :名無しさん@おーぷん
    今からして思えば叶えてあげても良かったかなと思うけど、当時は神経わからんとしか言えなかったこと

    子どもが中学に進学するタイミング、県立中間一貫校約5倍の倍率に受かって、入学準備万端!あとは1週間後が入学式!の4月に入ってすぐ
    旦那が携帯で『事後報告で悪いけど会社やめるって部長に伝えたから』の一言
    後のことを考えているならば受け入れるけど?って返事したら『決めてないけど、決まらなければ実家(約700?の距離)に帰ればいいしー』

    私も子どもも定期的に国立の専門病院に通っていて、その地域はその分野では国内随一
    環境を変えることは受け入れ難かった
    何回か手術で入院したけど、飛行機の距離の人の方が多いような病院だったからやってやれないことはなかったなぁと後から思った

    だけどその時はこのタイミングでマジ神経わからんとしか思えなくて反対!
    凄まじい夫婦喧嘩の末、上の人に謝りまくって降格人事も受け入れて取り消して貰いました

    タイミングと対策をしっかりしてくれてたら認められたのかなと思う
    てか、伝える前に言ってほしかった





    359:名無しさん@HOME2013/02/22(金) 09:25:14.11 0
    義兄はエリート。義兄嫁は小梨で専業主婦。有名な人のパン教室に通っていたり
    趣味のパッチワークを極めたり多趣味で、楽しんでいると思っていた。
    一方我が家は旦那は普通の勤め人で私はパートの主婦。貧乏ではないけど金持ちでもない。
    子供は男の子が二人。一番上はスポーツ男子で、勉強は普通以下で公立中から県立高校。
    下は誰に似たのか勉強が好きでよくできる子。
    小学校の時仲良しの友達が、中学受験するので塾に通い始めた。
    刺激されたのか自分も中高一貫校に、行きたいと言いだした。
    兄弟で差をつけたくない。だから私立はだめ、公立中高一貫校だったら行ってもいい
    だめだったら潔く兄ちゃんと同じ中学に行けと言ったら、倍率30倍なのに受かってしまった。
    そうしたら義兄嫁がいきなりお祝いをしましょうとやって来た。祖父母に子供が報告の
    電話をしたから、義母が言ったらしい。
    義兄嫁曰く「。父親は普通の私立大だし母親は専門学校。それでこんなに頭のいい子が
    できるはずはないから、下の子が勉強ができるのは義兄の遺伝だからこの子は家で貰って
    あげるわ。」だと。あいた口がふさがりませんでした。
    もちろん義両親と義兄にチクリ、両方から義兄嫁を叱って貰いましたが
    「あんな家に置いておいたら、東大にはいけない。あの子のために引き取って教育をつけて
    あげたい。あの子のためなのに!」とまだ言っているらしい。
    うちの子が小さい頃は「男の子だけなんて大変ね。将来不良にならないように気を付けてね。
    我が家を当てにしないでね。」とか言っていたのにえらい変わりようだ。





    173 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2015/02/28(土) 02:02:40.85 ID:6IV8avhv.net
    フェイクあり。
    2〜3年ぐらい前だけど、小学校時代の同級生の何人かが、同じクラスだったAをリンチすると言い出したのが修羅場。
    Aは俺と同じ幼稚園から同じ小学校に入学した幼なじみで、池シ召というかトロかった。
    みんな結構Aをバカにしていたけれど俺は家もすぐそばだったから仲が良かった。
    Aは別の中学を受験してそっちに行った。
    俺は地元の中学に行った。
    みんなAの行った中学が意外と難しいところなんでちょっと腹を立てていたが、どうせAはトロいから勉強についてけなくて退学になると笑っていた。

    ところが高校卒業間近の時期に、Aは都内の国立大学に受かったと知ってみんなマジ切れしたんだよな。
    Aのことを「あいつは退学になる」と言っていたBなんか、自分が地元のバカ高校を退学になっていたから本気で怒った。
    そして俺にAを呼び出せという話がBの友だちから来た。
    単に懐かしいから話がしたいという内容だったけれど、なんか怪しいからうまくカマ掛けたらやっぱりリンチの予定だった。
    Aの家はぼろいのに東京の大学に行くなんて生意気だとかいろいろ。
    警察に駆け込んだら俺がリンチされちゃうよね。
    俺はAにとにかく逃げろと電話した。あきれたことにAはスマホ持ってなくてガラケーだった。
    そうしたら翌日Aの親父さんから電話があって、とにかく絶対大丈夫だから警察に一緒に行って話をしようと。
    県警にはAの親父さんの親戚がいるから、その人に相談しようと。
    実際そうしたんだよね。Bはなんか以前も警察沙汰があって、今回はもう逃げられないみたいだった。
    グループ内で回していたラインとメールが証拠になったらしい。

    書いてみるとあんまり修羅場じゃないな。
    ただ、BがどれだけAのことをバカにしていて、だからこそAがいい大学に行くのが許せなかったというのが狂気じみていて思い返すと怖い。
    Aは地元が怖くなって全然帰ってこなくなってしまったが、まあしかたない。
    俺は今地元の大学に行っているがBとかその取り巻きはあれ以来見かけないな。

    387 :ラブラドール速報 2015/03/18(水) 17:46:27 ID:I6x
    中学時代、遠くの県から引っ越してきた同級生Aがいた。
    俺はAとあまり交流は無かったのだが、Aが医者を目指していて、県内一の進学校もしくは他県のもっとレベルの高い学校への進学を希望しているということは知っていた。
    ただ、田舎の、正直学力が高いとは言えない中学だったから、それを実現するためには相当の努力が必要だった。
    いつ頃だったかは記憶が定かではないが、受験前、志望校について担任とAが話してる場に遭遇したことがある。
    ちょうど話終え、担任がAにあきらめるなと言って肩をぽんと叩いているところだった。

    それからAは何かに取り憑かれたように勉強を続け、県内一の進学校に合格した。
    当時はその学校への合格者が数年前に一人出たきりだったため、学校中がお祭り騒ぎになった。
    担任を始め何人ものクラスメイトが祝福の言葉を口にする中、Aの表情は晴れなかった。
    そして、突然、Aが乱暴に机を殴り立ち上がった。
    「皆して散々人をバカにして、笑いながら諦めろって言っておいて、ふざけるな!」
    わけがわからなかった。
    皆、Aの事を応援していて、誰も諦めろなんて言っていなかったのに。
    半ば半狂乱になりながら暴れるAをどうにか制止し、よくよく話を聞いているうちに担任気がついた。
    方言の所為だと。
    地域が特定されそうだが、俺の地元では「~するなよ」を「~しなよ」と言う。
    極力他県から来たAと話す時は皆、標準語を使うようこころがけていたのだが、これを方言だと理解している奴は少なかった。
    普通、会話してるうちに気づきそうなものだが、Aはおそらく偶然にもその言い回しをされずにいたんだろう。
    で、誤解したまま、自分に諦めろと言った皆を見返す為に、それだけの為に猛勉強をしたとの事だった。

    誰も諦めろなんて言ってなかった。
    それを知った瞬間、Aは力なくその場にへたり込んだ。
    これ以上重苦しい空気に耐えきれなくなったのか、誰かが「そんな事で誤解してたのだったら、もっと早く打ち明けてくれたらよかったのに」と笑いながら言って、他の皆も自分達の言葉って変だったんだ、誤解させてごめんと、なるべく明るく振舞っていた。
    だが、それが火に油を注いでしまったんだろう。
    Aはそのまま教室を飛び出した。
    そして、その日から学校を休み、卒業式にも来なかった。
    成人式にも、その後何回か行われた同窓会にも姿を見せなかった。
    Aの話題はタブーのようになってしまい、その後Aがどうなってしまったのか、誰にも聞けないまま今に至る。

    このページのトップヘ