兄嫁





    743:名無しさん@HOME投稿日:2014/01/02(木) 23:00:41.26
    気遣う感覚の違いなのはわかるけどそれにしても三十年以上生きてる人とは思えない兄嫁
    まだ兄の彼女だった頃、初対面なのに挨拶しない。名乗らない。車で関東から関西に帰省だったんだけど、運転は兄か私任せなのに一人だけ後部座席で寝てる。SAに寄ったらムクっと起きて自分だけお酒とおつまみ購入。コーヒー買って渡すくらいしないのか?とモヤモヤ
    その後結婚して兄嫁になる。結婚当時私は学生だったし、両親からもお祝いは無理しなくていいからねと言われたので、プレゼントと新婚旅行のお餞別程度を渡した(総額20Kほど)
    不満だったのかわからないが、兄嫁からはお礼の一言もなし。新婚旅行のお土産も私にはもちろん気持ち程度で構わない。でも、かなりの大金を渡した(結婚式は兄が全額負担したいと言ったので)両親をはじめ、祖父母や叔母夫婦その他親戚にはなーんもなし。
    一応気遣いましたアピールなのか、みなさんでどうぞと家にお菓子だけ持ってきた。
    長期休暇で帰省して泊まるときも、手伝いは一切しない。コトメ(私)がいるし、手伝いづらいのかとも思うが、準備にしろ片付けにしろ「手伝いますか?」の一言すらない。

    はーあ。明日の朝も兄嫁はゆっくり起床なさるのね。





    975:名無しさん@HOME
    兄が結婚前に母親の嘆願に負けて二世帯住宅を兄ローンで建てちゃった。
    この時点で私と末妹は独立済。
    交際中の恋人に逃げられて、その後も三十半ばまで結婚話出るとふられる兄。
    去年お見合いで年上と結婚できた。古くなっちゃったけど二世帯住宅にも入ってくれて
    親族みんな感謝感謝で下に置かない感じで、ちやほやしていたらすごい人になってきた。
    去年末の妹が里帰り出産したいと連絡して来たら、兄嫁が末妹にお断りって返事をした。
    末妹が私に泣きついて来たので、話をしたらたとえ両親の一階に滞在しても
    赤ん坊の泣き声とかは聞こえる。静かに暮らしたいからお断りと言われたよ。
    兄と両親も入っていろいろとりなしたけど、頑として拒否だったので
    末妹宅に母が通って産後の面倒をみた。みたらみたで
    「お義母さんは末妹さんの方が私より大事なんですね。」って母親と口をきいてくれなくなった。
    メンタルの弱い母はまいってしまい、父が母を連れて出身地に残る家に移住していった。
    そしたら兄嫁は親のスペースに自分の親を入れるって兄に言って大ゲンカになって
    兄が離婚するって騒いでいる。





    804:名無しさん@HOME投稿日:2010/06/29(火) 16:20:45

    うちの実家でも犬飼ってるよ。兄嫁一家(アレ無・1歳の甥も一緒)が来る時は犬を勿論外に出して
    家の中を入念に消毒込みの掃除をする。
    床には甥が来た時だけ甥専用絨毯を敷いて厳戒態勢。兄嫁の態度は722とほぼ一緒。
    泊まる事はないし、呼んでる訳でもなく、両親は来たい時だけこればいいって言ってる。

    ある日、私の目の前で
    「犬が持ってる病気に感染してタヒぬ人が何人かいるんだって。あの犬口臭いじゃん。
    うちの子感染してタヒんじゃったりしない?」
     って言ってた。兄は「気にしすぎだ。そんなに気になるなら獣医に連れてって確かめて貰おうか?」
    って言ったらそこまでしなくてもいいって答えてた。
    確かに多少臭いけど、歯磨きやトリミングはしっかりしてますと私が言ったら、
    「ならいいけど」だって。。
    私が買ってきた犬なのでそんな事言われて正直不快だった。
    毎回外に出して、掃除も入念にしてたのに(兄嫁リクエストにより)この言い方は酷いと思う。

    犬もいるから小さいうちは無理して来なくてもいいって他の義姉も兄も両親も言ってるのに、何で週1で来てこのセリフ言うんだろう。





    798:名無しさん@HOME投稿日:2011/12/12(月) 10:53:36.18
    やっぱり同居なんかするもんじゃないよね
    兄が結婚したんだけれど兄嫁さんが同居したいんです~みたいなことを
    私にも言ってきてびっくりw両親は同居なんて苦労の元だからときっちり
    断っているのだけれどあきらめずにちょくちょく言ってくる
    生活が苦しいからなんだろうけれど絶対に同居なんかしない





    843 :名無しさん@HOME 2013/01/17(木) 22:59:27 0
    兄夫婦が我が家に遊びに来ていた。 
    二階には7畳の長女の部屋と6畳の長男の部屋がある 
    その他に私たち夫婦の寝室と空き部屋とベランダに繋がっている和室が一部屋 
    勝手に二階に上がっていたらしい兄嫁が 
    「男の子の部屋の方が狭いなんてどういう考えしているの!?ありえない! 
    しかも○○ちゃん(長女)の部屋にたくさんのゲーム機があった!即刻捨ててあげないと将来どうなるかわからないよ!?」 
    とギャーギャー喚く喚く 
    しかも私達の寝室にも入ったのか、ベッドの上に置いてあった夫のパジャマについて「趣味が悪い」との評価を頂いた 
    ついでに和室にあった洗濯物を見てくれたみたいで「たたみ方が下手くそ。何年主婦やってんの?」という評価も頂いた 
    子供部屋に関しては子供たちが二人で話し合って決めたからこちらが言う事は何もないし 
    ゲームに関しても子供たちでお金を出し合って買っている。息子の部屋は荷物がたくさんあって部屋が狭いという事で 
    荷物の少ない長女の部屋に置いてあるだけ。 
    というか、勝手に二階に上がって部屋に勝手に入る神経がわからん





    347:名無しさん@HOME2012/02/17(金) 21:45:13
    兄嫁(40代後半、岩に似てる)に迫られたので、拒否して逃げた。

    数日後、兄から実家に召喚され、いってみたら親族一同勢ぞろい。
    兄に胸ぐらつかまれて「うちの嫁に暴行したな!?」と言われた。
    「いやいや、俺だって男だから!あれは無理!抱けない!」と繰り返したら
    父がいきなり爆笑しつつ
    「だよなぁ。俺もそう思うわww男として無理無理」と失言ぽろり。
    途端に女忄生陣から浴びせられる罵詈雑言。
    父息子揃って女忄生の敵扱いに。

    幸いにしてアリバイが証明されて兄嫁の狂言ということが判明。
    兄嫁は家を追い出されたが、
    嫁にぞっこんの兄が追いかけて行ってそのまま2人して音信不通に。
    そして未だに女忄生陣からハブられ続ける俺と父。
    なんもしてないのに('A`)





    27 :名無しさん2014/03/18(火) 17:53:46ID:2bu5b72LC
    特殊な事情だけど…
    兄嫁が出産でタヒんだのが、兄嫁の長男が幼稚園児の5歳の頃?
    兄といっても異父兄で母親の連れ子。兄も母もキチ外の氾罪者で兄嫁も鬼畜クズ女だった。
    私の父は連れ子である兄も実子同然にかわいがったが、その父がタヒぬと
    「おまえの父親が残した遺産を俺に全部よこせ!」と、迫ってきた。兄嫁もニラニラして同意してる。
    毒母と毒兄に遺産を横領され、畜生の兄嫁がニラニラして私から強盗した金で豪遊する姿を
    見せ続けられること5年、畜生の兄嫁は3人目の子を出産の時に20キロ太り尿蛋白3+で
    陣痛促進剤で早めに計画出産したんだけど、産道が避け発見が遅れ出血多量でタヒ亡
    事件当時は「また産科医のずさん医療!」とか「陣痛促進剤の被害者!」とかマスコミに騒がれたけど
    その実態は他人を脅迫し強盗し、金を横領して豪遊するキチ外畜生女。
    畜生女がタヒんで、氾罪被害者の私はどれだけ救われたかしれない。

    その長男5歳児が通ってた保育園は市内でも有名な英才教育園ですごい競争率なんだけど
    兄嫁はニセの就業証明を偽造して専業主婦のくせにそこに通わせいた。
    一回、私がお迎え行ったら、クラスの子に
    「おかあさんどうしたと?タヒんで焼かれて空にいったと?w」とプゲラされてた。
    そりゃ、不正して市内一番人気の保育園に専業主婦のくせに偽造書類で通わせてたら嫌われるよな。

    その畜生兄嫁の印象が強烈で、「幼稚園・保育園児を持つ母親」がトラウマに。恐怖の対象になってしまい、
    自分の子を幼稚園に通わせいる間ずっと、その母親が悪魔に見えて怖くてしょうがなかった。
    畜生女の兄嫁とは違う!ってことはわかってるけど、どうしても怖かった、トラウマってどうしようもないし。
    幼稚園ママたちは、幸運なことにみんな善良でフランクな人たちに恵まれたけど
    あの畜生の兄嫁のように泥棒で強欲で嫌がらせや悪意や攻撃を向けてくるんじゃないかと
    意識に織り込まれてしまって幼稚園に通うのが恐怖でしょうがなかった。





    183:名無しさん@HOME2013/06/21(金) 09:10:27.58 0
    兄夫婦…私と兄の実家から遠距離住まい。兄嫁現在妊娠10週に入ったところ。
    兄嫁実家…兄夫婦宅と同市内。
    私夫婦…私と兄の実家と同市内で近居。

    私と兄の実父は造園業なので、実母は事務に接客にとまだ現役で働いている。
    私の旦那は父の跡取りとして働き、私も実母に仕事を教えて貰っている。
    私達夫婦には子供が二人で一人幼稚園で一人は乳児。

    この条件で兄嫁が私と兄の実家に里帰り出産をしたいので
    私にお勧めの産婦人科を推薦してくれと連絡して来た。


    また私の実母に産前産後二か月ほど滞在させてもらい世話をして欲しいと連絡があったそうだ。

    確かに昔は住み込みの職人さんが居たり、祖父母も居たので無駄に広いから滞在して貰う部屋はある。ただ実母は持病があり無理はできない。

    兄嫁が里帰り出産すれば、たぶん私が面倒をみることになるが私もまだ六か月の子が居て、仕事も休んでいる状態なので実母が気を使ってくれているかもしれないが、兄嫁の実家に里帰りして出産した方がいいのではないかと返事をした。

    そうしたら兄嫁が「妹の子供ばっかり可愛がって不公平。絶対面倒見てもらう。」と電話でどなり散らしたそうだ。

    今兄を入れて話しているが、兄嫁は絶対に兄実家で世話になると頑張っていて
    来週からそっちに行って産婦人科にかかると言い張っているそうだが
    私が妊娠初期に飛行機で来るような距離の実家に来るのは辞めた方がいいよと
    兄に言ったのだが、それもいじめだと叫んでいるそうだ。

    ちなみに自分の実家はUR住宅で階段でエレベーターもないし2LDKなので狭いので嫌だそうだ。だったら自分宅で兄嫁実母に来てもらうのはと提案したら社宅2DKなので兄嫁実母が泊まれないからだめなんだそうだ。

    遠距離であんまり接触なかったけど、こんな変な人だったなんてがっかりだ。





    655 :名無しさん@おーぷん
    兄貴に今日うちとんかつなんだ〜て自慢されたから
    行っていいか?と聞いたらおk
    兄嫁が2枚しかとんかつをあげてなくてアゼン
    しかも兄嫁が丸1枚食い
    残り1枚を兄貴と俺半分こで出してきてさらにアゼン
    普通こーゆうことする?ありえる?
    底意地わるいあまだと思ってたがここまでするとは・・・
    兄貴にちゃんと嫁教育しろや!と怒鳴ったがゴニョゴニョ言うだけ
    前もこうゆうのあったんだよな
    さすがに二度はゆるせん
    帰ってカーチャンにちくったった
    カーチャンぶちギレで兄嫁に凸電
    兄嫁逆ギレで夜中までギャースカ
    離婚になるかもしれんそうだ
    はよ分かれろや せいせいするわ





    455:おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2016/01/17(日) 15:17:18.34ID:uob7ZaQa.net
    兄に聞くべきか、どう聞くべきか、
    何も考えないべきかアドバイス頂けると助かりす。

    兄:大卒(30)既婚 飛行機の距離
    私:大学中退→会社員(23)独身 車で3時間の距離
    弟:高卒→会社員→専門学校(22) 実家住み

    一昨年両親が事故で亡くなりました。
    バタバタしていて考える余裕もなく、遺産等は全て一度兄が貰い、
    10年後保険?が満額溜まったら皆に分割するということになりました。

    昨年弟が本人の希望で会社を辞め自分の貯金で専門学校に通うことに。
    昨日弟から「2、3年目の学費は両親のお金から払ってほしい」
    と連絡がありました。
    私と兄は大学の学費は親に払ってもらっているでしょう?と。

    しかし私は学費は奨学金(返済中200万)、
    また生活費はバイト代からだしておりましたので、弟にもその事を伝えました。
    しかし「私が学費等を自分で払ったのは驚いた。
    でも入学金は払ってもらったはず。(払ってもらいました)
    それに兄は実家から通っていたし、定期代も確実に払ってもらっていた。
    きっと学費も出してもらってるはずだ。俺は1円も貰ってないから不公平。
    私から兄に確認・学費の打診をしてほしい。」
    と言われました。

    弟と兄は仲が少し悪く、
    私を介したいようですが私はお金のことを話すのがとても苦手で
    躊躇してしまいます。

    また兄は大変ケチで
    前に実家(弟が会社員のときは空き家。)の修理費用を
    両親のお金から出せないかと打診した際、
    「両親のお金は使いたくないし、
    俺は遠い距離に住んでいるので一生使うこともない。お前らのお金で出せ」
    と憤慨されたことがあります。

    どのように話せば兄の気分を害さず、
    お金の件について話すことができると思いますか?
    お金の話を嫌な気分にさせずする方法があれば教えてほしいです。

    このページのトップヘ