借金





    216:名無しさん@お腹いっぱい。2018/07/30(月) 04:03:52 ID:c23YPsRP0
    婚姻生活の中で、喜び、悲しみ、喧嘩、すれ違いはあると思う
    私はその中で誘惑にも負けず最後に妻を選び、横目も見ないで
    只管家族を守るために頑張っていた
    これが自分よがりな自己満足というのなら
    一体どうすればよかったのか?
    秒刻みに変.化する流れを寸分狂わず合わせていくなど誰にできようか?




    前編はこちら
    195:ヴィラ ◆5ZEHAIhJts2009/02/03(火) 01:17:20
    本日、顧問弁護士さんと一緒に紹介いただく弁護士事務所に伺ってまいりました。
    一通り話を聞いてもらったあと、気持ちが固まってるならすぐにでも動きましょうと言って頂いたので、通帳のコピーと家計簿のコピー、着手金をお支払いして依頼成立しました。
    義実家関連も、家計簿が入手できたので、こちらも通帳のコピーと家計簿コピー、着手金をお支払いし正式に依頼しました。
    財産分与等の計算はこれからになりますが、義実家側の支払い能力は別として、慰謝料含めて満額に少しでも近い金額で公正証書が作成できるように、事務所同士で弁護団的な動きをとってくれるとの事です。
    本日の報告はこれくらいだと思います。と言うのも、寝不足な上にめまぐるしいスピードで事が動いてるので、脳が環境の変化にまだ対応しきれていません。
    後出しになるかも知れませんが、何か思い出したらまた書き込みます。




    前編はこちら
    703:4442009/05/08(金) 16:14:40
    一通り終えて、さっき帰ってきました。
    箇条書きになりますが報告を。

    弁護士さんとのやり取り

    ・内容証明について教えてもらい、
    書いて出してもらった
    ・警察沙汰にするかどうかは
    義父に返済意志があるか次第
    ・1円でも支払うと支払い義務が発生するので、
    絶対払ってはいけないとのこと

    義実家に電話してのやり取り
    ・警察沙汰になる可能性を伝えると
    「家族にそのような仕打ちをするのか」と義父
    ・「このままでは他人になるかもしれませんよ」と俺
    ・とにかく警察沙汰だけはやめてくれと言われる

    銀行でのやり取り
    ・捺印されているのが実印なのが、かなり痛い様子
    ・警察沙汰にでもならない限り、
    連帯保証人を取り消すのは難しいとのこと
    ・とりあえず内容証明を確認して、
    また連絡をするとのこと

    警察沙汰にしたくないのは俺も同じなんですが…
    そこまでやると離婚は間違い無いだろうし。
    昨日からずっと興奮してて
    今になってやっと冷静になってきましたが、
    正直今こんなことになってるのが
    信じられないんですよ。
    一昨日までは嫁とも円満に暮らしてたので。

    こんなこと書くと叩かれそうですが、
    警察沙汰になっても嫁だけは罪にならずに、
    今まで通りに俺と暮らせる方法は
    無いかと考えていたりします。
    甘いでしょうか。
    俺がこんな性格だから、
    嫁はあんなことをしてしまったのか。
    冷静になってきたと言いながら、
    色々混乱してます。




    後編はこちら7:37公開
    444:名無しさん@HOME2009/05/08(金) 10:34:36
    最悪だ。
    嫁の父親が

    勝手に俺を連帯保証人にして借金をしていた。


    業者から電話があって発覚して、
    向こうの実家に乗り込んで事情を聞くと、
    嫁も一枚噛んでたことが発覚。

    書類の保証人欄に
    勝手に書かれていた俺の名前
    (当然俺の字ではない)の横に
    捺されているのは確かにうちの実印で、
    持ち出せるのは俺と嫁だけのため、
    嫁を問い詰めたところ

    「あなたがお父さんを助けてくれないからでしょう!」

    と逆ギレ。
    確かに以前連帯保証人の話が来て断ったが、
    普通は断るだろう。
    更に問い詰めると、
    マンションの頭金用に貯めていた金まで
    渡していたことが発覚して、
    もう頭に血が上ってしまって、
    激怒して嫁を向こうの実家に追い出した。

    ……というのが昨日の話で、
    今日はショックで会社休んでます。
    借金とかしたことないため
    特にこれといった知識が無いんですが、
    こういう場合も
    俺に支払いの義務は発生するんでしょうか。





    102 :1022008/05/15(木) 09:24:010
    以前家の父の会社が倒産しそうになり、
    借金相手が身内が多かったので、私と兄とで少し融通した事がある。
    家からは120万、内訳私の貯金40万(かなり崩してしまってこれしかなかった)、
    夫の貯金と夫婦の貯金で残り80万。
    ウトメも夫もまさに鬼の首でも取った様に詰り、
    ウトメなんか関係もないのに「払ってやった」「感謝しろ」
    「これを踏まえて一生尽くせ」と言いたい放題、奴隷にし放題。
    ちょっとでも文句を言うと「だったら今すぐ耳揃えて返せ」とか。
    1年半後には120万をすっきり返してもらい、
    さらに30万上乗せされていた。
    私は夫と夫婦の口座に80万戻し、残り70万を私の口座へ。
    これは終わったんだけども、やっぱりあの時の事を思い出すとイラつく。

    そして去年の暮ごろ、ウトが損害賠償や慰謝料請求等の訴訟を起こされた。
    悪いのは完全にウトで、裁判も何とか減額して欲しいってな感じのもの。
    そしてその費用約700万を家に負担するように言ってきた。
    「ななななひゃくぅぅーー!?」って叫んじゃいました。
    急にそんな金用意しろって言われて「はいどうぞ」って出来るほど裕福じゃないので。
    とりあえず通帳とにらめっこして、何とか350なら、と言うと
    「半額じゃないか、全然足りてないよ」となぜか呆れられる。

    一応700の内訳を聞いてみると、
    弁護士費用、調査費用、請求されるであろう賠償金…ってそれ全部じゃん。
    さらに話し合って分かった事なんだけど、ウトメは払う気なしって感じ。
    家を抵当に入れれば、と言うとトメが発狂、
    「そんなみっともない事出来ません!あんたはしょせん他人だわ!」って泣かれた。





    690 :可愛い奥様@\(^o^)/ 2016/04/18(月) 13:28:34 ID:srqJ6dTc0.net
    酷いモラハラ、精神的DV(手を出されたこともあり)、借金、その他諸々で離婚を決意 

    何度も離婚しろっていうから、いざ離婚話を進めていったら 
    本人、ママの後ろに隠れちゃったのよ 
    直接話さず、全部ママを通して話が進むのよ 

    おい、人のこと思いっきり傷つけまくった勢いはどうしたボケ 
    さっさと離婚しろ、って言ってた勢いはどうしたバカ 
    ママ頼りって、てめー何歳だよアホ 

    ちな、トメからも酷いモラハラ受けた 
    全部証拠があるから慰謝料とってやる 

    こういう時のために日記と録音ってやっぱり必要ですわよ、奥様方





    461 :名無しさん@おーぷん 2017/02/28(火) 22:01:04 ID:Tz2
    (フェイクありです)
    一昨年の出来事なんだけど、当時月1ぐらいで会ってお茶する友人がふたりいた。(A子とB子)
    OL時代からの付き合いでかれこれ15年ぐらいの。
    その友人A子から突然借金の申込みがあった。
    旦那さんと一緒に自営業やってて資金繰りに苦しいみたい。
    これまで全然そんなふうじゃなくて、友人同士で旅行行ったり
    (私は旦那が急な出張がある仕事だし、下の子が小さいので泊まりの旅行は断ってる)
    流行のアイテムは押さえるタイプだからまさかって感じだった。
    話があった時点で、あと5日以内だかで用意できないと不渡り出しちゃうとか。
    本人曰く、借りられるところは全て借りてでもあと150万足りないんだって。
    どうしてもその150万が工面できなくて、恥ずかしながらお願いしたい、
    B子と私子で半分ずつ貸してくれない?って。
    B子は独身なせいか、割とあっさり「絶対返してもらえるんだよね?」と聞いただけで了解した。
    私は「申し訳ないけど」と断った。
    「一時的に借りることも無理なの?」って食い下がられたけど
    貧乏人と思われてもいいから「貸せるようなお金がない、ない袖は振れない」ってことにした。
    そしたらB子の方に「じゃあB子、もう少しなんとかならない?」って方向転換。
    それで100万までなら・・・って了解。
    「あと50万!お願い!」ってなって「そこまでは無理」ってなってた。
    なんか私、いたたまれなくなって先に帰ったんだけど、
    その日の夜にB子から電話があって
    私が帰ったあと、やっぱり友人間でお金の貸し借りってマズイような気がして断ったらしい。
    それで一度は了解しておいてやっぱり止めたって酷い!ってずいぶん責められて
    B子自身は安易にOKしたことを謝ったらしいけど、たぶん絶交されると思うから
    一応報告しとくねって言ってきたわけ。
    その件があって以来、B子だけじゃなく私も一緒にCOされたようで疎遠になっていた。
    それが先日になって久しぶりにA子から電話がかかって来て、
    「図々しいことは分かってるけど」と再び借金の申込みがあった。今度は200万。
    なんか言葉が出なくて、何をどう言ったらいいか分からなくて
    どう答えようと考えてるうちに黙って電話切られた。
    たぶんA子も悩んで悩んで恥を忍んで掛けてきたんだろうと思う。
    だけど、1万2万ならまだしも3桁万円ものお金、あったって無理だよぉ。
    こういう話って、申し込まれた方だって辛いし勘弁してほしいよ。
    それに、旅行したり流行アイテムをすぐゲットしてきたような人に
    大金貸してくださいって言われるとなんかモヤモヤするんだよなぁ





    197 :1/2 2014/12/30(火) 11:10:01 ID:5IC
    元嫁が貯蓄1500万を投資でパーにして
    借金まみれになり、穴埋めにご近所さんに借金までしてたのが修羅場。

    幸い学資保険と俺の財形貯蓄は無事、
    元嫁の個人資産(結婚前からの現金や嫁親からの贈与)も手付かずのまま。

    なので生活が困窮するまではなかったんだが、
    話し合いしたときに嫁が開き直りをかました。

    嫁の金から借金清算するように言ったら、自分の金は出したくない、
    俺の金(会社の財形貯金)をあてるべきと言う。

    そこで俺の長年の不満が爆発。どんだけ甘えてんだと。
    時間が合わないからと言い訳して10年近く俺の食事も作ってないし、
    整理整頓もできないし、クリーニング屋フル活用で洗濯すら適当。
    専業主婦の仕事は子育てだけか?
    毎日口を開けば文句ばかり、自分のことを棚上げして
    周囲の人間への暴言を呼吸するかのように言う。
    こんな嫁いらないと吐き捨てた。

    嫁は青くなり、確かに私も調子に乗りすぎたかもしれないけど・・・と慌てたあとに、
    小さい声ですみませんと平謝りしたが、
    もう何も言う気が起きず、もういいと記入済みの離婚届けを渡した。
    俺はご近所さんへの借金清算だけ済ませ、あとの借金は嫁に背負わせた。





    509 :名無しさん@おーぷん 2016/03/31(木) 00:46:28 ID:PxU
    俺にものすごい借金があると母親が騒いで大事件になった事

    借金の請求書が来ている大変だと兄に連絡したらしい。
    兄は兄でどうせ架空請求かなんかだろうと相手にせず気にしなくて良いとだけ言ったらしい。
    150万と言う話だったので本当に請求が来てるんだとしても普通に払えるだろうと気にしなかったとの事。
    だが、母はさらにパニック、大変な事なのに分かってもらえないとあちこちに相談しまくり
    泣きながら「どうしよう、どうしよう」と騒ぎまくった結果
    介護ヘルパーから兄に連絡が行って兄がわざわざうちまで新幹線に乗って来た。
    この間、俺には何の確認もなし。いきなり兄がやってきて「どういう事なんだ?」って聞かれて「何が?」って感じ。

    で、母が俺宛に来た請求書と言うのを出して来たんだが
    確かに150万円の請求書、とある会社から送られてきたもので確かに俺宛の封筒に入っていた。
    封筒を見た瞬間「コレはきっとヤバイものだ」とピンと来たから勝手に開封したらしい。

    だがしかし、それは俺が在宅でやってる仕事の契約書と請求書で、請求元が俺で請求先がその会社と言うもの
    書類一式を先方が作成してうちに送付して俺が署名捺印して送り返したら
    150万円が俺の口座に振り込まれるというもの。
    それを丁寧に説明したが「そんなはずはない。そんなのおかしい」となかなか納得してくれない。
    結局、俺と兄と姉と姉の旦那と介護ヘルパーとで説明してやっと納得してくれたが
    「どうせ私が全部悪いんですよ。いつだってみんな私が悪いって言う」って泣き出した。
    正直こっちが泣きたい。書類もぐちゃぐちゃになってて再送付依頼しなきゃで本当に泣きたい。

    何よりも衝撃なのが、もう何年もの間、何回も何十回も
    「俺は介護のために会社を辞めたが、在宅で仕事をしてるから収入はある」と説明しているのに
    未だに俺が無職でぷらぷらしてると思ってるんだよね。
    正直、本当に泣きたい。

    このページのトップヘ