再婚





    445:名無しさん@お腹いっぱい。2016/10/02(日) 13:08:57.49
    終わった話なんだが
    昔から好きでしたと友人Aの嫁A子が誘ってくる。
    「お互い割り切った関係で」とメールが来る
    俺にも嫁がいるので断っているんだがしつこい

    言われ続けて一ヶ月してからA子が
    「K子も裏切りしている。
    相手は友人Bだ。証拠もある」と
    証拠は写真だった。

    ファミレスで男といた。
    しかも向かい合わせで座っているのではなく
    4人の片方に2人で横並びでくっついて座っていた





    804 :名無しさん@HOME 2011/08/22(月) 14:08:29 0
    小6の時に母が再婚して、新しい父と弟ができた。 
    酔うたびに暴力をふるった実の父と違って、新しい父は優しかったし、 
    1つ下の弟はおとなしくて人見知りする子だけど、私にはなついてくれた。 
    とてもうれしかったけど、しだいに弟の目からは光がなくなってオドオドするようになり、 
    どんどんやつれていって家にいる時は部屋に閉じこもりきりになった。 
    そして、中2の2学期から学校にも行かなくなって、部屋から全く出てこなくなる。 

    父はなかなか帰ってこなかったし、私にも塾や部活があったから専業主婦の母が弟の面倒を見てたけど、 
    「部屋に入れてもらえない」「長い間声を聞いていない」「どうなるんだろうか」と、 
    弟のことを話すたびに悲しそうにしてて、母にそんな顔をさせる弟が憎かった。 

    高2の夏、学校で部活の合宿で泊まりこんでたけど、 
    2日目の昼に忘れものを取りに行ったら、家の中から何かを叩くような大きな音が聞こえる。 
    弟の部屋方向なので恐る恐る行ってみると、母の怒鳴り声と、獣のような叫び声が聞こえてきて、 
    ドアを開けると鬼のような形相をした母が、四つん這いでベッドの柱の鎖に首輪で繋がれてたなにかを長い定規で叩いていた。 
    よく見ると、それは見る影もなく痩せ衰え傷だらけで髪が伸び放題という、幽霊のような弟だった。 
    あまりの光景に絶句してると、母は私の方を向いていつもの優しい顔でニコニコ話しだしたけど怖くなって突き飛ばして走って逃げた。 
    気がつくと学校の保健室で寝てて、迎えに来た母を見て錯乱した私が錯乱して話したことから全てが露見した。





    150 :名無しさん@おーぷん
    弟が離婚してすぐ再婚、どういうことかと思ったら、
    浮気→弟嫁バレ→協議離婚→浮気相手(連れ子付き)と再婚って流れだった。
    うちの母は知ってたみたいだけど、私は終わってから知らされた。
    つうか実家で新弟嫁(元浮気相手)に出会うまで何も言わんとかどうなんだ。





    958:名無し@話し合い中2006/09/30(土) 22:35:14
    ちょっと納得いかないんで聞いてもいいか?
    俺の親は親父は他界、お袋は健在だが俺とは血の繋がりはない。
    だが、俺が小学生の頃に再婚して母親となってくれ
    それ以来、何のわだかまりも感じないくらいに俺を育て上げてくれた。 
    自分の血の繋がった子を産むと愛情に分け隔てが出てはいけないと
    出産する事もなく。
    俺も社会人になり家を出て、今、お袋は田舎で一人暮らし。
    たまに、電話はするが会いに帰るのは年に二度ほど。
    悪いなと思いつつも結婚した今の暮らしが優先なので仕方がないとは思う。
    そんな暮らしをしていたのに、先日嫁の両親からこんな事を言われた。
    もう血の繋がりのないお母さんとは縁を切ったらどうかと。
    俺が一人っ子なので老後の事に気を回してる様子。
    血は繋がってなくても俺はお袋だと思ってますと答えると
    何か怪訝そうな顔してた。
    その夜、嫁に何でお前の親にあんな事言われなきゃいけないんだ?
    と聞くと、私の両親と一緒に住まない?と…
    俺のお袋は切り捨てて、自分の親との同居を望んでる嫁、そして
    親がかりでそれを実行させようとする嫁家族に腹が立ってる。
    第三者の目で見てどう思うか聞かせて欲しい。





    90: :2016/07/04(月) 08:27:13.36 ID:
    妻が子どもたちを残して早世してから4年 
    近所に住む妻の妹が毎日のように家に来て子どもたちの世話をしてくれるのでとても助かっている 
    ところが昨日、義父と義母が珍しく連れ立ってやってきて「○○(義妹)と一緒にならないか」と言われてめちゃくちゃ困惑している 
    亡くなった妻はスレンダーで美人な方だったが、義妹はやや太めでお世辞にも美しくはない 
    そんな義妹だから家に出入りしても変な気を起こさずに子どもたちをお願いできていたのに、嫁にどうだと言われた途端にこれまでの関係が崩れた気がする 
    しかし無下に断ると子どもたちの世話をしてくれる人がいなくなるし、たとえ容姿はどうあれ自分の欲求を満たしてくれる人は欲しいし、なんとなく受け入れざるを得ない感じなのがなんかなあ・・・





    212: おさかなくわえた名無しさん 2013/03/31(日) 18:45:17.49 ID:6fhi44WH
    乱文お許しください。 
    バツイチ、娘がそれぞれ中高に1人ずついます。 

    1年前、夫から離婚を請求され、調停の末に離婚しました。 
    調停の中で、夫の不満を初めて聞くことができ、 
    私が夫を父親扱いし、甘えて負担をかけていたことをそのときに自覚しました。 
    一番ショックだったのは、10年以上のセッ*スレスで夫がいっそタヒにたいと思うほど 
    苦しい思いをしていたことを聞かされ、もう顔も見たくないと伝えられたことでした。 
    でも義理実家の近くに住まいを建ててもらったし、 
    15年専業主婦でいさせてくれたので感謝しないと思ったので、 
    最後は礼を言って別れました。旦那は子供には会いに来ませんが、 
    養育費は滞りなく入っています。 

    昨日旦那が再婚したという連絡が弁護士経由で来ました。 
    相手は10歳年下、同僚の女忄生だそうです。 
    話を聞いたときは、呆然としてしまいました。 
    まだたった1年しか経ってないのに不倫を疑ってしまいます。 
    思えば夫が家を出ていく前に携帯がロックされていたり、 
    帰宅がやたら遅かったりと不審な行動が多かったです。 
    知り合いに相談したら、略奪婚の夫婦なんて所詮幸せにはならないんだから 
    放っておきなと言われました。 
    でも自分が捨てられたんだと思うと、辛くて・・・・ 
    子供2人もお父さんは自分たちを捨てたんだとかなりのショックを受けているようです。 
    子供もいるのに、そんなに簡単に再婚するなんて間違ってませんか? 
    探りを入れたところ結婚式もやるようです。 
    略奪婚の恥知らずな式に参加する人がいるなんて・・・ 
    子供を差し向けて台無しにしてやりたい気持ちでいっぱいです。 
    恥知らずな女と夫を責めてやりたい。 
    何度も気にしないようにしようとしてきましたが 
    イライラして手につきません。どうしたらいいんでしょうか。





    275: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/06/22(金) 00:29:49
    暗い話ですまんが。昨日元嫁が再婚してるという話を人づてに聞いた。 
    相手は離婚の時も親身になってくれた幼なじみだと。 
    モヤモヤして眠れない。 
    何で不倫したんだろう。絶対バレないなんて高くくってたし。

    地味だったけど美人で料理もうまい良い嫁だったのに 
    胸ないし夜の方も物足りないし話も盛り上がらないつまらん嫁だなんて愚痴ったりしてさ。 
    別れてようやく良さに気づくなんて遅いよなあ。今の嫁とも比べてしまう。 
    慰謝料も養育費もいらないって言われたのも地味に辛かった。 
    やり直せるならやり直したい。時間戻ってほしい。 
    今頃別の男と…と思うとイライラモヤモヤする。 
    未練たらたらだな。




    前編はこちら
    593:名無しさん@おーぷん2016/04/05(火)21:41:09ID:iHE
    3年ほど前にも2ちゃんねるに書き込んだことがあるんだが、どこだったか忘れてしまった。
    初めから説明させてもらうので、長くなってしまうが相談に乗ってください。

    後述するが、3年前の相談は彼女が浮気をしているというものだ
    彼女はバツイチで一人娘を女手一つで育てていた。
    といっても、よくあるシングルマザーみたいな感じじゃなくて専門職で
    収入も労働条件もいいところで働いていた。

    一人娘も私によくなつき、結婚して彼女と娘と家族にになりたいと考えていて、
    写真だけでも結婚式を挙げようかとか色々な話も進んでいた頃だった。
    娘が小学校に上がるのに合わせて名前を変えるために入籍する話をしていた頃、
    娘が突然亡くなった
    ほんとに突然のことで、言葉で言い表せないくらいショックで…
    彼女も俺も相当落ち込んだ。

    悲しみは嘘じゃないが、生きているものには生活がある。
    ただ生活しているだけでも家賃だって光熱費だってかかるし、
    いつまでも悲しんだところで現実には変わりないじゃないか
    なのに彼女は忌引き期間が過ぎても仕事には戻らず
    1日を泣いて過ごすか、布団の中で過ごすようになった。

    社会人として、仕事に穴をあけるとはどのようなことか、
    悲しんでいても命は戻らないことを説教した。
    説教は、頭のいい彼女だったから考えれば分かるところなんだが、
    考えることを放棄してしまっていたので
    自分が伝えなくてはいけないという思いからだった。

    しかし彼女は働くどころかアドバイスをした俺をなじりだす始末だった。
    それで、距離を置いていたのだが、
    半年ほど経った後、彼女の家に男が出入りしていると聞いた

    私たちはまだ別れてなどいないし、浮気という裏切りに動揺し
    2ちゃんねるで相談したのが3年前。
    そういや相談の結果なんだが、彼女の尻軽さは2ちゃんねるのみんなですら呆れていたな…

    これは結果的に言うと、グレー判定というか
    彼女の家に出入りしていたのは従兄弟だったそうだ。
    彼女の落ち込みから親や兄弟、叔父叔母、従兄弟が自刹を心配して
    毎日誰かが泊まり彼女を見張っていたとの話だった

    それで、あれから彼女も落ち着いたことだしやり直してもいいと思っている
    しかし、連絡がつかないどころかまた浮気をしている可能性.が出てきた。
    一度ならず2度までも彼氏を裏切るような人間失格の代表みたいなやつとは
    慰謝料をもらって別れてやろうと思ったこともある

    しかし同時に、彼女を愛している気持ちもまだ残っていて辛い
    最低な女なのはわかっているが、別れるべきか、水に流してやるべきか




    後編はこちら 7/3 1:37公開予定
    860 :恋人は名無しさん:2014/06/30(月) 18:08:51.27 ID:18AQf8x20

    婚約者に浮気されていたようだ
    彼女はバツイチで小学校へ上がる前の子どもがいた
    娘にはいろいろ気を遣いながらも仲よくしていた
    小学校へ上がるのを機に引っ越し、結婚しようって話をしていて、本当なら今頃3人家族としてやっていくはずだったんだが…
    去年の寒い季節に娘は帰らない人になった
    交通事故で、突然だった
    それで、彼女もショックを受けたことには間違いないだろうが俺にとっても、ショックな出来事だった
    それで、彼女は娘が生きがいだったから1日中泣いて暮らすようになった
    忌引きの期間が終わっても仕事に復帰せず、娘の部屋で泣くばかり
    おれ自身も娘を亡くして傷付いたし、そんな彼女を見てるのも辛くて距離を置くようになった




    前編はこちら
    563:たぶん895 ◆yIqpbCbr/c2008/02/14(木) 14:22:00
    待っていてくださった方がた大勢いらしたようなのに、書き込みできなくてすみません。
    たいした話はしてないんですが精.神的にすごく疲れて、昼過ぎまで眠っていました。
    話し合いは長かったので、義弟嫁さんが録音してくれたものを聞きなおしながら
    主要なところと印象に残った部分をつないで書いています。
    文章が苦手なので伝わりにくいかもしれませんが、ご容赦ください。

    まずあれから、私のところに義弟嫁さんが来て、
    義弟嫁さんの置かれている状況を話してくれました。

    義弟は保険に未加入だったため保険金は無く、
    義弟が独身時代に作った借金を返し終わったばかりだったので
    もともと貯金もあまり無く、さらに葬儀その他で
    そのわずかな貯金もほとんど使ってしまったこと、
    今もまだ働き始めたばかりで引越し資金もない(口座に20万程度しかないらしい)こと。
    春になれば甥が幼稚園に入れるので、トメに頼らなくても延長保育を使えば
    母子家庭でなんとかやっていけそうだということ。

    つまり、引越し資金と、幼稚園がはじまるまでの間の甥の預け先さえ決まれば
    なんとか逃げることはできるかもしれないということでした。

    実は、私達が引っ越してきてから、出て行くことを何度も考えていたらしいのです。
    はじめは、せっかくの広い二世帯だから他人の自分が出て行き、長男夫婦と
    いずれ生まれるであろう子供達が暮らすのがスジではないか、くらいの思いだったのが
    夫が妙な行動をしだしてからは嫌悪感から引越しを考えるようになった、と。

    このページのトップヘ