元嫁





    421::2017/03/20(月) 22:14:02.79 ID:
    元嫁の浮気で離婚して数年
    娘から初めて電話を貰った
    会って話をしたいと言ってたから会ってきたよ
    元嫁に内緒らしい
    ここで浮かれるほど俺の頭はめでたくない
    何かあると仕事用のレコーダー持参で娘と会ってきた
    娘は中学生になってた
    会うなりいきなり「あんたが浮気でお母さんと私を捨てた事も、慰謝料や養育費を払ってない事も知ってる
    私はあんたを許さない」だってさ
    なんて親孝行なむすめだろう





    544: 名無しさんといつまでも一緒2009/04/12(日) 15:06:42 O
    叔父が亡くなって通夜に行ったら元嫁がいた。
    どこから叔父が亡くなった話を聞いたんだ?と思ってたら、元嫁は葬儀屋のスタッフだったww


    平凡な主婦で一生終えるのは嫌!働きたくないし、子育てで疲れた主婦になるのは嫌!と離婚の時言ってた。
    羽振りのいい間男と浮気して、娘の事なんざ頭になかったから親権も楽々取れた。


    間男と結婚してセレブな生活送るんじゃなかったの?www





    26:名無しさん@おーぷん2014/05/14(水)20:29:09ID:JQFqUvPaZ
    俺以外嫁のW不倫を知っていて黙っていたので復讐した。
    元嫁と結婚5年目で離婚したけどね。

    自宅に元嫁の元同僚(退職済)が泊まり掛けで遊びにきたんだ。
    俺は少し酒を飲んで、眠たくなったので先に寝ることにした。
    俺は、酒に弱いので飲むと朝まで起きないが、その時は何故か目が覚めた。
    元同僚が、職場のW不倫の彼氏とは別れたのかと嫁に話してたんだ。
    職場でW不倫なのにべたべたして冷や冷やしたよ。
    携帯も御揃いの色違いで、ストラップまで同じなんでやり過ぎだったよと言う。
    元嫁は、前の携帯に青春の思い出として彼とのメールと写真を保管している、
    もう3年も前に終わった事だけど世界一好きだった彼との思いは忘れないだと。

    嫁が同僚を駅まで送りに行っている間に、前の携帯を探し出してデーターを全てSDに落とした。
    暗証番号はそのままだった、メールと行為の写真も残されていた。
    メールのやり取りを見て分かった事は、
    元嫁は彼氏に二番目の子供が生まれたので別れた、旦那の子として彼氏の子供を産みたかったけど
    旦那が昇進するまでつくらないって言うから、チャンスはもう来ないし辛いから別れた。
    彼とも相談して泣く泣く別れることにした、今は年賀状のやり取りのようだ。

    元嫁も苦労して就職できた会社を簡単にやめさせるのも可哀想と思っていたので
    俺が社内資格を取って昇進したら、子供をつくろうと話し合っていた。
    今考えると、托卵されずに済んだのだから幸運だったかもしれない。

    正月に元嫁実家に挨拶に行った時に、そろそろ孫の顔が見たい
    元嫁も一人目は早く欲しいと思ってるとかいう。
    その流れで、俺は元嫁とは子供作る気がないので、他の人を当たってください。
    世界一好きな間男さんなんかどうだ、2人も作っているから慣れてるだろう。
    俺は托卵を計画するような相手とは子供は無理ですよ、笑って見せた。
    みんな黙っているので、メールと写真を見せて、離婚したい事を告げた。
    元嫁はもう3年も前に終わった事で、今は勤務場所も違って会ってない。
    今は、あなたの方が好きだと。

    間男は、元嫁と別れる時に間男嫁にばれて、間男嫁は元嫁から慰謝料を受け取っていた。
    元嫁親も知っていたのに、俺は何も知らされてなかった。
    俺以外の関係者から終わった事を今更蒸し返して、周りを不幸にする意味が分からないと
    罵られた。
    やっと、再構築して家庭が落ち着いて来たところなのにと、間男嫁に泣かれた。

    俺にとってこの問題は、今知った事で、隠されていたことで関係者全員に怒りを憶えるので
    徹底的に戦うと宣言した。
    その結果、俺は両方から慰謝料貰って離婚して、元嫁と元彼は職を失った。
    最後は元嫁親も隠していて悪かったって、慰謝料貰って縁を切った。





    976: 名無しの心子知らず 2013/09/02(月) 01:55:44.34 ID:CwRoJ+6d
    家を建て替えてしばらくした頃、
    元嫁が「夫君の子供をうんだ私こそが正妻。
    ここにすむべきは私。
    今嫁さんは出ていって」と喚き立てる。 
    警察を呼んでドナドナしてもらう。 

    数日後、私と夫の離婚届けと
    元嫁と夫の婚姻届けを偽造して、
    市役所職員「これ本物?」とウチにくる。 

    夫が勿論偽物だと言い、元嫁との離婚の経緯
    (元嫁がうんだ子供が誰の子供かわからない・
    家事もしないで遊び歩いてたこと等)を話し、
    市役所職員「じゃ、不受理ってことで」と帰っていった。

    ※胸糞注意 続報なしm(__)m※

    6
    名無しさん@おーぷん2014/09/10(水)01:18:20ID:M2Rrc1dJg
    ちょっと混乱してるのでまとめられなくてすまないが進行形の修羅場
    新嫁にタヒ別した前嫁の想い出を捨てられた

    娘が小学校に入った途端、事故で他界してしまった元嫁
    本当に良い嫁だったし、俺実家との関係も良好だった

    俺と娘は泣いて暮らしたけど、二人三脚でなんとか頑張ってきた
    といってもやはり周りに支えられてなんとかやってきた
    そんな中で甲斐甲斐しく世話を焼いてくれたのが会社の部下だった

    タヒ別して7年経った頃、交際を始めることになり娘に紹介した
    当時中2だった娘が多感な時期なので高校出るまで待ちたかったが
    娘が小学校の時から懐いていたこと
    元嫁が他界した頃新入社員だった部下もアラサーになり
    俺が結婚してくれないならお見合いして田舎に帰ると言ったので
    娘の強い要望もあり再婚した

    元嫁の仏壇は今でも家にあるのだが(家は娘が3歳の時に建てた)
    再婚するまでは元嫁の写真が家中いたるところにあった

    再婚する際、娘とも話し合い、仏壇はそのまま
    写真は部屋には飾らず、娘の勉強机にも飾らず引き出しの中へ
    元嫁は結婚前から両親がなく孤独だったので元々実家がなかった
    なので元嫁の私物は全部、俺の実家の空き部屋に保管していた

    再婚後は元嫁の話は極力しないようにして
    新嫁が勝手に仏壇に線香を供えることは止めなかったが
    俺達からは強要しないようにしていたし
    それまでは常時開けていた仏壇の扉も再婚後は閉めていた

    114:名無しさん@HOME2014/02/27(木) 20:28:32.92 0
    俺は婚約結納してた彼女に、
    共同の貯金を持ち逃げされた過去を持つ
    彼女の会社の既婚同僚と浮気をしていた、
    2人ともまだ現職についているが
    既婚同僚は、離婚することなく今も水面化で元婚約者とも続いている
    その会社のHPは、会社の社会的責任がどうとか
    立派な事も書いているが
    彼らの職場にも報告したが、
    個人的な事では会社は介入しないって言われた
    よく社内不倫で有責者は解雇されたと読むけど、
    現実的に本当にできるものなのか疑問
    俺は元婚約者親と既婚同僚から使い込まれた金と慰謝料を貰って別れた

    婚約破棄後から積極的に接触してくる女がいた、のちの嫁になる
    恋愛も女も嫌になってた時期で、
    食欲なく家でじっとしていることが多かった
    弁当を作ってきて、外に連れだしたり、家に掃除をしたり
    2年もそんな事をしてくれたので、もう一度、嫁を信じて結婚した
    結婚する前に、浮気に対してトラウマがあるので
    一度でもしたら即離婚を約束させた

    嫁からの提案で互いに記入した離婚届を交換して結婚生活を始めた
    結婚して1年は平穏で楽しかったが
    ある日の夕方、強制有給で家でいるのも退屈になり繁華街の本屋に出かけた
    その途中、宿泊施設の前でつかみ合っている嫁と男を見つけた
    「何をやっている」と声を掛けた
    「お互い合意の上だ、口を出すな」と男が答えた
    その言葉は5年も前に婚約者の浮気相手に言われた言葉そのままだった
    俺は強い吐き気とめまいを感じて、その場から逃げた
    「あなた、待って違う」という嫁の言葉も耳に入らずに、
    どう帰ったのか分からないまま
    家に着き荷物をまとめて、すぐに弟の家に転がり込んで、
    その日のうちに離婚届を提出した

    678: 名無しさん@HOME 2010/10/21(木) 22:34:12 0

    15年前に離婚した旦那の元嫁一家が、旦那資産の生前贈与を求めて来た。 
    旦那が待ってましたとばかりに 
    弁護士事務所に呼び出して返り討ちにした。
    元嫁の父親が馬鹿なことに弁護士事務所で大暴れして 
    弁護士さん・旦那・私に暴行 
    当然ピーポ君にお迎えに来て貰い 
    元嫁には離婚後に、養育費算定表の金額以外から渡したお金で、中学校卒業以降に 
    騙し取ったお金の返却を要求 

    旦那元嫁、泣くし叫くし暴れるし 
    その上に、徹底的に元嫁追い込む旦那 
    四方どころか前後左右上下がっちり逃げられないように言い訳出来ないように固めて 
    元嫁&元嫁母最後にはガクブルどころか 
    涙目で許しを乞う始末 

    でも許さなかった旦那 

    詐欺で告発されるか?家屋敷家財道具まとめて売り払って足りない分をどうするか、何処かの 
    弁護士(受けてくれれば)雇って返済方法話し合うか 
    どうすんだろ、あの一家

    965:名無しさん@お腹いっぱい。2015/07/09(木) 17:52:38.50 .net
    本日大雨の中信号待ち中に追突された。
    体は特になんとも無く
    降りて追突した車の方に行ったら
    降りてきたのは分かれた汚嫁と間男。
    「なんだお前らまだ続いていたのか?」
    と言ったら二人とも震えてた。 
    そりゃそうだ間男は何とか離婚回避して
    汚嫁と接触禁止で破ったら
    即離婚でそれぞれ500万の追加制裁受ける。 
    土下座して 
    「勘弁してください」 
    って言われても
    こんな楽しいこと黙ってられる訳がない。 

    スマホでバンバン画像撮って
    間奥にメールしといた。 
    警察呼んで事故処理してもらったから
    警察発行の証拠も手に入れられるしね。 

    汚嫁は離婚した時の慰謝料で
    借金まみれのはずだから
    どうやって500万作るんだろう。 
    実家を売らなきゃならなくなって
    県営住宅に一家揃ってお住まいだからね。 

    まあ慰謝料で買った車を治してもらわないとね。 
    さっき娘(中2)に報告したら大笑いして 
    「やっぱり心底馬鹿だったね」 
    って言ってた。 

    普通事故起こしたら謝罪に来るのが普通だろうけど
    はたして奴らに来る度胸があるかどうかだよ。

    903名無しさん@お腹いっぱい。 2013/05/23(木) 06:30:45.72
    少し相談なのですが 

    俺 28歳 正社員 1ヶ月の手取り38万円程度 
    元嫁 32歳 専業主婦 



    嫁が家事だの洗濯だのしなくなりはじめてしばらくして 
    「貴方への愛情が無くなった」 
    と言われ始めて関係が悪化、離婚することになりました。 
    嫁が俺に対しての愛情がなくなった理由として 
    「手取りが30数万程度で給料のあがり方が遅い、これじゃあ子供を埋めないしこの先ちゃんと生活できるか不安」 

    ちなみに俺の1ヶ月の小遣いが5000円。嫁は平日はママ友やライブの男友達とランチ三昧でした。 
    嫁の私生活を掴んでたので、苦言と、本当に苦しいなら良かったら週1~2のアルバイトとかでも良いから協力してくれと頼んでも 

    「専業主婦を任されてる。今更路線変更して働くなんてブランクがあるから無理。貴方がアルバイトすればいい」 

    と言うもんで、あぁ、この人は俺じゃあ幸せにできないなと言い離婚しました。 

    続きます

    36: 名無しさん@おーぷん 2015/01/01(木)19:01:09 ID:Ex4

    半年ほど前に、俺が自分の貯金で
    防災用品買ったのが気に入らない許せないと離婚を切り出してきた
    元々家計から家族の分を購入するはずが、元嫁の方からこんなの必要ない。
    そんなに欲しかったら自分の小遣いで買えば?
    と強硬に反対してきたから自分の分を自分の金で買った
    離婚届出してきて、嬉しそうに離婚だ慰謝料だと小躍りする元嫁に
    心底醒めて離婚承諾
    当然こちらが慰謝料払うはずもなく、財産もこちらに多めで決着がついた

    馬鹿と縁が切れて楽しい独身生活を、正月を満喫していたら
    元嫁から電話が来た
    「そろそろ反省した?心から謝るなら許してあげてもいいよ。」
    と……
    結構ですと電話切ったが、またかけてくる
    どうやら、寄生先の実家を追い出されそうになっているらしい
    本当なら慰謝料で自立していた筈なのに、
    慰謝料なしのショックで就職できなかった。
    責任を取ってね。という寝言を聞いた時点で電話切って着信拒否したが、
    知人友人を伝って連絡取ろうとしているらしく、
    数人から元嫁が謝罪要求していると連絡が
    復縁する気も相手にする気もないが、
    正月早々に迷惑行為を繰り返す元嫁の神経がわからん 

    このページのトップヘ