叔母





    203 :おさかなくわえた名無しさん 2010/03/04(木) 19:59:59 ID:fZHfLRCB
    10年ほど前、私は病院の栄養士だった。たまたま5月の連休に休みが取れたので、
    久しぶりに両親と母親の実家(田舎)に行った。
    母の実家には親戚一同が集まっていて、栄養士をしている私の話になったが、なんだか叔母たちにトゲがある。
    『栄養士なんてど~せ料理なんかできやしない、頭でっかちな女なんでしょ』そんな空気だ。
    久しぶりに会った叔母たちにそんな態度をとられて、私は落ち込むを通り越して、嫌な気分になっていた。

    そのとき、うちの母が夕食を作ると言い出したので、私も手伝った。
    メニューはその日の朝、山で取れた山菜とその他いろいろの天ぷらだ。
    下ごしらえを終えて母が「じゃあこれ全部揚げてね」と私に言った。
    20人分はあるだろう大量のネタを目の前に、私は臆することなく揚げ物をはじめた。

    私が働いていた病院は献立作成などの事務は病院専属の栄養士がし、厨房業務は委託会社が請け負ってた。
    で、私は委託会社の栄養士なので、現場で料理ばかりしていた。
    しかも、私が働いていた厨房は設備が整っておらず、フライヤーはおろか、
    自動的に油の温度を調節してくれるコンロもない。揚げ物は自分の腕と勘のみだ。

    慣れた手つきで、サックサクの天ぷらがバンバン揚がる様子を、目を皿のようにして見つめる叔母たち。
    そのうち、待ち切れなくなった叔父たちが宴会をはじめ、私が全部終えるころにはほとんどなくなっていた。
    私の口にはあまり入らなかったが、皆がとてもおいしそうに食べる様子を見るだけで、大満足だ。

    その後、叔母たちは私に対して、トゲのある態度で接することはなくなり、
    むしろ、一人の大人として接してくれるようになった。

    後日談…田舎で私の天ぷらの揚げ方が広まって、ボテッとしていた天ぷらがサクっとなったらしいww





    772:本当にあった怖い名無し2012/06/24(日) 18:18:03.69 ID:PrhmwffX0
    昔からうちの家族に嫌がらせばかりする叔母(五女)に対して
    少しだけ復讐した話。

    その叔母は、性.格が唯我独尊で、自分が悪くても絶対に
    謝れない上に、一度自分で結論を出したらどんな証拠を
    見せても納得しないという難儀なやつだった。
    子どもはおらず、旦那が割と収入が良い仕事だったため、
    お金があるのだけが自慢だった。
    母親は、昔からその叔母から嫌がらせや暴言を受けてき
    たのだが、実の妹ということで色々便宜を図ってやり、
    その叔母に対して怒り狂う子どもたちに対して
    「私に免じて許してあげて欲しい」というような人物だった
    ので、今日までずっと我慢して来た。
    何度も殴り○したいぐらいの事も有ったがずっと我慢して来た。





    327 :名無しさん@おーぷん
    勝手に味方認定・息子に片思いしてると思われてたのに衝撃。
    いとこが出来婚からの離婚をしたらしく、叔母が愚痴るのを法事の席でふんふん聞いてた。
    そしたらなんか相手がぶすっとし始めたので、どうしたんですか?ときいたら
    「私ちゃんなんでそんなに平気そうなの?息子君が離婚されたんだよ?ひどくない?」
    いや…双方納得してたんなら別にいいじゃん…なんで蚊帳の外の私が不満そうにしないといけないんだと
    尋ねたらどうやら私はいとこに恋心を持っていると思っていたらしい。

    なんでやねん。

    勘違い男や勘違い女にありがちな「あいさつした」「お酌をしてくれた」「うんうんと話を聞いてくれた」
    なのでこいつは俺・私が好きなんだ!を第三者の叔母がしていたらしい。
    確かにいとこの顔は整っているがそれだけ。
    あまりにもぽっかーんとしている私の顔で自分の息子に恋心を抱いていないのがやっとわかったのか
    もう!ややこしいことしないでよ!と叔母は怒りながら部屋を出て行った。

    息子がいる親御さんは女性.に対して目が厳しいとは聞いていたけど、なんで惚れてないのよ!と
    怒られるとは思わなかった。




    840:名無しさん@おーぷん2016/03/23(水)16:34:25 ID:mNl
    私が1才の頃に両親離婚、それ以来父親には会ったことがなかった
    父方の祖父が亡くなり、遺言で私に遺産相続があったので、相続会議のために
    両親離婚後初めて父方実家に行き、そこで父一族に会ってきた
    ほぼ初対面に近い父も「大きくなったなー」と優しくしてくれた

    びっくりしたのが父の妹が私にそっくりだったこと
    叔母も「私の若い頃と同じ顔だわ」と驚いて若い頃の写真を見せてもらったけど本当にそのまんま
    私は父似だと聞いていて、父と叔母は兄妹だから似ていて当然なので
    結果的に私と叔母が似ていても不思議ではないが、それにしても生き写しみたいだった





    335 :鬼女日記2015/07/30(木) 18:24:19ID:JxN
    俺が中学生の時に起こした修羅場。
    お盆に父の実家に集まった時に、叔母が従兄の奥さんをいびってたんだ。重箱の隅をつつくような事を言って物凄く不愉快だったんだけど、大人の話に口を挟んじゃいけないと思って黙ってた。
    でも叔母の「あんたには帰る家は無いんだ!」みたいな言葉につい「いや、子どもじゃないんだから部屋くらい借りれるでしょ?」と言ってしまった。
    叔母、「生意気を言うな!」と俺をビンタ。父がそれを見て激怒。怒鳴り合いの末に俺たち帰ることに。そしたら何故か従兄の奥さんも付いて来た。後に聞いたら帰る時に従兄が母に「お願いします」と言って預けたらしい。
    夜、従兄が1人で我が家に。俺はその場には居なかったんだけど、従兄が奥さんに土下座して離婚をして慰謝料と当面の生活費を払うと言ったが奥さんが2人でやり直したいと拒否。母が「1からやり直すなら手を貸す」と言って、従兄が転職などをして叔母の下から離れることに。
    従兄奥さんは数日だけ我が家にいて後は従兄が親に金を借りてアパートに移ったんだけど、従兄が本気で自分から離れるつもりだと分かった叔母がしょっちゅう我が家に来て両親のどちらかと怒鳴り合いをしていたのが修羅場。
    当時の俺からすれば、俺が生意気言ったせいで親戚を巻き込んだ争いになったんだから腹の中では常に半泣きだったよ。





    260 :名無しさん@HOME2008/11/01(土) 14:47:470
    今日、義実家もお寿司だったw
    寿司桶を私の前にイカと河童巻が来るようにトメが置いたので
    お茶を入れている隙に
    イクラと雲丹のところに回した
    美味しかったよ





    449:名無しさん@HOME投稿日:2011/11/17(木) 21:11:33.32
    うちの兄夫婦も母と同居してるけど結局は母が兄夫婦を
    どんどんダメにしてる。
    元々金がなくて同居だったのにいつの間にか跡取りなので
    同居してやってるって態度。
    母はいくつか土地や家を持ってるんだけど、その1つを私に
    残すつもりらしいんだが兄嫁に
    「普通は跡取りに全部残すもんなんですけどね」ってため息
    つかれた。
    もーむかつく事ばっかりで実家には行かなくなったらなぜか
    伯母から「寂しがってるんだからたまには帰ってきなさい」とか
    薄情呼ばわりされた。





    235:おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2015/11/05(木) 01:10:39.43
    俺が2歳か3歳の頃に、
    離婚して出ていった母が5千万近い金を遺産として残してったこと。
    そんで、種違いの弟と弟の叔母がそれを奪いにきたことが衝撃だったな。
    まぁ、弁護士から渡されたその日から一週間の内に
    自分を育てくれた施設や他のとこに寄付したり、欲しかった車買ったり、
    競馬に使って無くなったけど。

    一週間で使ったと伝えたときの二人の顔は笑えた。
    ちなみに賭け事はあとにも先も、その一回だけ。
    こち亀の両さんみたいな賭け方をしてみたくてやってみたら、
    豪快に負けた。

     

    644: 名無しさん@おーぷん 2014/09/23(火)12:48:24 ID:grRILOxzB
    叔母(父の妹、50代後半)は親戚中のお姫様な人。旦那との間に子供はいない。
    若いころは細くて小柄でそりゃもう妖精のように可愛らしかったとよく写真を見せられた。確かに可愛い。当時は。しかし今は加齢には勝てずミニデブのおばさん。150㎝あるかないかで70㎏くらいある。
    でも親戚や、うちの父や、叔母の旦那にとっては今も細くて小さな妖精ちゃんが見えてるらしい。

    う ちの母はその年代にしては背の高い人で165㎝くらいある。叔母にはいつも陰でゴリラと言われていびられていた。同じくすくすく育って167㎝になった私 も叔母に会うたび大きすぎて池沼っぽいとか本当に女なの?生●ある?pgrとか言われていた。若い頃は母も叔母の所業を父に訴えたりしたらしいのだが父は 「ひがむな」「デカいのは本当のことだろ」と言って相手にもしなかったという。

    そのうち母もあきらめて訴えるのをやめ、私と叔母がなるべく会わないようこっそり陰で画策してくれた。
    それでも冠婚葬祭やお正月なんかはどうしても顔を合わせたけど、数時間のことだからと我慢してた。
    かし叔母がついに妖精の座から陥落する日がやって来た。
    正月に従兄が嫁さん候補を連れて来た。大学出たばかり、推定152㎝前後40㎏あるかないか。
    目大きい。色白い。まさに本物の「細くて小柄な妖精のような子」。しかも若い。
    よせばいいのに、叔母が彼女に対抗し出した。
    私の方が手首が細い、骨が細い証拠よ。骨太は百姓みたいで育ちが知れる、とかなんとかグダグダグダグダ…
    従兄が怒って「やめてくれ」と言うと、叔母は口をとんがらして「やんっ!」とそっぽを向いた。
    これは叔母得意のポーズで、いつもならこれをやるとうちの父や叔母旦那がメロメロになる。
    しかし今日は本物の若いかわいこちゃんがいる。
    客観的にはどう見ても妖精をいびってるズゴックがいるだけ。
    誰も機嫌をとってくれないことにあせった叔母は泣き真似をして部屋の隅へ。
    しかしやっぱり誰も来てくれないので、従兄彼女のそばへ戻り、またグダグダ粘着。
    整形でしょ?過激なダイエットで痩せてるんでしょ?生●止まってんじゃない?子宮もボロボロとかグチグチ…
    従兄彼女は言い返さず、目に涙をいっぱい溜めてうつむく。可憐。
    可憐vsガンタンクの勝敗はすぐにつき、叔母はまわり中からいいかげんにしろと怒られ泣いてタクシーで帰った。

    その一件以来、父や叔母旦那の目には真実の姿が見えるようになったらしい。
    150㎝70㎏、若いころの花柄ワンピースを「今でも似合う」とはちきれんばかりに着るノーブラ57歳おばさんという真実の姿が。
    あれほど叔母大好きだった叔母旦那は、めっきり「家事しろ」「寝てばかりいるな」と口うるさいおじさんになったらしい。
    うちの父は急に母と仲良くしたがるようになり、なにか買ってやろうかと持ち掛けては無駄なものはいらないと断られている。
    一昨日私に「おまえすらっとしてるなあ」とお世辞を言ってきたのでちょっと気持ち悪く感じ
    「私が叔母さんに池沼とかオカマ呼ばわりされてる時に、そう言ってかばってくれたなら嬉しかったんだけどね」
    と言い返してしまった。父はしょぼんとしてた。
    いつか言い返そうと長い間イメトレしてたけど、思ったほどスッキリしないもんだな。

    このページのトップヘ